Windows: 2020年10月アーカイブ

今まで USB メディアに回復ドライブなんか作ったことがなかったんだけど、最近 PC 保守を引き継いだお客さんのところで、大型アップデートのあとは必ず最新の回復ドライブを作るということなので、俺の PC でも作ってみることにした。

スタートメニューの検索で「回復」と入力したら、「回復ドライブ」プログラムが出てくるので実行する。
「システムファイルを回復ドライブにバックアップします。」にチェックの入った画面が開くので、右下の「次へ」ボタンを押す。

すると、「この PC では回復ドライブを作成できません」とエラー画面が表示される。なんなの、これ?

20201029_win10_1.jpg

Dell のサイトを見ると、C:\Recovery\OEM ディレクトリの下の install*.* ファイルを削除しろとある。

そこで、

C:\Users\shino>cd C:\Recovery\OEM

C:\Recovery\OEM>dir install*.*
 ドライブ C のボリューム ラベルは OS です
 ボリューム シリアル番号は D439-7DDF です

 C:\Recovery\OEM のディレクトリ

2020/10/24  18:21    <SYMLINK>      install.swm [\\?\GLOBALROOT\Device\Harddisk0\partition5\Image\install.swm]
2020/10/24  18:21    <SYMLINK>      install2.swm [\\?\GLOBALROOT\Device\Harddisk0\partition5\Image\install2.swm]
               2 個のファイル                   0 バイト
               0 個のディレクトリ  829,255,151,616 バイトの空き領域

C:\Recovery\OEM>del install*.*

とかやってみたけど意味無し(^^; 状況変わらず。
Dell のサイトには、「それでだめなら、diskpartを使うやり方を調べてやってみろ」的な一文が(^^;;; なんやねん、冷たっ!!(^^;

というわけで、ここからは「WE FIGHT TOGETHER」というサイトの「Windows10の回復ドライブが「このPCでは回復ドライブは作成できません」と出てリカバリーに苦労した時のメモです」というページを参考に作業を行った。た~さんありがとう。

まず、Windows 回復環境 (Windows RE) の状態を調べる。

C:\Users\shino>reagentc /info
Windows 回復環境 (Windows RE) およびシステム リセット構成
情報:

    Windows RE の状態:         Disabled
    Windows RE の場所:
    ブート構成データ (BCD) ID: 434b37be-15ad-11eb-b5ee-f37a9dc3604d
    回復イメージの場所:
    回復イメージ インデックス: 0
    カスタム イメージの場所:
    カスタム イメージ インデックス: 0

REAGENTC.EXE: 操作は成功しました。

Disabled になっている。これを Enabled にしないといけない。
Enabled にするには、/enabled オプションを付けて reagentc を実行するんだけど、Enabled にはできず・・・

C:\Users\shino>reagentc /enable
REAGENTC.EXE: ブート構成データを更新できません。

どうも原因は、Windows Update のあとで Disk 交換(まあ、厳密には追加だけど(OS ドライブを変更した))をしたせいなんかな・・・?
Windows RE なんて言葉自体初めて聞く俺にはよくわからないんだけど(^^;、あるはずの Windows REイメージの場所が未登録状態になっているのが Enabled にならない理由のようである。確かに、reagentc /info で見たとき、「Windows RE の場所」が空白になっている。

というわけで、ディスク上に「回復ディスク」のパーティションは存在しているので、このパーティションを「Windows REイメージの場所」として登録してやればいいみたいなんだけど、そのためにはまずこのパーティションにドライブ文字(ドライブレター)を付けてやらないといけない。

20201025_disk.jpg

この、GUI 画面ではこのパーティションにドライブ文字を付けることはできなかったので、diskpart コマンドを使って行う。

C:\Users\shino>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 10.0.19041.1

Copyright (C) Microsoft Corporation.
コンピューター: DESKTOP-5077EPO

DISKPART> select disk 0

ディスク 0 が選択されました。

DISKPART> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
  Partition 1    回復                 990 MB  1024 KB
  Partition 2    システム               250 MB   991 MB
  Partition 3    予約                 128 MB  1241 MB
  Partition 4    プライマリ              930 GB  1369 MB

DISKPART> select partition 1

パーティション 1 が選択されました。

ドライブ文字の割当を行う。重複していなければ何でもいいが、今回は「WE FIGHT TOGETHER」の記事に従って O(オー)ドライブで。

DISKPART> assign letter=o
Windows 回復環境 (Windows RE) 
DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に割り当てました。

DISKPART> list volume

  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
  Volume 0     D                       DVD-ROM         0 B  メディアなし
  Volume 1     O                NTFS   Partition    990 MB  正常
  Volume 2     C   OS           NTFS   Partition    930 GB  正常         ブート
  Volume 3         ESP          FAT32  Partition    250 MB  正常         システム
  Volume 4     F   DATA         NTFS   Partition    226 GB  正常
  Volume 5                      NTFS   Partition    990 MB  正常
  Volume 6         Image        NTFS   Partition      9 GB  正常
  Volume 7         DELLSUPPORT  NTFS   Partition   1321 MB  正常
  Volume 8         ESP          FAT32  Partition    250 MB  正常         非表示
  Volume 9     E                FAT32  リムーバブル        57 GB  正常
  Volume 10    G                FAT32  リムーバブル        28 GB  正常

DISKPART> list partition

  Partition ###  Type                Size     Offset
  -------------  ------------------  -------  -------
* Partition 1    回復                 990 MB  1024 KB
  Partition 2    システム               250 MB   991 MB
  Partition 3    予約                 128 MB  1241 MB
  Partition 4    プライマリ              930 GB  1369 MB

DISKPART> exit

DiskPart を終了しています...

reagentc コマンドを使って O:ドライブの下の \recovery\WindowsRE ディレクトリを「Windows REイメージの場所」として登録する。

C:\Users\shino>reagentc /setreimage /path o:\recovery\WindowsRE
ディレクトリは次に設定されています: \\?\GLOBALROOT\device\harddisk0\partition1\recovery\WindowsRE

REAGENTC.EXE: 操作は成功しました。

まだ、この時点では Disable のまま。

C:\Users\shino>reagentc /info
Windows 回復環境 (Windows RE) およびシステム リセット構成
情報:

    Windows RE の状態:         Disabled
    Windows RE の場所:
    ブート構成データ (BCD) ID: 434b37be-15ad-11eb-b5ee-f37a9dc3604d
    回復イメージの場所:
    回復イメージ インデックス: 0
    カスタム イメージの場所:
    カスタム イメージ インデックス: 0

REAGENTC.EXE: 操作は成功しました。

reagentc コマンドで enable にする。これで、「Windows RE の場所」に「\\?\GLOBALROOT\device\harddisk0\partition1\Recovery\WindowsRE」というパスが設定される。

C:\Users\shino>reagentc /enable
REAGENTC.EXE: 操作は成功しました。


C:\Users\shino>reagentc /info
Windows 回復環境 (Windows RE) およびシステム リセット構成
情報:

    Windows RE の状態:         Enabled
    Windows RE の場所:         \\?\GLOBALROOT\device\harddisk0\partition1\Recovery\WindowsRE
    ブート構成データ (BCD) ID: eb75ec5d-19df-11eb-b6a2-4cebbd6dd75a
    回復イメージの場所:
    回復イメージ インデックス: 0
    カスタム イメージの場所:
    カスタム イメージ インデックス: 0

REAGENTC.EXE: 操作は成功しました。

「回復ディスク」のパーティションに O: ドライブを割り当てたのは、reagentc コマンドでパスを指定するときのためだけなので、割当を削除する。

C:\Users\shino>diskpart

Microsoft DiskPart バージョン 10.0.19041.1

Copyright (C) Microsoft Corporation.
コンピューター: DESKTOP-5077EPO

DISKPART> list volume

  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
  Volume 0     D                       DVD-ROM         0 B  メディアなし
  Volume 1     O                NTFS   Partition    990 MB  正常
  Volume 2     C   OS           NTFS   Partition    930 GB  正常         ブート
  Volume 3         ESP          FAT32  Partition    250 MB  正常         システム
  Volume 4     F   DATA         NTFS   Partition    226 GB  正常
  Volume 5                      NTFS   Partition    990 MB  正常
  Volume 6         Image        NTFS   Partition      9 GB  正常
  Volume 7         DELLSUPPORT  NTFS   Partition   1321 MB  正常
  Volume 8         ESP          FAT32  Partition    250 MB  正常         非表示
  Volume 9     E                FAT32  リムーバブル        57 GB  正常
  Volume 10    G                FAT32  リムーバブル        28 GB  正常

DISKPART> select volume o

ボリューム 1 が選択されました。

DISKPART> remove

DiskPart はドライブ文字またはマウント ポイントを正常に削除しました。

DISKPART> list volume

  Volume ###  Ltr Label        Fs    Type        Size     Status     Info
  ----------  --- -----------  ----  ----------  -------  ---------  --------
  Volume 0     D                       DVD-ROM         0 B  メディアなし
* Volume 1                      NTFS   Partition    990 MB  正常
  Volume 2     C   OS           NTFS   Partition    930 GB  正常         ブート
  Volume 3         ESP          FAT32  Partition    250 MB  正常         システム
  Volume 4     F   DATA         NTFS   Partition    226 GB  正常
  Volume 5                      NTFS   Partition    990 MB  正常
  Volume 6         Image        NTFS   Partition      9 GB  正常
  Volume 7         DELLSUPPORT  NTFS   Partition   1321 MB  正常
  Volume 8         ESP          FAT32  Partition    250 MB  正常         非表示
  Volume 9     E                FAT32  リムーバブル        57 GB  正常
  Volume 10    G                FAT32  リムーバブル        28 GB  正常

DISKPART> exit

DiskPart を終了しています...

ここまで行って再び「回復ドライブ」プログラムを実行すると、今度はちゃんと先にすすめる。

20201029_win10_3.jpg

しばらく待つと、無事、USB メモリの選択画面も表示されたのであった。ふう。
多分、OS の入ったドライブのクローンをとってそのまま載せ替えではなく、今回の俺のように追加した場合などはこういうことが発生するかもしれない。

Windows 10 Pro のバージョン 2004 から 20H2 へのアップデート(いわゆる秋の大型アップデート)を、先週末にお客さんの PC で実施した。

その時に発生したトラブルのメモ。(3点だけだが)

1. 20H2にアップデート後、共有設定が勝手にリセットされていた

お客さんで使われているシステムは、サーバ機(サーバOSではなく、普通の  Win10 Pro)とクライアント(こちらも Win10 Pro 機複数台)間で、お互いの共有フォルダを「パスワード無し」で読み書きできないといけない。
(このことに関して言いたいことがある人もいるだろうが、様々な物理的な要因で安全は確保されており、この共有による「安全上の問題」は存在しないことを書いておく)
しかし、20H2 へのアップデート後、全ての PC でこの設定がリセットされていたのだ。そのため、システムの一部機能が正常に動かなかった。
具体的には、「すべてのネットワーク」のパスワード保護共有の設定で「パスワード保護共有を無効にする」(匿名アクセス可能)にチェックを入れていたのだが、これが全て「パスワード保護共有を有効にする」に変わっていた(戻っていたというべきか)
そのためパスワード要求が発生し、サーバとクライアント双方でファイル共有が行えなかった。
もう一度、「無効」に設定し、問題は解消された。

2. 上記の設定が行えない端末が一台

上記のパスワード保護共有の問題で、「パスワード保護共有を無効にする」の設定に戻せない PC が一台あった。(チェックしても、勝手に外れちゃう)
これは唯一 32bit 版の Win10 Pro が動いている PC でだけ発生した。結局、「Guest ユーザのパスワードを空にする」必要があった。もともと匿名アクセスは可能にしていたので、Guest ユーザのパスワードは空だったはずだが・・・

3. なぜか管理者権限でプログラムが実行されない

管理者権限ユーザでログインし、プログラムを実行すると、管理者権限がないため一部の OCX ファイルの読込ができずエラーが発生する。
右ボタンメニューから「管理者で実行」を選べば、正常に実行される。

ログインユーザのユーザアカウントの種類を確認すると「アカウントの種類」は「管理者」になっている。「???」と思いながらそのまま「OK」ボタンを押し、再びプログラムを実行してみたらちゃんと実行された。
なんなの、もう!?(^^;;;
これも 32bit版 Win10 Pro 端末で発生した。しかし、このプログラム自体、この端末でしか実行しないので、64bit版でどうなのかは未確認。

ということで、匿名アクセスを利用していたり、管理者権限でプログラムを実行する必要ある人以外にはあまり関係ない話だけど、俺が遭遇した Windows10 Pro バージョン 20H2 へのアップデートで発生した問題でした。

このアーカイブについて

このページには、2020年10月以降に書かれたブログ記事のうちWindowsカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブはWindows: 2020年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら