すまん。昨日一人でうなぎ食べた

今朝、TVで流れてた鰻屋の取材シーンを見ながら、小学生の娘が「いいなあ、いいなあ。うなぎ食べたいなあ」と口にする。
娘は、「ごはんにかけて食べるから」と、スーパーで嫁さんに「蒲焼のたれ」をおねだりするような蒲焼好きである。

20180618_sukiya1.jpg
俺は心の中で少し動揺しつつ、「あ、そうだ。すき家に行ってみるか?うな丼とかあったぞ」と娘に声をかけた。

娘よすまん。
実は俺、昨日岩国駅まで定期券を買いに行った帰り、どうしても我慢できなくなって「すき家」でうなぎを食べてしまったんだ。
うなぎ好きのお前に正直にその話は出来ず、「ダイエット中なんでご飯はいらん」とか言いながら夕飯のおかずだけは食べたんでお前は気づかなかっただろうが、実は俺だけうなぎを食べたのだ。

「すき家 2国岩国室の木店」にて。

ま、ちゃんとした鰻屋ではなく、ファーストフードだからね、ファーストフード。許せ、娘よ。
しかも、うなぎは一枚しか乗っていない「うな牛 並盛り」890円だ。

まあ、うなぎごときに 2千円も 3千円も出す価値観は持っていないので、お父ちゃん、これで十分だったよ。
美味しい、美味しいって食べたよ。ほんと、何ヶ月、いや、一年ぶりのうなぎかもしれん。

ごめんなさい、ごめんなさい。一人で食べてごめんなさい。

しかし、「すき家に行く?」と聞いた俺に、「うーん、すき家のうなぎはねぇ〜・・・」と応える娘。
いや、お前、いつそんな良いうなぎ食べたの?(^^; 俺、すき家のうなぎで何の不満もないんですけど?

Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: すまん。昨日一人でうなぎ食べた

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4906

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年6月19日 12:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「オリーブオイルまみれなキャンプ飯であった(2)」です。

次のブログ記事は「板さんが怖かったが、「喜多よし」は客層の良さげな店だ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら