笠岡ラーメン、そんなにクセはないよ(笑)

なんか、前日にマツコの番組で笠岡ラーメンが紹介されたそうで、しかも、その時出演していたラーメンの専門家が小太りにメガネで俺に似ていたとか。

20180627_kitagi1.JPG
いや、俺が立町の笠岡ラーメンの店「中華そば きたぎ」に晩飯を食いに出かけたのは、たまたまですから(^^;;
以前から立町に新しいラーメン屋が出来たという話を聞いてて、この日はたまたま街でお客さんと打ち合わせがあって、新しいラーメン屋の話を思い出し、帰りに寄ってみただけだから!

あと、小太りにメガネというだけで、俺に似ているというのもやめて!

というわけで「中華そば きたぎ」。
笠岡ラーメンという未知なる領域のラーメンの店である。
なんと、「やまね 立町店」のあとに居抜きで入ったんやね。てか、「やまね 立町店」もう閉店してたんや。残念。

あ、「きたぎ」の話ね。
どうも、(後で聞いた話だと)大将が笠岡出身のお笑いコンビ「千鳥」の大悟の友人らしい。だからか、店のポスターに大悟が載ってて、「懐かしい味じゃ〜クセがスゴいんじゃ!」なんて言うてる。
いや、大悟、「クセがすごい」はノブの持ちギャグじゃけえ(笑)

で、ラーメン。
「中華そば(並)」700円也を注文。
メニューはシンプル。ラーメンの他にはおにぎりしかない。ただこの日は、なぜかお稲荷さんがサービスでついてきた。
いつも夕方の決まった時間にはこういうサービスがあるのか、たまたまだったのかわからないが、腹が減っていたので嬉しかった(笑)

マツコの番組を見た人はご存知だろうが、チャーシューの代わりに親鶏の肉(かしわ肉)が載っている。
親鶏とは、食肉用のブロイラーなどと違い、卵を産ませるための鶏で、だいたい2年くらい経って卵を産まなくなったら食肉にされる。口が悪い人は「ババァ肉」とか言っちゃう。

20180627_kitagi2.jpg
肉質が硬いので俺もあまり好きではなかったのだが、かつて通っていたあの「ふくろう」のおでん種に「親鶏」があり、それを食べて以来好きになっちゃったのよね。自宅で作るおでんにも入れることがあるし、網で炙って食べるのも好き。
「きたぎ」のラーメンの親鶏ももちろん固くて噛みごたえはあるが、噛めば噛むほど旨味が出てきて最高である。

スープは醤油だが、親鶏から取ったスープが香ばしくて、若い鶏から取ったような甘ったるさがないので、俺は全然好き。俺、甘ったるい醤油スープが駄目だからな(^^;

てか、これ、クセある?もっとクセのある醤油ラーメン知ってるで。不味いやつ(笑)
「きたぎ」のラーメンは「クセ」もなく、誰が食べても普通に美味しい醤油ラーメンですわ。

カレーラーメンもあるようなので、近々にまた行ってみないといけない。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 笠岡ラーメン、そんなにクセはないよ(笑)

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4929

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年7月 5日 12:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「くどき上手」は飲みやすくて美味かった」です。

次のブログ記事は「【西日本豪雨災害】いやあ・・・ひどい大雨だった・・・(現在進行中)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら