狩猟の最近のブログ記事

一週間ほど家の裏の軒先にぶら下げて熟成させていたカルガモを解体した。
もちろん食うために。

自分で捌くのは初めてである。
まず、羽を毟るが、その多さに驚く。毟った毛をダンボールに投げ込んでいってたら、すぐに一杯になってしまった。

20180219_karugamo.jpg
しかし、毛を毟るの、むっちゃ面倒。
なんか、その辺を歩いている変態に、「女子高生の脇毛を毟っているような感じで楽しめるで」とか声をかけて全部やらせたい。まあ、そんなキツいレベルの変態、その辺を歩いてないんだけど(笑)

羽を全部毟ると、散弾がどこに当たったかわかる。
結局、右側の側面に 4粒の散弾が当たってた。3発も撃って、たった 4粒しか当たってないのか(^^; とほほ・・・

それから首と羽根と足を切断。
体全体に残った小さな羽毛は、庭先で藁を燃やし、その火に当てて焼き切る。

で、解体。
とりあえず、大きく四つのブロックに分けた。
内蔵は、肝臓と砂ズリ、心臓(?)だけ取り出した。

嫁さんは絶対食わないけど、息子たちは食うだろうなあ。これも舌の教育だ。ちょっと残しておこう。

俺の解体作業を見ていた娘は、「うわあ、グロい。スッポンの方が良かったね」とか言ってた。いやいや、お前以外の人間は全員スッポン解体の方がグロいって言うよ(笑)
まあ、こうして「軒先に吊るしてあった一羽の鴨をまるごと解体」を見せるのも教育ですよ、教育(笑)
鴨猟の猟期は 2/15で終わる。そこで、この三連休の 2日目。11日の日曜日に今シーズン最後の鴨猟に出かけた。
ま、今シーズン初でもあったんだけど(笑)

同行してくれるのは、俺の鴨猟の師匠・UさんA。なんで末尾にAって付いているかというと、他にもうひとり、同じ苗字の師匠・UさんBがいらっしゃるから。

ちょっ話がずれるけど、俺は人生40数年間、Uさんという知り合いは一人もいなかった。
それが、この3年ほどで、鴨猟の師匠が二人、時々鹿猟に誘ってくれる猟師仲間が一人、仕事仲間で、別プロジェクトに別れたあとも飲み友達でいてくれる人が一人と、一気に四人になった。これ、凄くない?
「モテ期」って言葉があるけど、さしづめ俺は「U期」だ。

あ、話を戻す(^^;;

で、(寒いのでのんびりスタートしようということで)9時に我が家の前で待ち合わせ。
まずは、近くの田んぼに降りたヒドリガモの群(20羽くらいいた)をエースハンター(エアライフル)で狙う。
ハズレ。ちょっと遠かったか(^^;;

次は、下祖生の島田川でカルガモをやはりエースハンターで。ハズレ(^^;;

何せ鴨猟ってやつは、一発外すと鴨が皆飛んで行っちゃうので、場所場所でチャンスは一回きりだ。というわけで即移動。
下祖生の島田川には何ヶ所かポイントがあるんだけど、どこにも鴨の姿見えず。

「もう空気銃は当たんないのでいや!散弾銃撃てるとこ行こう!」と米川の島田川まで移動したが鴨おらず(^^;;
しかし、ここでもう一人の鴨師匠・UさんBに遭遇。W(ダブル)Uさん体制で、俺に鴨を獲らせるべく熊毛のため池に移動。

昨年、コガモを半矢で逃してしまった因縁の池だ。昨年のブログでは「光市の某池」と書いているが、実際は熊毛のようである。

20180211_kamo.JPG
そして、そこで俺は、ついにカルガモをゲットした。

狙ってる途中、一度泳いでる姿を見失ったが、UさんAに「あそこ、あそこ」と教えてもらい再び銃口を泳ぐカルガモに向けることができた。
そして、俺の愛銃、ブローニング FNC-3 がついに火を吹いた。

結局、仕留めるまでに三発も撃ってしまった(^^;; なんか、獲物の前方に着弾するのよね(^^;;で、外側の一、二発だけが鴨に当たってる感じ。おかげで、あまり肉にダメージがなくて、大部分を美味しくいただけそうですが(笑)

いやあ、三年目にして、やっと散弾銃で鴨ゲットです。まあ、散弾銃持って鴨猟に出るのが年に 1、2回なので、やっとと言うほど出猟してないのが実際のところですが(^^;;

すぐに近くの川で内臓抜いて、しばらく水に浸けて肉の温度を下げる。勿論W師匠の指導で(笑)

現在、この肉は家の裏に吊るして熟成中。来週には食べられるが、さて、どう調理して食べようか。
前回、「Arduino でイノシシ罠制御 その一(測距センサーで大きさを計る)」で書いたように、Arduino で作った回路を屋外で使いたいので、電池駆動を試してみた。

20171107_arduino.JPG電池ボックス(単3 x 4)からの (+)線を Arduino の POWER ピンの「Vin」へ。(-)線を「GND」に接続するだけ。これで Arduino は電源 ON となる。

こうして起動した Arduino では、前回「その一(測距センサーで大きさを計る)」で作成したプログラムが実行されている・・・はず(^^;

モーションセンサーの上に手をかざし、その後測距センサーに手を近づけていくと LED が ON となる。しっかりプログラムも動いているようだ。

あとは、これでどのくらい電池が持つかだよねえ。
一回、つけっぱなしにしておいてみるか。
まあ、基本的にモーションセンサーだけが常時動いている形なので、けっこう持つんじゃないかと期待してるんだけど。
Arduino UNO を基盤に作成したシステムでイノシシ用の箱罠の制御をしたくてあれこれしているんだけど、とりあえず概要としては、

・モーションセンサーで箱罠にイノシシ(何らかの動物)が入ったのを検知
・モーションセンサーを OFF にして、測距センサーを ON
・測距センサーから 60cm の位置(地上から 40cm)に物体を検知したら測距センサー OFF
・モーターを 1秒間回し、罠の扉を閉めるトリガーのワイヤーを引く

という動きをさせたい。
まあ、これだと無限ループに入る可能性があるから、何十秒か測距センサーを稼働させ検知出来なければ、一旦モーションセンサーの監視処理に戻す等の細かい制御は必要なんだけど。

ちなみに、モーションセンサーだけで罠に動物が入ったのはわかるんだから扉閉めればいいでしょ?って考え方もあるだろうが、それだとうり坊とか狐、たぬきなどの小動物でも扉が閉まっちゃうから。
なので、測距センサーで体高を計って、40cm以上の高さがある時だけ扉を閉めるんやね。

じゃあ、モーションセンサーいらんやん。測距だけでええやんって話だけど、測距センサーって無茶電気食うのよ。なので、通常はモーションセンサーで監視をし、何かいれば(モーションセンサーに検知されれば)測距センサーの監視に切り替えるわけ。

ということで、昨夜、こんな仕組みを作ってみた。

20171101_arduino1.JPG

回路図が書けないので、実際の接続図ね。
モーターはまだ接続していない。12V のギヤードモーターって、必要な電流量が 500mA とかなんで、直接 Arduino に接続しても回らんのよ(^^; Arduino からの出力が 20mA なんで、全然足らん(^^;
トランジスタとか使って、高い電流が流れる回路を作ってやらないといけないので、とりあえず昨夜はモーターを動かす代わりに LED を点灯させてみた。

プログラムはこんな感じ。

int sn = 0;
void setup() {
 
     pinMode(8, OUTPUT);      // デジタルピン 8番から測距センサーに 5V 供給
     pinMode(7, OUTPUT);      // デジタルピン 7番からモーションセンサーに 5V 供給
     pinMode(4, OUTPUT);      // デジタルピン 4番からDCモーターに 5V 供給(実際は LED)
     pinMode(2, INPUT);       // デジタルピン 2番にモーションセンサーの検知結果を入力
     Serial.begin(9600) ;     // 9600bpsでシリアル通信のポートを開きます
     digitalWrite(7, HIGH);   // まずは、モーションセンサーを ON
}
void loop() {
     // モーションセンサーのチェック
     if (sn == 0) {
        // 2番ピンを確認(検知情報)
        if (digitalRead(2) == HIGH) {     // 動体検知された!!(2番ピンが HIGH(検知!!))
          sn = 1;  // 次の処理に移行するため、1をセット
          digitalWrite(7, LOW);  // モーションセンサー OFF
          digitalWrite(8, HIGH); // 測距センサーを ON
        }
     }
     // 測距センサーのチェック
     if (sn == 1) {
       int ans ;
       ans = analogRead(0)  ;   // センサーから読込む
 
       // 60cm より近くなったらモーターを 5秒回す
       if (ans >= 110) {
          sn = 2;  // もう何もしない
          digitalWrite(8, LOW); // 測距センサーを OFF
          digitalWrite(4, HIGH);   // モーター ON
          delay(1000) ;            // 1000ms(1秒)時間待ち
          digitalWrite(4, LOW);    // モーター OFF
       }
       
       // 測距は 3秒ごとに行う      
       delay(3000) ;            // 3000ms(3秒)時間待ち
     
     }
}

で、実際に動かしてみたら・・・

20171101_arduino2.JPG

おお、ちゃんと動いたよ。
最終的に、センサーから 60cm以内のところに手をかざすと LED が点灯。

なんで、60cm = 110 なのかは、「赤外線測距センサー(GP2Y0A21YK)を Arduino で試す」あたりを見てちょ。

これで、あとは、

・モーター用の回路を作って LED と交換
・6V 電源(単3電池 x 4)で動くことの確認
・とりあえず、実地テストのためのケース等の作成(モーターにつけるプーリー等も)

ってあたりが残作業。最後のケース作りとかが一番手間がかかりそうやなあ・・・


俺の愛銃 FNC-3(ファブリック・ナショナル社製ブローニングC-3)が壊れてしまった。

中途半端に折った状態で銃床を床に当ててしまい、そこから強引に最後まで銃を折る形になってしまった。

20171020_fnc-3.jpg
実際に上下二連の散弾銃(元折銃)を使ってないとわかりづらいかもしれないが、散弾銃は弾を込める時に銃を折って銃身の端を露わにする(機関部の解放)。
これは、銃の上部についている開閉レバーを横に押しながら行うが、途中まで折ったところで開閉レバーから指を放すと、レバーは元の位置にもどり、中途半端に折った状態でまたロックされてしまう。他の銃はどうか知らないが、俺の銃はそうなる。
その状態から、開閉レバーを操作せず、強引に銃を最後まで折ってしまう形になったということだ。

わかりづらいかもしれないが、これ以上はよう説明せんわ(^^; わざと折ったわけじゃないし(^^;

で、そういう強引な開閉を行ったことで、撃鉄バネが曲がってしまったようだ。
銃を閉じようと思っても部品がきちんと銃内に収まらず閉じれない(^^;

完全に部品交換案件なんだけど、FNC-3 はなにせ古い銃だ。「ラーメン一杯 60円の時代に、FNC-3は 300万円で売られていた」と言われる銃である。ラーメン一杯 60円っていつの時代?(^^;

もう廃銃にするしかないかなあと思いつつも、この金曜日。仕事で休みをもらったので、周南市鹿野にある「原田銃砲火薬店」に銃を持ち込んでみた。

店主はざっと銃を確認すると、「治りますよ」と。おお!!治るのか!!
ただ、そのために莫大なお金がかかるのであれば、いっそ廃銃にして、猟師をやめる人が銃を安く譲ってくれるのを待つほうがいい(^^;
そんな俺の心を見透かしたかのように、店主から「これは良い銃だから、治して使った方が絶対に良い」という言葉が。

余談だが、「俺でこの銃のオーナーは 5人目だと聞きました」と言うと、「その前の 4人、全員わかりますよ」と。「なんでだと思います?この銃が良い銃なんで、僕の記憶に残ってるんですよ」と。そこまで言われると、なかなか「もう廃銃にします」とも言えない(^^;

まあ、俺もこの銃、気に入っているので、治るのなら治る方が良い。
改めて修理代を確認すると「オーバーホールする時みたいに全バラして、曲がった部品に焼きを入れながら徐々に伸ばしていかないといけないので・・・」と言われる。ダメだ、絶対高くつくわ・・・と諦め気分だったのだが、なんとか俺の小遣いから払える範囲で済みそうである。即、修理をお願いした。

11/15 の猟の開始までには間に合わせますよ・・・とのこと。ありがとうございます!!

いやあ、ほんと、単純な作りの上下二連銃だけど、やっぱ機関部はそれなりにデリケートな作りなわけで、大切に扱わないといけませんな。(大切に扱ってなかったわけではないけど)
昨夜 22:50頃、国道437号線を玖珂方面に向けて走っていると、東中のライスセンターの方から、航太氏宅側の田んぼに向けて、猪が道路を横断。
土地勘のない人に説明すると、「らーめん彩龍から国道2号線側に100mほど走った」あたり。

20171017_inoshishi.jpg車の 10m以上前だったので衝突の恐れはなかったが、ドライブレコーダーを再生してみると、「おお、猪出た!」って興奮して叫んでたわ、俺(笑)

残念ながら、ドラレコの映像は黒い固まりが横切って行くのが分かるくらいのものだったが(暗いし、車の速度も出てたし、レンズ短いし、良い品質じゃ撮ってないし)、実際には車のライトに照らさられてはっきりと「泥に汚れた灰色の毛をした 40kgくらいの成獣」が確認出来た。(写真じゃほぼ見えないけど(^^;)

やばいなあ(^^;;
昨日は息子を玖珂駅まで迎えに行くのでたまたま車だったが、俺、このくらいの時間にこの道をウォーキングすることあるからなあ(^^;;

今度からナイフをポケットに忍ばせとくか。でも、護身用のナイフ所持は認められてないし、職質受けてナイフが出てきたら、完全に事情聴取案件やなあ(^^;;
田舎では、武器の携帯を認めてほしいよ。

ま、というわけで、東中あたりの方はご注意ください。
(というか、これ、どっか届けておいたほうがええんかね?)
今日は猟友会の射撃会があったのだが、なんと出発直前に散弾銃が故障(ま、この話は改めて書きます)(^^; おかげで射撃会には不参加。

20171015_ace1.JPG
しかし、せっかく熊毛射撃場まで行ったので、エースハンターという空気銃の照準調整をして帰ることにしたのだ。

弾も無くなっていたので、FX社製エアーライフル用ペレット(22CAL、5.52mm、16GRAINS、1.030g)を買う。3,500円也。
U師匠(二人います)からは「エースハンターじゃ(弾の重量が)重いんじゃないか?」と指摘があったんだけど、エースハンターを買った新潟の銃砲店の大将が「エースハンターは重い弾の方が安定して良く当たる。バラクーダを 1缶付けてあげるんで試してみなさい」と言うてたのがもう頭に刷り込まれているので、ま、いっかなっと。(バラクーダは FX より更に重く、1発 1.360g あったんで)

なにはともあれ、エアピストル選手の方のU師匠にアドバイスをいただきながら射撃開始。

最初の一発目。立って構えて撃ってみたんだけど、ほぼ狙い通りに、なんと中心から 2周り外の 7番の円の中に着弾。いや、マジで調子ええやん。数ヶ月ぶりのエアライフルだけど、数ヶ月前より撃てるようになってるんちゃう?俺(くすくすくす)・・・といい感じで照準調整に入った。

んが、なかなかピシっと真ん中に当たるように調整できない。(調整射撃は、木の台の上にライフルを固定して行う。(まあ、ちょっとグラグラ動いちゃうんだけど(^^;))

今回は師匠に調整の正しいやり方を教わった。

俺は一発撃って、例えば左に弾がずれていれば、銃を台からおろし、スコープのウィンテージノブを左方向に回し、また構えて一発撃って・・・を繰り返していたのだが、これだと効率が悪い。
一発撃ってハズレたら、銃を台に固定したままノブを回し、レティクル(十字マーク)が着弾点の上に行くように調整すればいい。これが一番楽な方法である。なるほどお。
これで、(上の例のように左に着弾点がずれていた場合は)今度狙いを付けた時には、今までより銃が右に振られることになるわけだ。

それと、俺はスコープを覗く姿勢が悪いようだ。
調整しても、調整しても、弾が左に寄るのである。つまり、斜めからスコープを覗いてしまっているんだなあ。
これも師匠から、スコープの手前の枠と奥側(銃口側)の枠の影が同心円になるように見れば真っ直ぐ見れてることになるから・・・と言われ、たしかにそうすることで真ん中に当たるようになった。

20171015_ace2.JPG
あと、引き金は「絞れ」ってことね(笑)

どれも、空気銃使いとしては常識なことばかりかもしれないが、なにせ我流で適当にやってる俺には目からウロコなことばかりであった。

真ん中に集まりだしたところでもう少し撃ちたかったのだが、なにせエースハンターは空気をポンピングで手動充填である。これがきつい。20発くらい撃つと俺はもう腕がパンパン。若干心残りだが、調整を終了したのであった。

ところで、射撃場に置いてある木の台、エースハンターはきちんと固定できないし、高さ調節も面倒くさい。照準調整用にエースハンター専用の台を作るかな。
弟が氷室岳に置いている箱罠に子猪が二頭入ってるで・・・と近所のおじさんが教えてくれたので、稲刈りで忙しい弟の代わりに、親父を連れて捕獲に行った。

まあ、動物愛護な方には不快だと思うのでこの先は読まない方がいいと思うが、捕獲と言っても生きたまま捕まえて帰るわけではない。
その場で殺して、山の中に埋めるなどして処理するのだ。「害獣駆除」である。

今年はあまりに猪が増えてしまったため、山口県では予算を取って「緊急捕獲事業」を行っている。いつもの駆除報酬にプラスして、成獣なら 8千円。幼獣なら 1千円が支給される。
それだけ人間の脅威になっているということだ。

20170910_inoshishi.JPG「子供の猪」と聞いていたが、一頭は既に身体の線が消えており「成獣」だった。もう一頭はまだウリ坊。つまり「幼獣」である。

はっきり言って、俺ら猟師だって平気で猪を殺せるわけではない。
銃で撃つのはまだ良いが、檻の中の猪を槍で刺して殺すのは気分なんか良いわけがない。嬉々として「止めさし」出来る人は猟師としては尊敬するが、人間としては何か怖い(笑)

特に今回、ウリ坊の方は俺が一発で心臓を刺してほぼ即死させたが、もう一頭については四、五回刺したが上手いこと心臓を突けず、なかなかトドメがさせなかった。
「もう死んでくれよ」と言いたくなる。最終的に首にロープをかけて絞め殺した。猪も苦しんだし、俺らも相当いやな思いをしつつの「駆除」だった。

いや「じゃあ、なんで殺すのか!?」という幼稚な意見はやめて欲しい。
だったらあんたが一晩中、このあたりの田んぼをチェックしてまわれや・・・である。猪による農業被害は現実に起きていて、ほっておくと、それは百姓が生きていけるかどうかというほどの被害になる。

現実として「共存」など出来ていないのだ。あなたが害獣駆除を責めたいのであれば、あなたが「共存」出来る方法を確立するか、上に書いたようにあなたが見回りなどして被害を抑えないといけない。それが出来ずに「かわいそう」とか「人間のエゴ」とか幼稚なことを言って「私って素晴らしい」なんて思ってる限り、お前は糞だ。猪の糞以下の人間だ。

殺した猪二頭はうちの山に埋める。
しかし、すぐに掘り返され、他の鳥獣の餌になるだろう。
こうして「この二頭が将来起こすはずだった農業被害」は防がれ、俺は今夜、窒息死する猪が最後に痙攣した時の、ロープから伝わってきた感触を思い出しつつ、まずい酒を飲むのである。

あ、そういえば今夜は親父のところで弟夫婦や妹夫婦と BBQ だ。チーズクラッカー作ろう。
昨日は年に一度の「鉄砲等一斉検査」であった。
猟友会毎に日程が異なり、岩国猟友会は前日だったようだ。

これは、登録してあるとおりの銃を持っているかどうかの検査である。
玖西猟友会は高森の岩国西幹部交番、以前玖珂西警察署だったところだけど、そこの三階会議室で行う。

20170413_keisatsu.JPG
散弾銃と空気銃の二丁を持ってよっちらせと階段を上がっていく。
いやあ、こんなことでなんか息が上がって(^^;、検査場所の机の上に銃を置こうとして、目一杯銃口部分を机の端っこにぶつけてしまった(^^; まあ、そんなことくらいで変形するようなもんじゃないけど。

警察の人(担当変わったんやね。若いやさしいお兄ちゃんになっていた)に銃を渡す前に弾無し確認をしたら、W猟友会町に「おお、ええ子じゃのお」と褒められた(笑)50歳を過ぎて、よもや「ええ子」と言われるとは思わなかった(^^;
まあ、会長からすれば、俺らなんかまだまだひよっこってところだろう(^^;

検査の方は問題なく終了。

さて、今月はカラスの一斉駆除とか、ちょくちょく猟師仕事が入るぞ。
去年はカラス駆除の成果ゼロだったので(^^;、今年は一羽くらいは撃ちたいものよ・・・
昨日は、岩国市猟友会玖西支部の射撃会が開かれたので参加した。

猟友会の射撃会というのは遊びではなく(いや、和気藹々と楽しくやるんだけど(笑))、銃刀法第10条の2に規定された「射撃技能の維持向上」のための努めとして行うもの。いや、マジで。
なので、猟期の前と後に三回ずつ開かれる射撃会のうち、それぞれ二回は必ず参加するようにしている。

昨日は、熊毛射撃場で他の射撃会も開かれており、トラップの射場が使えなかったのでスキートのみであった。

20170326_syageki.JPG
但し、それも(正式な競技会ではないので)簡単な「なんちゃってルール」で行われた。

  • 射台は1~3番、5~7番のみ使用。(4番、8番は使用しない)
  • 各射台では、プール、マーク、プール、マークとシングルで4枚射出。
  • 7番射台のみ5枚射出で、計25枚。
  • ジャパンルールと同様、最初から銃を構えておいて良い。

という感じ。

俺の成績は 13枚命中。
まあ、こんなもんやね(^^; ダブル(一度に左右からぴょんぴょんとクレーピジョンが飛び出す)がないので、もっと当たらないといけないんだろうけど、久しぶりだし・・・

というか、俺、射撃姿勢がよろしくないようだ(^^;
競技が終わった後、プーラーをされていた射撃場のIカワさんから「へんな癖が付く前に直せると思うからアドバイスするが」と前置きされ、射撃姿勢についてご教示いただいた。
もっと顔が前面に出て、それこそストックの根本のあたりに頬付するようにしないと駄目。俺は首が起きていてストックの尻の方に頬付しているので照準が合わなくて駄目だそうだ(目線が高くなる?)。
首を前にのばしストックの前の方に頬付することで視線が低くなり、照星がリブに沈み消えるくらい銃身に対してまっすぐな視線が確保出来るということだ。
「今の撃ち方だと、15枚くらいで成績が頭打ちになるよ」とのこと(^^;

その後、大先輩のYモトさんからも、もっと銃にかぶさるように前傾姿勢を取った方がいい。ストックの後ろの方に頬付して身体が立っているという指摘をいただいた。二人の大先輩から同じアドバイスをいただくということは、やっぱりそうなんだろうなあ(^^;

なので、いつもなら一回撃ったらさっさと帰るのに、この日はもう一度、二人にいただいたアドバイスを元に 25発撃ってみた。

15発命中だった。

13発から 15発かあ。変わってないわぁ~!!

いや、実は変わったのだ。
実際は、最初のうち、全然当たらなくて、15発目までは 8発しか当たらなかったのだが、だんだんお二人からアドバイスいただいたような姿勢が取れるようになってきて、リブと照星がきれいに重なるようになったら最後の 10発は 7発命中だった。最初は 2発に 1発しか当たらなかったが、最後は 3発に 2発当たるようになった。

猟師の先輩であるUノさんが写真を撮ってくださったんだけど、それを見ると、俺が首をかしげるようにして頬付しているのもよくわかる。Uノさんに「姿勢が他の人に較べて不自然に見える。首をかしげて無理やり頬付しているような・・・」と教えてもらったんだけど、写真を見たら実際そのとおりなので笑ってしまった(^^;

というわけで、次回からはこの辺を意識して撃つことにしよう。
てか、やっぱストックを少し短くしないと言われた姿勢がきつい(^^; 俺の身体が固いのか(^^;、首がみじかいのかわからないが(^^;;;
ストックを短くしたら、警察に再度申請しないといけないので、ちょっと仕事が落ち着かないと難しいんだけど。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち狩猟カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは物欲係長です。

次のカテゴリは田舎生活です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら