シンキングペンシルでサバを釣った(外入港にて)

朝マズメの「外入港(とのにゅうこう)」。ハードルアーでのメバル狙い。

20201122_tononyu3.jpg
ルアーを変えて色々試すがアタリなし。2尾目が出ない。「3尾釣って、3人のボウズを帳消しにしてくれ!」という紳士たちの声が俺の中でぐるぐる回っている。

6:30ちょうどにアジを釣り、それからすでに 40分。時計の針は 7:10を指していた。もうそんなに経っていたのか。既に空は白々と明るくなっている。

ルアーを色々変えつつ、魚が移動する、あるいは留まっている場所を想像し攻める。それは時間を忘れるほど楽しい。新しく買った月下美人のメバルロッドは、ルアーが泳ぐ際の小刻みな振動などを正確に手に伝えてくれ、これまた楽しい。

とは言っても、そろそろ何か釣れてくれないと・・・

湾の入り口から湾内に向けて丹念に攻めていたのだが、少し湾の外に向けて投げてみる。突然、バシャバシャとナブラが湧く。フィッシュイーターに追いかけられた小魚が水面を逃げまどっているのだ。
そのナブラが俺の投げたジョイントシンキングペンシルを飲み込む。その瞬間、グンっと大きく穂先が曲がった。

偶然のラッキー!という感じだが、小魚を追っていたフィッシュイーターが、小魚の群れに取り込まれた俺のルアーに食いついたらしい。
そんな大物感はないが、激しく左右に走り回る・・・と思ったら、急にロッドのテンションが抜けた。ピンっと宙に向け立ち上がる穂先。

あー!!はずれたかあぁぁ!!と思わず無念の声が漏れてしまう。
しかし、諦め気分でラインを巻き取っていると、再びテンションが!!
まだかかっていた。どうも、こっちに向かって走ってきたので糸がふけただけだったようだ。岸際に姿を確認。ひっぱりあげる。

小っさ。20cmほどのサバである(笑)
でも、チビサバだって「青物」だ。がっつりフックは口の中にかかっている。ルアーを本物の小魚だと思ってしっかり食いついたようだ。

ルアーは「月下美人 しらすJ 55S グローピンク 3.0g」。購入後、初めての実戦投入だった。しらすJ の 'J' は 'ジョイント' の 'J' だ。3分割されたボディが魚を誘う動きを見せる。
ハンドルを 1秒に 1回転くらいのスローリトリーブで、50cm~1.5mのレンジをうねうねと泳ぐ。まあ、今回はその魅惑の動きを見せる前に食われてしまったようだが(笑)

20201122_tononyu4.jpg
残念なことに、釣り上げたサバがむちゃくちゃ暴れたおかげで、PE ラインがリールに絡み、次の一投まで時間を開けてしまった。その間にすっかりナブラは消えてしまった。
何回か「ここだ!」と思うところに投げてはみたが反応無し。すっかり明るくなったので納竿した。

いやぁ~、大満足である。

初めて、月下美人のリール&ロッドやハードルアー(バイブレーション、シンキングペンシル)に実績ができた。
やっぱ朝マズメはいい!小潮で潮止まりの朝マズメだったけど、ちゃんと結果は出たじゃないか!

俺は、3尾目のことなどすっかり忘れて、満足して外入港を後にしたのであった(笑)

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: シンキングペンシルでサバを釣った(外入港にて)

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/5767

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2020年11月24日 21:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バイブレーションでアジを釣った(外入港にて)」です。

次のブログ記事は「macOS Big Sur にアップデート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら