MinGW と GnuCOBOL(OpenCOBOL)のインストールメモ<前編>

ちょっと事情により、久しぶりに(20数年ぶりだ!!)COBOL のソースを触らないといけないかもしれないので、Windows 7 Professional 64bit に GnuCOBOL(OpenCOBOL)を入れてみることに。

取り敢えず、GnuCOBOL インストールのために必要な、MinGW(Minimalist GNU for Windows)をインストールする。

    • http://sourceforge.net/projects/mingw/files/ から mingw-get-setup.exe (86.5 kB) をダウンロード。
    • C:\usr\local\MinGW ディレクトリを予め作っておく。
    • mingw-get-setup.exe を実行。
    • 「Install」ボタン押下。
    • Installation Directory に「C:\usr\local\MinGW」を指定。(俺、Program Files に入らないプログラムは \usr\local の下に固めてるんで)
    • User Interface Options はそのまんまでええやろ。
    • 「Continue」ボタン押下。インストールマネージャのインストール開始。
    • 「Continue」ボタン押下。
    • MinGW Installation Manager の GUI 画面が開くので、インストールパッケージの選択。

うーむ、FORTRAN とか Ada は取り敢えず要らないんで外しておくか。
ボーイング777や、F-22戦闘機の制御ソフトウェアは Ada で書かれているそうだけど、そんな仕事を受けることは無いので(笑)

mingw-developer-toolkit
mingwe32-base
minigw32-gcc-g++
minigw32-gcc-objc

辺りを入れておけば良いか?(Objective-C も使わんといえば使わんけど(笑))
(ちなみに、mingw-developer-toolkit にチェックしたら、msys-base も自動的にチェックされる。MSYS(Minimal System) は、Windows上で動作する Unix shell(Bash らしい)諸々のユーティリティの統合パッケージであります)

    • チェックをしたら、「Installation」→「Apply Changes」を選択。確認画面が開く。
    • 「Apply」ボタン押下。(インストールには、ネット環境にもよるが数分かかる)
    • 「All Changes were applied successfully」と表示されたら「Close」ボタン押下。

これで上記で選択したプログラムは全部入った。

ここから OpenCOBOL を追加インストールする。
まずは、MSYS 上から以下のコマンドを叩いて、MinGW を最新版にアップデート。

C:\usr\local\MinGW\msys\1.0\msys.bat を実行。

で、コマンドを叩いてみると、

$ mingw-get update
sh: mingw-get: command not found

ありり?

$ echo $PATH
.:/usr/local/bin:/mingw/bin:/bin:/c/Program Files/Trend Micro/AMSP/:/c/ProgramDa
ta/Oracle/Java/javapath:/c/Program Files/Common Files/Microsoft Shared/Windows L
ive:/c/Program Files (x86)/Common Files/Microsoft Shared/Windows Live:/c/Ruby200
-x64/bin:/c/Program Files (x86)/Intel/iCLS Client/:/c/Program Files/Intel/iCLS C
lient/:/c/Windows/system32:/c/Windows:/c/Windows/System32/Wbem:/c/Windows/System
32/WindowsPowerShell/v1.0/:/c/Program Files (x86)/Intel/OpenCL SDK/3.0/bin/x86:/
c/Program Files (x86)/Intel/OpenCL SDK/3.0/bin/x64:/c/Program Files/Intel/Intel(
R) Management Engine Components/DAL:/c/Program Files/Intel/Intel(R) Management E
ngine Components/IPT:/c/Program Files (x86)/Intel/Intel(R) Management Engine Com
ponents/DAL:/c/Program Files (x86)/Intel/Intel(R) Management Engine Components/I
PT:/c/Program Files (x86)/Windows Live/Shared:/c/Program Files/Microsoft SQL Ser
ver/Client SDK/ODBC/110/Tools/Binn/:/c/Program Files (x86)/Microsoft SQL Server/
120/Tools/Binn/:/c/Program Files/Microsoft SQL Server/120/Tools/Binn/:/c/Program
 Files/Microsoft SQL Server/120/DTS/Binn/:/c/Program Files (x86)/Microsoft SQL S
erver/120/Tools/Binn/ManagementStudio/:/c/Program Files (x86)/Microsoft SQL Serv
er/120/DTS/Binn/:/c/Program Files/Microsoft SQL Server/110/Tools/Binn/:/c/Progra
m Files (x86)/Microsoft SDKs/TypeScript/1.0/:/c/Program Files/Microsoft/Web Plat
form Installer/:/c/Program Files (x86)/QuickTime/QTSystem/:/c/Program Files (x86
)/Skype/Phone/:/c/Program Files (x86)/Common Files/Adobe/AGL:/c/Program Files/Ja
va/jdk1.8.0_05/bin

あらら。mingw-get が置いてある、

C:\usr\local\MinGW\bin

へのパスが通って無いんやねえ。
.bachrc に書いてもいいんだけど、全ユーザにかかるところだから、

C:\usr\local\MinGW\msys\1.0\etc\profile 

に書いといた方がいいだろうな。
18行目からを、

if [ $MSYSTEM == MINGW32 ]; then
  export PATH=".:/usr/local/bin:/mingw/bin:/bin:/c/usr/local/MinGW/bin:$PATH"
else
  export PATH=".:/usr/local/bin:/bin:/mingw/bin:/c/usr/local/MinGW/bin:$PATH"
fi

こんな感じで。

$ mingw-get update
Updating catalogue: package-list.xml; (item 1 of 1)
Checking catalogue: mingw32-package-list.xml; (item 2 of 4)
Checking catalogue: mingw32-autoconf.xml; (item 3 of 37)
  <略>
Checking catalogue: msys-base.xml; (item 109 of 111)
Checking catalogue: mingw-developer-toolkit.xml; (item 110 of 111)
Checking catalogue: msys-system-builder.xml; (item 111 of 111)

今度はうまくいった。
続けて、下記コマンド実行。

mingw-get upgrade
mingw-get install mingw32-libpdcurses
mingw-get install mingw32-gmp
mingw-get install mingw32-pdcurses
mingw-get install msys-mintty

ここまでしたら、今入れた mintty を実行して新しいシェル画面を開いた方が操作が楽。
mintty 使わないと、コピー&ペーストもコマンドプロンプトみたいに左上のアイコンの「編集」メニューを使わないといけないので超面倒。
mintty なら、右ボタンメニューからコピー&ペースト等が出来ます。

で、いよいよ OpenCOBOL をインストール。


ここから、

gnu-cobol-2.0_nightly_r697_only_for_testing_purposes_win32_and_x64_vc11_bin.7z

をダウンロードし、7-Zip などを使い解凍/展開。
それを、C:\usr\local\MinGW の下に全部コピー。
C:\usr\local\MinGW\include\gmp.h だけ上書きされた。

で、コマンドラインから COBOL コンパイラを実行してみる。

$ cobc -v
Loading standard configuration file 'default.conf'
Configuration Error
C:\GnuCobol\config\default.conf: No such file or directory

ほう。コンフィグファイルのパスが違うようだ。

$ export COB_CONFIG_DIR=/c/usr/local/MinGW/config

して、ついでに同じ記述を .bashcr にも書いとく。

で、再度実行。

$ cobc -v
Loading standard configuration file 'default.conf'
cobc: Error: No input files

ありゃ?input files を求めてるってことは、-v でバージョン表示じゃないんか?(追記:大文字 V がバージョン表示だった)

$ cobc --version
cobc (GnuCOBOL) 2.0.20151025
Copyright (C) 2001-2015 Free Software Foundation, Inc.
Written by Keisuke Nishida, Roger While, Ron Norman, Simon Sobisch
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.
Built     Dec 29 2015 00:01:32
Packaged  Oct 25 2015 21:40:28 UTC
C version (Microsoft) 1700

おお!ちゃんとバージョン表示された。動いてはいるようだな。

<インストール作業 後半に続く>
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: MinGW と GnuCOBOL(OpenCOBOL)のインストールメモ<前編>

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/3757

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2016年1月10日 10:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「実に 3年ぶりの福龍閣は・・・」です。

次のブログ記事は「MinGW と GnuCOBOL(OpenCOBOL)のインストールメモ<後編>」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら