「一番一竜」の跡にバルができるようだが

この間、料理のまずさと店員のダメさ加減をブログに書いたばかりの「元祖中洲屋台ラーメン 一番一竜 横川店」だが、店を閉めてしまった様子。

昨日前を通りかかったら店内が改装中で、おやっと思ってよくよく見たら、入り口の上の看板も取り外されていた(^^;;

まあ、あれじゃあね(^^;;
それでも何年か続いてたんで凄いは。あの料理とスタッフのクオリティで。
前のブログに書けなかったんだけど、「もやしチャーシュー」なんかもやしが古いせいで漬物みたいな発酵臭してたもん(^^;;

売れないから常に新鮮な材料を用意できないのか、ちゃんとした材料を使わないから売れないのか、鶏と卵な話にもなるんだけど、正直、「一番一竜 横川店」は限界だったと思うよ(^^;;

で、今日前を通ると、新しい看板が掲げられていた。

「横川バル peperone」だって。

20180328_peperone.JPG「一竜」以前にここに店を開いていた「居酒屋 木木山」が運営する店のようだなあ。
一度は横川の商店街から撤退したけど、再び返り咲いたって感じなのかね(笑)

さて、「横川バル peperone」。
本当に「バル」っぽく「立ち呑み有り」の店なら嬉しいが、単なる居酒屋で「バル」って名乗ってるだけの店だったらがっかり・・・っていうか、多分、長くは続かないだろうなあ(^^;;
運営母体の「木木山」が「安いだけ」だったイメージしかないからなあ(^^;;
もうそういう店は「くろすろーど」商店街にはいらないよ。

まあ、本当に「バル」っぽい店であることを期待しよう。
Clip to Evernote

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「一番一竜」の跡にバルができるようだが

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/4797

コメントする


画像の中に見える文字を入力してください。

このブログ記事について

このページは、shinodaが2018年3月28日 21:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「おでん屋でひとり8千円も呑み食いしてしまった」です。

次のブログ記事は「初めて高森高校吹奏楽部の定演を鑑賞した」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら