漫画の最近のブログ記事

漫画の「ULTRAMAN」のことです。
なんか、最近アニメ化されて話題になってんのかね?

どんな漫画かというと、

  • 舞台はウルトラマンが地球にやってきてから数十年後の世界(その間、セブンなどの他のウルトラマンはやってきていないという設定)。
  • 地球には(一般人には伏されているが)7年前から沢山の宇宙人が移住してきている。それは、地球が秘密裏に星団評議会に加盟し宇宙人の受け入れも責務となったため。星団評議会は、星間戦争などの抑制のために宇宙の知的生命体達が結んだ同盟組織で、地球も加盟国になったことで宇宙人の侵略から守られている。
  • 主人公は、ウルトラマンが憑依(一体化)していた早田 進(いわゆる「ハヤタ隊員」)の息子・早田 進次郎。
  • ウルトラマンに変身するのではなく、元科特隊の井手(イデ隊員)が開発したウルトラマンスーツを着て戦う。
  • セブンやエース、ジャックのスーツもある。タロウはスーツではなく宇宙人の作った違法薬物による体質変化(笑)、レオとアストラの兄弟は異星人。
  • 敵は地球に移住している宇宙人。単なる犯罪者(殺人鬼や密航者)もいれば、星団評議会に敵対するテロリストもいる。また、どうも星団評議会自体、なんか怪しい動きをしているような・・・

というもの。

最新13巻を昨日買ったのだが、ついに「怪しい動きをしている星団評議会の黒幕」が明らかになったり、レオ、アストラ兄弟が進次郎たちの仲間(というより、セブンの舎弟だけど(笑))になったり(これで 6兄弟(マン、セブン、ジャック、エース、タロウ、レオ(アストラ))が揃い踏み)なので、いよいよクライマックスに突入か!!?
つーか、だらだらせずに、早く終わらせてほしい(笑)最近の漫画は長くなりすぎ。で、最終回付近ではあまりおもしろくなくなってるという・・・

20190306_ULTRAMAN.JPG
ああ、でも、13巻でレオの口から「ウルトラマンは悪」発言が飛び出したので、まだまだ色々話が膨らみそうやなあ(^^;
M78星雲光の国の巨人たちは、星団評議会からの加盟の誘いを頑として断り続け、自分たちで自警団(いわゆる「宇宙警備隊」か)を作り、自分たちの判断だけで正義を敢行している。例えば地球人が宇宙に害為す者とウルトラマンたちが判断すれば、彼らはその自分たちの判断(正しかろうと、間違っていようと)に則って地球を破壊する・・・と。言われてみればそうやねえ(笑)

ところで、俺、実は「ULTRAMAN」のそれほど熱心なファンではない。
最新刊が出ても、すぐに購入することは少ない。ふと思い出し、「あ、そういえば 11巻までしか買ってなかったなあ」と 12巻を買うような。最新刊が出たらすぐに読みたいというほどではないのだ。

そのため、ダブって買いまくりである。
昨日、改めてちゃんと本棚に並べてみたところ、(1~7巻まではダンボールに入れて納屋に持って行っちゃったのですぐにわからないんだが)後半、8~13巻の間で、9巻、10巻、12巻がダブってる(^^; 被りすぎやあ(^^;

最新刊が出たらすぐに購入している漫画は全然被らないんだけどねえ・・・(^^;
どうも「ULTRAMAN」は俺的には展開がだるくて、「すぐに次の巻が読みたーーーい」ってほどじゃないのよね(^^;

「おひ釣りさま」(とうじたつや著)。多分、少年チャンピオンで連載されている「お一人様女子、必釣日誌。」と銘打った釣り漫画だ。
第1巻は一年で第3版まで出てるので、それなりに人気のある漫画なのだろう。

釣り場での『おひとりさま』の時間を大切にするOL・上条セイラが主人公だ。
一話完結で一人釣りを楽しむ姿が描かれる。話は彼女の釣りをしながらの「独白」で進んでいく。

20181222_manga.jpg
最近海釣りを始めたばかりの俺は釣り情報に飢えている。んなもんで、釣り漫画にもガンガン手を出しているのだが、この漫画の主人公は「無表情で寡黙な天才」である。そう、俺の苦手なタイプのキャラだ。
だから、初読のときは「うーん、つまんね」という感想だった。「無表情で寡黙」美女って感情移入できんからなあ。

いつもは他人の前で表情を表に出さない彼女が「釣れた瞬間」だけ「悦っ・・・たまらん」と頬を赤らめるという、こういうのもよくあるパターンだし。
だからこの手の(広義な意味で)「ツンデレ」系の漫画って俺の中では評価低いのよね。

しかし、バスのサイズにはこだわらず、激しいファイトをするチビバスにも「たまらん」と興奮したり(普通の釣り漫画はやっぱり主人公はでっかい魚を釣る)、鯉を釣る女子を「カープ女子」呼ばわりする親父ギャグ感覚、サバゲーから「鯖ゲー」を連想し、子供の前で鯖の首の骨を折り血抜きをする我が道を行く釣りバカぶりなど、徐々に人間味を感じはじめた・・・気もする(笑)

2巻の最後では中学生のときに親友になった子とのエピソードが語られたり、だんだん感情移入がしやすくはなってきているのは事実だ。それに合わせて作品も楽しく読めるようになってきた。

しかし、未だに彼女が「無表情」キャラであることの必然性がわからん。
普通に喜怒哀楽を表現する女の子が、何故か「おひとりさま」の釣りを愛してるって設定の方が意外性があって魅力的じゃないか?

『いそあそび』は、佐藤宏海による日本の漫画作品。『good!アフタヌーン』(講談社)にて、2017年12月号から連載中。- Wikipedia より

これは、俺的には「2018年に出会ったグッドな漫画 第3位」くらいに入る作品である。

絵は美少女同人誌系(ってわかる?)なちょっと俺の苦手系ではあるんだけど、画力があるし、展開も無理がなくて自然な流れで進むし、漫画作品としてけっこうレベル高いと思う。
佐藤宏海という漫画家は知らなかったんだけど、ずいぶんアシスタントとか下積み生活が長かったんじゃないかね?それがようやく結実した感じかな?(パッと出の新人だったりして(^^;)

20181218_isoasobi.jpg
「瀬戸内の海辺にある星海町」という舞台設定も瀬戸内海側に住んでる俺には身近だし(ただし、俺の絶対的な勘なんだけど(笑)、この「瀬戸内の町」は備後地区以東の、多分岡山の町がベースじゃないかね?)、何よりキャラ設定がいいね。
冒頭で苦手系の絵柄って書いたけど、それでもなお主な登場人物である「村上 セト」「浦島 六郎」「岬 珠子」の三人は魅力的である。

物語は、社長である父親が失脚し(現在、再起に向けての資金調達のため、一人飛び回っている)、お嬢様育ちから一転「売れ残ったボロい別荘に一人暮らし」という身に没落した「村上 セト」が、別荘の目の前の海から生きていくための食料を調達するのを、地元育ちの「浦島 六郎」がサポートする・・・というもの。

このセトが、一見「ツンデレ系」なんだけど、実際には「自分に厳しい」からツンと冷徹に見えるだけで、ちゃんと自分を助けてくれた人間には(ツンデレ系少女のように照れることなく)素直に礼を言うし、転校先の中学校でもすぐに友達をたくさん作るなど人当たりも良い。
六郎には「早く教えなさいよ」みたいに女王様っぽく命じることはあるんだけど、六郎が困ってたら自然に手助けするしね、いい子なのである。それが良い。

正直、最近の漫画(特にこういう「ノウハウ系」の作品)には「無表情で感情をあまり表に出さず、高い技術をもってるけどコミュ力に問題がある一匹狼的な女」が主人公や準主人公級なものが多くて、「ツンデレ系」には辟易してたのだ。

その点、セトの「ツンの面」というのは「他人にもらった食料は食べない」「自分の食べ物は自分の手で調達する」という徹底した気位だけで、その他の部分では普通のかわいい女の子である。

その気位も、他人への横柄な態度ではなく、もっぱら自分への厳しさという形で具現化されており、それは「腹が減ったら自分で作った銛(包丁+ホウキの柄?)を持って海に飛び込む」という、本来「お嬢様」の対局にある「野生」の行動であり、そのギャップも(猫などの小動物に通じる)可愛さを感じさせるのである。

恋愛要素としては、今のところ、六郎がセトに淡い恋心を抱きつつあり、それを幼馴染の珠子がヤキモキして見ているという程度だが、なんか 2巻の最後にセトのお嬢様時代を知っている謎の男が出てきたな。今後、セト、六郎との三角関係みたいになるんじゃろか?
あんまり恋愛要素は入れず、田舎でのサバイバル生活の話主体でほのぼの進んでほしんだけどな。そして、最後は友人として、六郎や珠子との涙の別れを迎えてほしい。

そうそう。人気が出たからと言ってあんまり連載を引っ張らず、夏から秋にかけての一瞬の邂逅、儚い青春の思い出的に話が終わると、すげえ感動作になると思う。
いや、ファン的にはもちろんいつまでも読んでいたいが、魅力を失って尻すぼみに連載終了という週刊少年ジャンプ的終わらせ方だけはしてほしくないな。

最近、あんまり漫画の話は書いてませんが、相変わらず通勤中(主に帰宅中に)、電車で漫画読んでますよ。
外人さんに「日本人はいい大人が漫画読んでて変ですねえ~」とか多分思われながら(笑)
うるせぇ!理解できんのならさっさと自分の国に帰れ!これがジャパンスタイルじゃ!ボケ!

まあ、それはそれとして、最近買った「牧場OL」(まんがタイムコミックス)という作品。描いているのは丸井まお氏。知らん(^^;この名前、初見です。

絵柄がアニメ絵に近いので(こういう可愛い系の絵はちょっと苦手で)どうしようか悩んだんですが、田舎暮らしの人間として、誤った「田舎」の姿が描かれていないかチェックする必要がありますからね。
「田舎」というのは映画や小説で描かれるような素晴らしいところではないし、かと言って「引きこもりの対人能力欠如人間」どもがネットであれこれ言ってるほど酷い場所でも無いんですな。
その辺のリアルな空気感があるかどうか。そこが「田舎」に暮らしている人間としては気になるんですよ。

で、この作品ですが、まあ、合格です(←偉そう(^^;)

「自然って素晴らしい!こんな自然の中で働けるの最高!」みたいな嘘も無いし、ただただ辛いばかりではない、意外になんとかなる感も出ているし、いいんじゃないでしょうか。

あと、面白いかどうか・・・ですが、まあ、まだまだ技術的に未熟なのか(←偉そう(^^;)、爆笑できるような場面は少ないんですけどね、てか、ほぼ無いんですけど(「あ、狙ってるな」というのが見え見えで(^^;)、でも、例えばこのシーン。

20160210_manga.JPG

いかついおっさんとクールな先輩が「ゆるキャラ」の中の人としてツイート(作中では Twitter ではない架空の SNS だけど)しているところだけど、思わずクスっときてしまう、そういうレベルのシーンはところどこにあって、2巻あたりからギア入ってくるかもしれんね。
期待しときますわ。

まあ、現在の百姓(畜産含む)漫画界には、荒川弘氏の「百姓貴族」「銀の匙 Silver Spoon」という二大作品が存在しているので、それと比較されるとなかなか厳しいとは思うが、がんばってもらいたいね。俺も百姓の子の一人として(笑)
昨日、あ、もう一昨日か。昼食後の散歩をしている途中で、なぜだかおもちゃ屋に引き込まれてしまって、ワールドタンクミュージアムの戦車フィギュアを3台買っちゃったんだけど、そのとき、壁に飾られた食玩フィギュアの中に見覚えのある姿が。

20150415_hiroshi.JPG
「おお!銀河鉄道999劇場版の方の星野鉄郎じゃないか!!」

400円だったのですぐに購入。
夕方の休憩時間に職場で組み立ててみようとすると・・・

まあ、もうタイトルにオチが書かれてますが(^^;

「これ、海野広やーん!」

クィーン・エメラルダスに出てくる少年です。宇宙海賊キャプテンハーロックの台羽正みたいな存在。
クィーン・エメラルダス自体が中途半端に話が終わってて、キャラとしてのクィーン・エメラルダスは知ってても(999を始め、色々な松本作品に出てくるからなあ)、漫画(あるいは、それを原作としたアニメ)なんか見たこと無い・・・という人がほとんどだろう。
故に海野広も一般的にはずいぶんマイナーな存在である(笑)

しかも、このフィギュア、コスモドラグーンを手に持たせる(挿し込む)ための突起部が折れとるやーん!

ま、400円の中古品だから許すけど(^^;

家に瞬間接着剤がなかったので、普通の接着剤で取り付けるのにすげえ苦労したよ。TV見ながらずっと指で押さえてたりして。気を抜くと、コスモドラグーンが変な方向向いてるし・・・(^^;

取り敢えず、書斎の「数少ないフィギュアコレクション」に加えておこう。
嫁が見たら(999ファンです)、絶対「あ、鉄郎!」って言うたあと、「あれ?違う。誰、これ?」って聞いてくるな(笑)
ハロルド作石の新作「RiN(リン)」の1巻が出てたんで買った。

てか、漫画雑誌ってここ何年もまったく買ったことがないので、月刊少年マガジンでハロルドの新しい連載が始まってたことも全然知らなかった。

20130531_rin1.JPG
物語は、漫画家志望の高校生、超能力少女、そして高校生で連載デビューの決まった天才漫画家の三人の絡み合いで進んでいくらしい。いや、1巻なので、まだ、三人が出会ったところまでしか物語進んでないもんで。(月刊誌の方では随分話も進んでるんだろうけどね)

で、その主人公の一人、超能力処女の「石堂 凛」なんだけど、「地方の小さな島」の出身。で、その「地方の小さな島」っていうのがどこなのかが気になっております。

凛と友人との会話から抜粋。

「野球部の辻くん あそこにきちょるよ」
「さっきからチラチラ凛ちゃんのこと見ちょるよ」
「なんでーや 凛ちゃん ぶち有名になれるっちゃ」
「あーいうの ウチには向いちょらんわ」
「それ 他の女の子が聞いたら ぶち反感買うよ」
「練習試合ではノーヒッターもやっちょるけーね」

どう?なんか山口県臭がしない?

語尾に「ちゃ」が付く方言は多いよね。高知とかもそうだし。
でも、これほど見事な「ちょるちょる」言葉と「ぶち」という強意の副詞は山口弁そのものじゃろう!!?

そう考えると、劇中に出てくる島に渡る橋も何となく大島大橋に見えてくるわ(笑)

どんな?
いや、もう、全然、俺、老眼の気(け)はなかったのよ。
2年ほど前に眼鏡屋さん調べてもらった時も、「全然老眼は大丈夫です。これなら、もう 5年は大丈夫ですよ。」とか言われたのに・・・
その一年数ヶ月後、突然老眼になっちゃったよ。
ホント、徐々に見えづらくなって・・・じゃなくて、ある日突然。

「あれ?何か、雑誌の字が霞んでるなあ。疲れ目かなぁ・・・お、メガネ(近眼用)外すとよく見えるぞ。」

老眼でした。

ホント、突然こんな感じで「近くのものが見えづらい」状態になって、そのまま今に至る・・・って感じ。

だから、40代なのに、今全然その気(け)が無いからって、「俺はどうも老眼は大丈夫みたい」なんて思わないほうがいいぞ、こんにゃろめ。みんな通る道なんだよ。諦めろ、諦めろ。ホント、明日、突然「あれ?何か新聞の字が読みづらい」ってなるかもしれんのだからな(笑)

まあ、それはそれとして、「食の軍師」の 2巻が出てたんだね。
1巻には「1」とは書かれてないんで、1巻だけで終わるつもりが、意外と人気があったので続編が出たって感じか?
まあ、何にせよ、「食の軍師」ファンの俺としては嬉しい話よ。

20130124_syoku.JPG
もう、「食の軍師」を読む時は、カップ酒と、安いジャンキーな肴が合うね(笑)

ホンマ、泉昌之の「食」関係の漫画は面白いわあ。「美味しんぼ」なんか目じゃないね。

泉昌之が原作の「一見客が入りづらいディープな店」を探索する漫画があったんだけど(角打ちとか、「そういうの」(笑)を紹介する漫画)、あれもコミックにまとめてほしいなあ。

いやあ、マジ、泉昌之のグルメ漫画(?)と比べたら、「美味しんぼ」なんか下らない原作者の思想ばかりが織り込まれた糞作品だということがよくわかるよ。

あれ?老眼の話はどこいった?(笑)
「東本昌平 RIDE」というバイク雑誌がある。

「キリン」というバイク漫画を書いている漫画家・東本昌平の世界観を丸ごと雑誌にしたもの・・・と言えばいいのか、なかなか「あっち側の人(バイクに乗らない人)」には説明の難しい雑誌だが・・・

以前は、雑誌の中のイラストや漫画は全部東本氏が書いていたが、最近は別の作家の作品が載っている。
大森しんやの「グッバイ エバーグリーン」である。

20121214_bike.JPG
で、No.66号を読んだ時驚いた。
その「グッバイ エバーグリーン」の中で、GPZ1000RX が出てきたのだ。
主人公が訪ねるバイク屋の整備士の女が「こいつ(1000RX)にも、だいぶ慣れてきたかな?」とか言いながら 1000RX の整備をしているところから話がスタートしたのだ。
ま、その後、全然出てこないんだけど(^^;

でも、GPZ1000RX が出てくるの、すげえ。

あの(トム・クルーズがトップガンで乗ってた)名車 GPZ900R Ninjaと、300km/h超のスーパーバイク ZX-10 の間で、わずか 3年間だけ生産されてた(しかも、当時の日本は750cc制限があったので、リッターバイクの 1000RX は国内での正式販売無し(^^;)、KAWASAKIファンの中にもその存在を知らない人がいるようなマイナー車種です(^^;

そんな俺の 1000RX が漫画に出てくるなんて・・・

こんな日が来ようとは・・・

おかーーーさーーーーんーーーーー!!!産んでくれてありがとーーーー!!(笑)
野球をやってた人でも、あまり遭遇したことがないかもしれない「アピールプレー」というヤツ。
この間、次男坊の所属するチームの試合でそれに遭遇した。

どういう内容かというと、下記のとおり。

・1アウト2,3塁の場面。
・打者の打った当たりはセンターフライ。ファインプレイで捕球。
・2,3塁のランナーはヒットになると思って飛び出してた。
・で、センターから2塁にボールが返って2塁ランナーアウト。これで3アウト。
・それで守備側チームはベンチに引き上げたのだが、ここで攻撃側に1点が入る。

「え?3アウトになったのに、なんで?」って話なんだけど、これはつまり、3塁ランナーが3アウトの前にホームインしてて、この選手はアウトになってないので得点は有効・・・ってことなんだね。

20120803_last.JPG
「フライが捕球される前に塁を離れていたんだから、3塁ランナーはアウトなんじゃないの?」って話なんだけど、その場面で3塁ランナーがアウトになるのは「3塁にボールが返った時点で」なんだよね。
つまり、2塁ランナーがアウトになった時点で3アウトなので、3塁にはボールが送られておらず、3塁ランナーはアウトになってないわけだ。

じゃあ、どうするかっていうと、守備側は3塁にボールを返して、「3塁ランナーのアウトを3アウト目にします。2塁ランナーのアウトと交換します(3アウトと4アウトの交換)」と審判にアピールすればいいわけ。(これが「アピールプレイ」)
そしたら、3塁ランナーのアウトで3アウトなので、3塁ランナーのホームインは当然認められないわけだね。

しかーし、このアピールは、守備側がフェアグラウンドを去る前に行わないといけないんだね。つまり、選手全員がファールラインを超えてしまったら、もうアピールする権利がなくなる。
うちのチームの選手は全員ベンチに帰っていたので、つまり、もうアピール権は消失してしまったということであります。う~む(^^;

相手の監督からの指摘でこういう状況になってるってことがわかって、結局相手に1点入ってしまったのあった。

でも、この騒ぎが起きた時、実はF森さんと俺は「ああ。」と思ってた。
F森さんは「ドカベン」でそういう話を見たことがあり、俺はつい昨年のことだが「ラストイニング」という漫画でそういう話を読み、長男坊とも「ほほう。こういうケースがあるんだなあ」「でも、実際にはこんなこと起こらんよ」なんて話をしたことがあるのだ。

しかし、実際に目の前で起きても、なかなか気づかんもんじゃねえ(^^;
つーか、この時俺は三塁塁審をやってたので、もし気づいたとしても何も言えんわけだけど(^^;

ただ、主審や試合を観てた人から後で話を聞くと、どうも3塁ランナーがホームインしたのは3アウトの後らしい。当然のことだが、その場合はもちろん1点は入らない。アピールプレイも必要ない。
でも、突然相手の監督からそういう指摘があったので、こちらのベンチも(主審も)「え?あ?そういうケースがあるの?」とおろおろしているうちに、そのまま1点確定しちゃったって感じなのだ(^^;
F森さんか俺がベンチにいれば、もしかしたら(可能性は低いが(^^;)「あ、でも、3塁ランナー、ほんとに3アウトの前にホームインしてた?」と疑問を呈したかもしれない。

つまり、「漫画で得た知識も、馬鹿にしたもんじゃない」ってことだ。

え?そういう話?>俺(^^;;;;;

20101111_zawa.JPG息子が野球を始めて以来、何となく野球漫画を買うケースが増えてきた。

つーか、それまでは野球漫画なんか買ったことなかったよなあ。ドカベンのコンビニ本(あの安っぽい紙に刷った総集編みたいな漫画ね)なんかが出てると、懐かしくてつい買ったりとか、その程度だったんだけど。

今はけっこう色々買っちゃう。まあ、「MAJOR」とか「ダイヤのA」は子供向けだけど、「おおきく振りかぶって」とか「ラストイニング」なんかは細かいルールの説明もあったりして、十分大人の鑑賞に堪えられるしな。面白いよ、実際。

で、「高校球児ザワさん」である。

これは、異色の野球漫画である。

野球の名門・日践学院の唯一の女子野球部員である都澤理紗の日常を一話8ページ程度のボリュームで淡々と描いた作品。ギャグ漫画・・・いや、青春コメディ漫画という感じか。

前から気になっていたものの、内容が想像出来なかったんで手を出さずにいたが、1巻買ったら面白くて、翌日には2,3巻も買ってしまった。(現在、5巻まで出ている)

ザワさん(と、理紗は野球部で呼ばれている)が野球部にいることも既に既成事実で、そのことをめぐるドラマティックな出来事もあまりない。(たまに取材受けたりするけど)
いや、ほんとに、大きな事件が起こるわけではなく、淡々と高校球児の日常が描かれる。で、ちょっとクスっと出来るオチがあったり。

公式戦には出れないが、道具の手入れをきちんとしている姿を評価され、練習試合で使ってもらったり。(彼女は投手or遊撃手)なんか、リアルなのだ、話が。

ザワさんの、クールなのか天然ボケなのかよくわからない性格も良い。
読み進んでいくと、段々と都澤理紗の意外な一面もわかってきて面白い。
傍らにおいて、ちょっとした息抜きにパラパラしたくなる漫画だ。

野球道具の手入れは素晴らしいのに、脇の下の手入れは甘い女、ザワさん。(笑)
一口飲んだだけでプロテインの銘柄を当ててしまう女、ザワさん。
筋肉を見せ合いたいのに男子部員に拒絶され、そんな時だけ男女の壁を感じ一人枕を濡らす女、ザワさん。(笑)

読んでない人は是非一読を。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち漫画カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは漫画じゃない本です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら