山田弘幸君という桃色の表現者

もう、4月中旬頃の話なんだけど(^^;

お客さんのところでちょっとした作業をした帰り。
その作業はうまくいったので、晴れ晴れした気持ちで「旧日本銀行広島支店で何か面白いものやってねえかなあ」と寄り道してみたら、「山田弘幸展 Banco de la vida 2013 Vol.1」というのをやっていた。

入ったらいきなり大きなおばさん(まあ、わしから見たらお姉さんだが)の写真が飾ってあって、それがどうも「娯楽の神」らしく、足元に「今まで行なった娯楽を懺悔せよ」みたいなノートが置かれていた。
客もアートの中に取り込こんじゃおうというつもりのようだ。

俺はすぐに「昔、ハッスルパブで新入りの女の子の○○○○をキュウっとつまんだこと」と記述。いや、もう何年も前のことなのだが、ホントに、日頃から懺悔したいと思っていた娯楽体験なのだ(笑)
ま、それに関しての詳しい話はまたいつか・・・(笑)

そして、更に作品を観ていく俺に、山田弘幸氏が声をかけてくれた。

「以前、写真撮らせてもらいましたよね?」・・・と。

おお!やっぱあの芸術家の兄ちゃんか!!俺も何となく憶えてたよ!お笑いコンビ「千鳥」の大悟を男前にしたようなナイスガイである。

あの時は、作品に反核・反戦の色が出ていたが、今回は何も考えずにパッと見ると戦争を美化してるっつうか、何か、勇ましい感じのコラージュとか多いよね?

話を聞くと、拝金主義な社会であるとか、軟弱な平和主義者の偽善であるとか、そういう「誤った戦後民主主義教育がもたらした歪み」への怒りを作品として表現しているそうである。
つまり、「軍隊をもたなければ戦争に巻き込まれることはないよね」という狂った平和主義者の思想や、「戦争になったら、自分の金だけ持って俺は逃げるよ」っていうようなことを恥ずかし気もなく言える世の中や、そういうものに対する違和感、怒りを、彼は戦争を捉えた写真の中に、一箇所だけ堕落を意味するピンク色を塗って表現している。

「殴り返せる力を持ってなければ、そして、そのために自己研鑽する覚悟を持ってなけりゃ、ホントの平和なんて来ないんだぜ」ってことだ。

常々、「基地の周りでイマジンなんか歌って、お前はそれでホントに平和が来ると思ってんのか?」とか言って、50~60代の似非平和主義者を怒らせてる俺には(^^;、凄く共感出来る考えだよ(笑)

「左巻き(サヨク)の人に怒鳴り込まれないよう、ひっそりと(作品展を)やってます」とか言うてるし(笑)

確かに、そんな考え方も、そしてそれを芸術作品として表現する手法も、何もかも「青い」のかもしれない。作品も荒削りだ。ただ、山田君にギラギラした、若い表現者に特有のエネルギーが充ち満ちているのは事実だと思う。
その青臭い表現をいつまで続けていけるのか、それはすごく興味があるわ。

さて、そんな山田弘幸氏の「Banco de la vida 2013 Vol.2」が旧日本銀行広島支店で開かれているようだ。この間、前を通ったんだけど、忙しかったので通り過ぎてしまった(^^;

山田君に興味がわいた人は、是非観に行ってあげてね。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 山田弘幸君という桃色の表現者

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/2487

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2013年5月17日 00:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「TF101 が USB デバッグで使えなくなってしまった」です。

次のブログ記事は「Android 開発環境の状況は悪化の一途をたどるのであった・・・」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら