CentOS 上の lha にハマる・・・

今、朝 3:38 ですね。

朝の 6時には起きて出勤の準備をして、7時には車で家を出ます。もう、寝なきゃ。でも、備忘録にまとめとかなきゃ。

いやあ、CentOS 上の lha のセットアップでハマりました・・・

いや、今更 lha を使うのはどうなの?という話は取り敢えず置いておいて。
「システム的に(まあ、スケジュール的な問題が大きいんだけど)別のアーカイバへの変更は難しい。」「一般公開していないクローズドなシステム上で使用するのでセキュリティ等の問題も特になし」という条件のもとで使用しているので。

サーバ更改を行うので(CentOS 4.9 → CentOS 6.7)、新しい CentOS 6.7 サーバに lha を入れてたんだけど・・・

標準のリポジトリには lha は存在していないので(まあ、そうだろうな)Repoforge(RPMforge)リポジトリを使って yum インストールしたんだけど、バージョン 1.14g のものが入った。

でも、このバージョン、どうもよくない。

プログラムの中で、

lha e -e -i -w=展開先ディレクトリ 解凍するLZHファイル

という形でコマンドを投げてるんだけど、これがエラーになる。
シェル上で手動で実行してみると、「LHa: Fatal error: -e: No such file or directory」というエラーになる。
どうも、コマンドとオプションの設定の仕方が違うようだ。

結局、

lha -eeiw=展開先ディレクトリ 解凍するLZHファイル

のようにコマンド&オプションを全部つなげてやればエラーは出ずに展開されるんだけど、展開されたファイル名がバケバケなのだ。

というのが、解凍を行う LZH ファイルの中の各ファイルには日本語ファイル名がついているんだけど、それを一旦 EUC-JP に変換してやらないとプログラム的に色々まずいんだが、どうも Shift_JIS のまま出力されているような・・・
e というのが解凍コマンドで、その後ろの -e というオプションが「ファイル名を EUC-JP に変換する」というものなんだけど、これが効いてないなあ・・・

なんか、このバージョン、全てにおいて駄目駄目。

ということで、結局、


からソースを取ってきて手動で make した。

このバージョンが 1.14i-ac20050924p1 で、これは CentOS 4.9 に入ってたのと同じバージョンだな。
プログラムもエラーを出さずに動くようになった。

まったく、lha なんていう死んでいったソフトがらみでこんなに手間取るなんて・・・

ああ・・・4:00になった・・・2時間しか睡眠時間がない・・・
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: CentOS 上の lha にハマる・・・

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/3704

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2015年12月 3日 04:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「彩龍にて。次男坊は大将の腰を慮り・・・(笑)」です。

次のブログ記事は「今年のジャーキーはちょっと薄味か」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら