ほどほどのほうが味わう余裕が・・・という話

8/2(金)はカープ戦のチケットを持っていたのに残業で行けず(しかも、7-0で勝ってた気持ちの良い試合だった!!)・・・
ついでにいうと、定時で帰ってひろしま美術館に寄って「かこさとしの世界展」を観るつもりだった。招待券をもらってたので。でも、結局行けず最終日を迎える(本当の最終日は 8/4だったけど、俺、8/3〜4は鹿児島だったので)

なんか、明確な指示もなく、仕様もコロコロ変わるので、自分でスケジューリングするってことが出来ないのよね、今の仕事。ああ、もう、いや!!

・・・ってことで、久しぶりに刺激物を求めて汁なし担々麺の店「武蔵坊 横川店」へ。

20190802_musasibou1.JPG
DEATH だ。DEATH を食ってやるのだ・・・と勢い込んで店に飛び込んだものの、いざとなるとあの DEATH を食った夜中に胃が痛くなって悶絶した日のことが思い出され、「疲れているし・・・」と芳醇醤油の4辛を選んでしまう俺・・・
駄目だ・・・心が弱っているのか?・・・それとも、これが加齢というものなのか?

ちなみに、4辛というと大したことがないように思うかもしれないが、これが武蔵坊の一般的な辛さ指定の最大値である。これでも相当辛い。
ちなみに、この上(5辛相当?)は「昇天」という名前だ。
芳醇醤油味の最大の辛さが「昇天」で、濃厚胡麻味の最大の辛さが「DEATH」なのである。

だから、「4辛」だからといってなめてもらっては困るが、いつもの俺なら、こんなイライラした日は間違いなく「DEATH」あるいは「昇天」を選んでいたであろう・・・

でも、今日発見したんだけど、汁なし担々麺って「痛いもの」じゃなくて「美味しいもの」だったんだね。
いつも DEATH を食べるときは咽ないように気をつけたり、喉が焼ける苦しみと戦ったり大変だったけど、4辛はしっかり味わって食べることが出来たわ。

やっぱ、最大の辛さより、ほどほどの辛さを食べたほうがいいね(笑)

俺、目が醒めたよ!!(えっ?そういうオチ?(^^;)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ほどほどのほうが味わう余裕が・・・という話

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5398

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2019年8月 7日 22:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「古賀SAの「かしわうどん」」です。

次のブログ記事は「ユアーズの汁なし担々麺は本当に汁がない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら