生まれて初めて「ココイチ」でカレーを食った

俺は「LEE」というレトルトカレーを愛しており、そのため「カレー専門店」というものに入ったことがなかった。

20190118_coco1.JPG
「わざわざカレー専門店にカレーを食べに行く」のは「家に帰って LEE を食べればいい話で、時間も金ももったいない」という感覚だったのである。

んが、最近、中年ランチ仲間のMイさんと「スズメバチカレー」や「キートン」、あ、カレーパスタの店にも行ったな。そんな風にカレー専門店でランチをすることがあり、俺の中で何かが変わってしまった・・・のか?(笑)

この週末の残業飯で、俺は生まれて初めて「ココイチ」へ。「カレーハウスCoCo壱番屋 中区大手町店」に入ったのである。今まで何度も前を通り、一度も入ってみようと思ったことがなかったのに(笑)

もちろん、注文方法もよくわからない。完全に食券制だと思ってた。入ってすぐにキョロキョロと食券機を探してしまった(笑)完全に不審者だ。

どうも食券制ではないとわかったので、恐る恐るカウンター席に腰を下ろす。
水を持ってきてくれた給仕の女性に注文をするのだが、そこでもしどろもどろだ。

「ご注文はお決まりですか?」
「はい。・・・ええと・・・(メニューをめくりながら)あの~・・・その~・・・魚の、なんか、ありますよね?」
「フィッシュフライですか?」
「あ、それ。それを 10辛でお願いします(一番辛いのが 10辛というのは知っていた)」
「ご飯の量はどうしましょう?」
「ご飯?ご飯の量?」
「はい。どのくらいに・・・」
「普通ってどのくらいですか?」
「300グラムです。お茶碗二杯分ですね」
「あ、はい。じゃあ、はい。300で。300グラムでお願いします」

という具合。完全に「ココイチ童貞」マルバレである(^^; まあ、妙に「ココイチ」になれてるのも、それはそれで哀愁が漂うけど(笑)

20190118_coco2.JPG
お値段は「フィッシュフライカレー」617円+「10辛」105円で 722円である。う~ん、日頃カレーを外食しないものには、「カレーで 722円!?高っ」と感じてしまう(^^;

で、お味は・・・う~ん、あまり深い旨味はなくて、シンプルな味って感じかなあ。色々なトッピングに合うようにこういう味なのかな。

「10辛」は十分な辛さだ。「辛い」と言ってもいいと思う。「LEE 30倍」ほどではないが、「LEE 20倍」よりはずいぶん辛い。
しかし、これが MAX の辛さというのは寂しい。「辛15」くらいまでは欲しいところやなあ。

上に書いたように、カレーそのものがちょっとシンプル過ぎるというか、ストレート過ぎるというか・・・
トッピングが「フィッシュフライ」だったからかなあ。「ロースカツ」とか「フライドチキン」みたいな肉系なら合うカレーなんかな?もう一度試してみるか。注文の仕方、わかったし(笑)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 生まれて初めて「ココイチ」でカレーを食った

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5190

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2019年1月20日 22:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「四川麻辣麺」を食べてみた」です。

次のブログ記事は「GPT パーティションのサイズを Windows が見誤っていた件」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら