教会であった落語会「宇品2丁目寄席」に参加した

今日は、宇品の「日本キリスト教団広島南部教会」という変わった場所で開催された"宇品2丁目寄席~上方落語 広島でもがんばる春雨の会 其の一"というイベントに参加した。(入場料 2,500円也)

仕事でお世話になってるSさん(別にイニシャルにする必要もないと思うが何となく(笑))が Facebook で紹介されていたので開催を知ったのだが、今まで上方落語は聞いたことがなかったので、すかさず「参加」ボタンをクリックした(笑)

20121208_rakugo.JPG
いやあ、実は(結婚式場にある似非教会や観光地の教会は除いて)キリスト教会に入るのは初めてである。
ちゃんと、パイプオルガンがあるのにも感動した。思わず写真を撮ったが、「落語公演中の写真撮影はご遠慮を」ということだったので、これが今日唯一の写真となった(笑)

落語会の演者は、桂春雨さんと、桂福丸さん。
桂春雨さんの奥さんが教会のとなりの幼稚園の出身という縁で、この変わった場所での開催となったようだ。

演じられた噺は、桂福丸さんが「道具屋」、桂春雨さんが「河豚鍋」「佐々木政談」の二席であった。
いやあ、笑った。特に「河豚鍋」の毒のある話。きわどいブラックネタだよねえ。「乞食」とか普通に出てくるもんね。
桂春雨さんの独特の風貌と相まって、ちょっと毒のある話がツボにはまったわ~(笑)
やっぱ、TVじゃなくて、生がいいよね(笑)

そういえば、最初に桂福丸さんが「初めて生の落語を観られる方?」と聞かれた時、三分の一から四分の一の人が手を上げた。意外だった。広島は岩国と違って、いくらでも生落語を観る機会はあるもんだと思ってた。

祖生では毎年公民館で落語会が開かれる。
落研出身の診療所の先生のツテのおかげで、毎年真打の噺家さんの話を聞ける環境ってのは、実は随分幸せなことなんだなあと改めて思った。

あ、話を戻します。

この落語会。今日の評判がよかったら、これから年二回くらいのペースで続けていきたいとのこと。
俺はもちろん「続けてください」とアンケートに書いたよ:-)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 教会であった落語会「宇品2丁目寄席」に参加した

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/2319

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2012年12月 8日 23:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「今日の周東中グラウンドは強風吹きすさぶ地獄であった(^^;」です。

次のブログ記事は「コメントスパムの内容が壮絶になってきた(笑)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら