今日も Arduino のテスト中

簡単な回路とプログラムを作って、今日も Arduino のテスト中。
何が出来るのか、実際にやってみないとわかんないからねえ。

今回は、Arduino から 1個の LED に対して 2系統のそれぞれ異なる抵抗の入った出力をして、LED の灯りが暗くなったり明るくなったりするのを確認する。

具体的にはこんな感じ。(回路図としてこういう書き方が正しいのかは知らん(笑))

20171021_arduino1.JPG

デジタルI/Oピンの 12番からは、1KΩの抵抗をかました線を LED へ。8番からは 100Ωの抵抗(12番の1/10の抵抗値)をかました線を LED へ。で、この線を交互に有効にする(それぞれの回線のスイッチの OFF/ON をするイメージ)プログラムを書く。
12番が(抵抗値が大きいので)暗い回線、8番が明るい回線となる。回線を切り替えた時に電気が逆流しないようにそれぞれ抵抗の先にはダイオードをお忘れなく。

プログラムはこう。
12番を ON、12番を OFF、8番を ON、8番を OFF を繰り返すだけ。

void setup() {
  pinMode(12, OUTPUT);
  pinMode(8, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(12, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(12, LOW);
  digitalWrite(8, HIGH);
  delay(1000);
  digitalWrite(8, LOW);
}

そうすると、12番が生きている時は暗い。

20171021_arduino2.JPG

で、8番が生きている時は明るい。

20171021_arduino3.JPG

これを延々繰り返す。
なるほど、なるほど。デジタルI/Oピンの使い方、わかったで。

んで、実は、このデジタルI/Oピンのうちのいくつかは、PWM(Pulse Width Modulation)による電圧制御が可能らしい。
どういうことかと言うと、ひとつのピンで電圧を変えることが出来るということ。つまり、回路として 2系統を用意する必要がない。1系統で暗い出力(電圧低い)と明るい出力(電圧高い)を切り替えられるということだ。

次回はそれをやってみよう。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 今日も Arduino のテスト中

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4613

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年10月21日 15:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Arduino Uno 互換ボード、いや、本家ボードがやってきた」です。

次のブログ記事は「Arduino PWMによる電圧コントロールを試してみる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら