2017年最後の広島での食事は立ち食いうどんであった

昨年、職場の納会のあとの話。

この日は納会で呑むのは確実だったので、嫁さんに玖珂駅まで送ってもらって岩徳線経由で広島へ。帰りも最終の岩徳線で玖珂駅まで帰り、嫁さんに迎えに来てもらうことになっていた。

迎えに来てもらう時間を岩徳線の最終にしていたのは、その時間に息子も岩徳線で岩国から帰ってくるからだ。息子のお迎えの"ついで"に俺も乗せて帰っていただければと・・・
何度も嫁さんに玖珂駅まで来てもらうのは申し訳ないし・・・というか、絶対嫁さんの機嫌が悪くなるし。心優しき妖精族の男たちは、恐ろしい鬼獣族の女たちに怯えながら生きているのである。

20171228_ekiudon1.JPGところが、18時過ぎには納会をお暇して広島市内に出撃したものの、どこも人でいっぱい。いくつか覗いてみた店も、カウンター席に飛び飛びに空き席があるかどうかって状態。ひとり酒をするには辛い環境だ。
てことで、市内の仕事仲間や飲み仲間にも SNS などで助けを呼んでみたのだが、「他の飲み会の予定が」とか「今日もまだ仕事」とかつれない返事ばかり(^^;
しかたないので、さっさと岩国まで移動してしまうことにした。

で、広島駅到着。
実は、広島駅の正面から駅内部に入るのは、改装工事後には初めて。
うわあ、切符売り場も改札も全部 2階に移動しているのか・・・と驚きつつ、正面の大きな階段を登る。

そして、立ち食いうどん・そばの店「驛麺家」へ。ひろしま駅弁が運営していた在来線1番ホームの「2売店 うどん」が新しくなった店ね。なので、うどんはあの味です(笑)

20171228_ekiudon2.JPG「驛麺家」に来るのは二度目。つっても、ほぼ一年ぶり。ずっと通勤駅は横川駅なので、広島駅で立ち食いうどん食べる機会なくなったわあ。
あの時はまだ改札自体は 1階にあったので、こうして完全に 2階コンコースが出来上がってから来るのは初めて。

「天ぷらうどん」370円を。数年前に、広島駅でちょくちょくうどん食って帰ってた頃は 340円だったよな?30円も上がってるんだ。まあ、デフレは良くないので、値上げ自体は仕方ないのだが、あの「クソ安いが故のジャンク感」が失われるのは、駅うどん偏愛家としては寂しさもあるね(笑)

というか、これが 2017年に広島で食べた最後の食事である。それが一番寂しいわ!!(;_;)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 2017年最後の広島での食事は立ち食いうどんであった

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4730

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年1月10日 13:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「白露垂珠」とカニ味噌はベストマッチであった」です。

次のブログ記事は「配列リファレンスの多重化の例」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら