試しに JSF の新規プロジェクトを作成してみた

取りあえず新規プロジェクトを作ってみる。


このサイトの手順に則って進める。
ただ、JSF の最新バージョンだと。このサイトのソースのままだと多分上手く動かない。
たまたまこのサイトに辿り着いた人は、下記の俺のソースを参考にしてくれたほうが良いかも。

まずは、新規プロジェクトの「入れ物」の作成。
上記ページに載っているとおり。

20170706_netbean1.jpg

最後にフレームワークを選択してプロジェクト作成終了。
借り物 PC なので、色々 Java フレームワークが入ってるけど、JavaServer Faces を選択する。

実際の開発もこのページに沿って進める。

1.バッキングビーンの作成(helloBean.java)

import java.io.Serializable;
import javax.annotation.ManagedBean;
import javax.annotation.PostConstruct;
import javax.enterprise.context.RequestScoped;
import javax.inject.Named;

@ManagedBean
@RequestScoped
@Named(value = "helloBean")
public class helloBean implements Serializable{

    private String name = "";
    private int age;

    public String getName() {
return name;
    }
    public void setName(String name) {
this.name = name;
    }

    public int getAge() {
return age;
    }
    public void setAge(int age) {
this.age = age;
    }

    private String msg;

    public String getMsg() {
return msg;
    }

    public helloBean() {
    }

    @PostConstruct
    public void init(){
    }

    public String send(){
        this.msg = "Hello " + this.name;
        return "output.xhtml";
    }
    
}

2.入力画面の作成(input.xhtml)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xmlns:h="http://xmlns.jcp.org/jsf/html">
    <h:head>
        <title>JSFに触れてみよう</title>
        <meta charset="utf-8"/>
    </h:head>
    <h:body>
        <h:form>
            名前:<h:inputText value="#{helloBean.name}" />
            年齢:<h:inputText value="#{helloBean.age}" />
            <h:commandButton value="送信" action="#{helloBean.send()}" />
        </h:form>
    </h:body>
</html>

3.出力画面の作成(output.xhtml)

<?xml version='1.0' encoding='UTF-8' ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
      xmlns:h="http://xmlns.jcp.org/jsf/html">
    <h:head>
        <title>JSFに触れてみよう</title>
        <meta charset="utf-8"/>
    </h:head>
    <h:body>
        <h:outputText value="#{helloBean.msg}" />
    </h:body>
</html>

4.GlassFish の起動

5.テスト画面へのアクセス(http://localhost:8080/hello/faces/input.xhtml)

実際に Form に入力して動かしてみる。

20170706_netbean4.jpg

20170706_netbean5.jpg

ちゃんと動いた。
その他に今日はアノテーションについて勉強しました。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 試しに JSF の新規プロジェクトを作成してみた

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4471

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年7月 6日 15:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「まずは、NetBeans をインストール」です。

次のブログ記事は「Java 8 より導入された java.util.Base64 を使ってみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら