「昇龍軒」のつけ麺には何一つ良いところなし

ほんと、やられたって感じだった。

大竹の国道2号線沿いにあるラーメン屋「昇龍軒」である。正確には、「ラーメンとスタミナ丼 昇龍軒」・・・かな?

20180622_syouryuu1.JPG
以前、「濃厚豚骨ラーメン」を食べたときに、「濃厚つけ麺」ってのも気になっていたので、この金曜日に午後休をとって帰る途中、昼飯を食べに「昇龍軒」に寄ってみたのである。

で、880円もする「濃厚つけ麺」を注文したのだ。

大失敗だった。

こんなもん、880円も払うようなもんじゃないぜ。

麺は完全に冷凍麺をレンジでチンやろ?
容器が高台まで熱々なのがその証拠。実際、あの太さの麺を真面目に生麺の状態から茹でたら、10分くらいかかってもおかしくないが、注文したらけっこうすぐ出てくるからな。

で、具は刻みネギと薄いチャーシュー一枚、そして海苔一枚だけ。

例えばつけ汁の中にチャーシューブロックやシナチクなんかが入ってるわけでもなく、つけ汁はただのつけ汁である。もちろん、濃厚なのは確かだ。でも、これ、シンプルにもほどがあるやろ。

店員の手はかからない(レンジでチンだから)、材料費もろくにかかってない(具がネギとチャーシュー(極薄)と海苔(不要)だけ)、ボリュームも満足できない(ほんま、ぺろっと食べれる麺の量)、500円でいいくらいの品だ。
実際 500円だったとしたら、「なるほど、500円で出すために、いろいろ手抜きしたんだな。まあ、ワンコインで食えるんならいいか」って納得しただろうなって一品。

これが 880円!?久しぶりのボッタクリ商品に出会ったわ(^^;

20180622_syouryuu2.JPG
まあ、ここのラーメンも、絶対 750円取るような品じゃないんだけど、ラーメンに関しては「替え玉無料」なんで、ま、それはそれでありかもしれん。

でも、「濃厚つけ麺」は替え玉なしで 880円やで。500円の価値くらいしかないものが 880円?ほぼ詐欺認定やで(笑)

「いや、880円取らないとやっていけないくらい、材料には金かけてます」っていうんなら、それはお前らが無能なだけや。岩国の「一丁亭」なんて、700円台で具もしっかりあって、「昇龍軒」に負けず劣らず濃厚スープで、麺も自家製麺やで。企業努力が足らんのじゃ、アホ。

というわけで、「ごちそうさま」と店員に声はかけつつ、「二度と来るか、アホ。しかし、腹が全然満足できてない。もう一軒、ラーメン屋に寄って帰るか」と思っていた俺なのであった。


Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「昇龍軒」のつけ麺には何一つ良いところなし

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4911

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年6月24日 16:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小学校の選書会に行ってきた」です。

次のブログ記事は「「カドカワ」の株主優待」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら