ちゃちいアンプだけど iPhone をエフェクターループに出来て面白い

ついつい物欲に負けて、「iRig Nano Amp」を買ってしまった。

まだ発売開始したばかりで、日本に入ってくるのは 3月中旬から 4月中旬にかけて・・・と聞いてたんだけど、「早くお届けできることになりました」と、今週の日曜日に我が家に届いた。

20170225_iRig.JPG
簡単に言うと「持ち運び可能な、単三電池3本で動く小型ギターアンプ」。
スピーカー出力用のインタフェースもあるので、このアンプをアンプヘッドにして外部キャビネットに接続することも出来る。
ちょっと厚めの文庫本を2冊重ねたくらいの大きさなのに、外部キャビネットにつないでアンプヘッドとして使うとか笑える(^^;

・・・が、この小型アンプの魅力はそこではない。
輸入品なのでパッケージも全部英語なんだけど、箱に「Battery Powered micro amp / Interface for iOS」と書かれている。この「Interface for iOS」の部分が大事。

Nano Amp には VOLUME と GAIN の2つのツマミしか付いていない。まあ、練習とかで使ってる分にはこれで十分だけど、アンプで音色作りまでしようとするとお手上げだ。ひとつのトーンダイヤルも付いてはないのだから。
じゃ、どうするかっつうと、アンプ本体に DEVICE という CTIA規格の 3.5mm 4極ステレオミニプラグの口が一個ついてて、ここに iPhone を接続すると、アンプのセンド&リターン端子(エフェクターループ)にエフェクターを接続したように、iPhone 側で音色の調整が可能となるのだ。
具体的には、(既に iPhone や iPad で利用している人も多いと思うけど)iRig が提供している「AmpliTube」とかを使う。(それ以外のアンプシミュレーションアプリでもいけると思うけど、まだ試してない)

いやあ、いつもはヘッドフォンで聞いてる音がギターアンプから出てくるだけでも楽しい(笑)
もちろん、このアンプを使わなくても、他のデバイスを使って同じことは出来るけど、お手軽さだと Nano Amp の勝ちだろうな。なにせ、iPhone にギター信号流すデバイスそのものがアンプ(スピーカー)になってるんだから。

しかーし、作りがちゃちい(^^;
直接アンプを鳴らすのか、DEVICE(iPhone)経由で鳴らすのかの切替に使うスライドスイッチとかむっちゃ固いし、電池ボックスも電池を入れるのが一苦労ぐらい固い割に、むっちゃ作りがちゃちい(この素材、経年劣化で割れちゃうヤツじゃない?)のでそのうち壊れると思うわ。

電源スイッチが無いので(ジャックにギターコードを刺したら電源 ON なんかな?)、使い終わったら電池抜いてるんだけど、その度に基盤に直付けされている電池ボックスに力を入れないといけないので、基盤まで壊してしまいそう(^^;
ちょっと、日本人ならあり得ない設計な感じ(^^;

まあ、その分安くこういう玩具が楽しめるというのはあるんだけど・・・
もし買おうと思ってる人は、そこは覚悟して買った方がええよ。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ちゃちいアンプだけど iPhone をエフェクターループに出来て面白い

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4321

コメント(2)

はじめまして!たかといいます!

iRig Nano Ampのことを検索しててたどり着きました!

DEVICEモードでiPhone(jam up pro)と接続し、さらにライブハウスにおいてあるような4×12のキャビネットに接続することを想定してるのですが、試したことはありますでしょうか?

ライブ、スタジオに十分な音量が出るのか気になるのと、音質がどう変わるのかが気になります。。。

今はiPhone(jam up pro)とiRig proを使っていて、スタジオのヘッドアンプのリターンに接続しているのですが、個体差があってなかなか音が安定しない(もちろんキャビネットも音が安定しない要因ですが)ので、パワーアンプを買おうか悩んでいたのですが、この製品のように、iPhoneの音をほぼそのまま直接4×12のキャビネットから出せる商品は、パワーアンプの影響を受けないのでめっちゃ気になってます。

よろしくお願いいたします。

たかさん、こんにちわ。

すみません。キャビネット接続はしていません。
参考にならなくて申し訳ないです。
そんなに高いものでもないので、ぜひたかさんの方でお試しいただき、教えてもらえると嬉しいなあと反対に思ったりしてます(^^;

ところで、JamUp 以外のアンプシュミレーションソフトでも iRig Pro 接続で調子悪いですかね?
私も色々ソフトを使ってみてるんですけど、JamUp は(フリー版しか触ったことありませんが)けっこう個性的で、他の AmplTube とか Mobile POD とかと比べて音の減衰が早いような・・・いきなり音がブツっと途切れてしまうようなイメージがあります。

あと、このアンプ、AC 100V などの外部電源が使えません。
AC/DCコンバータケーブルを別売りで買えば良い・・・ではなく、そもそもその口がありません。電池オンリーです。
なので、ライブで使うのはちょっと怖い気が・・・
まあ、新品の電池を入れておけば、1時間や 2時間で電池切れってことは無いと思いますが、うっかり電池交換を忘れていて、演奏中に電源落ちた・・・なんてことはありうるかも。
そういう意味では、お遊び用、せいぜい練習用の機器という気はします。

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年2月27日 15:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「カレー鶏そば」で身体も温まったわぁ」です。

次のブログ記事は「「吉呑み」、もう少しツマミ類が進化すると嬉しい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら