山口県立美術館で「ランス美術館展」を観てきた

角島キャンプの帰りに山口市に立ち寄り、山口県立美術館で「ランス美術館展」を観た。

フランス北部にあるランス市(あのノートルダム大聖堂があるところだ)で1913年に開館したランス美術館の所蔵品展である。

20170806_yamaguchi.JPG
副題に「華麗なるフランス絵画 絢爛たるバロックから麗しのフジタまで」とあるように、16世紀末から20世紀中頃にかけての、バロックからレオナール・フジタ(藤田嗣治)の近代洋画まで幅広い所蔵品が展示されている。
写実主義のミレー、印象派のピサロ、それにポスト印象派のゴーギャンの作品まで楽しめる。

特に、後半のレオナール・フジタ特別コレクション展は圧巻で、藤田ファンならぜひ観て置かないとあかんやろうという内容。

・・・が、俺的には「まあまあかな」くらいの感じであった。
いや、単純に俺が「バロックならバロック(と、せいぜい新古典主義)、印象派なら印象派の作品だけの展覧会が好き」なのと、そんなに藤田の絵が好きなわけではないので、後半の「まるで藤田嗣治作品展」は(絵がでかい分だけ迫力はあるんだけど。線に力があるのもわかるし)少々退屈だった・・・というのが理由だけど。

でも、行けるのならこの展覧会、観ておいた方がいいよ。

宣伝でつかわれている「マラーの死」や「期待はずれ」はやっぱり迫力があって、良い目の保養になった。

その「期待はずれ」もそうなんだけど、例えば「マクシミリアン・スタンバ、サンシノ侯爵3世、9歳」という作品なんか、1630年頃に描かれた絵画だけど、表情なんかが「今時のちょっとおしゃれなイラストレーターが描く顔」みたいで、当時は随分ポップな感じに受け止められたんじゃないかと。なんか面白い。

それと、今回の展示で一番記憶に残ったのは「ダヴィデ」という作品を描いたクロード・ヴィニョンだ。
この人、「2回の結婚で 34人の子供ができて、その内の 3人が父と同じ画家になった」んだって。
・・・って、2回の結婚で 34人の子供っておかしいやろ?これ、2回の結婚なんかどうでもいいくらい外で子供作っとるやろ?(^^;

ま、こういう楽しい発見もあるので、ぜひ「ランス美術館展」へ(笑)
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 山口県立美術館で「ランス美術館展」を観てきた

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4505

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2017年8月 8日 02:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「日和ってしまった俺のバカバカバカ」です。

次のブログ記事は「げんこつ唐揚げ弁当」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら