我が家の露地苺に液体肥料を

4年前にそお小学校のバザーで買った苺の苗を庭に植えておいたら、今だに枯れもせずに毎年 5~6月の初夏に実をつける。

20170909_ichigo1.JPG毎回、娘が先に採って食べてしまうので味の方はわからないが、娘の話では「ちゃんと甘い」らしい。

んが、まったく肥料も何もやらないためか、実が小さい(^^;
最初の年になった実の半分くらいの大きさしかない(^^;

ネットで情報をググってみると、実がなる何ヶ月か前あたりに肥料をやらないといけないらしい。追肥ってやつだよね?・・・が、なにせ庭の端っこにさり気なく生き続けている苺である。日頃はその存在を完璧に忘れている・・・

苺のことを思い出すのは実がつき始めてからである。そして、その時にはすでに追肥の時期は過ぎてしまっているのである。

20170909_ichigo2.JPGが、今年はこの間苺のことを思い出した。
ふと苺を植えているところを見ると、随分なランナー(匍匐茎)が伸びている。
ここに苺を植えてから 4年。これほどランナーが伸びたのは初めてである。

・・・さて、どうしたものか。

とりあえずコメリに行って、植物を選ばずオールラウンドに効く液体肥料を買ってきて、説明書のとおり撒いてみた。それが一週間前。

さて、これからどうすればいいのか。苺露地栽培師匠Uさんから指導を待ちます(笑)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 我が家の露地苺に液体肥料を

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4563

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年9月13日 16:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「居酒屋で食べる「鯛骨ラーメン」」です。

次のブログ記事は「「おかん」のネギラーメン定食はコスパ最高」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら