もう、二ヵ月以上前の話です。すんません(^^;;

7月の頭に、岩国で「美味いビアガーデンと言えば、ここ一択」という声もある「コスモビアガーデン」で、本当に久しぶりに全構成員6名がそろった「囲む会」が行われた。

20190706_cosmo1.JPG
「囲む会」がどういう会なのかは、こういうパブリックな場所では言えない。どうしてもどういう会なのか知りたいという人は、仮に「酒好きの中年男女が集まって、酒や野球や猫の話をするだけの会」とでも思っておいてくれたらそれでいい。

昔はこの 6人でよく呑んでいたが、メンバーの一人と「花の坊」の大将との間で発生した「久保田事件」以来、何となく昔のように馬鹿話をしながらただ楽しく酒を飲むことが出来なくなってしまった。
美味しい酒を飲んでいても、ついつい「久保田」のことを思い出し辛くなってしまう。そうして俺たちの間に、黒く澱んだ川が(まだ、小さな川だけど)流れ始めたのである。

って、なんか映画みたいでいいっしょ?
実際は皆、仕事や子供たちのことで忙しく、昔のように時間が取れなくなっただけなんだけど(笑)

というわけで、久しぶりに6人集合しての「コスモビアガーデン」である。
俺は「初」コスモビアガーデン。

まず、良いところを書く。

20190706_cosmo3.JPG
料理はやっぱ美味い。最初に刺身の盛り合わせが出てくるのだが、ちゃんとした料理屋の刺身と変わらない。
また、各テーブルには網焼き用のコンロが置かれ、その場で肉やウィンナーなどを焼いて食べられるのもグー!
やっぱ、焼きたては美味いよね。

ピザなども、焼きたてを店員さんが「今焼けました。いかがですか?」と席まで持って来てくれる。これは良い。イタリア人の俺的には冷えたピッツァなんか食いたくないからな。

日本酒の品揃えも良かったな。
ビアガーデンなんかだと、どうせ日本酒を味わって飲むやつなんかいないだろうと、大関とか白鶴とか白牡丹とか、そう言う「酔えたらいいんでしょ?」的なもんしか置いてなかったりするところも多いけど、ここは「AKABU Natu Kasumi(夏霞) 純米」(岩手県)や、「雁木 夏辛口純米」(山口県)などの夏季限定品を置いている。なかなかないぞ、こういう品ぞろえのビアガーデン。温度管理もしっかりしてたし。

「美味いビアガーデン」というのは本当だった。

次に悪いところを書くね。

スタッフの数が足りないのか、完全にサービスが破綻してた(笑)
これに尽きる。

20190706_cosmo2.JPG
とにかく呼んでも店員が来ないし、注文してからもなかなか飲み物がやってこない。注文を飛ばされたこともあった。
ビアガーデンは「時間制」である。これは洒落にならない。腹立つぅ。

この店は、基本、飲み物は店員に注文して持ってきてもらう。しかし、俺は途中から自分で注ぎに行くようになった(笑)

ここのビアサーバーはジョッキをセットしてボタンを押すだけの全自動なので素人でも上手に注げる。日本酒も冷蔵庫から出して自分でコップに注ぐ。一応店員に「もう、自分で注いじゃっていいですか?」って断った上でだけどね。店員さんも、「もうしわけないです。そうしてもらえますか」って感じだった。
そして、俺の怒りは収まったのであった(笑)

いや、ほんと、ちゃんと自分のペースで飲み食いできたら、ここは噂通り良いビアガーデンである。
広島駅前、モンテビアの角を曲がったところに新しい立ち呑み屋が出来ていたので入ってみた。

「広島県民酒場」である。

20190919_kenmin1.JPG
「広島牛こうね」「ウニホーレン」など広島名物が染め抜かれた真っ赤な暖簾が横に長く続く。
この店、横には長い。しかし、ムッチャ奥行きはない(笑)

店に入ったらすぐにカウンターだ。
横には長いので、カウンターは二分されてて、入り口 入ってすぐの「右側」のカウンター席は立ち飲み専用、「左側」のカウンターは椅子付きとなっている。

俺は、当然立ち飲みですよ(笑)。19時までの時限メニューであるハッピーアワーセットを注文。飲み物一杯+(店指定の)料理一品でワンコイン500円のセットだ。この日は「がんす」だった。飲み物はプレミアムモルツで。

小園@カープ似の若い店主に話を聞いてみると、店をオープンしたのは 4月だそうだ。

価格は高くもなく安くもなくか。あとで注文した「地あなご刺身」は680円で5切れしか無かったが、まあ、穴子の刺身はそんなもんか。

「酔心」を冷酒でやってみたが、90ccくらいで450円も微妙。立ち飲みの低コスト感はあまりないかな。駅前なので観光客狙い?
でも、料理は美味い。立ち呑み屋としてはレベル高いんじゃないかな。まあ、広島の立ち呑み屋は美味い料理を出す店が多いけど(笑)

20190919_kenmin2.JPG
観光客の人にはお薦めしたい店だね。店主も人が良さそうだし、何より、この店だけで広島名物はだいたい口にできる感じ。「せんじがら」「花ソーセージ」「でべら」等々。
実際、俺が呑んでるときに一人旅中らしいアラサー女子一名と、その後友達同士で旅行中らしいアラサー女子二名が入ってきて(アラサーは俺の個人的見解です(笑))、「がんす」や「焼き牡蠣」や「花ソーセージ」をつまみながらキャッキャと楽しそうだった。

地元民も、仕事帰りに飲みに出るときに、まずハッピーアワーセットで喉を潤すといいんじゃないかな。ワンコインだからね。

なんにせよ、立ち呑み屋は大事に育てて行こうぜ!(笑)
今夜の独り呑み会の〆は「カープ鳥 ASSE広島駅ビル店」で。

実は19:53広島発の電車に乗れば、20:49に岩国発の岩徳線に乗れたのだが、それよりも「焼き鳥が食べたい」という己の欲望に従ってしまった。

結局、岩徳線は最終(^^;;。玖珂駅まで迎えに来てくれる嫁さんには申し訳ない。
でも、もう何ヶ月も店で焼きたての焼き鳥を食ってないんだもの(^^;;

19:35頃に入店すると、「シュート」(日本酒)を頼み(銘柄は広島の「弥山」)、串は「アドゥワ (ささみわさび)」「小園(うずら肉巻き)」「小窪(親ボンジリ)」「薮田(白ねぎ)」を注文。

20190919_carpdori.JPG以前、「うずら肉巻き」は丸だったよね?そう、あの悪の軍団「巨人」に移籍した憎っくき丸だ。「ささみわさび」はエルドレッドだった。ああ、焼き鳥でカープの移ろいを感じる(笑)

小窪をガジガジやってるところで岩徳線に連絡する本線の電車は出てしまった。
ま、こうなったらカープの勝ち試合でも観ながらのんびり呑むか・・・と、「坂倉(えのきベーコン)」と「野間(せせり)」を注文したところで、それまで 0点に抑えていた床田がスリーランを浴び 7-3。
ここで緒方監督動かず。
結論から言えば、このあとヒット 2本打たれたところでやっと緒方が動いたが時すでに遅し。代わった九里が満塁ホームランを打たれて 7-7の同点に。
緒方の糞采配で一気に酔いが醒める。

緒方には、この日俺がいい気持ちに酔っ払うのに使った数千円を返して欲しい。
緒方が監督でなければ、こんな無様な負け方はしなかったんだから(^^;;

あれ?「カープ鳥」の話だったのに・・・(^^;;
先々週の土曜日は妹の長男坊の結婚式・披露宴に出席するため福岡へ。
今は祖生に住んでいる二人だが、学生時代の出会いの場であり、奥さんの家族や友人も多い福岡での式となった。

多くの友人たちに祝福された良い式だった。

20190907_kekkon.JPG俺も披露宴で乾杯の音頭をとらせてもらったが、上手くできただろうか。友人の結婚式なら目一杯ふざけるんだけど、甥っ子に恥をかかせるわけにいかんからな。真面目にやったんで珍しく緊張してしまった(^^;;

甥っ子は我が家にとってもいわゆる「初孫」というやつで、とにかく皆んなに可愛がられた。
彼が生まれたとき俺はまだ独身だったが、月に一、二度実家に帰るたびに、初めての子供で育児疲れもあったのか、妹から「おいちゃんと遊んでもらいい」とよく彼を託された。まだよちよち歩きで言葉もしゃべれない頃からだ
もちろん、俺に育児経験はない。

甥っ子はよく動く子だった。
草刈りに連れて行って、ちょっと目を離した隙に姿が見えなくなってたこともある。
姿は見えないけど泣き声はする。探してみると、田んぼの横の溝にはまっていた。助ける前にその姿に笑ってしまった。

そうそう。甥っ子が話した初めての言葉は、俺を呼ぶ「おいちゃん」である。いや、絶対(笑)

昼間に会ったときはまだ「あー、うー」しか言わなかったのだか、夜俺の姿をみるとトコトコと側までやってきて「おいちゃん、おいちゃん」と二度俺を呼んだのだ。

まあ、この話を彼や彼の母親にもしたことがあるのだが、「ふーん」とあまりに薄い反応だったため俺の心は傷つき(笑)、それ以来封印していた話だが(笑)。俺にとってはけっこう大事な思い出である。

そんな子供が結婚である。
夫婦二人、幸せになって欲しい。
先週某日はお決まりの残業。

残業飯を食べに「博多ラーメン亭」に向かったのだが、なんと休み!!?「え?月曜日が休みだったっけ?」と一瞬驚いたが、この日は火曜日だった(^^;; 忙しい日が続くと曜日の感覚が曖昧になってくる(^^;

20190910_fuurinnmon1.JPG
そして、頭の中は既にラーメン気分・・・

俺はすぐに近くの台湾料理店「福臨門(ふうりんもん)」へ足を向けた。台湾ラーメンでも食べるのだ。

カウンターに座り、ノンアルコールビールと「魚香肉絲(ユーシャンロースー)」を頼み、そのピリ辛の豚肉の炒め物を突きつつ、さて、ラーメンは何にしようとメニューを見る。
最初は台湾ラーメンと思ってたけど、麻婆ラーメンとか色々魅惑的なメニューが俺を迷わせるのよ。

そのとき、俺の目が今まで注文したことのないラーメンを捉える。
「辛さ4倍台湾ラーメン」700円である。
こんなんあったっけ?今まで存在に全然気づかんかったわ(^^;;
「魚香肉絲」がそろそろ残り少なくなったところで、俺は「あの、この、辛さが4倍の台湾ラーメンをください」と注文したのである。

いやあ、これ、辛かったわ(^^;;
今まで数々の激辛ラーメンを食べてきたけど、けっこう上位にランクインするね、辛さ的に。

いや、絶対的な辛さで言えばそんなにすごいラーメンではない。
一口目。もあっと湧き上がる唐辛子の匂いが、たしかに秘めた実力の一片を見せてくれていたのかもしれないが、一口啜ってレンゲでスープを飲む。
「うわ、ストレートな唐辛子の辛味がくるな」とは思ったが、正直その実力が俺には全く想像できなかった。

しかし、このシンプルな唐辛子攻撃は、食が進むにつれ俺の身体を蝕んでいく。

20190910_fuurinnmon2.JPG
麺を啜るたびに常に唐辛子の香りがする。
ピーマンみたいに縦割りされた肉厚の唐辛子がミンチの肉とともに麺を覆っている。もちろんピーマンではない。咀嚼するたびに、それが唐辛子であることを思い知らされる。

途中から、目は痛いわ、唇はちょーさんみたいになるわ(^^;;

これがシンプルに「唐辛子ぶち込んで辛くしてやった」ラーメンの実力である。

もちろん、翌朝の俺の肛門は焼火ばしを突っ込まれたかのような激痛に見舞われた。こんな感じ、久しぶり。

しかし不思議なものである。このエントリーを書いているうちに、俺はまたあの激辛台湾ラーメンが食べたくなっている。

激辛ラーメンとは如此く人を狂わせる魅力、いや魔力に満ちているのである。
先週の日曜日は久しぶりに休日に(朝、東広島でフィールドサービスの仕事があったからだけど)一人で外に出たので、帰りに広島市現代美術館に寄ってみることにした。

ここしばらく面白そうな特別展をやっていても、観に行く時間が全く無かった。
美術は俺の構成要素のひとつだ。そろそろ美術館の空気に触れないと俺が崩壊してしまうわ(笑)

20190908_gendaibijyutsu.JPG
んが、悲しいことに、この日は特別展をやっていなかった(^^;;

収蔵品展は何度も観てるからなあ、どうしようかなあと思いつつ、館の外庭に並べられた作品を観て歩く。
そういえば、外に展示されている作品をじっくり観たことってなかったなあ。

フェルナンド・ボテロの「小さな鳥」とか、肛門丸出しで、娘に見せたら爆笑もんやなあ。

アバカノヴィッチ、マグダレーナの「ヒロシマー鎮まりしものたち」は初めてちゃんと観たけど、鬼気迫るというか、全身に火傷を負って廃墟を彷徨う被爆者の姿と重なり、平和への思いを喚起させるよ。

屋外に展示されていた作品もなかなか良かったんだなあ。

その後、地下1階ミュージアムスタジオで「タイルとホコラとツーリズム 《もうひとつの広島》」という、広島から北海道に入植し、やがて北広島町を作った人々の軌跡を追った展示も観たが、こっちはイマイチだった。

そもそも、これ、美術?(^^;;
今行っているのがなかなか休みづらい職場なので、今年の狩猟登録申請で半日休みをもらうのも厳しいなぁと思っていたら、祝日の今日、玖西猟友会が取りまとめの受付をしてくれたので助かった。

20190916_ryou.JPG
10時すぎに周東総合支所にて受付。
狩猟税 12,300円と猟友会の会費など 13,500円とハンター保険 3,560円、それに名札を無くしたので 1枚 500円。計 29,860円を支払った。
無事申請終了。

ふう・・・毎年のことながら、懐が寒くなるのお。
今年は払った税金の分だけ獲物を手にしたいものだ。

それと、毎年申請時に足りないものがあるのお。
今年も、申請を行う部屋に入ったとたんに鳥獣捕獲等許可証のコピー 2部を取ってくるのを忘れたことに気づき、慌てて近くのコンビニに。で、2部コピーして戻ったら、第一種銃猟と罠猟のそれぞれの申請書に 2部ずつの計 4部必要だったことが判明(^^;
結局、猟友会でコピーしてもらえるとのことで、申し訳ない(^^;

来年こそは完璧な申請書を提出したい(笑)
昨日も先週に引き続き東広島でフィールドサービス案件があったので、その帰りに東広島市内で昼食を・・・と。まあ、要はラーメン気分になってたんだけど(笑)

20190914_mencookai1.JPG
先週、「やまいし」の八本松店に行ったので、今回は西条店に・・・などと考えつつ車を市街地に向けると、「麺空海」というラーメン屋に遭遇。

11時開店と書かれているのに、すでに駐車場には車が何台か停まっているし、近所のおばちゃん風の人たちが数人で連れ立って入店しようとしている。人気店のようだ。俺はすかさず駐車場に車を滑り込ませた。11時ジャスト。少し早めの昼食だ。

メニューを見ると、想像してたよりずっと多くの種類のラーメンが提供されている。「トマトらーめん」もあって人気のようだ。メニューの中に「麺空海」の人気ラーメンランキングが載ってたのよね。

「山椒の香りのしびれる旨さ」という謳い文句の「鬼盛獄味噌らーめん」も気になったが、俺の中に眠るイタリア人の血を呼び覚ますラーメンがひとつ。

ペペロンチーノ風ラーメンと銘打った「ペペロンらーめん」880円である。

いやあ、そりゃあ、そこにペペロンチーノ(風)があれば食わざるをえんじゃろう、イタリア人として。日本人が目の前にお茶漬け置かれたら啜らずにおられないのと一緒で(笑)

で、ペペロンらーめんだけど、思ってた以上にイタリアンだった。
バジルがたっぷり入ったジェノベーゼ風「ジェノべらーめん」と名乗った方が(厳密には、味はジェノベーゼそのものではない(笑))正解かもしれないけど、まあ、ペペロンチーノとジェノベーゼの認知度から言ったら、ペペロンチーノ風って言っちゃうよな(笑)。にんにくの風味と唐辛子の辛味もしっかりして、まあ、ペペロンチーノ風でも間違いじゃないし・・・

いやぁ~。美味かったよ。

やっぱ、トマトラーメンとか出してる店が作るバジルたっぷりラーメンは美味しいよね。トマトラーメンにはバジルは付きものだから、扱いにもなれているのか。
もう、バジルの香りがすごくて、バジル好きにはたまらん一杯よ。俺は大好き、このラーメン。

20190914_mencookai2.JPG
惜しいのは、チャーシュー代わりに乗ってるベーコンの味がちょっと弱いところか・・・
ベーコンの味が、バジルたっぷりスープの濃厚な味に負けちゃってるっていうか、かき消されてしまっているような・・・。ベーコンをちょっと炙るとかして、味をはっきり出した方がベーコン好きとしても嬉しかったかなあと。

でも、まあ、かなり満足できる一杯でしたな。
しばらく東広島に行く予定が無いのが残念なくらい。今度、ツーリングで来てみるかな。今度は「鬼盛獄味噌らーめん」食べに。

<追記>
大将がかなり怖いです、見た目が。あ、この人、喧嘩で二人くらい殺してるわ・・・って初見で思ったんだけど(^^;、でも、注文受けるときなんか普通に優しいし。ああ、あのスタイル、長渕剛なのねってラーメン食ってる最中に気づいた。絶対長渕ファンだよね。長渕ファンが長渕っぽいスタイルすると、たいがい怖いからね、見た目(笑)
今の職場に移ってからというもの、カープ戦観戦の日にまともに定時で帰れたことがなく、ほんま、どこかで俺のスケジュールが漏れてて、いやがらせされているんじゃないかと疑うほどだったのだが、昨日は久しぶりに定時退社。18時前には広島駅に着くことができた。

20190912_carp.JPG俺にとって、今期、最後の Mazda Zoom-Zoom スタジアムである。
相手は中日ドラゴンズ。
今年ズムスタで負けなしだったのに、昨日初めてカープは負けた。

駅まで車だったので、ビールではなく広島レスカを飲みつつ応援。

正直、先発がノムスケ(野村 祐輔)なのを見て、あかん、連敗やと思ったのだが、昨日のノムスケは意外に踏ん張ってた。

6回には、2アウトランナー無しから連打とフォアボールで満塁にし、結局同点タイムリーを食らってしまうが、今期のノムスケの調子から言えば、6回2失点なら十分な出来やろう。
もっと打線がフォローしてやらんといかんよ。

俺の後ろにいた80歳は下らないおばあちゃんが、カープカラーの真っ赤な口紅を差した口から震える声で「ゆうすけぇ〜、がんばれぇ〜、ゆうすけぇ〜〜」と声援を送っていた。
愛されてるなあ、ノムスケ。これがカープファンだよね。

結局俺は、家に帰って片付けないといけん仕事もあったので、7回の表が始まった20:30には球場を後にした。
そのため、風船は飛ばせんかったし、9回裏の堂林のサヨナラタイムリーも見れなかったのだが、長野のホームランが見れたのでそれでいいのだ。

なんだかんだ言ってチョーさんが打つと盛り上がる。9月に入ってからの活躍が嬉しい。スロースターターのチョーさんも、ついに調子が出てきたか!

いや、スローすぎるやろ、チョーさん(^^;; 来期はもう少し早く目覚めてくれ(笑)
まあ、一番悪いのは、辛抱してチョーさんを使い続けなかった緒方だけどな(^^;;
高森みどり中学・高森高校合祭文化の部(いわゆる文化祭)では、中学生の学年対抗合唱コンクールのあとで、PTA有志(保護者、保護者OB、教職員)による合唱の披露がある。
JRC部による歌詞の手話通訳も毎年の恒例である。

俺は歌が苦手なのと、広島まで通っているので平日夕方の練習に一切参加できないため合唱は遠慮してたのだが、昨年はついにステージの上に。

もちろん口パクで(笑)

なんだよ、口パクかよっと思った人に言いたいが、歌に合わせて口パクするのはかなり厳しい。
きちんと歌の構成など把握してないとまず無理である。
昨年は知ってる曲だったし、最初から最後まで、男女パートの構成が一緒だったから何とかなった。

20190831_gassyou.JPG今年の合唱曲は「第86回NHK全国学校音楽コンクール」中学校の部 課題曲だった、SHISHAMOの「君の隣にいたいから」であった。

昨年同様、当日の朝になって曲を聴いた。
「こりゃ無理だ」とすぐに思った(^^;;

例えば、女性パートだけが歌い、男性パートは休みとか、そんな感じで男女で全然構成が違うやん。本当の合唱曲だ(笑)
楽譜も読めないので、これでは口パクすらできない。

ええ。当日はずっと客席に居て、合唱団の集合場所には行きませんでした(^^;;
バッくれました(^^;;
いや、逃げ隠れはしませんよ。客席からステージの上の面々に、堂々と満面の笑みで手を振りました(笑)
「はよ、ステージに上がれ」とジェスチャーで促されましたが、無理、無理(^^;

今まで、例えば少年野球の練習で球を怖がる息子には「逃げるな。自分で克服しようという気持ちでチャレンジしなければ前には進めない。死ぬ気でやれ」という指導をしてきた俺ですが、今後は「克服できそうにないと判断した困難からは、無理せず逃げ出してもいいんだよ」という方向に指導を転換したいと思います(笑)

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら