狩猟の最近のブログ記事

今年二度目の玖西猟友会主催の町内一斉カラス駆除。

20180527_kujyo2.JPGいつもは、自分の地元である祖生地区で駆除を行なうんだけど、今回は空気銃の師匠の一人、Uノさんにご一緒させてもらい、高森地区で駆除作業を行なった。

まあ、結果から言うと、今回も俺の成果はゼロ(^^;
蜂が怖かったので(^^;ストライプの入った白いYシャツ姿だったのが災いしたのか、俺の愛銃・エースハンターで撃てるような距離には全然カラスが降りず、一度だけ真正面の木の上に留まったけど、レーザー距離計で計ると 84m。とてもエースハンターで致命傷を負わせられる距離ではなかった(^^;

そういえば、この「Nikon 携帯型レーザー距離計 COOLSHOT 20 LCS20」も、2年前のカラス駆除のときにUノさんに「あると便利よお」と言われ購入した一品である。

銃を肩にかけ、カラスを求めてうろうろしているときに、近くで牛を飼っているおじさんに話しかけられた。
この日、俺は音のしない空気銃だったのだが、近くで散弾銃の音がバンバンしていたので、「牛が驚くけえあっち行け」とか文句を言われるのかと身構えたら、結局、「どんどん来て、カラスを撃ってくれ」という話であった。
「山賊ダイアリー」にも牛舎の近くでカラス駆除をする話があったが、やはり牛を飼っている人はカラスの「悪さ」に苦労されているのだなあ。

ほんとに、まったく撃てるところにカラスが来ないので、10:30には納銃。
岩国市役所周東総合支所によって「日当」(笑)の弁当(ほっともっとの和風幕の内であった)を受け取って帰宅。

ところが、この2時間後に、部活を終えた息子を中山湖まで迎えにいった帰りにそこを通ると、俺が狙ってた田んぼに 23羽もカラスの姿が・・・

くそぉ。近々リベンジだな・・・
昨日は休みをいただき、猟銃所持許可更新申請の前に受けておかなくてはいけない「猟銃等講習会」の受講で山口市の県警本部へ。

20180524_kenkei.JPG
山口県内では県警本部の他に、山陽小野田市の厚狭幹部交番と、岩国市の岩国西幹部交番の計3カ所で行われるが、岩国での講習は日程があわなかったため、はるばる山口市まで出かけたわけである。
(受講申し込み(岩国警察署に行なう)の際に、「4月に岩国西で行なわれた講習を受ければよかったのに」と言われたが、その時点では更新のことをまったく忘れていたので仕方ない(^^;)

講習は約 3時間行なわれるが、前半は警察の方が猟銃による事故の統計情報や、法律が変わったことによる申請書類の記載変更内容など実務的な説明を行なわれ、後半は警察から委託された講師(今回は宇部猟友会の方だった)が自分が巻き込まれた猟銃事故などをもとに、猟師としての心得などを伝授いただく・・・という構成。

前半の諸々の説明のときには強い眠気との厳しい戦いが繰り広げられたが(^^;、後半の講師の話はなかなか面白かった。

プラント建設などで数年間の海外勤務なども経験された方で、見た目は田舎の猟師のじいさんという感じなんだけど(失礼しました(^^;)、横文字のビジネス用語なんかも織り交ぜながら、なかなか興味深い話を聞かせていただけた。

「動物は藪の中でガサガサなんて音を立てない。立てたら人間だ。絶対撃つな」とか、「猟に入る部落名(地区名)や山の名前は確認しておけ。事故が起こったときに場所の説明ができないぞ」とか、「今日は○○さんは遅れて参加するよ・・・といった情報の伝達を密に行なうだけでも防げる事故はたくさんある」など猟に関する実践的な話もためになったが、「猟の事故で撃ち殺す相手は仲の良い幼馴染や付き合いの深い知人が多い。知らない人間を車でひき殺したときとは、受けるダメージが全然違うぞ。だからこそ、絶対に銃の事故は起こしちゃだめ」という言葉にはうなずけた。

「知らない人間を車でひき殺したときとは・・・」という言葉を不謹慎だと思う人もいるかもしれないけど、でも、これは本当よ。非常に現実的な話だ。それだけにけっこう胸の中にすっと入ってきたわ。

他にも、「事故は『慣れ』と『不慣れ』の両方で起こるが、『不慣れ』は経験をつめば自然に解消していく。しかし、『慣れ』による事故は自分で気をつけなければなくならない」とか「事故を二度と起こさないと思えば、まず原因追求が大事。しかし、日本人は同時に責任追及を行なってしまい、当事者は責任逃れから正確な情報を出せなくなってしまう。責任追及なんかあとでいい。まず原因追求。正しく原因を提示できた人間の責任は不問にしてもいい」という話などは、猟だけではなく、ビジネスの世界でもそのまま使える言葉だ。

いやあ、この講習、受けてよかったなあ(笑)

そして、最後に、「マダニ(ライム病)には気をつけろ」という言葉で講習は終わった。
山口県は「県内でライム病は発生していない」と言っているが「大嘘」、「私は岩国の猟師がライム病になっているのを見ましたよ」という、岩国在住の俺にはショッキングな話で締めくくられたのであった(^^;;;;
昨日は玖西猟友会による町内一斉カラス駆除が実施されたので参加
集合時間の朝8時に 2,3分遅れてしまったのだが、無事出欠確認を済ませ出猟。いや、猟じゃないから出動か。

猟は山口県内ならどこで行なってもいいのだが、害鳥獣の駆除は自分が住んでいる地区に限られる。俺がカラスを獲るために鉄砲を撃てるのは周東町祖生に限る。

とりあえず、昨年の駆除の時に田んぼに1羽いたのを確認した末元地区へ。
結果から言うと、空を飛んでいるのを2羽ほど見たけど、どちらも川向こうの林に入ってしまい撃てず。

次に別所畑へ。ここでは一羽も確認できず。
途中会った地元のおっちゃんに「うちの裏の山でカラスが子を産んどるけえ、行ってみい」と言われて一応行ってはみたが、住宅も近く散弾は撃てんなあ(^^;;
次回は空気銃も持って出るか。

20180513_karasu.JPG平畑は別の人たちが回られているのでパスして、今度は東中(ひがしなか)から小祖生畑を通り落合に抜けるコースを。
前から思ってたんだけど、小祖生畑の人、余所者に警戒心強いね(^^;;以前、一緒に猟に出てた猟師仲間が落合で猪獲った時も、小祖生畑の人たちが家の前まで出てきてじーっと見てたもんな(^^;;
今回も、ゆっくり車を走らせながら田んぼにカラスがいないか確認してたら、庭や田んぼにいる人がじーっとこっちを見てる(^^;;末元じゃそんなことなかったけど。やっぱ、新興宗教の拠点があるから?(^^;;

で、落合の田んぼに 2羽ほど発見。1羽はすぐに飛んでいってしまったが、もう1羽は呑気に田んぼの中をぴょんぴょん歩いている。
しかし、車を停めてどこから撃とうか考えていると、このカラス、畦の法面に張られた黒いシートの前に陣取りやがった。
シートは、太陽の光を遮ることで草が生えないようにするものだ。散弾撃ったら穴だらけになってしまう(^^;;
本来畦の法面はいいバックストップになるのだが、このシートが張ってあると撃てない(^^;;

さて、どうしたものか・・・と考えている間に、せっかくの獲物も飛び去ってしまった。

というわけで、この日の収穫ゼロ。祖生の猟師リーダーであるTさんも宮源で2羽獲ったそうな。

ま、俺、初めてカラス駆除に出た時は1羽もカラスを見つけられなかったんで(^^;;、カラスの姿を確認出来るようになっただけでも進歩してるか(^^;;

アーバンシティーで生きてきた俺には、自然はまだまだ厳しいぜ(^^;;
全国ジビエファンの皆さん、こんにちわ。

今日は皆さんに悲しいお知らせがあります。

先日、このブログにも書いた、祖生のピンクの悪魔ことYモト氏からいただいた雉ですが・・・

盗られてしまいました(^^;;
たぶん、ケモノに(^^;;

20180415_kiji_tsurusu.JPG

腸だけ抜いて軒先きに熟成のため吊るしてたんですが、今朝、書斎の窓から見ると姿が見えない(^^;;
確認してみると、そこには吊るすのに使った針金の姿だけが(^^;;

20180419_kiji.JPG

足元に羽根も落ちてたし、こりゃ、完全にケモノにやられたな。
昨夜、ちょっと書斎の外でガチャガチャ音がしてて、もしかして?って思いもあったんだけど、眠かったんで「風やろ。うん。風ということで」と一人納得して寝ちゃったのよね、確認せずに(^^;;

鴨を一週間くらいぶら下げてたのと同じ場所なんだけど、今回は近くにファルトボートとか置いてたから、それを足場にして盗みやがったんだろうなあ(^^;;

しかし、首にぐるぐる巻きにしてた針金を、頭蓋骨が通ったんだなあ(^^;;
今度から、もっとキツキツに巻くようにしよう。

てか、週末のキジ鍋計画が泡と消えたのが悲しい(^^;;
昨日の夕方。祖生の綱引き界で「ピンクの悪魔」と呼ばれ恐れられる平前のYモト君から電話が入った。一つ先輩であるYモト君は、小学生時代、祖生東小校区に二人しかいなかった(ほんと?(^^;;)漫画雑誌「冒険王」購入仲間であった(笑)

そのピンクの悪魔からの電話は「家にぶつかって雉が死んだんで引き取らないか?」というものだった。家に雉がぶつかって死ぬという状況がよくわからないが(笑)

日曜日の夕方である。正直、今から雉の解体をするのも面倒だなあという思いもあったのだが、暗に「埋めに行くのは面倒なので引き取れ」と言っている先輩からのプレッシャーに負け引き取ることにした。

電話からほどなくして、悪魔が、いや、Yモト君が、わざわざ家まで雉を持ってきてくれた。
触ってみるとまだ暖かい。
すぐにバケツに雉を投げ込み水を注ぎ雉の体温を下げる。

20180415_kiji.JPGとりあえず昨日は腐敗防止に雉の腸だけ抜いておくことにした。
肛門を切り取らないといけないので、家の包丁を使うと嫁さんが怒るだろう(^^;そこで愛用のナイフを探したが、昨年末に十日市の作業部屋の荷物を持って帰って以来、書斎の中が「だだっこだー」(散らかっているの意(^^;;)で、刃の薄いナイフが見つからず(^^;;
仕方ないので、薪のバトニングにも使う肉厚な刃のナイフを使うことにした。

肉厚の大型ナイフで小さな雉の肛門を切り取るのも大変だったけど、誤って腸を傷つけることもなく、最後まできれいに引っ張り出すことができた。
祖生の綱引き選手にとってはYモト君が悪魔だけど、雉にとっては俺が悪魔そのものやな(^^;
死んでから、肛門を切り取られ、腸をズルズル引っ張り出されることを考えるとゾーッとするわ。
俺は死んだ後の自分の身体がどうされようと気にしないリアリストだが、ナイフで肛門を切り取られるのだけはいややわ(^^;;;

そうして俺によって辱められた雉の亡骸は、首に針金をまかれ、軒先に吊るされたのであった。
できれば一週間ほど熟成して、今週末にバラしたいけど、昼間はずいぶん暖かくなるというから、一週間おいてたら腐っちゃうかね???

夜の真っ暗な庭で羽根をむしるの、いやだなあ・・・(^^;;;
一週間ほど家の裏の軒先にぶら下げて熟成させていたカルガモを解体した。
もちろん食うために。

自分で捌くのは初めてである。
まず、羽を毟るが、その多さに驚く。毟った毛をダンボールに投げ込んでいってたら、すぐに一杯になってしまった。

20180219_karugamo.jpg
しかし、毛を毟るの、むっちゃ面倒。
なんか、その辺を歩いている変態に、「女子高生の脇毛を毟っているような感じで楽しめるで」とか声をかけて全部やらせたい。まあ、そんなキツいレベルの変態、その辺を歩いてないんだけど(笑)

羽を全部毟ると、散弾がどこに当たったかわかる。
結局、右側の側面に 4粒の散弾が当たってた。3発も撃って、たった 4粒しか当たってないのか(^^; とほほ・・・

それから首と羽根と足を切断。
体全体に残った小さな羽毛は、庭先で藁を燃やし、その火に当てて焼き切る。

で、解体。
とりあえず、大きく四つのブロックに分けた。
内蔵は、肝臓と砂ズリ、心臓(?)だけ取り出した。

嫁さんは絶対食わないけど、息子たちは食うだろうなあ。これも舌の教育だ。ちょっと残しておこう。

俺の解体作業を見ていた娘は、「うわあ、グロい。スッポンの方が良かったね」とか言ってた。いやいや、お前以外の人間は全員スッポン解体の方がグロいって言うよ(笑)
まあ、こうして「軒先に吊るしてあった一羽の鴨をまるごと解体」を見せるのも教育ですよ、教育(笑)
鴨猟の猟期は 2/15で終わる。そこで、この三連休の 2日目。11日の日曜日に今シーズン最後の鴨猟に出かけた。
ま、今シーズン初でもあったんだけど(笑)

同行してくれるのは、俺の鴨猟の師匠・UさんA。なんで末尾にAって付いているかというと、他にもうひとり、同じ苗字の師匠・UさんBがいらっしゃるから。

ちょっ話がずれるけど、俺は人生40数年間、Uさんという知り合いは一人もいなかった。
それが、この3年ほどで、鴨猟の師匠が二人、時々鹿猟に誘ってくれる猟師仲間が一人、仕事仲間で、別プロジェクトに別れたあとも飲み友達でいてくれる人が一人と、一気に四人になった。これ、凄くない?
「モテ期」って言葉があるけど、さしづめ俺は「U期」だ。

あ、話を戻す(^^;;

で、(寒いのでのんびりスタートしようということで)9時に我が家の前で待ち合わせ。
まずは、近くの田んぼに降りたヒドリガモの群(20羽くらいいた)をエースハンター(エアライフル)で狙う。
ハズレ。ちょっと遠かったか(^^;;

次は、下祖生の島田川でカルガモをやはりエースハンターで。ハズレ(^^;;

何せ鴨猟ってやつは、一発外すと鴨が皆飛んで行っちゃうので、場所場所でチャンスは一回きりだ。というわけで即移動。
下祖生の島田川には何ヶ所かポイントがあるんだけど、どこにも鴨の姿見えず。

「もう空気銃は当たんないのでいや!散弾銃撃てるとこ行こう!」と米川の島田川まで移動したが鴨おらず(^^;;
しかし、ここでもう一人の鴨師匠・UさんBに遭遇。W(ダブル)Uさん体制で、俺に鴨を獲らせるべく熊毛のため池に移動。

昨年、コガモを半矢で逃してしまった因縁の池だ。昨年のブログでは「光市の某池」と書いているが、実際は熊毛のようである。

20180211_kamo.JPG
そして、そこで俺は、ついにカルガモをゲットした。

狙ってる途中、一度泳いでる姿を見失ったが、UさんAに「あそこ、あそこ」と教えてもらい再び銃口を泳ぐカルガモに向けることができた。
そして、俺の愛銃、ブローニング FNC-3 がついに火を吹いた。

結局、仕留めるまでに三発も撃ってしまった(^^;; なんか、獲物の前方に着弾するのよね(^^;;で、外側の一、二発だけが鴨に当たってる感じ。おかげで、あまり肉にダメージがなくて、大部分を美味しくいただけそうですが(笑)

いやあ、三年目にして、やっと散弾銃で鴨ゲットです。まあ、散弾銃持って鴨猟に出るのが年に 1、2回なので、やっとと言うほど出猟してないのが実際のところですが(^^;;

すぐに近くの川で内臓抜いて、しばらく水に浸けて肉の温度を下げる。勿論W師匠の指導で(笑)

現在、この肉は家の裏に吊るして熟成中。来週には食べられるが、さて、どう調理して食べようか。
前回、「Arduino でイノシシ罠制御 その一(測距センサーで大きさを計る)」で書いたように、Arduino で作った回路を屋外で使いたいので、電池駆動を試してみた。

20171107_arduino.JPG電池ボックス(単3 x 4)からの (+)線を Arduino の POWER ピンの「Vin」へ。(-)線を「GND」に接続するだけ。これで Arduino は電源 ON となる。

こうして起動した Arduino では、前回「その一(測距センサーで大きさを計る)」で作成したプログラムが実行されている・・・はず(^^;

モーションセンサーの上に手をかざし、その後測距センサーに手を近づけていくと LED が ON となる。しっかりプログラムも動いているようだ。

あとは、これでどのくらい電池が持つかだよねえ。
一回、つけっぱなしにしておいてみるか。
まあ、基本的にモーションセンサーだけが常時動いている形なので、けっこう持つんじゃないかと期待してるんだけど。
Arduino UNO を基盤に作成したシステムでイノシシ用の箱罠の制御をしたくてあれこれしているんだけど、とりあえず概要としては、

・モーションセンサーで箱罠にイノシシ(何らかの動物)が入ったのを検知
・モーションセンサーを OFF にして、測距センサーを ON
・測距センサーから 60cm の位置(地上から 40cm)に物体を検知したら測距センサー OFF
・モーターを 1秒間回し、罠の扉を閉めるトリガーのワイヤーを引く

という動きをさせたい。
まあ、これだと無限ループに入る可能性があるから、何十秒か測距センサーを稼働させ検知出来なければ、一旦モーションセンサーの監視処理に戻す等の細かい制御は必要なんだけど。

ちなみに、モーションセンサーだけで罠に動物が入ったのはわかるんだから扉閉めればいいでしょ?って考え方もあるだろうが、それだとうり坊とか狐、たぬきなどの小動物でも扉が閉まっちゃうから。
なので、測距センサーで体高を計って、40cm以上の高さがある時だけ扉を閉めるんやね。

じゃあ、モーションセンサーいらんやん。測距だけでええやんって話だけど、測距センサーって無茶電気食うのよ。なので、通常はモーションセンサーで監視をし、何かいれば(モーションセンサーに検知されれば)測距センサーの監視に切り替えるわけ。

ということで、昨夜、こんな仕組みを作ってみた。

20171101_arduino1.JPG

回路図が書けないので、実際の接続図ね。
モーターはまだ接続していない。12V のギヤードモーターって、必要な電流量が 500mA とかなんで、直接 Arduino に接続しても回らんのよ(^^; Arduino からの出力が 20mA なんで、全然足らん(^^;
トランジスタとか使って、高い電流が流れる回路を作ってやらないといけないので、とりあえず昨夜はモーターを動かす代わりに LED を点灯させてみた。

プログラムはこんな感じ。

int sn = 0;
void setup() {
 
     pinMode(8, OUTPUT);      // デジタルピン 8番から測距センサーに 5V 供給
     pinMode(7, OUTPUT);      // デジタルピン 7番からモーションセンサーに 5V 供給
     pinMode(4, OUTPUT);      // デジタルピン 4番からDCモーターに 5V 供給(実際は LED)
     pinMode(2, INPUT);       // デジタルピン 2番にモーションセンサーの検知結果を入力
     Serial.begin(9600) ;     // 9600bpsでシリアル通信のポートを開きます
     digitalWrite(7, HIGH);   // まずは、モーションセンサーを ON
}
void loop() {
     // モーションセンサーのチェック
     if (sn == 0) {
        // 2番ピンを確認(検知情報)
        if (digitalRead(2) == HIGH) {     // 動体検知された!!(2番ピンが HIGH(検知!!))
          sn = 1;  // 次の処理に移行するため、1をセット
          digitalWrite(7, LOW);  // モーションセンサー OFF
          digitalWrite(8, HIGH); // 測距センサーを ON
        }
     }
     // 測距センサーのチェック
     if (sn == 1) {
       int ans ;
       ans = analogRead(0)  ;   // センサーから読込む
 
       // 60cm より近くなったらモーターを 5秒回す
       if (ans >= 110) {
          sn = 2;  // もう何もしない
          digitalWrite(8, LOW); // 測距センサーを OFF
          digitalWrite(4, HIGH);   // モーター ON
          delay(1000) ;            // 1000ms(1秒)時間待ち
          digitalWrite(4, LOW);    // モーター OFF
       }
       
       // 測距は 3秒ごとに行う      
       delay(3000) ;            // 3000ms(3秒)時間待ち
     
     }
}

で、実際に動かしてみたら・・・

20171101_arduino2.JPG

おお、ちゃんと動いたよ。
最終的に、センサーから 60cm以内のところに手をかざすと LED が点灯。

なんで、60cm = 110 なのかは、「赤外線測距センサー(GP2Y0A21YK)を Arduino で試す」あたりを見てちょ。

これで、あとは、

・モーター用の回路を作って LED と交換
・6V 電源(単3電池 x 4)で動くことの確認
・とりあえず、実地テストのためのケース等の作成(モーターにつけるプーリー等も)

ってあたりが残作業。最後のケース作りとかが一番手間がかかりそうやなあ・・・


俺の愛銃 FNC-3(ファブリック・ナショナル社製ブローニングC-3)が壊れてしまった。

中途半端に折った状態で銃床を床に当ててしまい、そこから強引に最後まで銃を折る形になってしまった。

20171020_fnc-3.jpg
実際に上下二連の散弾銃(元折銃)を使ってないとわかりづらいかもしれないが、散弾銃は弾を込める時に銃を折って銃身の端を露わにする(機関部の解放)。
これは、銃の上部についている開閉レバーを横に押しながら行うが、途中まで折ったところで開閉レバーから指を放すと、レバーは元の位置にもどり、中途半端に折った状態でまたロックされてしまう。他の銃はどうか知らないが、俺の銃はそうなる。
その状態から、開閉レバーを操作せず、強引に銃を最後まで折ってしまう形になったということだ。

わかりづらいかもしれないが、これ以上はよう説明せんわ(^^; わざと折ったわけじゃないし(^^;

で、そういう強引な開閉を行ったことで、撃鉄バネが曲がってしまったようだ。
銃を閉じようと思っても部品がきちんと銃内に収まらず閉じれない(^^;

完全に部品交換案件なんだけど、FNC-3 はなにせ古い銃だ。「ラーメン一杯 60円の時代に、FNC-3は 300万円で売られていた」と言われる銃である。ラーメン一杯 60円っていつの時代?(^^;

もう廃銃にするしかないかなあと思いつつも、この金曜日。仕事で休みをもらったので、周南市鹿野にある「原田銃砲火薬店」に銃を持ち込んでみた。

店主はざっと銃を確認すると、「治りますよ」と。おお!!治るのか!!
ただ、そのために莫大なお金がかかるのであれば、いっそ廃銃にして、猟師をやめる人が銃を安く譲ってくれるのを待つほうがいい(^^;
そんな俺の心を見透かしたかのように、店主から「これは良い銃だから、治して使った方が絶対に良い」という言葉が。

余談だが、「俺でこの銃のオーナーは 5人目だと聞きました」と言うと、「その前の 4人、全員わかりますよ」と。「なんでだと思います?この銃が良い銃なんで、僕の記憶に残ってるんですよ」と。そこまで言われると、なかなか「もう廃銃にします」とも言えない(^^;

まあ、俺もこの銃、気に入っているので、治るのなら治る方が良い。
改めて修理代を確認すると「オーバーホールする時みたいに全バラして、曲がった部品に焼きを入れながら徐々に伸ばしていかないといけないので・・・」と言われる。ダメだ、絶対高くつくわ・・・と諦め気分だったのだが、なんとか俺の小遣いから払える範囲で済みそうである。即、修理をお願いした。

11/15 の猟の開始までには間に合わせますよ・・・とのこと。ありがとうございます!!

いやあ、ほんと、単純な作りの上下二連銃だけど、やっぱ機関部はそれなりにデリケートな作りなわけで、大切に扱わないといけませんな。(大切に扱ってなかったわけではないけど)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち狩猟カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは物欲係長です。

次のカテゴリは田舎生活です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら