VB-Report で動的に属性をセットするやり方

VB.NET + VB-Report 環境での話。

VB-Report というのは Excel で帳票設計できるアドバンスソフトウェア製の帳票作成ツールで、例えば、Excel シートのあるセルに **Hoge とタグを書いておけば、VB.NET のプログラム内で、

Cell("**Hoge", 0, 0).Value = "ほげ"

と書けば、**Hoge と書かれたセルの位置に「ほげ」という文字が印刷される。

Cell("**Hoge", 0, 1).Value = "ほげほげ"

と書けば、その1行下に「ほげほげ」という文字が印刷される。

Excel の「セルの書式設定」で設定した属性もちゃんと効く。
例えば、「文字の制御」の「縮小して全体を表示する」にチェックを入れておけば、そのセルに長い文字が入れば、Excel でそうであるように、帳票も文字が縮小される。

・・・が、例えば文字を打つ位置が固定ではない場合がある。
合計表示をする部分だけ太字にしたいんだけど、明細行数は決まってないから、どのセルが合計表示セルになるかわからない・・・みたいなケース。
こういう時は、プログラム内で属性をセットしてやることもできる。

Cell("**Goukei", 0, i).Attr.FontStyle = VBReport8.FontStyle.Bold

これで、そのセルの文字は Bold(太字)になる。

あと、良く使うのは上にも書いた縮小表示か。

Cell("**Hoge", 0, 1).Attr.ShrinkToFit = True

こんな感じ。
セルの結合もできる。

Pos(4, 10, 8, 12).Attr.MergeCells = True

上の例は、 4列目の 10行目から 8列目の 12行目までを結合しろということ。**Hoge のように名前を付けたセルを基準にせず、直接 X,Y の座標でセルを指定した場合は、Cell オブジェクトではなく Pos オブジェクトを使う。セル名を使って、

Cell("D10", "H12").Attr.MergeCells = True

のようにもできるけど。
セルの連結をして、更に「縮小して全体を表示する」にしたい場合は、

Pos(4, 10, 8, 12).Attr.MergeCells = True
Pos(4, 10, 8, 12).Attr.ShrinkToFit = True

のように続けて書けばいい。

ちなみに、インターネット上で VB-Report についてググると、バージョン 3 の頃の情報がやたらヒットする。
その頃が VB-Report の全盛期だったのだろうか???(^^;
バージョン 3 と 8 ではプロパティ名等が全然違うので、ググった結果が全然役に立たないことも多い。
「書いてあるとおりのプロパティが設定できんやん!!?」という時は、大概バージョン違いの情報を見ているので注意ね。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: VB-Report で動的に属性をセットするやり方

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/3285

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2015年1月21日 13:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「焼きそば+唐揚げ+赤いウィンナーという三種の神器弁当」です。

次のブログ記事は「社食の「豚汁うどん」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら