テレビとか映画とかの最近のブログ記事

しかし、竹内結子主演ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ)。えらく叩かれてるな。視聴率も伸び悩んでるし。

俺は楽しんで見てるよ。
実は途中で書くのが面倒くさくなって放置している「今シーズンのTVドラマ」ってエントリーの中でも、特に取り上げてる作品のひとつだったんだけど(笑)

そもそも、地味な展開が視聴者に受けなかったみたいね。
弁護士が主人公なんで法廷闘争があるのかと思えばないし、なんか、どっちが悪いのか?、誰が悪いのか?それとも悪くないのか?よくわからないまま、事件にならなくてよかったねと「あやふやな状態」で終わってしまうし。そりゃ盛り上がらんよね。

だって、これ、主人公は弁護士だけど、裁判になる前に事件を解決することを目的としたスピン・ドクターなんだから当たり前やん。
反対に、そこがこのドラマの醍醐味やで(笑)

ちなみに「スピン・ドクター」は Weblio辞書によると、"広報活動などを通じて情報操作を行う「スピン」に長けた人のこと。"だそう。俺もこのドラマで初めてそういう仕事があるんだと知った(笑)
ドラマの中でも、竹内結子がネットに真偽不明な噂を流して依頼主に有利な世論を作り出したりとか、けっこうグレーなことをちょこちょこしてるよね。ハッキングなんて日常茶飯事だし(笑)

だから仕事の依頼主も「審査員への枕営業で金メダルを取った、選手としての力が頭打ちの女子フィギュアスケート金メダリスト」とか「100%支持はできん」ような人ばかり。これがまたドラマ全体を暗くする要因でもあるんだけど、そういう世界を描いたドラマなんだから仕方ない。

そうそう。その「枕営業の金メダリスト」が出た回は、「フィギュアを馬鹿にするな!」「本物のメダリストの人たちに失礼!」とかいうクレームが殺到したとか(笑)
世の中馬鹿ばっかりなの?なんで「ドラマに出てきたキャラ」が現実世界のプレーヤーと同一視されちゃうの?
俺は別にこのドラマを観て、「現実のフィギュア界も枕が横行してるんだろうな」とか、「羽生結弦も大会の前には毛むくじゃらのロシア人審査員の厚い胸に抱かれて・・・」とか思わんかったけど?そういう下品なことを想像したのは、クレームを入れてるお前ら本人だけじゃないの?(笑)

20190119_tv.JPG
だいたい、嫌いだったら観なかったらいいのに。ほとんどの人がそうしてるから低視聴率なんでしょ?(^^;
お前らもクレームなんか入れてる暇があったら、滝にでも打たれてしょうもない妄想しないように心を鍛えてこいよ。

ちなみにこのドラマ、斉藤由貴が何か大事なものを捨て去ったかのようにぶっちぎった演技をしていて最高です(笑)
調査のためにボクササイズのジムに竹内結子、水川あさみとでかけたときも、一人だけ胸元の開いたウェアで胸の谷間と揺れをアピールしてた(笑)
キャラも、「情報を得るためなら、ブサイクな刑事とでも寝る」という「頭のネジが何本か飛んだおばさん」設定だし(笑)

俺は、最後までこのドラマを観るよ。
「恋のしずく」という映画がある。

川栄李奈の主演映画で、東広島の酒蔵が舞台になっている。

昨年の納会で、お客さん(飲ん兵衛女子軍団)と呑んでるときにこの映画の話題が出てきて、俺、前から興味があったので(つーても、映画撮ってるって記事をチラ見したことがあったレベルだけど(笑))、「ああ、それ、公開されたら、観に行きたいんですよお」って言ったら、「はぁ?もう、この 10月に公開されましたよ」なんて言われて大恥かいたんだけど・・・


恋のしずく(こいのしずく)

2018年 ドラマ/ロマンス 1時間 57分
95% のユーザーがこの映画を高く評価しました

恋のしずくは、2018年の日本映画。川栄李奈の初主演映画で、急逝した大杉漣の最後の出演映画公開作品となった。 日本三大銘醸地の1つとして知られる広島県東広島市・西条が舞台の日本酒の物語で、現地を中心にオールロケ撮影された。本作の収益の一部は西日本豪雨の復興支援活動に寄付される。

ちなみに、俺は(ファンでもなんでもないけど)川栄李奈を女優としてけっこう高く評価している。だって、こいつ、まったく素の自分を感じさせず、ちゃんと役を演じきってるじゃん。
本当の川栄は学校の勉強とか全然できんし、(学校の成績に限定すれば)相当のおバカちゃんよ。
でも、なんか頭の良い研究員の役とか何の違和感も感じさせず、さらっと演じるからね。
これ、まだ若い経験の少ない女優だと結構すごいよ。だって、俺、例えば他の女優が弁護士の役とかしてるのを観ながら、「いや、お前はアホやから弁護士なんかなれんやろう」と思っちゃうけど、川栄でそれを感じたことってあんまりないんよね。器用な女優なんかな。

ああ、ちがう、ちがう。川栄李奈のことを書きたかったわけじゃない。

んで、納会でこの映画の話をしたときに、この映画を記念して作られた「恋のしずく」って酒が広島駅で売られていたって話が出て、「え?それほしい」って言ったら「先月のことなんで、もう売ってないかも。本数限定みたいだったし」と。

20181228_koinoshizuku.JPG
そりゃ残念だな〜と思ったんで、家に帰って、何日か前に「スパーク 堺町店」で買った純米吟醸酒をやりながら嫁さんにその話をしてたら、何か違和感。

ん???

これ、今呑んでる、まさにこれが「映画『恋のしずく』公開記念限定ボトル 恋のしずく」じゃん!!(笑)

俺、(「雨後の月」や「華鳩(の、甘いやつ(笑))」など一部を除いて)広島の酒ってあんまり興味ないのよね。申し訳ないけど、「灘」と「伏見」の酒もだけど。味が古いっつうか・・・。
そのため、ろくに銘柄等も見ずに、スーパーで「そういえば日本酒切れてたなあ。お、手頃な値段の純米吟醸があるじゃん。これにしとこ」で買って帰って、家でも「なんか知らんけど広島の酒」くらいの認識しかなかったので、まったく「恋のしずく」って文言が頭に入ってきてなかったわ(^^;

これが話題の「恋のしずく」の限定ボトルだったあ(笑)
東広島の色々な蔵が、同じデザイン(色違い)のラベルで「恋のしずく」って酒を出してるようで、俺のは、柄酒造の「純米吟醸」だった。

味の方は、うーん、ちょっと淡麗すぎて俺好みではなかったかな。ほんのり甘味もあって、美味しい酒だけどね。

もう三ヶ月も前の話しだけど、一応、メモっとこう。

1/28(日)は、徳山の「居酒屋いっとく本店」にて「特撮新年会」を行った。

20180128_ittoku1.JPG
26日は職場の新年会。27日は小学校のPTA(育友会)執行部の新年会。そして、怒涛の新年会三連チャンの最後を飾るのが、この「特撮新年会」であった。

俺は子供の頃、特撮物を必死になって観ていた。みんなそうだろうけど。
「ウルトラマン」や「仮面ライダー」シリーズはもちろん、「シルバー仮面」や「超人バロム・1 」・・・挙げだしたらキリがないので止めておくが、民放2局+同系列の広島の民放2局しか映らないTVで頑張って観ていた。

そんな俺の SNS フレンドの中に、周南の男性Fさんと岩国の女性Tさんという、タイムラインの書き込みを観ているだけで「尋常ではない」とわかる特撮馬鹿、あ、いえ、特撮ファンがいらっしゃる。
それと、この二人ほどの重症ではないが、けっこうコアな特撮ネタの書き込みをしている女性Iさん。

この人たちが特撮の話をしているのを聞きながら酒を呑んでると楽しそう・・・と思った俺は、「特撮新年会」をやりましょうと三人に声をかけて、Fさんの(ほぼ)地元、徳山で新年会をすることとなったのである。

ちなみに、T女史とは猟師仲間なのでちょくちょく・・・とまではいかなくてもたまに会うことがあるんだけど、Fさん、Iさんとは何年か前に一度一緒に呑んだことがあるだけ。
超ひさしぶり・・・というか、ほぼ初対面と言ってもいいくらいの顔合わせであった(^^;

で、宴会。
いやあ・・・俺の予想を遥かに上回るマニアックなネタのオンパレードでした(笑)
ちょっと、マニアック過ぎて既に俺の頭の中には記憶が断片的にしか残っていないので詳細は書けないが、Fさん、Tさんは全日本クラス(ってようわからん例えやけど(^^;)でしたね(^^;

20180128_ittoku2.JPG
俺がついていけたのは、「バトルフィーバーJ」のミス・アメリカの話題くらいであった(笑)

でも、本当にあまりのマニアックなネタに笑いも絶えず、すごく楽しい会だった。
おかげでブロガーなのに料理の写真など撮り忘れ、地味な「鮭とば」の写真しか残っていなかった(^^;

今度は岩国で宴会しようってことになってるので、興味がある人は一声かけてもらえばいいんだけど、いや、マジで生半可な気持ちでは参加できませんよ!!(笑)

あ、ちなみに、「いっとく」はなかなか良い居酒屋だった。
酒もちゃんとしたのを置いているし、料理も割と美味しかったね。そんなに高くもないし。
徳山で呑み会やる時は、また「いっとく」でいいかなあ。
また、I-O DATA の mAgic マネージャーという MS-C のライブラリエラーで落ちまくる糞ソフトのせいで「アンナチュラル」(TBS)第二話が録画出来てなかったのを今朝発見した時には絶望感に囚われたが、TVer 有ってよかった(笑)

今日は昼からバイクで走ろうと思ってたんだけど、「アンナチュラル」視聴に切り替えたよ。
うっかり観るの忘れてたら、一週間で TVer からも消えちゃうからな(笑)

「アンナチュラル」・・・ええよ。

なんというても、石原さとみの役柄が良い。そして、そのヘアスタイル、メイクが良い。プロデューサーか演出家かわからないが、「一番良い石原さとみ」というのをわかってらっしゃる。

20180120_satomi.JPGこのところ、石原さとみの役柄は「ぎゃーぎゃー煩い、やり手女」的なものが多かった。

「5→9〜私に恋したお坊さん〜」「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」と連続してそんな感じだった。勝ち気な「出来る女」ね。

違うんだよ!!さとみは、さとみは。このドラマの制作者は石原さとみが何もわかっていない。

石原さとみはやっぱり「ナチュラルメイク」「肩より短めのストレートの黒髪」「ほわんとした静かな語り口」「若干の不思議ちゃん」キャラが一番なんだよ。

ここのところの「ギャーギャー自己主張の激しい出来る女」キャラは(全否定はしないけど)本当の石原さとみではなかったのだ。

かつての俺は「ガッキー」「深キョン」そして「さとみ」が「言い寄られたら家庭をすてて一緒になる女」であった。新垣結衣や深田恭子に「家族を捨て、私と一緒になって!」と言い寄られたら、俺は嫁さんも子供も捨て二人で旅立つであろう。まあ、日本中の男がそうすると思うけど。

しかし、最近の石原さとみはそうではなかった。言い寄られたら取り敢えずやっちゃうけど、それだけの「遊びの女」ランクであった。「私と結婚して」と迫られても、「いや、お前より嫁さんや子供たちの方が大事だから」「身体だけだから」「愛情はないから」とヤリ逃げをする相手であった。
確実に、俺のこころはさとみから離れていたのだ。

でも、それももう終わった。
「アンナチュラル」の石原さとみは良い。
多分、ここのところさとみから離れつつあったファンをもう一度呼び戻す作品になるであろう。

そろそろ俺も、石原さとみから言い寄られた時のために、二人の逃避行の準備をしておかないといけないだろうな。新しいスーツケースを買うか・・・
いやあ、アメリカのTVドラマ、「SUPERGIRL/スーパーガール」(2015~2016年放送)面白いねえ。

20171216_supergirl.JPG
スーパーマンの従姉(だったんだけど、時の止まった宇宙空間で24年眠り続け地球に来たせいで、今はスーパーマンの方が年上で、従妹になっている(笑))が「普通の人」として生きていこうと OL やってるんだけど、とある出来事で「私がしたかったのは人助け、ヒーローになることだったんだ!」ってことを自覚し、色々な敵と戦いながらヒーローとして成長していく姿を描いてる。
全体的には主人公の「ドジっ娘ぶり」で明るい雰囲気なんだけど、時々(例えば、1000人よりも、自分の大切な人がいる100人の救出の方を優先するなど)考えさせられるネタもあって面白い。

昨日、たまたま昼休みに YouTube で予告編映像観て、こりゃ面白そうだなあ・・・と。
で、今日は(昨夜も深夜 2時まで呑んでたもんで(^^;)岩国に朝帰りして、Hulu をチェックしたら有るじゃないですか!「スーパーガール シーズン1」
それからさっきまで、間々で色々な用事をこなしつつ、一気に第四話まで観てしまった(笑)

なんちゅうても、スーパーガール役のメリッサ・ベノイスト(ブノア)が可愛いです。

スーパーガールの時より、日頃の CEO アシスタントをしている時が最高。眼鏡っ娘ですよ、眼鏡っ娘(笑)
表情が豊かで笑い顔が可愛くて、日本人好みの顔ですな。いいよ、いい!!
スタイルも良いしね。
スーパーガールのコスチュームが、今は膝上まであるブーツで足も隠れてるんだけど、一話ではまだショートブーツとかで俺の好きなふくらはぎも堪能出来てよかったですなあ(笑)

シーズン1で 20エピソードあるみたいなんで、まだまだ楽しめますぞ。
これも Hule で視聴。

20171029_kameoka.JPG
酒ばっか飲んでる名脇役の男が主人公の映画。

特に何か事件がおきるわけでもなく、37歳独身の俳優・亀岡拓次の日常が淡々と語られていく。

世間では名前を知られていない脇役専門の俳優。でも「あの映画に出てましたよね?あの泥棒、好きだったなあ」みたいに人の記憶には残っている俳優。
古参の舞台役者からも目をかけられ、若手監督からは信頼され、気難しい名監督をも演技で微笑ませてしまう隠れた名優。

しかし、生きることに欲がなく、事務所が見つけてきてくれた仕事だけを淡々とこなし、一人暮らしは寂しいと言いながら、好きな女にも告白できない。ただ、仕事が終わってから飲む酒がささやかな幸せ。

そんな男のことが劇中劇や夢と現実を交えながら描かれる。

ごめん。正直退屈でした(笑)
TEAM NACS の安田顕の演技力・存在感があって 2時間持った映画だね。
安田顕という名優だからこそ「隠れた名優」を演じられたわけで、その安田のおかげでなんとか作品として成立している、そんな映画だった。

ただ、もう、「こんな風に実力はあるのにガツガツせず、飄々と生きているヤツ、格好良いよね」っていう、ちょっと古くさい「格好良い男」ぶりの押し付けがましさと、「映画業界あるある」エピソード連発の「ああ、映画関係者はこの映画観ながら大笑いしたり、ちょっと涙ぐんだりしてるんだろうな」感がすごくて、途中でお腹いっぱいというか、飽きてしまった。白けてしまったっていう言い方が正解か。

映画業界にあこがれている人は観てみたらいいかも。
今日 Hule で見たけど、世間で言われているほど酷い作品じゃないじゃない?

20171928_GATCHAMAN1.JPG
まあ、何が何でも実写版が許せん人とかさあ、アニメそっくりな世界観が再現されてないと絶対許せん!原作アニメが汚されたとか思う人はいると思うし、そういう人たちを納得させる作品なんて絶対作れないんで(だって、甘いものしか食べれない人に、いくら辛くて美味いものを作っても評価は出来んじゃん)、そういう人の意見はまったく無視させていただいて、そもそも俳優陣は実力のある人間ばかりだし、原作アニメにそっくりにしようという無理もないし(そういうことをするとギャグになる)、なかなか頑張ってる作品だったね。
素直に面白く観させていただきました。

ベルクカッツェの正体の意外性とかね。

まあ、CG 関係の見せ方が稚拙な部分はあるにしても、ハリウッドほど金がかけられないという制約の中では相当良いものを作ってると思うし、いや、ほんと、CG 部分の尺を短くしてじっくり見せないようにしたり、輝度を落としたり、リアルに見せるテクニックが足りないだけで、データ的には良いものが作れてると思うし、メカデザインはゴッドフェニックスが何かごちゃごちゃ継ぎ接ぎだらけ(最近、リアルにしようとしてこういうデザイン多いね)なのが気になったけど、タートルキングとか、原作と比べるから「原作への崇敬が無い」とかなっちゃうだけで、別にあれはあれでありなんじゃないの?
バードスーツ(と作中で呼んでいたかどうか知らんけど)も格好良かったじゃん。原作とは全然違うけど。なにせ、剛力嫌いの俺が「お、なんか剛力も格好いいじゃん」て観たからね(笑)

まあ、そういうことを言うと、「じゃ、ガッチャマンじゃなくていいじゃないか」って話もあるんだけど、反対に、別に「ガッチャマンでもいいだろ?」と思うね。

20171928_GATCHAMAN2.JPG
確かに、指摘している人がいるように「ギャラクターがわずか十数日で地球の半分を支配下においてから、なんで十数年もその後もう半分を征服できないでいたのか?」とか、「世界の半分が征服されている割に東京なんかは普通に栄えてて皆ショッピングや食事なんかを楽しんでて何なの?」みたいなおかしな設定・世界観は俺も気になったけど、そこは「ギャラクターは当初 300人しかいなかった」わけで、物理的にそれ以上無理に版図を広げる必要はないと判断したとか、ギャラクター構成員にも寿命はあるんで(十数年でベルクカッツェも三代変わっている)指導者が死んだとか色々あったのかもねとか、自分で色々想像して俺は楽しんだよ(笑)
そもそも、第2次世界大戦の時だって、相当制限はされていたけど、それでも東京で芝居や娯楽映画も公開されていたからね。敗戦のその日まで。

あと、ガッチャマン内恋愛についても気に入らない人が多いみたいだけど、まったく別のストーリーなんだからジュンが健にベタ惚れでもええじゃない(笑)

最後に「科学忍法 火の鳥」も見れたし、俺は(決して傑作だったとまでは言わないけど)楽しく観たよ。
ま、「実写版デビルマン」を観てしまった世代は、実写版を徹底的に嫌ってしまうか、俺みたいに「ま、原作の世界観とかにそんなに拘らなくてもええんじゃない?」と寛容になってしまうか、両極端なのかもしれんけど(笑)
昨日、Hulu で観たんだけど、「さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~」、中々の良作であった。

大きな事件・・・が、なくはないのだが、未遂事件だし(^^;、物語は珈琲店を中心とした、どこか心に傷をもった人たちの邂逅を描きつつ、地味に淡々と進んでいく。正直、あまり期待せずに観始めたんだけど、結局最後まで一度も間延びした感じも無く観終わった。ずっと観ていられる映画だった。

以下、もろにネタバレなので、ここまで読んで少しでも興味を持った人は、この画面を静かに閉じよう(笑)

20171022_saihate.JPG
主人公は、東京にすむ30代の女性・岬(永作博美)。8年前に漁船で遭難し行方不明となっている父の失踪宣告がなされたことで、石川県の奥能登にある古い舟小屋を相続する。
岬は、そこで珈琲店(喫茶店ではなく、珈琲豆を焙煎して販売する店)をやりながら、父の帰りを待つ。
岬の両親は30年前に離婚しており、岬はその時に大好きな父を捨て、母についていったことがわだかまりとなって残っていた。そのわだかまりを捨てるためにも、父が生きていることを信じ、父の舟小屋で父の帰りを待つのだった。

面倒見の良い岬の元には、心に傷を持つ女たちが集まってくる。
向かいの民宿に住む小学生の娘、その母・絵里子(佐々木希)。娘の学校の担任など。一杯のコーヒーを挟んで彼女たちと心を通わせ、友情を育んでいく
特に、民宿の親子とはいつしか家族以上の絆で結ばれ、あてなく父の帰りを待つ岬の心も癒やされていく。

そんな時、父が乗っていた漁船の一部と、乗組員たちの頭蓋骨が人数分発見される。父の死を認めたくない岬は骨の鑑定を拒むが、その夜、かつての父のように舟小屋でギターを爪弾きながら、父の死を受け入れていく。
幼い頃の岬は、夜の舟小屋で聞く波の音が怖くていつも泣いていた。そんな時、父は側でギターを弾いてくれ、それを聞くと岬は安心して眠ることが出来た。父の死を受け入れた岬は、子供の時のように舟小屋で聞く波の音が怖くなった。しかし、もうギターを弾いて岬を安心させてくれる父はいない。

波の音が怖くなり、また、もう父を待つ必要もなくなった岬は珈琲店を閉じ、あてのない旅に出る。
業者に焙煎機の引き取りも依頼し、もう二度と舟小屋の珈琲店に戻ってくる気はない。そんな岬を、絵里子たちは寂しい気持ちを押し殺し見送る。

しかし、何日か後、舟小屋に岬は戻ってくる。
父を待つ必要はなくなった岬だが、もうその珈琲店とそこへ訪ねてくる人々との交流は岬に取って無くてはならないもの、「かけがえのない場所」になっていたのだ。

・・・という話。

スパイが活躍したり、名探偵が殺人犯を追い詰めていったり、世界が終わるような異常気象が発生するわけでもなく、静かに物語は進んでいく。
でも、冒頭に書いたように全然間延びしたシーンはなく、アクション映画でもないのに目が離せないのだ。

それでいて、押し付けがましい部分がまるでない。
人はこうあるべきとか、これが正義だとか、こういう生き方って格好いいでしょ?とか、そういう監督の思いがわざとらしく発現した映画ではなく、それぞれの感覚で感動し考える自由のある作品だ。

だから色々考えた。

ほんと、ひさしぶりの良作に出会えた幸せな週末であった。
去年の夏にやってた「好きな人がいること」(フジ)というドラマを観ている。
5話以降を観ずに放置していたのだ。

しかし、録画を保存している HDD の空き容量が無くなったので、古い録画データの整理がてら、まだ観てない録画を観ているのである。

20170901_sukinahitoga.JPG
そしたら、いきなり第5話で「主人公の友人がカープ女子」という設定が出てきて笑った(笑)

第5話が放送されたのは 2016/8/8(月)。
カープ女子が話題になり始めたのはその 2年前の 2014年からだから、ま、ドラマに使われても不思議ではないのだが。

次の第6話では、東京に打ち合わせに行った主人公の桐谷美玲が、そのままこのカープ女子の友人・阿部純子とドームでカープ戦を観ながら(スクワット応援(笑))恋バナをするシーンなどもあり・・・

ま、カープ女子が登場したのはこの二話だけだけど。

いやぁ、しかし、メジャーなドラマにカープが出て来るなんて嬉しいね(笑)
ちょっとミーハーな取り上げられ方だけど。

さあ、この勢いで今年も優勝だ!!(ドラマは去年のドラマだけどな(笑))
TBSテレビでやってる「ハロー張りネズミ」の 8/25放送の第 7話見た?

この糞暑いのに鍋パーティーをやってる「あかつか探偵事務所」の面々。所長のかほる(山口智子)が手に持っている緑色の酒瓶は・・・「ん?獺祭?」

ビデオを止めて良く見ると・・・

「獣祭」???

なんやねん、それ?(笑)

20170828_jyusai.JPG
実際に「獣祭」なんて酒は存在しないので、これはやっぱ「獺祭」のオマージュなんだろうなあ(笑)

もう長いこと「獺祭」は口にしていないので、何となくブームは去った感がしてたんだけど(山口県の日本酒のレベルがあがり、「獺祭」と同じ、あるいはそれ以上に美味い酒が地元の酒屋で簡単に手に入るようになったし)、まだまだ都会ではブランド力が衰えていないってことか?

ま、元々、「獺祭」は大都市や海外向けに優先的に出荷されて、地元じゃそんなに飲まれてなかったけどね。俺も一番好きな岩国の酒は「獺祭」じゃなく「金雀」だし(「獺祭」はその次ね)。

でも、まあ、こういう「獺祭」のオマージュ的なものを目にすると、やっぱり地元民としては嬉しいんだよね(笑)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちテレビとか映画とかカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはダイエットです。

次のカテゴリはニュースとかです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら