「唐魂」の「からから鍋」はマジで辛かったわあ(笑)

先週水曜日は HBG ホールでの「冴木杏奈30周年記念コンサート」に行く予定だったのだが色々あって断念(笑)。同行予定だったHチ君と、せっかくなんで飯でも食って行こうということになった。

20171004_toukon1.JPG
で、訪店したのが「唐魂 横川店」

何ヶ月か前に横川商店街にできた焼肉屋(?)である。

けっこう派手な店構えに、一度行ってみたいとは思ってたんだけど、まだまだ「一人焼肉」は俺的にハードルが高く、なかなか訪店することができずにいたのである。
やっと、Hチ君同行で思いがかなったというわけだ(笑)

いつも通勤時に店の前を自転車で通り過ぎるだけで店名等もろくにチェックしていなかったので、「唐魂」がチェーン店であることも初めて知った。

メニューを見ると、わりとリーズナブルな価格で焼肉を提供しているようだ。ロースやカルビなど、一皿あたり 100~200円くらい世の平均価格より安いって感じかな?

それと、どうやら「辛いもの」が得意な店のようやね。
最初に、ビールのツマミに鶏の唐揚げを頼んだんだけど、衣に唐辛子の香りがする。普通の唐揚げが既にピリ辛なんやね。

20171004_toukon2.JPG
そして俺たちは発見してしまった。「からから鍋」を。ええ、ええ、真っ赤な激辛鍋ですよ(笑)
そこに激辛鍋がある限り、注文せんわけにはいかんやろう。

「Hチ君、辛いの得意?」
「いや、得意じゃないです。出れば食べるってくらいですかね」
「じゃ、からから鍋行こう。」

一応、形だけHチ君に激辛物が大丈夫かどうか確認すると、俺は「辛さ10で」と「からから鍋」を注文したのであった(笑)
ちなみに、「からから鍋」の辛さの MAX 値は 20である。つまり「辛さ10」はちょうど真ん中だ。
値段も一人前 980円なのが、辛さ7~10倍は 1,120円になる。まあ、でも真ん中なので大丈夫!

・・・辛かったです(^^;;;

俺、高血圧なのにこんなもん食っても大丈夫なん?と不安になるほどの辛さである(^^;

20171004_toukon3.JPG
俺はこの日車だったので、ずっとノンアルコールビールを飲んでいたのだが、ノンアルって本物のビールと比べると腹が張るんで、多くても 2本くらいしか飲まないのよね。だけど、この日は立て続けに 3本いっちゃいましたよ。腹がもうパンパンですわ(^^;
でも、飲まなかったら喉が焼けちゃうから(笑)

辛い物が得意ではないHチ君も、シーザーサラダなどを中和剤にしつつ、時折叫び声を上げ涙目で咀嚼していく(笑)「漢」を見た。

〆の中華そばセット(一人前 260円)も食い尽くし、茫然自失状態で天を仰いでいる俺たちのところに、店長(それともバイトリーダー?)がやってきて、「けっこう辛いでしょ?」と笑う。

「10倍はけっこう辛かったっすね」
「次回は辛さを抑えますか?」
「そうね。次回は 2で」
「2!!?いきなり 2???(笑)」

と楽しい会話などしつつ、俺たちは戦いの場を後にしたのであった。あ、いや、食事の場ね(笑)

最初の方に書いたように、割りとリーズナブルな価格設定の店だし、スタッフも元気で気持ちよかったんで、また今度、家族で広島に買い物に来た時なんか寄ってみようてえ。
なかなか日頃は、横川で焼肉に寄る機会がないんでねえ(^^;
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「唐魂」の「からから鍋」はマジで辛かったわあ(笑)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4596

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年10月11日 08:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「ガリチュー」って「ジンジャーエール」やん」です。

次のブログ記事は「休憩所では、失った以上のカロリーを摂取しつつ走り続けるのである」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら