原子力発電所のことについてちょっと書いておくか

最近、メシと仕事のネタばかりなので、ちょっと別のことも書いておこうか。

ということで、最近一番の熱いネタ「原発」について。

何せ、山口県は上関町が建設予定地になってるからね。あんま他人事でもないんだよね。事故が起きたら、周東町なんてモロに影響範囲内だもんね。ダッシュ村並に祖生なんかも消えてなくなっちゃうよ。(^^;

ということで、まず、原発そのものについてだけど、俺は「そんなものは世の中に不要」だと思っている。
理由は、「放射能は人間が制御しきれない代物だから」だね。
まあ、今更そのことについてあれこれ言うのは不要だろう。東北の惨状を見れば明らかだからな。やっぱ、漏れた放射能を人間は制御出来ないんだな。

なんて言うと、すぐに原発なかったら電気が不足して原始時代みたいな生活に戻ってしまうとか言い出す馬鹿がいるが、原子力発電分の電気が不足したくらいで、原始時代みたいな生活に戻るわけないやろ。つーか、昭和レベルまでも戻らんわ(笑)

まあ、今、一気に原発を廃炉にしてしまっても電気は十分足りるという意見も眉唾だが、それにしても、少々不便な生活に・・・くらいで済む話だと思うがね。それに、電気が足り無いということになれば、更に省電力や別の発電方法の開発が(戦争が科学技術を発展させるように)加速していくと思うよ。

ま、そういうわけで、当然上関の原発建設にも反対なわけだ。
ここは明確にしとくよ。俺は上関の原発は反対だからね。それは、もう、20年以上前からずっと反対している。これは今後もぶれないよ。

20年くらい前、まだ、うちの親父が町会議員をしていた頃、周東町は議会で上関の原発建設を容認したんじゃなかったかな。
確か、俺はその頃広島に住んでたんだけど、里帰りした時に「上関の原発が事故起こしたら、俺は広島にいるんで死なないけど、親父は一発で死ぬな。つーか、多分長いこと寝たきりで苦しんだあげくに死ぬな。周東町はそういう『影響範囲内』だからな。ちゃんと議会で反対してんだろうな?」と親父に聞くと、「いや、議会で建設を容認した」とかいう答えが返ってきて、親父も含めて当時の周東町議会議員は全員どうしようもない腐れボケだな・・・と思った記憶があるよ。
ま、ちょっと時期的なところに記憶間違いがあったらごめん。

ま、以上が俺の原発に対する立ち位置。

あ、そろそろ会社に行かなきゃ。
ということで、原発ネタについては今度改めて続きを書きますぞ。
上関の人たちが腑煮えくりかえるような内容になります。先に言うとくけど、ごめんね。
Clip to Evernote

トラックバック(1)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 原子力発電所のことについてちょっと書いておくか

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/1644

知り合いが「原子力発電所のことについてちょっと書いておくか」という記事を書いていたので,私も便乗して書いてみる。 続きを読む

コメント(2)

突然すみません。
上関原発に反対のお立場はよくわかるのですが、事故を起こしたら死ぬってのは行き過ぎかと思いますよ。

でも、そもそもこんな事故を起こしたのが今回初めてなんで、即死は無いにしても、死なないとも言えないのでは?
あるいは、天寿を全うしたけど、実は放射能が原因の病気で苦しみ続けての一生であった・・・という可能性もあるのでは?
確実に大丈夫といえるのは御用学者だけだと思いますがどうでしょう?そういう部分が非常に気持ち悪く、「いえ、100%大丈夫です。うちの娘で実験しましたから」とか言う学者でも出てくれば、少しは聞く耳もてますが・・・

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2011年6月28日 09:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もう、最近のPCは「4ピン大メス」の数が少ないからなぁ」です。

次のブログ記事は「あのジャマイカ料理の店で、今日はジャークプレートを」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら