Eclipse 4.5 + Struts 1.3 の開発環境をセットアップ

ええ。Java フレームワークのひとつである Struts の最新バージョンが 2.3.24.1 であること。Struts1系 と Struts2系では互換性がないこと。世の中、やっと Struts1系の業務アプリケーションが寿命を迎え、Struts2系の時代になったこと・・・等などは知っていますよ。ええ。

でも、諸処の事情により Struts1 系のお勉強をしないといけないのですよ。

まあ、そういうことで、Eclipse を使って Struts1 系フレームワークを使った Java アプリケーションを作ってみようかと。実践的なお勉強として。

どうせなら実用的なものを作りましょうかね。
取り敢えず「顧客情報管理」を。そしたらそこからプロジェクト管理(請求システムなども含む)へ発展していけるからねえ。

ということで、Java 新規プロジェクトを cusman という名前で作成。
「カスマン」です。何か、「売女の性器」みたいな名前になっちゃったけど、もちろん Customer management の略ですよ(笑)

Eclipse で「ファイル」→「新規プロジェクト」→「動的 Web プロジェクト」を選択。
ターゲット・ランタイムは「Tomcat8(Java8)」を選択。他はそのままで。あ、名前は「カスマン(cusman)」ね(笑)


で、↑こっから落としてきた Struts 1.3.10 を解凍して出来上がったファイル群の中の、

struts-1.3.10\apps

このディレクトリの下にある struts-blank-1.3.10.war の拡張子を zip に変更して解凍。
war ファイルは zip ファイルと構造が一緒なので、拡張子を変えてやるだけで解凍ソフトで処理できると。

そしたら、struts-blank-1.3.10 というディレクトリの下に、

META-INF
pages
WEB-INF

というディレクトリと、

index.jsp

というファイルができているので、Eclipse のプロジェクトディレクトリの下にコピーしよう。

具体的には(今回は cusman というプロジェクトなので)、cusman\WebContent ディレクトリの下ね。ここにコピーする。ちなみに、cusman\WebContent ディレクトリの下にはすでに META-INF と WEB-INF というディレクトリができているので、上書きで。

ファイルエクスプローラー上で作業をしたので、その後、Eclipse のプロジェクトエクスプローラー上の cusman の上で右クリックメニューを出して「リフレッシュ」。表示されているファイル一覧を更新しておこう。

で、いろいろググってると、この後で「Java のビルド・パスでライブラリ選んでJARファイルの追加処理をしろ」とか書いてあったりするんだけど、特にそういうことをしなくても、

・「Tomcat」→「Tomcat の起動」
・「実行」→「実行」

で、ブラウザで http://localhost:8080/cusman/ にアクセスすれば、Welcome!画面を見ることができた。

20160302_java.jpg

struts-config.xml の message-resources の parameter を修正しろという記述もあったが、それも不要だった。というか、そう書いてあるサイトの通りに修正したらエラーが出てダメだった(^^;

ということで、取り敢えず初期セットアップまではできたか。ふう。もう今日は寝る(^^;
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: Eclipse 4.5 + Struts 1.3 の開発環境をセットアップ

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/3829

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2016年3月 2日 01:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「愛俺弁当18」です。

次のブログ記事は「彩龍で和風中華そばの「トリオ」を」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら