Mac OS X への Node.js のインストール

MacBook 上で Electron で遊んでみるために、まず Node.js をインストールする。

Node.js は、このブログでも書いたことがあるが、簡単に言うと「サーバサイドで JavaScript を実行させる仕組み/環境」だ。いや、これ、絶対うるさい人から「違う」とか言われそうだけど、正直、こう覚えておけば問題ない(笑)

これを、うちの Mac OS X 10.14.2 に入れてみる。
そうそう。Electron の Mac サポートが終了したと言うてる人いるけど、終了したのは 10.9 以前のバージョンの Mac OS X サポートである。

ところで、Mac OS X は BSD UNIX ベース(Linux ベースだと誤解している人が未だにいる(笑))なので、インストール方法は UNIX への手順と変わらない。「ターミナル」(Windows にコマンドプロンプトみたいなもんね)を立ち上げ、シェル上でインストールを行う。

以下、Node.js のインストール手順。

1.Node.js がまだ未インストールなのを確認。
 (別にインストールされててもええけど(笑))

$ node -v
-bash: node: command not found

2.Mac OS X 用パッケージマネージャ homebrow のインストール
 ※今回はパッケージで Node.js を入れる。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"
==> This script will install:
/usr/local/bin/brew
/usr/local/share/doc/homebrew
/usr/local/share/man/man1/brew.1
/usr/local/share/zsh/site-functions/_brew
/usr/local/etc/bash_completion.d/brew
/usr/local/Homebrew
==> The following new directories will be created:
/usr/local/bin
/usr/local/etc
<略>
/usr/local/Frameworks
==> The Xcode Command Line Tools will be installed.

Press RETURN to continue or any other key to abort<リターンキー>を押す

==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir -p /usr/local/bin /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/sbin /usr/local/share /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
Password:<shinoda ユーザのパスワード>
==> /usr/bin/sudo /bin/mkdir -p /usr/local/bin /usr/local/etc /usr/local/include /usr/local/sbin /usr/local/share /usr/local/var /usr/local/opt /usr/local/share/zsh /usr/local/share/zsh/site-functions /usr/local/var/homebrew /usr/local/var/homebrew/linked /usr/local/Cellar /usr/local/Caskroom /usr/local/Homebrew /usr/local/Frameworks
Password:
<略>
Already up-to-date.
==> Installation successful!

==> Homebrew has enabled anonymous aggregate formulae and cask analytics.
Read the analytics documentation (and how to opt-out) here:
  https://docs.brew.sh/Analytics

==> Homebrew is run entirely by unpaid volunteers. Please consider donating:
  https://github.com/Homebrew/brew#donations
==> Next steps:
- Run `brew help` to get started
- Further documentation: 
    https://docs.brew.sh

終了。

help を実行してみる。

$ brew help
Example usage:
  brew search [TEXT|/REGEX/]
  brew info [FORMULA...]
  brew install FORMULA...
  brew update
  brew upgrade [FORMULA...]
  brew uninstall FORMULA...
  brew list [FORMULA...]

Troubleshooting:
  brew config
  brew doctor
  brew install --verbose --debug FORMULA

Contributing:
  brew create [URL [--no-fetch]]
  brew edit [FORMULA...]

Further help:
  brew commands
  brew help [COMMAND]
  man brew
  https://docs.brew.sh

OK!ちゃんとインストールされている。

3.nodebrew のインストール
 nodebrew は node のバージョンを管理・切替するツール。これを入れておくとバージョンアップとかが簡単・・・らしい。

$ brew install nodebrew
==> Downloading https://github.com/hokaccha/nodebrew/archive/v1.0.1.tar.gz
==> Downloading from https://codeload.github.com/hokaccha/nodebrew/tar.gz/v1.0.1
######################################################################## 100.0%
==> Caveats
You need to manually run setup_dirs to create directories required by nodebrew:
  /usr/local/opt/nodebrew/bin/nodebrew setup_dirs

Add path:
  export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

To use Homebrew's directories rather than ~/.nodebrew add to your profile:
  export NODEBREW_ROOT=/usr/local/var/nodebrew

Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d

zsh completions have been installed to:
  /usr/local/share/zsh/site-functions
==> Summary
  /usr/local/Cellar/nodebrew/1.0.1: 8 files, 38.6KB, built in 8 seconds

インストール終了。

$ which nodebrew
/usr/local/bin/nodebrew

ちゃんと入ってる。help を実行してみる。

$ nodebrew help
nodebrew 1.0.1

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (from binary)
    nodebrew compile <version>            Download and install <version> (from source)
    nodebrew install-binary <version>     Alias of `install` (For backword compatibility)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:
    # install
    nodebrew install v8.9.4

    # use a specific version number
    nodebrew use v8.9.4

ちゃんと動いた。OK!!

4.Node.js のインストール

$ nodebrew install-binary latest
Fetching: https://nodejs.org/dist/v11.6.0/node-v11.6.0-darwin-x64.tar.gz
Warning: Failed to create the file 
Warning: /Users/shinoda/.nodebrew/src/v11.6.0/node-v11.6.0-darwin-x64.tar.gz: 
Warning: No such file or directory

curl: (23) Failed writing body (0 != 1057)
download failed: https://nodejs.org/dist/v11.6.0/node-v11.6.0-darwin-x64.tar.gz

ありゃ、失敗。
https://nodejs.org/dist/v11.6.0/node-v11.6.0-darwin-x64.tar.gz は無いっていうてるなあ。
でも、サイト上にファイルは存在しているな。

/Users/shinoda/.nodebrew/src
ああ、ファイルではなく、このディレクトリが無いんか?

作る。
$ mkdir -p ~/.nodebrew/src
$ ls -la /Users/shinoda/.nodebrew/src
total 0
drwxr-xr-x  2 shinoda  staff  64 12 27 14:53 .
drwxr-xr-x  3 shinoda  staff  96 12 27 14:53 ..

そして再度インストール。
$ nodebrew install-binary latest
Fetching: https://nodejs.org/dist/v11.6.0/node-v11.6.0-darwin-x64.tar.gz
######################################################################## 100.0%
Installed successfully

お、成功したな。

確認。
$ nodebrew list
v11.6.0

current: none

Node.js v11.6.0 がインストールされたようだ。

5.Node.js を使えるように、もう一仕事
 nodebrew list で見たときに「current: none」になっているのは、使えるバージョンが指定されていないということ。(nodebrew では、複数のバージョンをインストールしておき、使いたい Node.js のバージョンを選ぶことができる)

$ nodebrew use v11.6.0
use v11.6.0
$ nodebrew list
v11.6.0

current: v11.6.0

「current: v11.6.0」に変わっている。

node のパスを通す。

$ ls -la /Users/shinoda/.nodebrew/current/bin
total 78800
drwxr-xr-x  6 shinoda  staff       192 12 27 15:02 .
drwxr-xr-x  9 shinoda  staff       288 12 27 14:54 ..
-rwxr-xr-x  1 shinoda  staff  40345424 12 26 16:13 node
lrwxr-xr-x  1 shinoda  staff        33 12 27 15:02 nodebrew -> /Users/shinoda/.nodebrew/nodebrew
lrwxr-xr-x  1 shinoda  staff        38 12 27 14:55 npm -> ../lib/node_modules/npm/bin/npm-cli.js
lrwxr-xr-x  1 shinoda  staff        38 12 27 14:55 npx -> ../lib/node_modules/npm/bin/npx-cli.js
$ cat ~/.bashrc
export PATH=$PATH:/Users/shinoda/.nodebrew/current/bin
^D
$ source .bashrc
$ set|grep PATH
PATH='/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/Applications/VMware Fusion.app/Contents/Public:/Library/Frameworks/Mono.framework/Versions/Current/Commands:/Users/shinoda/.nodebrew/current/bin'

Node.js を実行してみる。

$ node -v
v11.6.0

node.js のパッケージマネージャーである npm も実行してみる。

$ npm -v
6.5.0-next.0

ばっちり。

これで、Node.js のインストールは終了である。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Mac OS X への Node.js のインストール

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5172

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年12月27日 21:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「美味軒」の「温玉旨辛ラーメン」、悪くないよねぇ〜」です。

次のブログ記事は「この冬、初雪」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら