ソロティピー+フロントウォールで快適薪ストーブ

ソロティピーの中で二度薪ストーブを使ってみたが、狭すぎて悲鳴を上げたくなるほどだった。ずっと身を丸めているような状態で肩も腰もバキバキにこった。

一回目は雨の中だったのでしっかり出入り口を閉めたが、二回目のときは少しでも身体を伸ばせるようにとキャノピーを作った。

ソロティピーは本来出入り口である部分の幕を伸ばしタープのように使うことができる。これをキャノピーという。当然、出入り口の幕を頭上に張るのでテントはフルオープンになり、寒風がテント内に吹き込んでくるわけだ。

それでも、薪ストーブをガンガン燃やしている時は全然快適である。背中から忍び寄る冷たい風を押し返すほどのパワーが薪ストーブにはある。
問題は、薪ストーブを消して、寝てからの話だ。

あれほど寝ている時に寒い思いをしたのは初めてだった(^^;
もちろん、寝る前にキャノピーを閉じればいいのだが、寝る時にはすでにいい感じに酔っ払っていて、キャノピーを閉じられるようにテント内部を整理するのも面倒臭いのだ(笑)

キャノピーを閉じる幕(壁)があればなあ・・・と切に願った、
(実際、ライバル他社の同じタイプのテントには、そういうオプション品が用意されていた)

20220305_bandok1.jpg 20220305_bandok2.jpg 20220305_bandok3.jpg

すると、その思いが天に通じたのか、この 2月に、なんとバンドックから「ソロティピー 1 TC用 フロント ウォール」というのが発売されたのである。まさにキャノピーの蓋である。

俺がそれに気づいたのは発売 2日後だったのだが、Amazon で注文しようとしたら既に売り切れ・・・。販売第二弾の予約を受け付けている状態だった。
「予約かぁ・・・」と思ったのだが、どうやら遅くとも二週間後には入手できるような感じ。ちょうど仕事が忙しくて、キャンプに行けるとしても二週間後になるなあという状況だったので問題なし。しかも、第一回目の販売はほぼ定価販売だったが、第二回目は  4千円ほど値引きされるようである。

結果的にラッキーだった。発売後すぐに買っててもどうせキャンプにいけなかったし、4千円というでかい値引きで購入できた。慌てて第一回目で買ってたら結果的に損してたわ(笑)

そして、3/5(土)からの「美川町 出合親水公園」でのキャンプに初投入したのである。

快適だった・・・

この日は春一番の強風が吹きすさび、本体テントが飛ばないようにロープを張りまくった関係もあっいぇ、本来よりも本体と追加した幕の隙間が大きくなってしまった気がするが、それでも直接冷たい風が吹き込むことはなく大変快適だった。

ローチェアに座って足を伸ばせる快感(笑)
ソロティピーユーザーはぜひ買うべきオプションですな。


トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ソロティピー+フロントウォールで快適薪ストーブ

このブログ記事に対するトラックバックURL: https://blog.netandfield.com/mt/mt-tb.cgi/6184

コメントする

このブログ記事について

このページは、shinodaが2022年3月14日 10:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「何をするにもマスクを着けたままが当たり前になった世界」です。

次のブログ記事は「今日もたくさんピクミンを捨て・・・いや、野に放った」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら