「烏帽子岳ウッドパーク キャンプ場」についてちょっと説明しておこう。

場所は旧熊毛町の烏帽子岳の頂上付近にある。

20180616_camp3.JPG 20180616_camp2.JPG 20180616_camp1.JPG

Yahoo!カーナビにも「烏帽子岳キャンプ場」というのが登録されているが、これ、ちょっと位置がずれていて、ナビに従っているととんでもない山道に連れていかれてしまう(^^;

熊毛の烏帽子岳でソロキャンプ」に書いたように、GoogleMaps で座標値「34.080593,131.961077」を指定して検索かけるのが一番確実。スマホアプリの GoogleMaps ならそのまま目的地までナビをしてくれる。

キャンプ場は烏帽子岳頂上と書いたが、実際には頂上よりも赤松ケ平展望広場に近い。
舗装された道路のすぐ脇にあるが、キャンプ場の奥はすぐ森である。それも、熊とか猪とか、その手の野生動物が飛び出してきそうな深い森である。

正直、一人じゃ怖い(笑)

特に駐車場というのはないんだけど、テントサイトの横のちょっとした空き地に停めればいいんだろうなあ。俺が行ったときは俺一人だったので、炊事棟のすぐ横まで乗り付けた。

自然たっぷりのキャンプ場だが、炊事棟とトイレはあり、夜には自動で電灯が点く。夜中にふと目が覚めたときも、この灯りがあるので安心できる(^^; 炊事棟とトイレの灯りが無かったら、ここは本当に漆黒の闇である。
ただ、男子トイレの入り口は森側にあるので、夜中に一人で行くのはちょっと怖い。猪とか出てきそうなんやもん。

あ、トイレは汲み取り式。いわゆる「ぽっとん便所」である。

テントサイトは狭い。
これも「熊毛の烏帽子岳でソロキャンプ」エントリーに載せている写真を見てほしいが、長方形のテントサイトが、ちゃんと数えなかったが5つほど段になって連なっている。
俺が家族キャンプのときに使っているアルヘイムはまず張れない。ドーム型も 5~6人用とかは無理なんじゃないかな?テントは立ってもペグを打つ余裕はないだろう。まあ、ドーム型の場合、ペグ打たなくてもなんとかなるが(^^;

ソロ、または少人数で静寂を楽しむキャンプ場なんだろう。

20180616_camp4.JPG 20180616_camp5.JPG 20180616_camp6.JPG

Softbank のスマホはアンテナが 1本しか立たない。4G と 3G を行ったり来たりで、Facebook や LINE に写真を載せようと思うと、何度も何度も再送をしないといけなかった。
SNS 依存症の人はちょっと精神を病むかも(笑)

利用をするためには、ここを管理している周南市役所熊毛総合支所熊毛産業土木課に事前申請が必要。
俺は、Web ページ上から申請書の PDF ファイルを落とし、申請内容を手書きして FAX した。
その日のうちに熊毛産業土木課の人から電話がかかってきて「キャンセルする場合も、事前に連絡してほしい。炊事棟で水は出るけど飲めないので、飲料水は用意してきて。許可証が発行されるので、必要なら支所まで取りにきてほしい。ただし、許可証がなくても利用は可能」という三点について説明された。

最後に、実はこういう山の中でソロキャンプをするのは初めてだったので、あまりの寂寥感漂う雰囲気に心細さが全開であった(^^;
でも、炊事場とトイレの灯りもあって、実際はそんなに不安ではなかった。夜も静かなんで、日頃 3~4時間しか寝ない俺が、たっぷり 8時間爆睡であった。
実際、また機会があれば行きたいと思っている。良いキャンプ場でした(笑)
先日、LIXADA という中華メーカーの 2人用テントを買った。まあ、実際は一人寝たらいっぱいのソロ用テントって感じだけど。
真っ赤なワンポールテント。赤いテントってほしかったのよね、昔から。
値段も 15千円くらいで手頃だったのでついつい Amazon でポチってしまいましたわ(笑)


ちなみに、Amazon では LIXADA というメーカー名で出てたんだけど、テントについていたタグだと DESERT WALKER って名前になってるなあ。LIXADA というメーカーで出している DESERT WALKER っていうブランドってことかな?
Amazon には両方の名前で同じ商品が出てるけど。

中国のメーカーはよくわからん(^;

20180616_eboshigadake2.JPG
このテントが先週届いたので、もう、キャンプに行きたくて行きたくて。
我慢できずに、この土曜日に家族を置いて一人ソロキャンプに行って来ましたわ。

キャンプ場は熊毛町の「烏帽子岳ウッドパーク キャンプ場」である。

まあ、うちから 30~40分の距離なんだけど、ナビに騙されて(^^;、16時に家を出たのにキャンプ場についたのは 17:40であった(^^;
ええと、一番いいのは、GoogleMaps で「34.080593,131.961077」という緯度経度の座標値を入れて検索ですな。これで正確な経路がやっとわかった(^^;

で、「烏帽子岳ウッドパーク キャンプ場」。
いやあ、キャンプサイトのすぐ横が深い森というなかなかのキャンプ場ですなあ。

ここは、周南市熊毛総合支所産業土木課が管理しているんで、利用の前に申込書を FAX で支所に送る。キャンセルする場合も事前に連絡してくれと職員の方から電話あり。それと「飲料水は必ず自分で用意していってください。炊事場の水は井戸から吸い上げているだけなので」と説明あり。
まあ、山の中の井戸なんで飲んでも問題ない気もするけど。我が家なんて、普通に井戸水やで(笑)

20180616_eboshigadake1.JPG
もう、普通なら山の中で今は使われていない廃墟みたいなキャンプ場のイメージなんだけど、事前に利用申請をしたためか、炊事棟もトイレもちゃんと掃除されている。管理人も何もいないキャンプ場なのに予約が必要なのはこのためか。
たった一人のキャンパーのために申し訳ないことだ。

・・・が、本当に寂しいキャンプ場である。

とりあえず、Snow Peak の焚き火台をテント前に設置。火を着けてやっと落ち着いた。
やっぱ火が燃えてると心強いね。

つづく
今月号(7月号)の BE-PAL(ビーパル)の付録はミニ・スキレットであった。知ってはいたんだけど、ここのところ BE-PAL は買ったり買わなかったりなので、すっかり忘れていた。
しかし、SNS で W■さんが買ったばかりのこのスキレットを使ってアヒージョを作っているのを見て思い出した。昼休み、すぐに本屋へ(笑)

20180614_bepal1.JPGしかし、職場から一番近い本通りサンマルク前のフタバ図書に BE-PAL 無し。金座街の廣文館まで移動して無事ゲットした。

わくわくしつつ、家に帰って箱から出してみてびっくり。
確かに「ミニ」と名前がついてはいるが、想像以上の小ささだ。「ミニ」というより「ミクロ」だ。
ガスレンジの一番小さな口のゴトクにすぽっとはまり込む(^^;
W■さんが家庭用ガスレンジでの使い勝手の悪さに言及されていたが、これのことやなあ(笑)

とりあえず、ビールの肴に「帆立貝としめじのアヒージョ」を作ってみるが、ゴトクの2本の足にバランスよく乗っけて調理。
これ、ちょっとでも手がスキレットに当たってしまったりしたら、即ゴトクから落ちてひっくり返って大惨事やな(^^;
ゴトクの上に網を置いて、更にその上にスキレットを置くようにすればいいかな。

20180614_bepal2.JPG
しかし、帆立貝一個だけでほとんどいっぱいっぱい。周りの隙間にしめじを入れていく感じ。改めて、どんなだけ小さいんや、このスキレット(^^;

実は、この他にもカープが Lodge とコラボして作った「カープ坊やスキレット」も購入したのよね。
今週末に山の中でソロキャンプをする予定なんだけど、これに、ニトリの 6インチスキレットも持っていって「スキレットまつり」開催やなあ。
ソロキャンプじゃ料理つっても酒の肴くらいしか作らないのでちょうどいいかも(笑)
中学・高校時代の友人が高田馬場で開いているビールバーが朝日新聞デジタルのコラムで取り上げられたようです。
藤原ヒロユキ氏の「To The Beer Bar~ちょいのみ親父の探訪記~ 第1回 高田馬場(東京)」です。

20180615_kiji.jpg俺の同級生でこっそりこのブログを読んでいる人がいるかもしれないので書いておくと、チロの店だよ。

店の名前は「16'S Stairing Steps Case」。「シックスティーンズ・ステアリング・ステップス・ケース」ね。
どういう意味なのかは、聞こう聞こうと思いつついつも忘れてしまう(^^;

俺もたまたま昨年から今年にかけて、数年ぶりに二度の東京出張が(ホントに 7、8年ぶりに)あったので、その度に訪店したんだけど、ビールだらけの夢のような場所なのです。

毎年本人がベルギーまで買出しに行ってるくらいで、相当数のブランドのあるベルギービールもほとんど網羅してるんじゃないかってくらいの品揃えで、ビール好きは絶対満足できるはず。

東京にお住まいの方、東京に出張する方はぜひ一度お立ち寄りを。
高田馬場駅を降りて大きな道(早稲田通り)を行けばいいだけなので、わかりやすいよ。

俺も 2/17(土)に、高田馬場駅近くの焼肉屋で仕事関係の知り合いと焼き肉を食ったあとで、ひとりふらふらと歩いて行ったけど無事着けたよ(笑)

そうそう。訪ねる際はなにかカープグッズを持っていくとチロも喜ぶよ(笑)
先月末。土橋から広島駅までテクテクと数キロほどを歩いて向かったのは、広島駅新幹線口側のekie(エキエ)内「くにまつ+武蔵坊」であります。

20180531_kunimusa1.JPG目的は、「くにまつ」と「武蔵坊」の汁なし担々麺を同時に楽しめる「ハーフ&ハーフセット」を体験するため。
あの、広島の汁なし担々麺の名店二店の味を一度に味わえるなんて凄いやん。

しかも、実は俺、「くにまつ(國松)」の汁なし担々麺、食べたことないのよね。グリーンアリーナで開かれていたなんかのフェアに「くにまつ」も出店してて、そこの屋台で食べたことはあるんだけど、きちんと食ったことなし。

※屋台で食べたのは「キング軒」の汁なし担々麺だったことを思い出した(^^; [2018/6/14 追記]

若干、エキエ内で迷ったが(跨線橋のコンコース内にもエキエがあるもんで、そこから新幹線口のエキエには行けないと判明するまで若干行ったり来たりした(^^;)、無事店に到着。
早速、券売機で「ハーフ&ハーフ(武蔵坊芳醇醤油版)」の食券を買います。1,000円也。
まあ、良い値段なんだけど、ある種、これはお祭りだからね(笑)
お祭り価格ということで許す。

ちなみに、辛さ指定は出来ないのかな?人見知りの俺はそういうことを気軽に店員に聞けないので、店の壁に貼られた「ラー油と山椒で自分で辛さをコントロールせえ」的指示に従って双方辛目に味付け。そして食べ比べ。

うーん、なんか、武蔵坊って意外にも鶏がら?の中華スープみたいな出汁の味がしっかりするんやね。俺、武蔵坊ではいつも「DEATH」とか、その辺の辛さMAXレベルの品ばかり食ってたんで、こんなにじっくり武蔵坊を味わったことがなかったわ。

20180531_kunimusa2.JPG俺の勝手な思い込みで、くにまつの方が深い味わいで、武蔵坊の方がさっぱりって思ってたんだけど、実際に食ってみると逆だなあ。
くにまつの方がシンプルな味で、武蔵坊の方が複雑な味に思える。

まあ、俺の馬鹿舌ではそう感じたってだけなので(^^;あんま本気にはしないでね(笑)
でも、武蔵坊の方が俺好みなのは確かでした。

通の方は「そんな企画物なんか食えるか。俺は正統派の國松メニューで行くんや!」とか思われるかもしれませんが、楽しいお遊びとして一度試してみて損はないメニューでしたね。ぜひどうぞ。
昨日は久しぶりの「休肝日」。
マジで、数ヶ月まったく「休肝日」がなかった。

昨日は帰りも残業で遅くなったし、帰宅したらすぐに次男坊の迎えに玖珂駅まで行くつもりだったし、そしたら後は風呂入って寝るだけだし、だから最初から「休肝日」にしようとは思ってたんだけど

結局、学校関係のメールやらメッセージやら送ったり、LINEでPTA執行部の連絡をあれこれして、そして最大の作業、PTA広報の原稿を書き上げたらもう午前2時半(^^;;
なかなか眠れないまま 6時には起きたんで、未だ頭頂部がズキズキしてますよ(^^;;

20180611_inaba.jpgさて、まあ、思わず夜更かしをすることになったんだけど、特にアルコールは欲しくならず。
ただ、小腹は空いたので、「因幡の白兎」というお菓子をむしゃむしゃ。
この土日に鳥取で行われたカヌーの大会に行った次男坊のお土産です。

因幡の白兎って島根の話だと思ってたけど、鳥取なのかぁ。

ところで息子の成績はK-2(二人乗りカヤック)で 3位。中国五県各県から1艇ずつ出てるんで「真ん中やん」と言ったんだけど、先週行われた山口総体(中国予選)の時よりタイムを10秒縮めてるし、トップとも 4秒差だったので頑張ってるかな。

でも、このタイムって去年のインターハイの K-2 で 8位くらいに入れるタイムやん。ほんまかいな?
さて、開幕からカープ戦 5試合を観戦し(本当なら 7試合だったんだけど、1試合は高校の PTAの用事で行けず、もう 1試合は雨で中止)、次に行くのは 8/10(金)の巨人戦なので丸 2ヶ月観戦無しです。(チケット余ったら買うよ(笑))

元々、6~7月は出張に出る予定だったんで、6月中旬から 8月上旬のチケットは買わなかったんだけど、まあ、そういうわけで 6/6(水)の日ハム戦で俺の今シーズンの前半戦は終わりました。

なので、そろそろ「ビール天使」たちの情報をまとめておこうかと(笑)

まずは、4/8(日)の DeNA戦。
俺夫婦と、おふくろ、義弟、実弟夫婦の 6人で参戦。
この日、俺のところにやってきてくれた売り子、そう、ビール天使は二名。

20180408_beer1.JPG

まずは「あかり」ちゃん。
なんか、笑顔が初々しい感じですなあ。皆さん、どんどん彼女からビールを買って、No.1売り子に押し上げてください。

20180408_beer2.JPG

次に来てくれたのが「みき」ちゃん。キリン一番搾りの売上 No.1 にもなったことのある人気売り子のようだ。
笑顔がかわいいですなあ。皆さん、彼女もプッシュですぞ。基本的に俺はスーパードライより一番搾りの方が好きなので、また球場で会うことがあるかも。

今回は、俺は通路から一番離れた奥の席だったので、通路際の弟に iPhone を渡し彼女たちの写真を撮らせた。
ええ、隣には弟の嫁さんが座ってましたが、お構いなしですよ!!(笑)
俺の隣にも、嫁さんとおふくろが座って苦笑いを浮かべてましたが関係ないね!

嫁さんとおふくろの視線なんか気にしてたら、球場で美味いビールは飲めんのですよ!!
昨日は打ち合わせのために数日ぶりに土橋へ行ったので、帰りに晩飯を食いに「鉄板焼 鉄華」へ。
ほんま、最近飲む回数が減ったんで、顔を出したのは三週間ぶりくらい。

20180608_tekka1.JPG
まずは日本酒で喉を潤す。
レギュラーメニュー以外のお薦めの日本酒を見ると前回来たときと変わっていない。へえ、珍しいな。
本数仕入れてたのか、あんまり日本酒を飲む人がいなかったのか?

「雨後の月」と「阿部勘」だったので、これは迷わず「阿部勘 KAERU aromatic」(宮城県)に。
そしたら、俺のが最後の一杯だったので、なんとここでメニューが書き換わった(笑)

この日は、日本酒を一杯呑んだら、お好み焼を焼いてもらってビールに切り替えて上がろうと思ってたんだけど、これでは再び日本酒に戻るしかないやん(笑)

というわけで、「阿部勘」と「鳥肝煮」をやったあと、生ビールで「シーフードお好み焼」を一枚平らげ再び日本酒へ。

「鳥海山 純米吟醸生酒 爽快辛口」(秋田県)である。

20180608_tekka2.JPG
これが「爽快辛口」と謳うとおり、俺の苦手な辛口の酒でありながら、辛味よりもフルーティーな香りの方が強く印象付けられる、実に飲みやすく美味しいお酒であった。

しかし、この店のメインはもちろんお好み焼だと思うのだが(ちなみに広島のお好み焼きは「お好み焼」と表記)、ここでお好み焼を食べたのは何ヶ月ぶりか???(^^;
「ふくろう」でも酒ばかり呑んでお好み焼を注文しないことって度々あったけど、更に「鉄華」でその傾向が強くなっている俺なのであった。

お好み焼は好きなんだけど、やっぱ日本酒を呑んでるときは「お好みソース」を舌に乗っけたくないんだよねえ(^^;
カープの試合が雨天中止になるのを十日市の「居酒屋 新谷」のテレビで確認すると、その足で広瀬町の「焼鳥 えん司」へ。一ヶ月半ぶり。二度目の訪問である。 

「新谷」に俺好みな酒がおいてなかったので、「確か、えん司には『雁木』の空瓶が飾ってあったなあ」と、口直しに(と言ったら、その前に飲んだ「雨後の月」に失礼だが(^^;)訪店したのだが、結論から言うと、「えん司」にも俺好みな酒はなかった。広島や兵庫あたりの辛めの純米酒ばかり。
もう、どれでもいいやと「剣菱」(兵庫県)一杯 500円を注文。冷やでいただいた。

・・・うん、まずい!(笑)
いや、あれですよ。糠臭い、アルコールがガンっと鼻に抜ける、昔ながらの、つまり俺らが若い頃、「いや、日本酒はいい(いらない)です」と飲むのを拒絶していたあの日本酒の味ですよ。
いわゆる「酒飲みが好む酒」ですな。俺、酒は飲むけど、決して「本物の酒飲み」ではないので、これぞ日本酒みたいな味の酒は苦手。もっとライトなのがええわ(笑)

いやぁ、失敗したなあ・・・と思っているところに、注文していた肴「焼き鳥5本盛り」550円と「しめ鯖」500円が。

「こんなことならビールにすればよかった」と思いつつ、焼き鳥を口にして剣菱をちびり。「ん?んんん?」
次に、しめ鯖を一切れ口に放り込み、剣菱をちびり。「ん?んんんんん?」

20180605_enji2.JPGなんやー、肴と一緒にやったら、剣菱いけるやん。
陳腐な言い方だけと、肴と酒のお互いの芳醇な旨味が上手に混ざり合い、まさに味のハーモニーですわ。
特にしめ鯖との相性がいい。さわやかな酢の香りと、香ばしいとさえ思えるほどの鯖の身の旨味。これに、糠臭い濃厚な米の香りが混ざり合い、お互いを殺すのではなく、足りないところを補完し合うような。

うーん、これはいい!

というわけで、今度しめ鯖を食べるときも剣菱を合わせてみるかね。

てか、「えん司」も、もう少し今風のフルーティーな日本酒を置いといてほしいわ(^^;岩国の酒がいいぞお(笑)
ほんま、Microsoft は糞だわ。
でかいばかりで、まったく技術力のない会社やなあ。
とか言うと、この業界じゃない人(いわゆる素人さん)は「また、でかい口を叩きおって。Microsoft が技術力の無い会社のわけないじゃん。」とか言っちゃうのよね。

いいえ、糞です。

OS なんて個人でも作れるし、Office Suite だってオープンソースで作られる時代。
Windows や Excel 作ってるから Microsoft は技術力がある会社・・・というのは大間違いよ。
Microsoft というのは、素人みたいな糞ミスを繰り返してきた会社。OS のバグの多さでわかるでしょ?Microsoft を盲信しているのは、残念ながら世界でも日本くらいよ。

今回も、いきなりソフトウェアのアップデートをしたら Skype がログイン不能に。

20180608_slype.jpg
最初、パスワード忘れたんかと思ってリセットしてもうたやないか。
ところが、新しいパスワードでもログインできず。

もちろん、パスワードを忘れたわけではないぞ。
その証拠に、Skype の Web 画面には新しいパスワードで接続できる。

なんなん、ほんま。

まあ、Slype とか日頃使わんからええんじゃけど、いつまでもこんなこと繰り返すのなら、さっさと会社畳めや>糞 Microsoft

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら