「居酒屋 さいらい」も結局長くやってるなあ。もうリニューアルして一年か。もっとすぐにつぶれてしまうと思ってたが(^^;;

20190315_sairai1.JPG
日本酒の品揃えの少なさや、その他の何の個性もないドリンクメニューの内容に、「店主が全く酒が好きじゃないんだなあ。多分、酒に関しては酒屋に任せっきりか、安いだけで能力のないコンサルに頼んでるか。どっちにしても、これじゃあ長くもたない気がするのぉ」と思ってたんだけど、今もしっかり横川駅前で営業中である。

先日、岩徳線に連絡する電車まで小一時間あったので、久しぶりに「さいらい」を訪ねた。

先客は一人。常連らしいアラサー女子(と決めつけてごめん(^^;)が店主と楽しそうに話をしている。
そうか。店主は女性にもてそうな今どきの青年である。俺は「美味い酒が呑みたい客はこの店を選ばんで」と思い「この店、長くもたんだろう」と思ってたんだが、店主自身が商品となり(特に酒にこだわりのない)客を引き寄せているようだ。それはそれでありである。

酒は、以前よりちょっとだけ種類が増えているようだが、やはり置いている銘柄も陳腐で魅力に欠ける。

でも、まあ、横川駅前でしっかり一年商売できたってことは、「店主目当ての女性客狙い」「サワー呑みながらガッツリ焼きそば食って帰る若者客狙い」みたいに、店の方向性をちゃんと見つけて上手くやってきたってことだろう。

20190315_sairai2.JPG
「俺のようなとにかく美味い酒が呑みたいって人間がくる店じゃなかったな。店主と楽しそうに話をしていたアラサー女子も、邪魔者が来たって感じで帰っちゃったし」などと思いつつ、電車の時間まで独り呑み。

「賀茂鶴」の熱燗(相当熱々)を一本頼み、「ふぐ皮ポン酢」と「自家製らっきょ」、それに付き出しの「もつ煮込み」をつつきつつチビチビやる。

「らっきょ」も「もつ」もなかなか美味い。
店主も無駄に話しかけてこないんで、壁にかけられたTVを見ながらのんびり呑める。
あれ?この雰囲気はちょっと良いかも。電車を待つ間にちょっと利用ってのなら、全然「さいらい」有りやなあ。
昨日から、自宅(築12年)の外壁の塗装工事が始まった。

20190319_home.JPG
うちの家の外壁は、白いモルタルとナチュラルカラーの木の壁が交互に並ぶデザインで、自分が案を出したというのもあり、とても気に入ってたんだけど、俺がメンテナンスを怠ってたんで、すっかり木材部分が風雨にさらされ黒ずんでしまった。

さすがにそろそろどうにかせんと・・・ということで、外壁リフォームを決意。
ナチュラルカラーの木の壁は、もう黒ずんだ部分を除去するのは無理ということで、今度はかなり濃い黒系で塗られる。
モルタル部分もそれに合わせて、白からベージュ色に。
今までと全く違う印象の家に変わるだろう。

昨夜仕事から帰ると、家の周りは足場とネットで囲まれていた。
まずは壁の清掃を行うそうだ。

そして、我が家からまた貯えが消えていく(^^;;

金曜日は「鉄華」とどっちにしようか悩んだんだけど、結局、電車通り沿いの「野武士 本川店」、別名「ヒゲの野武士」で晩飯を食うことにした。
あ、「ヒゲの野武士」が正式な店名だった。以前は「野武士」のチェーン店だったんよね。

20190315_nobushi1.JPG
久しぶりだ。この店は串焼き屋でありながら、イカスミ焼きそばや各種チャンプルーなど鹿児島・沖縄方面の島料理も用意されている。
この日もイカスミ焼きそばが食べたくなって俺はこの店に寄ったのだが、先客のチャンプルーの注文に、店主が「時間かかりますよ」と答えているのを見て、普通に串焼き方面を攻めることにした。腹が減っていたのだ。

まず、一杯目から飲み物は日本酒で。「飛露喜 特別純米」をやる。

よく、「え?最初から日本酒?」と驚く人がいるが、美味い酒は舌がしっかりしている序盤で飲んだ方がいいに決まっている。
美味い日本酒を堪能し、酔っ払って味がよく分かんなくなってきたら、しゅわしゅわ炭酸の口当たりが楽しいビールやハイボールに変えればいい。それが一番理にかなっていると思うんだけど、どう?

あ、話がズレた。
ちゅうわけで、まずは「飛露喜」と、そのアテに「赤鶏せせり」「赤鶏砂肝」「ささみしそ巻き」「ピーマン」といった串焼きを頼む。
付き出しの、黒胡椒のよく効いたパスタサラダをつつきながら、「飛露喜」を呑みつつ焼き上がりを待つ。
この「飛露喜」は純米酒なので、若干俺の好みより酸味が強いか?
でも、ツンツンしたところは全くない。口腔内に隈なく旨味が広がり、飲み込むときにはその旨味で喉がコーティングされていくような芳醇さ。いい酒だ。

さて、この店の串は美味いんだけどちょっと変わっている。
まるで、BBQ の肉串のように肉と肉の間に玉ねぎが挟まれている。正確には玉ねぎと白ネギだ。白ネギはわかるけど、玉ねぎって。
そういえば、何でもかんでも間に芽ニンニクが挟まってた時もあった。最初は違和感なんだけど、これも癖になっちゃうのよね(笑)

20190315_nobushi2.JPG
美味い日本酒も堪能したので、追加で「ヤゲン」と「銀鮭」の串を頼み、飲み物は「ヒゲのハイボール」。あ、普通のハイボールです(笑)
「ヤゲン」は最近欠かせない。焼き鳥を食べるときは必ず頼む定番になった。でも、ここの「ヤゲン」は軟骨についた肉が少なくてイマイチだったかな。

「銀鮭」も串焼きで出てくるのは珍しいので頼んだけど、小骨もあって、串に刺したままパクっとやるのは難しい。だから串を抜いて、皿の上でほぐして食べた。美味かったけど、串焼きにする必要があったのかどうなのか?(笑)

まあ、追加注文した 2本はちょっとハズしたのかもしれないけど、でも、最後の〆に食べた「串焼き屋の中華そば」がムチャ美味かったでぇ。
これは、ラーメンカテゴリーで、別エントリーで書くことにしよう(笑)

まあ、結果から言うとボウズだったんで記事的には何も面白くないけど、この日、こういうタックルで、こういうところを攻めたという話は、いつか有益な情報になる可能性もあるので、一応書いておこう。

20190223_ooshima1.JPG
もう、三週間以上前の話だ。

2/23(土)。俺は 9時すぎに「お前の餌を釣ってくるぜ」と飼い猫に宣言し家を出て、10:10〜12:20の間、独りで周防大島で釣りをした。

この日の安下庄あたりの満潮が 11:19。いわゆる潮が動く釣れ釣れタイムは 6:53〜9:24。次に潮が引くときの釣れ釣れタイムが 13:08〜15:34。俺の釣行は 10:10〜12:20。完全に釣れ釣れタイムを外している。そんな俺を愚かだと嗤うヤツもいるだろう。
しかし、俺は休日の子供たちの朝飯、昼飯を作り食べさせる役目があるのだ。俺を嗤うお前!お前はちゃんと嫁さんと家事の分担をしているのかい?俺はまずそれを問いたい。

話がずれたが、まあ、そういうわけで、釣れ釣れタイムを外した苦しい環境下での釣行だったことは記しておく(笑)

20190223_ooshima4.JPG
最初に行ったのは、「橘ウインドパークの先の漁港」(正式名称わからず(^^;)。
漁港の横に、林産業が立てた蛭子神社の鳥居があるところ。
テトラを沈めた防波堤が続いており、いかにも根魚が来そうな感じ。でも、よく見るとテトラの先も海中はずっと岩場が続いている。
これじゃ、ジグヘッドでワーム沈めてズル引きもできない。1g以下のジグヘッドに小型ワームで中層を狙うにも、けっこう沖まで 1mほどの浅い水深が続き、中層もへったくれもない。
まあ、それでも試しに何度かワームを投げ込んでみたけど、その度に根掛かりしそうになり断念。

防波堤の突端に行ってみたが、海藻だらけで、これまたジグヘッド+ワームでは厳しい。
大きな黒い魚 2尾がゆっくりと海藻の上を泳いで沖に出ていく。グレのようなフォルムの魚だったが、俺は魚には詳しくないのでようわからん。他の釣りを楽しむべき港のようだ。

20190223_ooshima2.JPG
ルアーマンの俺はこの港での釣りは諦め、11:10頃から竜崎観音あたりの(小さな港があったが名前わからず)道沿いから沖にルアーを投げてみる。
根魚が付きそうなテトラはあるが、あまりに底が平坦な砂地で、しかも水が澄んでる。こんな隠れ場所のないところには魚はおらんわな。

ちょっと場所を変えると、今度は海藻だらけ。なんか、大島沿岸、海藻多くない?釣り方によっては魚が隠れる海藻が多いのを喜ぶ向きもあるだろうが、ルアーマンにとって海藻はクソ邪魔なだけである。数分ですぐに諦め、移動。

20190223_ooshima3.JPG
11:20頃、港到着。
しかし、俺がチビカサゴをあげた階段手前も、キャプテンのTさんがメバルを 5尾あげた階段奥も、ちょうど投げ釣りの人が来て釣りの準備をしているところだった。
ああ、もう少し早くくればよかった。

2/2 に釣れたのは、やはり潮が下げているときの夜中の釣れ釣れタイムだった。今は完全に潮は止まり、実績のある場所も取られてしまった。
ジグヘッド、スプリットショットリグ、赤いビーズを使ったテキサスリグ。そこへ実績のあるワームをつけて小一時間ほど階段の真ん中から沖に投げてみたが結果は出ず。

12:20納竿。俺は子供たちに昼飯を食わせるため、後ろ髪ひかれながら周防大島をあとにしたのであった。

20190317_shigenobu1.JPG
娘が「苺が食べたい、苺が食べたい」と熱病のうわ言のようにうるさいので、散歩がてら近所の苺の直売所に行ってみた。「しげのぶ農園」である。

直線距離では我が家から30mほど。んが、島田川を挟んでいるので、西か東の橋を経由しないとならない。それでも 5分も歩けば着いちゃうんだけど(笑)

コンビニには車で 10分かかるが、苺の直売所までは歩いて 5分。これが田舎だ!苺好きにはたまらん(笑)
あなたも祖生に移住しませんか?(笑)

色々なサイズの苺のパックがあったが、娘が「大きいのより、小さいのを沢山食べる方が好き」というので、中位の大きさの苺(さがほのか)が 18〜20個ほど入ったパックを 2つ購入。1パック 500円なので、1,000円也。

20190317_shigenobu2.JPG
「また来週も、お父さんに苺買いに連れてって言うんよ」と娘に呼びかけるおばちゃんの声を聞きながら帰路についた。

そして、家までがまんできず、途中で食べ始める娘。
「お兄ちゃんたちにもあげるんで」と言ったら、「一粒ずつでいい?」と真顔でせこいことを言う。「いや、そんなせこいことを言わんと、もっとあげんさいや」と叱ったのだが、結局二粒ずつ配っただけだった(^^;

そんな苺好きの娘です(笑)
今日が市営駐輪場の締切日である。

21時までに横川駅北口A駐輪場の応募箱に投函しないと、年間通しての利用契約ができない。そうなると、停める度に1日あたり 100円の利用料を払わないといけない。年間利用契約をすれば、月あたり 1,000円の負担ですむ。

俺は横川駅で電車を降りて職場まで通うので、毎年横川駅北口A駐輪場を契約している。横川駅の北口、いわゆる「裏側」にある駐輪場である。
表口にも駐輪場はあるのだが、立体式のところを上り下りしないといけないし、利用者も多くゴミゴミしててなんかいやなのだ。

しかし、実はここ、市内の駐輪場でも二、三番目に競争率が高いのだ。応募率が100%を超えたら抽選になる。
一番競争率が高いのが「小町第一」で199%。2倍近い。中電の近くかね?
そして、その次が「大手町三丁目」と、我が「横川駅北口A」で 138%である。

20190315_churinjyo.jpg
ここ何年も、北口A駐輪場は常に抽選状態である。なんとか俺は一度も抽選にハズレることなく今まで来れた。しかし、そろそろ危ないのではないか?(^^;

申込書には第2希望も書けるので、最初「横川駅南口」とした。でも、ここも昨年の応募数は 108%である。微妙だが、ハズレる可能性もある。

というわけで、第2希望には「横川駅北口B」を指定。線路に沿って並ぶラック式の駐輪場だ。正直、急いでいるときなどはラックに積むの、クソ面倒。でも、ここは応募率が 66%なのだ。
確実に契約できる。

俺をビビりだと蔑むかい?「石橋を叩きすぎて壊す男」と笑うかい?

駐輪場利用者登録はかならず成功しなくてはいかん。博打ではないのだよ(笑)

マウスが使えないと復活作業もしづらいんで、新たに PS/2接続のマウスを買ったり(家にひとつくらいあると思ってたんだけど見つからず(^^;;)と無駄な出費もしたが、やっと復活しホっとしている。

まあ、ショートカットキー調べてマウス無しで作業する面倒臭さを考えたら、そりゃマウス買った方がええからのお。金で解決じゃ。(ま、1,100円だけど(笑))

20190314_usb.JPG
結局、日本 ASUS のサイトから、ASUSTeK H81M-E 用の最新の USB ドライバを落としてきてインストールしたらすぐ復活した。

もしかしたら、前回、H81M-E 用のドライバ(オーディオとか、ネットワークとか)をまとめてインストールし直したのだが、その時、USB コントローラのドライバのインストールを途中で終わらせちゃったのかもしれない。
インストーラの動きを見ていると、先に古いドライバを削除していたので、ここで何らかの理由で終わらせちゃったとか。(記憶にはないが(^^;)

とりあえず、USB 接続している HDD や DVD ドライブが接続されたので、USB ポートは無事復活した様子。リブートしてみたけど大丈夫みたい。まだ、USB マウスは接続してみていない。
このまま PS/2 マウスでもいいんだけど、残念ながらホイールが反応せんのよね(^^; HID準拠じゃないんかいな?

<追記>
何をしたわけでもなく、ただ Windows を再起動したら、なぜかホイールが使えるようになった。
まあ、それがまさに Windows なんだけど、なんだかなあ(^^;
昨夜は麻里布の「花善」で岩国市内の高校のPTAの会議「PTA岩国地区連絡協議会」が開催された。
今年度の第二回めの開催である(毎年二回開催される)

20190312_kazen.JPG
幹事は岩国市内 5校(岩国総合、岩国商業、岩国工業、岩国、高森)で一年ごとに回していて、高森は昨年の幹事校だった。次に回ってくるのは 4年後なので、俺が役員のうちは回ってこないようだ。
あ、ちなみに幹事は県立校でまわしているけど、宴会、いや、会議(笑)には高水高校も参加される。

今回は、岩国高校が二つの分校も含め参加できないということで、少し寂しい会となってしまったが、こういうときでもないとなかなか他の学校の方と一杯やりながら話をすることもできないので、有意義であった。
県P連の会合は山口市であることが多いので、そこで呑んじゃうと帰れなくなるし(だって、岩徳線の最終が・・・(^^;)、泊まってまで呑むのもねえ・・・俺、そんな酒好きじゃないじゃん!!だからこうして他の学校の方と飲める場は貴重。

昨夜も隣に座られていた商業のT会長さんが同い年で、ウルトラマンファンなのがわかって、「やっぱりこうして酒呑んで話しないと(お互いのことがわからないので)駄目ですね」なんて二人で盛り上がった(笑)

子供の頃タッコングを見てからタコが食べれなくなったとおっしゃるTさんに「じゃあ、ツインテールのせいでシャコとかも駄目なんじゃないですか?」と話をふると、「ええ、苦手です」と答えられたあとに、「あのツインテールとグドンの話は、人間を犠牲にして怪獣を倒すミサイルとか、考えさせられる要素が沢山出てきて名作ですよね」と話が膨らみ、あやうくかつての「居酒屋いっとくでの特撮新年会」になりそうであったが(笑)、その後は無事軌道修正をして、学校や子供のことなど、PTAらしい話に終始したのであった(笑)

他にも、同郷の校長先生と下松発の映画の話などで盛り上がり、楽しい宴会・・・いや、会議であった。

ちなみに、この日の俺は朝から猛烈な腹痛に襲われ、実は夜になっても本調子ではなかった。「花善」に行く前に、岩国駅のトイレに 20分くらい籠もっていたほどだ(^^;
そのため、料理は残しまくり、生ビールも 2杯、いや、3杯だっけ?まあ、いつもの半分ほどしか飲めず残念だった。次回はしっかり呑むぞ!(いや、そういう会ではない(笑))

昨日は岩国の中通り商店街で「麻里布酒まつり」が開催されて、毎年出かけている俺も、飲み友達のN◎君とともに参加してきたんだけど、まあ、日本酒の話はまた改めて書くとして・・・

20190310_arch1.JPG
今回はビールの話。それも、マイクロブルワリー(小規模醸造所)で作られたクラフトビールのこと。

N◎君が「MaHaLo cafe」の前で売ってたやつを買ってきて「これ、すごく美味い」って言うから、すでに日本酒の試飲を初めてた俺も「じゃ、チェイサー代わりに買ってみるか」なんて思って一本買ってみたんだけど・・・

確かに、これ、美味いわ。

アーチブルワリー」の「ARCH IPA(インディア・ペール・エール)」っていうやつ。

ホップの香りもしっかりしているし、なんといってもほのかな柑橘系のフルーツ香が良い。ホップの香りや苦味を決して邪魔はしていないけど、思わず「うわっ、フルーティーでええなあ」と言葉を漏らしてしまう味。

ラベルを見てみると、原材料名に「麦芽、ホップ、みかん」とある。柑橘系の香りがすると思ったら、ほんとに柑橘系の原料が入ってたのか(笑)

でも、上に書いたように、「お、みかんや」と気づくことなく、「なんかフルーティーやな」と飲ませてしまう絶妙のバランス感だと思う。

N◎君は「常温でもいけそう」って言ってたけど、俺はやっぱしっかり冷えたやつで楽しみたい。温度が上がると「みかん」の主張が強くなりそうだから。

「アーチブルワリー」は岩国市今津にあるビール工房だ。「岩国で面白いことをやろう」と若い兄弟二人が立ち上げた会社だそうである。いいじゃん。応援したいね。

20190310_arch2.JPG
マイクロブルワリーだとどうしても数が出ないから一本あたりの単価が高くなっちゃう。「ARCH IPA」も一本 850円だ。
個性的なクラフトビールを楽しむ対価として決して高いと思わないが、やっぱ 500~600円くらいにならないと一般の人は手にしてくれなそう。なんかそのへんの価格帯に一つの塀がある気がするなあ。

上に書いたようにぜひ応援していきたいけど、とりあえず俺らにできることは「せっせと飲んであげること」だね。

まだ、このビールを取り扱ってくれている店はないみたいなんだけど、「MaHaLo cafe」に行けば飲めるそうです。
メールの整理してたら、去年の11/22 (木)に大竹の「ラーメン食堂 寅」に寄ったときの写真とメモ発見。
もう、5ヶ月近く前の話だけど、一応、覚えてる範囲で書いとくか。俺の日記代わりだからな。

20181122_tora1.JPG
ええと、この日、なんで平日なのに大竹で飯食ってるのかというと、夕方からの岩国市PTA連合会の教育懇話会に参加するために早めに上がらせてもらったからである。
ちなみに、高森みどり中学として参加するのかと思ってたら、高森高校として「来賓」参加(市P連は小中学校のPTA連合会だが、市内の高校のPTAが来賓として招かれるのだ)であった。ま、余談だけど(笑)

いや、それにしても夕方の用事で午前上がりとは・・・と思われたかもしれないが、ちょうどタイミング良く岩国市内でのフィールドサービスの案件があったので、この日の昼間に入れさせてもらったのだ。昼から岩国市内で仕事をして、夕方からそのまま市内のホテルでの懇話会に参加というわけだ。

「寅」に入ったのは 13時過ぎだったが、まだけっこうな客の姿があった。相変わらず人気店のようだ。

俺は、「煮玉子ラーメン」810円+「ミニとり天丼」216円を注文。合計 1,026円。超零細企業の社長には贅沢な昼飯だが(笑)、たまにしか来れないんだからよかろう、よかろうと自分を納得させつつ、ラーメンが出てくるのを待つ。

実は数ヶ月前に初めて「寅」のラーメンを食べ気に入ったので、すぐにまた再訪したかったのだが、大竹なのでなかなか行く機会がなかったのだ。
それだけに、待ちに待った「寅ラーメン」である。

・・・が、そんな俺のテンションは少し下降してしまったのである。

チャーシューが美味くない・・・。あと、麺の湯切りが不十分で、ちょっとぬるっとしてるし、茹ですぎな感じもする。ミニとり天丼、タレが少ねえよ。後半完全にただの白飯食ってたよ。いや、カウンターのどれかタレをかければいいのかもしれないけど、どれかわかんねえよ・・・

ささやかな不満だった。相変わらずスープは美味かったし、とり天丼にかかってたタレも美味かった。
でも、そんなささやかな不満で、俺の「寅」への思いは現実に引き戻される。

20181122_tora2.JPG
「落ち着いて考えたら、この煮玉子がトッピングされているだけのただの広島醤油とんこつラーメンが、一杯 810円っておかしいやろ(^^;」

気づいてしまった・・・この店のラーメンは内容と価格が不釣合いだ。
俺の感覚から言うと、一杯あたり 100円は高い。美味いんだけど、そこまで出して食うほどではない。

そう考えだすと、一気に「想い」というのは冷めてしまうから不思議だ。もちろん、二度と来ないってわけではないが、「煮玉子載せただけのラーメンに 810円払うなら、この先に同じ価格でもっと美味いものがあるぞ」と思って素通りしてしまうことになるだろう。

まあ、それでも多分、時々無償に食べたくなるんじゃないかなあとは思うんだけど・・・そのくらい、スープは美味いんだよ、スープは。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら