「鉄華」で 209本限定の日本酒を飲んだ

・・・って、飲み屋の話みたいだが、お好み焼き屋の話だ。あ、鉄板焼屋か。
十日市界隈(本川町)にある「鉄華」である。

20171106_tekka1.JPG先々週の月曜日。
20時すぎまで残業した俺は、遅い晩飯でも食って行こうと、20:40頃に「鉄華」を訪ねたのであった。

「鉄華」ではいつもお好み焼を食べるのだが、その前後に色々頼みすぎてしまう。良い日本酒を置いてたりするのよ。呑んじゃうでしょ、そりゃ。その結果、お代の方も大きくなってしまい、いつも反省をしていた。もっとスマートに呑んで食って帰れないものかと。

その結果、俺の出した作戦はこうだ。

  1. まず、「漬物」を注文し、美味そうな日本酒を一緒に一杯。
  2. この段階でお好み焼を注文。
  3. お好み焼が焼けるのを見ながら日本酒をちびちびやって、焼き上がりと同時にフィニッシュ。
  4. 生ビールを追加注文してお好み焼と一緒にやる。そして〆。

おお、完璧だ。いつも、先にビール物、最後に日本酒ってするからだらだらと行っちゃうのだ。先に日本酒を楽しんで、最後にお好み焼を食って〆だ。いや、マジ完璧な作戦!!

・・・大失敗でした。

結局、漬物と一緒に日本酒・・・まではよかったのだ。
しかーし、日本酒うめぇ。なもんで、日本酒が止まらず、立て続けに三杯行っちゃった。

雪の茅舎 山廃純米(秋田)
七田 純米七割五分(佐賀)
桜吹雪 S.D.S(広島)

桜吹雪の S.D.S は何の略かと思ったら、Sakurafubuki Daiginjo Seme。日本語で「桜吹雪・大吟醸・責め」。ローマ字かい!!(多分、この酒を呑んだ人の 80%がこのツッコミをしてるだろうな(笑))

限定酒で、今年は 209本しか作られなかったうちの 2本が「鉄華」にあるそう。
店主(格好いい兄ちゃんです)の好きな酒で、問屋には「4本手に入れて!」と頼んでいたが、2本しか手に入らなかったということだった。

20171106_tekka3.JPG香りも味もフルーティーで美味い。
ああ、やっぱ俺は純米大吟醸より、醸造アルコールが添加された大吟醸の方が好きだわ。

最近、純米酒はすごく辛く感じるし(笑)
でも、「雪の茅舎」も「七田」も俺には辛く感じられたけど美味かったよ。どちらも米の香りがすごくフルーティーに感じられて、「七田」なんか相当ドライだけど飲みやすかった。

酒と一緒に、「漬物」「せせり 梅しそ焼き」「ホタルイカの沖漬け」なんかをつまんでたら腹いっぱいになっちゃったのでお好み焼は無し。

完全に当初の計画は破綻したのであった・・・(^^;
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「鉄華」で 209本限定の日本酒を飲んだ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4671

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年11月25日 06:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【廣島立ち呑みん祭2017】ナイス☆ユカリ」です。

次のブログ記事は「GPZ1000RX のエンジンをかけるのに約4時間(^^;」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら