老舗メーカーの対応はやはり素晴らしい~コールマン編~

先々週、2件、老舗メーカーに修理についての問合せをしたのだが、どちらの会社の対応も素晴らしかった。

まず、Coleman(コールマン)。

20170422_coleman.JPG
去年の夏。もう10数年前に買った「B.C. Dome(170T1750J)」というドーム型テントの、クロスポールのうちの1本が折れ、また、フライシートの端っこの金具(ポールの先に引っ掛けるやつね)も折れてしまった。。
経年劣化もあるんだろうけど、テントの形が変わるほどの強風の中での使用で壊れたもので、製品やコールマンを責める気など全然無い。「そりゃ、あんな暴風の中で使えば壊れるよね」と納得している。

去年からテントはノルディスク・アルヘイムに切り替えたが、天気が崩れる可能性が高そうな日のキャンプにはアルヘイムを持ち出したく無い。綿混の生地なので濡れると重くなって仕舞うのが面倒だからなあ。やっぱ雨の日はフライシートの付いたナイロンテントが一番よ。

なので、修理部品が手に入らないか直接コールマンに問い合わせてみたのである。

コールマンでは、Web サイトから誰でも問合せのメールが送れるようになっている。

結論から言うと、「B.C. Dome(170T1750J)」の修理部品の在庫はもうコールマンにも無いそうである。純正部品を使って「きれいに」テントを修理するのは不可能ということだ。。

コールマンによると、

    • 「B.C. Dome(170T1750J)」はパーツ販売が終了している商品(在庫なし)
    • ショップに持ち込めば、ショップが独自に在庫をもっている可能性はある
    • 在庫はないが、壊れたテントをコールマンに預ければ、他の修理方法が検討できるかも
    • 7年以上経過している商品なので、生地の劣化なども心配

まあ、わざわざメーカー送りにしてまで修理する気はないので、基本的にこのまま放置というか、そのうち自分で治そうかなっと(笑)

で、さすがだなあと思ったのはその回答内容ではなく、そのレスポンス速度。
夕方18時ぴったりに Web 上の問合せフォームから質問を投げて 20分も経たない 18:17 にはメールで回答が来た。

すごいなあ。いわゆる「定時後」タイムなのにこれのレスポンス。
よくさあ、「メジャーメーカー否定派」なヤツっているじゃん。「ああ、はいはい。コールマンね」的対応を取るヤツ。
馬鹿だねえ。やっぱ大切なのはサービスよ。連絡しても忙しいわ、人手不足でなかなか対応できませんわ・・・みたいなところはノーサンキューだよ。サービスが良いところは、当然品質も良い。これは確実。だって、品質に自信が無いところは、どうしたって(顧客対応が負荷になって)サービスはおろそかになるからな。

いやあ、ほんと、このレスポンスは素晴らしい。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 老舗メーカーの対応はやはり素晴らしい~コールマン編~

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4381

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年5月 2日 12:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「中国製激安シングルバーナー使ってみた」です。

次のブログ記事は「今年はやっとアルヘイムの中に寝れた」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら