昨日の大島ツーリングの昼飯は、海岸で飯を炊いてカレー。ま、実は、それだけが目的のツーリングだったんだけど(笑)
カレーはアマノフーズの「畑のカレー」というフリーズドライ製品。

20170528_carray1.JPG景色のいい海岸を見つけると、オートバイを道端に停めて火を使えそうな場所を探す。
適当なところでパっと駐車できるのがオートバイのいいところだね。

飯を食うには、海が見れて、直射日光も当たらない方が良い。防波堤の陰を見つけ、そこに陣取ることにする。

前回のツーリングでは調理にネイチャーストーブを使ったが、今回はガスストーブ。
砂浜のど真ん中でネイチャーストーブを使うのならいいんだけど、防波堤の陰でもくもく煙を出したら驚く人もいるだろうから、この選択は正解だった。

何年か前にナフコで買った、今となってはメーカーもモデル名もわからない安物のシングルバーナーである。いや、たぶん、岩谷産業の「ジュニアコンパクトバーナー CB-JCB」じゃないかなあとは思うんだけど、もう空箱捨てちゃったので(^^;

そこそこコンパクトだし、家庭用カセットガスボンベを使うタイプなので、突然ツーリングを思い立った時も、台所に置いてあるボンベと一緒に持ち出せばいいだけなので重宝している。

20170528_carray2.JPGただ、今回判明したのは、トランギアのメスティン(TR-210)と五徳の相性が悪いということ。
丸い容器でないと安定しない。4本の五徳の内側、つまり容器が乗る部分が斜めに鋸の歯状にギザギザになってて、そこに容器の端が引っかかる形なのだが、長方形のメスティンだとどうもしっくりこない。ちょっとハンドルの位置を変えようと容器の向きを変えたらグラっときちゃったり。
まあ、ちょっとうまく説明できないんだけど、使ってみてもらえば「これかぁ!」ってわかると思う(^^;

ま、致命的なものではないんで俺は気にしないんだけど(笑)

そんな状態だったけど、今回の「飯炊き」は完璧だったわあ。
俺のアウトドア飯炊き人生の中でも、ベストスリーには入りそうな炊き具合であった。200ccのシェラカップ一杯の米を炊いたので、一合以上の量があったんだけど、結局ペロっと食っちゃったもんな。美味くて(笑)

近場ツーリングってことで、自宅で米を洗い、水だけ切った状態でメスティンに詰めて行ったんだけど、これがよかったんだろうなあ。いい具合に米に水が浸みて。

あとは、米と同じ量の水・・・に、ちょっとだけ愛情(いや、追加の水です。ちょっとだけね)を足して、強火で一気に沸騰!お湯が吹きこぼれてきたら弱火にして 12分(約10分)。蓋を開けて炊き具合をチェック。

米を炊くとき、蓋を開けるのはご法度って教える人もいるけど、開けっ放しにするのでなければまったく問題ない。
10分経ったら、蓋を開けて状態を見てみよう。水気がなくなり、いい具合に炊けてるようだったら、一瞬火を強くして、底にまだたまっている水気を飛ばす。これで炊きあがり。
あとは、はやる気持ちを抑えて、10分以上はそのまま放置して「蒸らし」を行おう。

ガスだと火加減の調整も楽だし、こんな感じで楽勝で美味い飯が炊ける。
まあ、俺はたき火でも楽勝で上手い具合に炊けるけどな。それが飯炊き人生(笑)

20170528_carray3.JPGそして、カレー。
こっちはフリーズドライなんでさらに楽勝。
400ccのシェラカップに「畑のカレー」本体を入れて、150ccの水を注ぐ。それをガスにかけて沸騰させるだけ。

いやあ、このカレー、美味いね。レストランの味だわ(笑)
量的にちょっと少な目なのがあれだけど(だいたい、茶碗一杯のごはんでちょうどいいくらいの量かな)、マジで味はかなり良いっすね。
好日山荘で買ったんだったな。今度、もう一度買いに行こう。

というわけで、大島の海を見ながら食ったカレー、うめぇ~

で、一合以上の量を炊いたんで、カレーで食ったあとでも半分くらい飯が残ってたんだけど、上の方に書いたように米だけでも十分美味くて、結局ペロっと食っちゃった(笑)
20170527_edamame.JPG
うまく育たなかったので移植しなかったえだまめが三本ばかりあった。

双葉が出たものの、そのまま育たず、双葉のまま枯れていきつつあったえだまめだ。

それを、畑にはうつさなかったが、家の横の花壇に植えてみたところ、二本は枯れたのだが、一本だけ元気を取り戻して育ちつつある。

他の兄弟たちと比べると随分と発育が遅れているが、これ、ちゃんと育つかなあ。

経過を見守りたい(笑)
幕末の志士の名前じゃないよ!

広島市本通にある立ち呑み屋「寅蔵」と、超入手困難な人気芋焼酎「森伊蔵」のことだよ!!

先週、「百合」で呑んだあとで、同僚氏の奥さんが車で迎えに来られるまでの時間つぶしで「寅蔵」に寄ったのである。

20170524_torazoo1.JPG
そしたら、棚の上にずらっと「森伊蔵」の瓶が並んでることに気づいた。
「寅蔵」にはそんなに来たことがなかったので、今まで気づかなかったわ(笑)

で、大将に「えらい森伊蔵の瓶が並んでるけど、正規の仕入れルートなの?」って聞くと、「いえ。寅卯の大将が買ってきてくれます」だって。

寅卯の大将、どんなルート持っとるんやあ(笑)
まあ、棚の上にずらっと並んだ「森伊蔵」のほとんどは空瓶だったけど。

で、この日は(上に書いたように同僚の迎えの車待ちだったので)あまり長時間いるつもりはなかったので、二人ともハイボールを注文し、肴は「牛すじ煮込み」「漬物三種盛り」と「サイコロステーキおろしポン酢」の3つだけ。

「寅蔵」に来ると注文するのはだいたいこの辺り。
わざわざ大将がおすすめ品の黒板を持ってきてくれたのに申し訳ないっす(^^;

ところで、大将の「内山くん」化が進んでいると感じているのは俺だけなのか?(笑)
先日のツーリング飯。

「出前一丁」と「サタケ マジックライス えびピラフ」でした。

20170503_satake1.JPG
「らあめん 彩龍」でラーメン+炒飯の「コンビ」を注文するのに躊躇しちゃう今(マツコの番組を見た人たちが殺到して炒飯ばかり注文するので大変だそうで(^^;)、仕方ないので、自分でラーメン+炒飯(いや、ピラフだけど)を!!(笑)

マジックライスが発売されたのはもう10年も前。携帯性がいいので山登りなどのアウトドア界ではけっこうポピュラーな商品である。なので、今更詳細をこのブログで紹介することはしませんが、東広島にあるサタケ(旧佐竹製作所)が売っているアルファ米です。
水で元の食べられる状態に戻る米ですな。お湯の方がかなり短時間で戻ります。
水だと60分。お湯だと15分。インスタント食品感覚だと「お湯で 15分も!?」ってなるけど、これ、米だからな。
お茶漬けとか雑炊のインスタント食品なら数分で出来上がるけどね。

で、食べてみた感想・・・

20170503_satake2.JPG
・・・と行きたかったんだけど、実は思ったよりラーメンが早く出来上がってしまい(笑)、若干時間が足りない状態で食べることに(^^;
一応、芯も無い状態には戻ってたんだけど、まだ水分を米が吸いきってないせいか「若干リゾット」な状態。惜しい(^^;

あと、お湯を入れた時、軽くかき混ぜただけだったんだけど、これはしっかりかき混ぜないと駄目やね。それこそどろどろになるくらいに念入りに。少々、お湯が冷めても大丈夫だから。
なんでかっつうと、ところどころ水分をほとんど吸っていないカリカリ状態の米が残っていた。

ということで、「ちゃんと時間どおり出来上がりを待つ」と「お湯(水)を入れたあとは、しっかり撹拌」の二点を絶対守りましょう(笑)
続けて祖生地区ソフトボールナイターリーグの試合の話。

俺が所属する「れいぜん」の今シーズン初戦は、先週土曜日、第二試合の対「下祖生」戦であった。

最初、仕事で遅れてくる人間がいるので人数が足りないんじゃないか?・・・ということで俺がファーストにという話もあったのだが、無事選手が集まったので、俺は「10番 指名打者」での出場となった。

20170529_softball.jpg試合の方は、0-19x で負け。
何とかみんなで守りきって 20点取られるのは阻止!!すごいぜ「れいぜん」!!強いぜ!「れいぜん」!!

・・・ええ、言ってみただけです(^^;

昨年は、2回くらいまではエースのT村さんが猛打者ぞろいの下祖生を数点の失点に抑えてくれるという展開が多かったので期待していたのだが、もう今年は通じないみたいだなあ。
まあ、その後、我がチーム唯一の速球派・You本君に交替したんだけど、結局、T村さんが 11失点、You本君が 8失点と、誰が投げても打つんだよね、下祖生は(^^;

まあ、でも、センターはやっぱりMキの方がよかったなとか、色々反省点も確認できた試合なので、次の戦いでは多分「れいぜん」が勝つだろうね。

・・・ええ、言ってみただけです(^^;

ちなみに、俺には一回しか打席が回ってこなかったんだけど、ピッチャー横を抜けるセンター前ヒット。

翌日の小学校の清掃のときに会ったM上君とSバタ君は「あれはピッチャーのグローブに当たっていたのでエラー」とか言うてたが、ヒットです(笑)

ということで、俺、今のところ 10割バッター!!
なんか、ここのところブログが酒の話ばかりだな。まるで酒ばかり飲んでいる人みたいなんで、その他の話も書いておくか。

祖生地区ソフトボールナイターリーグ。

今月 13日(土)に「開幕式」を行った。

20170513_kaimakushiki.JPG例年通り、式のあとで「遠投競争」と「ホームラン競争」を実施。

試合では勝てない我がチーム「れいぜん」も、毎年「遠投」と「ホームラン」の両競争では(主にK太個人の身体能力に依存だが(笑))かならず入賞して商品券をゲットしてきた。
しかし、とうとう今年はどちらもチームとしては取れなかった。K太が「遠投」で個人2位を獲得しただけである。

「遠投」では「れいぜん」の若き中距離弾道ミサイル・Mキが 72m という大遠投を見せたのだが、わずか 2cm だけ枠外に足が出てしまい失格。まあ、最初に「厳しくやるで!」と審判の俺が宣言していたので仕方ない。自分のチームだから甘くみるわけにはいかんからなあ。
しかし、Mキが失格になったことで繰り上げ優勝となった記録も 60m台前半だったので、なんとも残念。
チームとしても、三人の記録が 72m、61m、55mだったので、たぶん団体優勝だったなあ。
ま、仕方ないので、また来年優勝を狙っていこう!!

ホームラン競争は・・・俺のトスがダメダメだった(^^;
いやあ、俺はトスは得意としてたんだけどなあ。実際、ここ何年も俺のトスでK太を優勝させてきたし。
しかし、長男坊が野球をやめて約 3年経ち、トスをすることもこの開幕式くらいしかなくなって、すっかり勘が鈍ってしまった(^^;

俺も、開幕式に参加するのはたぶん今年で最後だろう。
ソフトボール部長の任期が今年いっぱいなのだ。
毎年、開幕式でのルール説明や競技の手伝いで参加して、そのままホームラン競争でトス係をしていたのだが、まあ、そういうわけで、今年が最後のトスだったのだ。
最後の最後に結果が出せなくて残念です!!

・・・っていうかさあ、前から思ってたんだけど、お祭りなんだからホームラン競争も複数人でやるようにしないと面白くないよなあ。
うちは、ずっとK太一人でホームラン競争はやってたんだけど、そう思って去年からは二人、今年は四人で参加した。
K太の個人優勝の確率は下がるんだけど、けっこう皆、打ちたがりだからな(笑)

打てるヤツ一人にずっと打たせた方が優勝確率はあがるし、個人成績も取りやすいけど、やっぱそれだとチーム戦じゃないからな。
大人の事情で一人に絞れないチームもあるだろうし。

というわけで、最低でも一人 10球の二人で・・・とかにした方がよかろうと思うがどうかね?>闇部長

<メモ>
ホームラン競争の「枠線」は無し。
「日本酒燦々」のあと、「どっかの店でちゃんと座って飲んで〆ましょうか」ということで、職場のチームメンバー(俺は一時的に別チームに入ってるけど)三人で居酒屋へ。
「せっかくなんで、袋町界隈で開拓しましょう」と彷徨った果てに入店したのが「居酒屋 百合(ゆり)」であった。

20170524_yuri1.JPG
「ステージでレズビアンショーとかやってるんじゃないですかね?」などと、「百合と聞けばレズ」「薔薇と聞けばホモ」を連想してしまう世代の俺はニヤニヤと入店したのだが、まあ、普通の居酒屋であった。当然だけど(^^;
でも、なんか、小さな小料理屋ならアレだけど、それなりの席数のある大衆居酒屋で「百合」って名前は違和感あるな、個人的に(^^;

が、実際のところ、まあまあ当たりの店だった(笑)

なんか、食べ物がどれも美味かったわぁ。
茄子を炒めたヤツとか、唐揚げとかもやし炒めも良い塩加減だったなあ。
そうそう。沖縄ポークランチョンミートを焼いたやつがあって、俺、大好物なので嬉しかったなあ。

最後に、「カレー」で〆たんだけど、これがなかなか美味かった。
ちょっと懐かしい味で、でも、しっかり辛くて、具の大きなチキンカレーだった。
「居酒屋でカレー?」とか思ったんだけど、これは正解だったなあ(笑)

それと、ケーブルTVでずっとカープ戦を流してるのも良い感じ。
カウンターのところと、奥の大座敷(ここの座敷は、仕切りの無い広い部屋にテーブルが 5つ、6つ置いてあるような形。岩国でも「岩国一」とかはこんな感じだったなあ)の 2箇所に大きな TV が置いてあるので、どの席でもカープ戦がよく見えるのはいいですぞ。
カープ、この日は勝ったしね(笑)

20170524_yuri2.JPG
で、給仕のおばちゃんが元気でよかったねえ。
俺、田舎の店なんかによくいる「客になれなれしいババァ店員」ってのが大嫌いなんだけど、ちょうどほどよい絡み具合で、ここのおばちゃんは良い感じだった。

というわけで、同僚U氏も「今度、飯を食いに来たい店ですね」と満足されたようだ。

お代の方は、全国チェーンの居酒屋より、料理が一皿 50~100円くらい高い感じかな?まあ、チェーン店でなきゃそんなもんだよね。1時間半くらいいたけど、あんまり飲まなかったんで一人 3千円弱でした。

<追記>
今、帰り際に撮った写真に写ってた文言を見て、「百合」の名前の由来がわかったよ。これ、芋焼酎の名前なんやね。入り口横のガラスに「本格焼酎の旨い店 甑島産芋焼酎"百合"など各種品揃え、一杯 350円~」って書いてあった。
店主が好きな焼酎の名前を使ってるってことかな?徳山の居酒屋「克」と同じパターンか。
てか、焼酎に強い店なのね。今度改めて行ってみる必要があるな(笑)
水曜日にアリスガーデンで行われた「日本酒燦々2017」で呑んだのは以下の 7銘柄。

    • 田中六五(たなかろくじゅうご) 純米 (福岡県)
    • 玉川 純米吟醸 Ice Breaker(アイスブレーカー)無濾過生原酒 (京都府)
    • 飛露喜(福島県)
    • 花の香 桜花 純米大吟醸 生原酒(熊本県)
    • 陸奥八仙 芳酵超辛純米(青森県)
    • 出雲富士 純米吟醸 超辛口(島根県)
    • 九頭龍 純米 夏しぼり(福井県)

「飛露喜」と「花の香」だけが 200円で、他は 100円だった。

普通のお酒が 100円で、吟醸酒 200円、大吟醸 300円という噂も聞いていたが、そういうわけでもないんやなあ。
しかし、あの小さなカップの八分目あたりまでの量で 300円とか・・・そんな酒、いらんわ(笑)

ちなみに、「飛露喜」だけ商品名不明。
酒蔵での参加ではなく、大和屋酒舗推奨品で、しかも他の酒が品切れになったので急遽出されたもののようで出品リストに載ってなかった。
あの辺は人も多かったので、しっかりラベルをチェックする暇もなかったのよね(^^;

20170524_sake1.JPG 20170524_sake2.JPG 20170524_sake3.JPG

さてさて、自分用のメモの意味で簡単に印象を。

「田中六五」は名前が面白いんでつい飲んでみたけど、強い、硬めのお酒って感じ?若い頃の俺なら気に入ってたかも。

「玉川 アイスブレーカー」はこの間このブログにも書いたけど、すげえ気にはなってるんだけど、「基本的に色物には手を出さない」という人生を歩んできた俺的には「手を出すべきか、出さぬべきか」悩ましい酒だった。それをあっけなく飲むことができるとは!!酒イベント最高!!(笑)
で、感想だけど、フルーティーで美味かった。この日飲んだ中では第二位!

「飛露喜」もフルーティーで、それでいて芯もしっかりしている、丁寧に作られた酒・・・という感じ。ただ、俺は「ふわふわ感」のある酒の方が好きなので第三位。

で、この日、一番俺好みだったのが「花の香」だ。
まさか、九州・熊本の日本酒を一番美味しく感じるとは!!(笑)なにせ、俺、この日まで「日本酒を作ってるのは福岡まで。それより南の県では焼酎しか作ってない」って思ってたくらいで(^^;
フルーティーでほわほわした、まさに俺好みの味。美味かった。

あと、「陸奥八仙」「出雲富士」「九頭龍」については、ごめんなさい(^^;。味の記憶がほとんどなし(笑)
酔っぱらってたし、これらは割と辛口だったので、最近甘い酒好きの俺の印象に残らなかったのかも(^^;

ところで出品リストを見ると、岩国の酒は「五橋」も出てたんだなあ。「獺祭」と「雁木」だけかと思ってた。
各ブースの参加酒造メーカーに特に傾向がなく、なんかバラバラだし(「山口県ならこのブース」的なのが全然ない)、手に傘を持ってたんで、出品リストは「受け取ったらそのままポケットイン」だったんで見落としてたわ。

ま、せっかく全国のお酒が集まってるんで、広島・山口の酒を飲む気は端からなかったんだけど(笑)
大和屋酒舗主催の「日本酒燦々2017」というイベントがアリス・ガーデンで開催された。
まあ、所謂「酒まつり」である。
1枚100円のチケットの綴を購入し、各お酒のブースを周り、チケットと交換に 1杯の酒を得る・・・というあのスタイルである。

20170524_sannsann1.JPG
一月ほど前だったか、会社の同僚U氏からこのイベントのことを聞き楽しみにしていたのだが、なんと、昨日に限ってどうにもならない残業が発生し、結局、会場に入れたのは 19時前であった。イベントは 20時までなので、1時間ほどしか時間がない。

「こりゃ、あんまり飲めませんね」とU氏と二人、一番安い 500円(100円x5枚)チケットを購入。いざ参戦したのであった。

しかし、500円じゃ全然足りなかった(^^;

つまみ類もこのチケットで購入するのだが、例えば焼鳥は 1パック 500円である(笑)
そのことを、会場で偶然会った「岩国の立ち呑み仲間」のH口君から聞いた俺は、慌ててもう 1,000円分チケットを追加購入。
結局、この 1,500円でちょうど時間いっぱい楽しめた感じであった。

昨日は生憎の雨だったし(俺らが行った頃はちょうど雨が上がり、傘なしで過ごせたが)、そんなに盛り上がってもないかもねえとかU氏と話してたんだけど、行ったら人でごった返しててびっくりした。
まあ、俺らが行った時が一番混んでた時じゃないかと思うけど。盛り上がってたわあ。

ただ、カップが思ってたより小さかったのと、8分目くらいまでしか注いでくれないのがちょっと残念だったな(笑)

20170524_sannsann2.JPG
やっぱ、「麻里布酒まつり」の大きめカップとなみなみと注いでくれるスタイルに慣れていると「あ?これだけ?」感が(笑)
一緒にいった「地元は酒処・東広島」のU氏も「(大手酒店主催のイベントだけに)日本酒の美味しさを皆に知ってもらうための、儲けはあんまり考えない宣伝目的のイベントかと思ったら、これ、しっかりこのイベントだけで儲けてますよね(^^;」と苦笑いであった。

ま、別にいいんだけどねえ~

それでもしっかり酔っ払って幸せな気持ちになったし(笑)

さて、ではこのイベントで俺はどんなお酒を飲んだのか?・・・は、また別のエントリーにて。

ちなみに、山口県から出店していたのは、「雁木」「獺祭」「東洋美人」の三銘柄でした。(大和屋酒舗には腐るほど「獺祭」が並んでるからなあ)
久しぶりに DB データが「ハッシュの配列」にセットされまくってる感じの Perl プログラムのメンテを行うことになったので、ハッシュ(連想配列)のリファレンスなどについてメモ。

まあ、Perl の多次元配列については、木本裕紀さんの「Perl学習サイト - サンプルコードPerl入門」サイトの中の「配列とハッシュで多次元データ構造を自由に操る」がそのまま参考になる。

なので、ここで書いているのはその補足。

ハッシュ(連想配列)を配列にセットした、いわゆる「ハッシュの配列」を扱う場合。

下のコードは、PostgreSQL から取得したデータをセットしてる例(余分な処理は削ってるので、「例外に対する処理が甘い」とか、そういうツッコミはなしで(笑))

@persons = ();

# DB から $sql の条件でデータ取得(例えば、クラス名簿とか)
$result = $Conn->exec($sql);
if (!$result->resultStatus eq PGRES_TUPLES_OK) {
# DB エラーなら処理を抜ける
exit;
}

# 人数分データを読み込む
for ($i = 0 ; $i < $result->ntuples ; $i++) {
# DB から取得した名前、性別、年齢をハッシュにセット
my %person = ();
$person{'name'} = $result->getvalue($i, $result->fnumber(name));
$person{'sex'} = $result->getvalue($i, $result->fnumber(sex));
$person{'age'} = $result->getvalue($i, $result->fnumber(age));
# ハッシュを配列にセット
push @persons, \%person;
}

これで、クラス名簿が「ハッシュの配列」にセットされる。

全員のデータを読みだそうとしたら、

foreach $person (@$persons) {
foreach $key (keys %$person) {
$value = $person->{$key};
print "$key : $value\n";
}
}

こうすれば抜き出せる。

結果は、

name : Masunori
sex : m
age : 23
name : Beiko
sex : f
age : 44
.....
name : Taro
sex : m
age : 18

こんな風に表示される。

では、全件出力するのではなく、最初の人のデータだけ読み出したいって場合。
例えば、一人目の人の性別を確認とか。

ポイントは、「ハッシュの配列」はただの配列ではなく、実際は「ハッシュのリファレンス」を要素に持つ「配列のリファレンス」ということ。
そのため、@persons を参照するには @$persons のように配列のデリファレンスを行なう必要あり。

print @$persons[0]->{'sex'};

このように書けばいいのね。これで「m」という結果が表示される。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら