そう。広島人のソウルフード、「ちからのうどん」のあの「うどんと和菓子のちから」が一風堂とコラボして作った店、それが「中華そば専門 ちから」である(今もコラボしているのかは知らない)。広島県内に三店舗だけだと聞いたが、今どうなのかはよく知らない。

20180810_chikara1.JPGで、俺はここのこってり系のラーメンが大好きである。
「特製中華そば」880円。「さっぱりとこってり、どっちにします?」とおばさんに聞かれるので、迷うことなく「こってり」と回答。

鶏と豚でとった(多分)こってり醤油スープのラーメンである。
たっぷりのチャーシュー、もやし、ほうれん草、ナルト、海苔、(具のたっぷりつまった)ワンタンという華やかなスペシャルラーメンである。

値段が880円もするので(まあ、ワンタンまで入ってるからなあ、しかたないかもしれんけど)、そこが「700円超えるラーメンにはモヤモヤする」俺としては「一番好き」とは言い難いのだが、実際のところ、俺の好きなラーメンの味・ベスト3には入るのである。

金曜日は、前の晩から完徹で仕事をし(サーバの本番移行のリハーサルだったので、深夜に行ったのだ)、この日は睡眠、約 1時間(夕方に 1時間だけ仮眠しただけ(^^;)という状態での昼飯だったのだが、それでもちゃんとこってりラーメンを食べる俺の背中をしっかり目に焼き付けてほしい。子供たちよ。

20180810_chikara2.JPG俺のことをデブと笑う大人たちにも言いたい。では、お前らは完徹の朝に牛丼屋に入り、昼にはこってりスープのラーメン(具だくさん)をぺろっといけるのか?ぺろっといけるやつだけが俺を笑えばいい。食えないへなちょこは黙っとけ!・・・である(笑)

まあ、そういうわけで、若干徹夜ハイになりつつ、俺は美味しい特製中華そばをいただいたのであった。
やっぱり美味かった。チャーシューも美味いんだけど、肉のたっぷりはいったワンタンがこれまた美味いのよねえ。ただ具を詰め込んだだけではなく、チャーシューとワンタンが全然喧嘩をせず、ぺろっと食べれてしまうラーメンである。贅沢なラーメンだわ。

うーん、完徹で疲れた身体にパワーがみなぎるぜ!!(笑)
大手町酒場 AKAMARU(赤まる 大手町店)で昼の定食をしているのは知っていた。気にはなっていたのだが、昼飯を外に食べに出ることがそもそも少ないので、なかなか訪ねてみることができなかった。
そして、水曜日、やっと機会ができたのである。

20180808_akamaru1.JPGちょうど午前の作業が11:50頃にきりよく終わったので、ちょっと早いが昼飯を食べに街へ出た。俺の足は「赤まる 大手町店」に向かう。

そもそも「赤まる」はチェーン展開(いや、直営店ばかりかもしれんが)している居酒屋の中では好きな店である。
内装がトタンや垂木を多用したバラック小屋みたいな感じも貧乏人の俺には落ち着くし(笑)、なにより料理が美味かった・・・と思う。いや、最近飲みに行ってないもんで(^^;
まあ、そんなわけで、昼定食にも期待できるぞっと思っていたのだ。

店の入口に立てられた昼定食の看板によると、定食の種類はへたな定食屋より多い。アジフライ定食、ロースカツ定食、塩サバ定食に、ソース焼きそば定食なんてものまである。新たに、「おろしハンバーグ定食」というのが加わったようだ(笑)

俺はしばし悩んだ後、「からあげ定食」を選択。680円也。
これは(まあ、他の定食の内容は知らんのだけど)なかなか当たりであった。

唐揚げ(というか、実際は竜田揚げだけど)は外がパリパリ、中がジュワな典型的な「美味い唐揚げ」である。しかも、それが6個も所狭しと皿の上に載っている。味、量ともに 680円で大満足できる内容であった。
飯と味噌汁がおかわり自由なのも嬉しい。
実際、飯の茶碗は小さいので、けっこうおかわりしているサラリーマンは多い。でも、ディフォルトが小さな茶碗というのは、糖質ダイエットとかしている人が多い現在では理にかなっている。足りないと思う人間がおかわりをすればいいだけの話だ。

20180808_akamaru2.jpgそうそう。さすが「居酒屋が出している定食」だと思ったのが、キャベツの千切りの横に添えられているポテトサラダである。最近、ポテサラを酒のアテにする人は多い。だから飲み屋のポテサラは美味い。例に漏れず、「赤まる」のポテサラも美味かった。それだけおかわりしたかったくらいだ(笑)

というわけで、居酒屋の定食、また食べに行きたい。
12時すぎのお昼時でも、常に6〜7割の人の入りって感じでそんなに混んでいないので入りやすいし。
・・・んが、大手町での作業も今週いっぱいである。残念(^^;
先日、久しぶりに定時後に土橋に寄ったので、「唐人楼」で晩飯を食って帰ることにした。

20180802_toujinrou1.jpg実は「唐人楼」の調理人のおっさんの態度(調理し忘れてたくせに詫びの一言もなし(- -: とか)が癇に障り、しばらく足が遠のいていたのだが、お客さんのところの飲み会に参加したら会場が「唐人楼」で(^^;;
久しぶりに食べた「唐人楼」の料理はやっぱ美味しくて。それに、調理人のおっさん以外のスタッフは明るく接客しているし。
「うん、許す」と思ったのが数ヶ月前。
やっと、「唐人楼」復帰できたのである。

ま、調理人の態度は相変わらず悪かったけど(^^;;

この時点でむっちゃ腹が減っていたので、注文したのは「ラーメン定食」と「焼き餃子」。
ラーメン定食は、醤油ラーメンか台湾ラーメン+ミニチャーハンで 850円。しかし、俺はどうしても海鮮ラーメンを食べたかったので、+200円してラーメンチェンジ。1,050円という零細企業社長には贅沢なラーメン定食となった(笑)

いやあ、しかし、海鮮ラーメンは美味かった。麺がちょっとゆるいのは中華屋の麺料理だから仕方ないとして、塩スープがいい塩梅でうまーい。後半、ちょっとしょっぱく感じはしたが、最初の一口目で俺は「うまーい!」と思いたいので、ここの味付けは良いよ、良い。
具に野菜も多いんで、なんとなくヘルシーだと誤解できるし(笑)

チャーハンも、半チャーハンにしてはちょっと量も多めでデブにはありがたい。
味はちょっと薄めに感じたが、ラーメンが後半ちょっとしょっぱさを感じるようになるので、まあ、ちょっと薄味くらいのチャーハンがちょうど合うかも。

20180802_toujinrou2.jpg
餃子も美味かったなあ。俺の好きな系統の(あまり肉の味が前面に出てないのが好きなのよ)味でよかった。

まあ、調理人のおっちゃんは相変わらず無愛想だったけど(^^;
いや、別に料理を作るのに笑顔は必要ないんだけど、でも、ここ、カウンター越しに調理人のおっちゃんと向かい合う形になるからなあ。そこでつまらなそうな顔で調理されたり、給仕のおばちゃんと喧嘩されたりすると、やっぱり「なんだかなあ」ってなるのよね。

ま、また食べにいくけど(笑)
Oracle のインポート走らせて、しっこに行って席に戻ったらコンソールがエラーの山。

imp user/pass@hogedb file=D:¥temp¥hoogedb.dmp log=D:¥temp¥hogedb.log ignore=y commit=y table(tbl1,tbl2,tbl3)

みたいにインポートしようとしたんだけど「一意制約エラー」が山程出てきてる(^^;

ちゃんと最初に

TRUNCATE TABLE tbl1;
TRUNCATE TABLE tbl2;
TRUNCATE TABLE tbl3;

せんと、やっぱ駄目じゃーん!ってなったってだけの話なんだけど、いや、俺、Oracle ってアプリ側から読み書きしたことくらいしかなくて、コンソールから sqlplus 立ち上げてあれこれしたのも初めてってくらいで(^^; だから最初に「インポートの前にテーブル空にしとかないと駄目ですよね?」って確認したのに、「いや、丸っと書き換わるんじゃない?」とか言われて。

単に、教えてくれた人も「Oracle よく知らなくて」ってオチでした(^^;;;
先週土曜日に枝豆と獅子唐を植えている畑に収穫に行った。

20180804_yasai.JPG・・・が、枝豆はなんかひと月ほど前に見た時の二倍くらいの背丈にのびて、でも、実はほとんどない状態。
動物が食べちゃったのかなあ。どの株も、小さな鞘がいくつか付いている程度だった。

今年は結局、枝豆食べれず(^^;;

獅子唐の方も、すっかり収穫の時期は過ぎて、ほとんどが赤くしわしわな状態に(^^;;
ただ、生でかじってみると、一応ほのかに辛味は残っているし、なんか奥の方にフルーツのような甘味も感じる。食べれないこともないので採って帰ることに。
緑色の実もなってはいたけど、どれも小ぶりだなあ(^^;;

20180804_curry.JPGついでに、隣に親父が植えてたピーマンと茄子を採って帰って、昼飯は「イナバ レッドチキンカレー」に添えて、「夏野菜のカレー」に。

塩振ってたっぷりのゴマ油で焼いただけの茄子の美味いこと!
今度のソロキャンプの晩飯はこれだ!と思ったけど、しばらく行けないんで、収穫時期終わっちゃいそう(^^;;

あ、あと、久しぶりにイナバの缶カレー食ったけど、やっぱ美味いねえ(ただ、量が少ないのが難点(^^; ま、2缶使っても大した金額じゃないけど(笑))

今日は広島にとって大切な日だ。

20180806_genbaku.JPG朝から行われる原爆死者慰霊式・平和祈念式(いわゆる平和記念式典)へも沢山の人たちが参加するし、8:15には、たとえ広島の地を離れていても、その地でしっかり黙祷を捧げるのが広島の人たちだ。

ネット上の色々な「落書き」(笑)を見ると、中にはこうしたことを苦々しく思っている人もいるみたいだ。

平和公園に「ピカドン」って名前をつけたピカチューを置いた馬鹿のせいでポケモンGoが平和公園内で禁止になったことに反発している「スマフォ依存症のゲーム中毒の馬鹿」もいるんだけど、まあ、そういう輩は無視して(笑)、だいたい、

「戦後 70年以上も経ってるのに、いつまでも日本や米国に恨み言を垂れ流してるんじゃねえよ。これって単なる反日左翼団体の集会?」
「そもそも日本が悪いんでしょ?原爆落とされてもしかたないじゃん。それをいつまでも被害者面してんじゃないよ」

みたいな意見が多いみたい。

まあ、どっちも「言いたくなる気持ちはわかる」(相変わらず式典中も原爆ドームの方で騒いでる糞な左翼系市民団体もいるし。ちなみに今年は未確認)けど、ちゃんと考えたら「間違い」だってわかるわな。
だから正解は書かない。むっちゃ簡単に論破できるけど書かない。上のように考えている人はぜひ考えてみてほしいね。

その結果、同じようにしか考えられないとしたら・・・まあ、仕方ないけど、そういう思慮の浅い人とは付き合いたくないね〜(^^;

ま、かくいう俺も、今年は最後の合唱のところしか参加してないし、8:15には山陽本線の電車の中でヨダレ垂らしながら寝てたけど(^^; まあ、ある意味「黙祷」ってことで(^^;
20180730_matsuno1.JPG月曜日も20時まで大手町で残業。
まっすぐ自宅に帰っても晩飯が22時すぎになっちゃうので、大手町で済ませることに。
ラーメンばっか食べても高カロリーで身体に良くない気がしたので、久しぶりに「松のや 紙屋町店」でトンカツを食べることにした。
ヘルシー〜(なわけ無い(^^;;)

さて、何にしよう?とショーケースを確認。ご存知のように、この店は530円で「ロースカかつ定食」を食べることの出来るリーズナブルな店だ。
しかし、俺の目は720円の別の商品に釘付けとなった。「ロースかつ&唐揚げ定食」720円である。

しかし、カツ+カラアゲとは、明らかにデブにとって毒。残業続きで弱っているところにそれではあまりに身体に悪いのではないか?とも思った。
そこで、凄いことに気づく。

「唐揚げを追加した定食が健康に悪いとしたら、唐揚げが付いていない、ただのロースかつ定食は健康的、ヘルシーということではないか?つまり、とんかつはいくら食べても野菜と一緒で身体に良いということではないか?」

凄いことに気づいてしまった。なんとなく、とんかつ定食なんて油も多いし身体に悪いイメージだったが、実は健康食だったなんて!!しかも、530円だし!!

俺は千円札を券売機に差し込むと、すぐにボタンを押した。

「ロースかつ&唐揚げ定食」である。

20180730_matsuno2.jpg
ははは。やっぱ、デブにとって、そこにとんかつ+唐揚げがあるのに、それをやめてとんかつだけにするなんてことできなかったわ。うん、できなかったわ(笑)

いやあ、しかし、この内容で 720円というのは凄いよね。
とんかつはちょっと小ぶりな気もするけど、十分な厚みもあるし、何より唐揚げが 3つも付いてくる。大満足。この唐揚げがまた肉が締まってて美味い。値段的にはやっぱブロイラーなんだろうなあ?でも、ブロイラーっぽい水っぽさが全然ない。

ああ、ブログ書いてたら、また食いに行きたくなってきちゃった。
今日は、ヘルシーな「ロースかつ定食」にしとくかなあ(笑)
WILD BUNCH FEST.2018には、今年も昭和40年生まれの初老のおっさん二人で参加してきた。

世の中には大きな誤解があって、わしらみたいなおっさんは静かな曲が好きで、激しいロックは苦手と思われとる。 

大間違いだ。
曲の趣味なんて年齢に関係ないし、「年取ると、だんだん静かな曲が好きになるよね」も都市伝説クラスの嘘っぱちだ。

俺らは、年取ってだんだん感受性が失われて来ているので(笑)、「君は一人じゃないよ。僕はいつも君の傍にいるよ〜♪」みたいな曲にはもう感動しないのだ。
ギターがギャンギャンうるさい曲がいい。ドラムがドカドカうるさい曲が大好きなのだ(笑)

が、もちろん、演者の煽りに乗って踊ったり、ジャンプしたりは御法度だ。膝にくるからな(^^;;
ただ拳を突き上げるだけである。
いや、それも五十肩で鈍い痛みが(^^;;腕を振り上げる度に「痛てててて・・・」と声が漏れる(^^;
激しいロックが年々好きになっていくのに、激しいアクションはだんだん取れなくなっていく。そんなジレンマと闘っているのが俺らオールドオーディエンスなのだ(笑)

なのにだ、WILD BUNCH FEST. の PIRATES ステージのトリ。THE ORAL CIGARETTES を観ている最中に始まったモッシュに巻き込まれてしまった(^^;;

20180728_wbf_m.JPG
モッシュは禁止されてるんだけど、なんか始まりそうな予感はしていたのだ。
なので一緒に行った友人と「あまり前には出んとこう」とわざわざ後ろの方で観ていたのである。

なのに、気がついたら俺らを先頭に大きな円状の空間が・・・
そして、一気に皆が中心に向かって駆け出す。先頭にいた俺たちは逃げ出すこともできず、そのまま一緒に駆けて円の中央部で身体をぶつけ合う。

「その様子は極度に密集した状態で行われる激しい押し競饅頭という形容が当てはまる。」(Wikipedia より)

しかも、これが一回では収まらず、結局4回くらいやったかなあ。
毎回、友人と「やばい。後ろに移動や、移動」とモッシュが収まる度に後ろに移動するのに、なぜか毎回俺たちが最前列になるのだ(^^; 円が俺らを追ってくるぅ~(^^;

ええ、ええ。
最後はもう「これが俺の運命なのか」と諦めて、それまでは遠慮がちに参加していたのに、邪魔になる鞄を傍らに置いて猛ダッシュ!!
きゃーきゃー言いながら押し合っている若い子たちの上にダイブしましたよ!(^^; 80kgオーバーの身体で!!

まあ、実際、盛り上がってきたライブでやると楽しいんだけど、やっぱ危ないからな。
実際、「モッシュ禁止」って看板も出てたしね。でも、アーティスト側が煽ったりもするし、なかなか実際にモッシュを禁止するのは難しいだろうな。

だから、最低限、安全には注意しような、全員で。
実際、一番最初のモッシュでは、女性が一人、白目剥いて失神した状態で運ばれていった・・・(^^;

いや、ほんま、下敷きになったり倒れたりした人がいたら、すぐに助けてやれよ。

ま、80kgの身体でダイブした俺が言う言葉でもないが(^^;
20180728_wbf_beer.JPGここは、WILD BUNCH FEST.2018 の Alley oop ステージの近くにあったハイネケンのビールスタンド。今年はハイネケンがビールの提供役を勝ち取ったようで、フードエリアのどの店に行っても、生ビールは全部ハイネケンであった。

で、この Alley oop ステージ横のビールスタンド。ここが最高だったのは、(いちいちクソ遠いフードエリアまで移動しなくてもよかった点もだが)「しるだく」指定ができたこと。

「しるだく」といえば、牛丼屋で汁を多めにしてもらう時の言葉だが、ビールの場合は・・・そう。「泡少なめで、液体多めで」という意味(笑)
もちろん、サーバから注いだ生ビールの魅力は、あの肌理の細かい泡にあると言っても過言でない!!というか、そのとおりなんだけど、そんなこと、今更お前に言われるまでもないわ!!

あのなあ、野外フェスの現場は気を抜くと速攻で熱射病になってしまうくらいの灼熱地獄なんだよ!!そこでは、ふわふわの泡の感触を楽しんでる余裕なんてないの!!
大事なのは「水分量」なのだ!!
なので、このビールスタンドは大変重宝いたしました。まあ、途中からビールが底を突いてきたのか、「しるだくできます」の張り紙は撤去されたが(笑)

たっぷり上の方までビールで満たされた紙コップはずっしり重くて頼もしかったわぁ〜(笑)

というのが、この日、わしら、フードエリアで「泡ばっかりの、くっそ軽いコップ」を渡されるという酷い目にあったのだ。
ちょうど樽を交換し、泡ばかり出てくる状態で俺のビールを注ぎやがって、ほんと、コップの中全部が泡って状態だったらしい。(俺のビールを買ってくれたツレ談)
高校生なのか大学生なのか知らないけど(高校生はビール注いじゃ駄目なんだっけ?)、バイトをさせるのなら、店は責任持ってビールの注ぎ方くらい教えとけや!!
600円も出して、コップ一杯の泡だけ呑んで納得できるか!!

まあ、このコップは一緒に行ってたツレがクレームを入れてくれて交換させたんだけど、俺だけなら気が弱いんで泣き寝入りしてたで(^^;
しかもこのバイトが、ビールのことは全然わからないみたいで、マジで泡ばかりで、「空のコップ?」ってくらい軽いのに、「え?マジですか?これじゃ駄目なんですか?」とか言いやがったらしく・・・駄目に決まっとるやろ!!(^^;
お前は 100円で買ったポテチの袋に、ポテチが 3枚しか入ってなくても納得できるんか?店の人に「なんか変なんですけど」って言うやろが!!
ま、最終的にはちゃんと交換してくれたんだけど、酷い目にあったわ(^^;

というわけで、ずしりと重い Alley oop ステージ横の店の「しるだく」ビールは、ともすれば灼熱地獄に負けそうになる俺達に愛と勇気を与えてくれたのであった(笑)
Petromax(ペトロマックス)の ft1(1.04Lタイプ)という、いわゆるダッチオーブンを買った。サイズで言えば「(約)6インチ」だ。
最近、ソロキャンプをする機会が増えてきたので、その時のために買ったのである。このサイズなら、オートバイで出かける時も、タンデムシートに積む防水バッグの中に突っ込むことが出来る。

20180716_curry1.JPG購入後すぐにキャンプの予定もなかったので、家で無加水カレー、つまり水をまったく使用せず、野菜から出てくる水分だけを使って作るカレー・・・を作ってみることにした。ただし、他の家族が食べられないような激辛カレーにする予定なので、結局ソロキャンプのように「自分用」に作るだけである。
一応気を遣って家族にも「いる?」と聞いてみたのだが、全員が苦虫を噛み潰したような顔で「辛いんじゃろ?いらん」と言うのであった。

で、気の利いたブログならここでレシピの説明とかになるんでしょうが、いやいや、そんなの必要ないから(笑)

まず、玉ねぎ 1.5個ほどをざくざくと切ってそのまま ft1 の中へ。
油すらひいてないけんね。ほんま、そのまま鍋に投入。人参 1/2個、じゃがいも 2個、夏なので茄子 2本も切って投入。もう、鍋いっぱい。ここに鉄製の重い蓋を置いてガスレンジ点火。

この状態で弱火でぐつぐつと数十分。ダッチオーブンって蓋が重いんで、ちょっとした圧力鍋じゃけんね。焦げ付きもしないんで、そのまま放置。途中、ほんの 50ccくらい呑んでたノンアルビールを注いだけど(なんか香り付けになるかなっと思って(笑))、ぐつぐつ煮込んでたら、ほんまに野菜から出てきた水分で十分スープになってる。

ここで、「S&B GOLDEN CURRY バリ辛」を投入。
このカレールー。まじで辛いし、辛いだけでなく旨味もあるで。
そうそう。この時点で豚肉の細切れも投入。ポーク無水カレーです。

んで、更に数十分コトコトと煮込む。マジ、焦げ付くことはないから途中で確認もいらん(笑)

これだけ。ね、レシピなんか書くことないじゃろ?(笑)鉄鍋があると料理は超簡単(笑)

20180716_curry2.JPG
出来上がったカレーは、さすがに水分少なめでどろっとしてるけど、十分カレー。「二日目のカレー」っぽいかな。もちろん、水で伸ばすなんて野暮なことはせず、このまま実食。

うん、辛い(笑)でも、旨い。
野菜はほとんど原型をとどめておらずカレールーに混ざり込んでいる。そんな何の塊も無い中に豚の細切れがまざっているので、そのコロコロした存在ばかりが舌の上で目立ち、なんか豚肉というより、食感はビーンズ(豆)みたい(笑)
細切れじゃなく、ちゃんとした大きさのある肉か、シーフードなんかのほうがよかったかな。

でも、野菜を鍋に投げ込んで、あとは何もせずただ煮込むだけでいいんだから、こりゃ楽ちんやね。キャンプでも良さそう。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら