対戦ロボット作りながら JavaScript の勉強ができればと・・・

これからプログラミングを始める時に、どの言語を勉強すればいいか・・・という話はよく出てくる。

色々な候補があると思うが、やっぱ簡単に始められ、それなりにお仕事へつながることを期待出来るのは JavaScript かねえ。

今の Web サイトで JavaScript をまったく使ってないところなんてほとんど無いやろう。

そう。JavaScript はブラウザ上で実行出来る。
新たに何もダウンロード等しなくても、メモ帳で JavaScript のプログラムを書いて、Chrome や Firefox 上で実行出来る。さあ、このエントリーを読み終わったらすぐにやってみたらどうだい?(笑)

ただ、Web ページと組み合わせないと実行もできないのよね(Node.js などの話は置いといて、一般的な話)。なので、結果を表示するだけでも初心者は悩んじゃうだろう。それがちょっと敷居の高さになってるかなぁ・・・

例えば、2 + 3 という足し算をした結果を表示するために、

<html>
<head><title>TEST</title></head>
<body>
<script type="text/javascript">
    document.write("2+3の答えは" + (2 + 3) + "です");
</script>
</body>
</html>

とかね。
このソースをメモ帳とかを使って test.html とかいう名前で(文字コードは UTF-8 で)保存してブラウザで開けば画面に結果が表示される。

でも、JavaScript の部分より、HTML の部分が多いという(笑)

まあ、ちゅうても、Web アプリケーション作るには HTML 言語の習得は必須なので、これはこれでいいんじゃないかなとも思うわけだけど(笑)
この、<script type="text/javascript"></script>の部分にソースを書いていけば、作成したプログラムの動作確認はできるよね。

しかし、まあ、これだけで自習というのも退屈だよねえ。

というわけで、JavaScript でロボット(本物じゃなく、画面上のね)を動かすプログラムを書いて、他人が作ったロボットと戦わせることが出来る「Fightcode」という JavaScript の勉強をするサイトがあるんで、そこで遊びながら JavaScript の勉強しようかな・・・と(笑)

ここね。


GitHub のアカウントで無事ログイン出来たし、では、楽しんでみるとするかな。

実は俺も、JavaScript が初めて NetscapeNavigator 2.0 に実装されて世に出てからしばらくの、セキュリティ的に問題があった時代を知ってるもんで、どうも JavaScript を信用できなくてちゃんと勉強してなかったのよね(^^;
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 対戦ロボット作りながら JavaScript の勉強ができればと・・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4339

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年3月20日 22:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ニンニクラーメン」と「野菜炒め」で風邪予防(笑)」です。

次のブログ記事は「今更 Silverlight をインストールした(^^;」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら