【ラーメンスタジアム】京風とんこつ醤油ラーメン

娘とラーメンスタジアムに行ったはなしのつづき。

20171105_ranmen3.JPG名古屋コーチン黄金醤油ラーメンが思いのほか美味かったので、もう一杯別のラーメンを食べて行くことにした。
一杯めのラーメンも娘と二人でシェアしたので、要は半杯ずつしか食ってないわけで。
娘も最近、醤油ラーメンや、醤油率強めの醤油とんこつラーメンなら一人で一杯食べれるようになってきたし。

娘に「もう一杯食べる?」と聞くと、「食べれるよ。でも味噌ラーメンはいやよ。普通のにしてね、普通の」とのこと。
俺も久しぶりに美味い醤油ラーメンを食って興奮していたので、「じゃ、次も醤油にしようか」と京都市「本家 第一旭」の「京風とんこつ醤油ラーメン」を選んだのであった。

「本家 第一旭」のブースは妙に空いていた。
「朝5時から行列のできる老舗店!開業より守り続ける伝統の味・醤油豚骨スープを是非!」という謳い文句からすると期待も出来るし、もっと並んでてても良さそうなもんだが・・・

しかし、出来上がったラーメンを一口啜ってなんとなく納得した。
 「しょっぱい」
とにかく醤油が濃いのである。
娘も「味が濃いね。醤油辛いね。さっきのラーメンの方が良かったね」とか言ってる。

ちなみに、広島の「豚骨ラーメンに醤油を混ぜた」ような濁った醤油豚骨と違って、このラーメンは「豚で出汁を取った醤油ラーメン」という体である。普通に「醤油ラーメン」なんじゃねえの?こういうのも「豚骨醤油」って言うのかね?

正直、麺は中太麺だけどけっこう俺好みだ。チャーシューも美味い。麺と具は遜色ない。しかし、スープはそのまま醤油を飲んでるような味だ。
ああ、尾道ラーメンとか好きな人は美味しいって言うかもなあ・・・

20171105_ranmen4.JPG
濃厚な魚醤味の尾道ラーメンが苦手な俺にとっては、こういう濃い醤油味のしょっぱいラーメンはちょっと駄目なのである。
いや、ホントに麺と具がいいだけに惜しい。まあ、京都じゃこれで行列ができるってんだから受け入れられてる味なんだろうけど。
多分、想像なんだけど、西日本の人が東京で初めてあの醤油臭い蕎麦を食った時の衝撃に似てると思う(笑)

というわけで、「麺は良いと思うんよね、麺は」と言いながら、一口もスープは飲まず麺を啜り続ける娘を見ながら、「口ばっかり達者になって」と苦笑いする俺なのであった(笑)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【ラーメンスタジアム】京風とんこつ醤油ラーメン

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4636

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年11月 8日 12:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「胱」や「腥」の字を使った漫画の主人公が出て来る日も近い・・・かな?」です。

次のブログ記事は「Arduino でイノシシ罠制御 そのニ(電池駆動を試す)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら