スポーツ見たり、やったりの最近のブログ記事

この日曜日は久しぶりに祖生ソフトボールナイターに参加した。(雨のため、前の週の土曜日の試合が順延になってた)

今年の「れいぜん」は若者も入って人数も十分で、あまり俺の出番もないので、6月下旬くらいから、キャンプやら飲み会やらを優先して(去年まではソフトのある日は断っていた)、2ヶ月以上ソフトには参加していなかったのだ。
ま、ほんと、出番も無いし(^^;;(しつこい)

20180916_softball.JPG
ただ、この日曜日は、中学の時に野球をやっていた息子も、島根での自動車免許取得の合宿を終え帰って来てたので、うちで引き取り手がなく余ってた 3番のユニフォームを着せて連れて行ったのである。

結果は「かかし」に 3-9x(いや、4点差くらいだっけ?負け試合は最後にスコアも確認しないもんで)で負け(^^;;
これで今シーズンの優勝は絶望的になったな(^^;

俺個人としては、久しぶりにセカンドの守備で出場。

実は、守備がザルの俺は(^^;;、出ても指名打者くらいだと思いグローブも持っていってなかったのだ。 で、キャッチボールの時からチームのグローブを使っていたのだが、これが実は監督のS中君のグローブであった(^^;;
S中君は、最初自分がセカンドで出るつもりだったけど、俺が勝手にS中君のグローブを持っていっちゃったので、「これは、『守りたいアピール』か?」と思って、俺を先発セカンドで使ってくれたようである。
すまん、すまん(^^;;

まあ、でも大きなミスも無く、守備の方は終えることが出来た。

打撃の方は二打席回ってきたが、どちらも当たりそこね(^^;;
しかし、一打席目はショートゴロだったのだが、先っぽに当たって変な回転がかかったのか、バウンドする度にセカンド側にボールが曲がって行き、ショートの逆を突く形で結果的にセンター前ヒットとなった。
ヒットで三塁にいた息子を含め二人生還の打点 2。ラッキー(笑)
二打席目も当たりそこねだったけど、そんなラッキーは続かずピッチャーファールフライであった(^^;

息子はセンターを守った。
一度頭上を抜かれるエラーがあったが、あとはまあ手堅く守っていた。といっても、その一回のエラーで打者までホームに返り 4点検上という結果になったので大きいエラーだった。「思ったより祖生のおじさんたちのボールは伸びる」と言い訳してたけど(笑)

打つ方は、一打席目はライトフェンス直撃のヒット。二打席目はピッチャーゴロ。けっこう強い当たりだったので、ピッチャーのOニシ君がよく捕ったというべきか。だいたい野球をやってた人間は力みすぎて、最初はソフトでは打てなかったりするもんだが、まあ、その点はうまく打ってたか。

そんなわけで、チームは負けたが、我が親子はそれなりに楽しんだ試合であった。

ちなみに、「来週の試合は、コンテナハウスでツレとカープ優勝祝の酒粕鍋祭りをやってるんで出れない」と言うと、Yヤマ君に「(戦力外なんで)どうでもいい」と言われた(おい(笑))
広島が 5連敗である。
今シーズンの連敗数のワーストワンである。
しかも、昨年、15勝8敗2分と大きく勝ち越していた中日との年間対戦成績も負け越しが決まり、完全優勝の目もなくなった(^^;

これ、完全に「新井の引退宣言」のせいやろう?(笑)

9/1 ○ヤクルト戦
9/2 ○ヤクルト戦
9/4 ○阪神戦
<<<新井引退宣言>>>
9/5 ●阪神戦
9/6 ●阪神戦
9/7 ●中日戦
9/8 ●中日戦
9/9 ●中日戦

これだもの(^^;

兄貴分の新井が引退宣言したことで、選手たちに妙に気負いが生まれてしまったのか?

野間のここ最近の不調の原因も、仲の良い新井の引退宣言に動揺してのことじゃないのか?(^^;

なんでこんなタイミングで発表するかね?新井も(^^;
自分の引退宣言で後輩たちが奮起し、CSを勝ち抜き、日本シリーズでも勝って日本一になってくれるだろうみたいな思いがあったんかね?

・・・大外れや。多分、新井の思惑通り、残される後輩たちは奮起したんだろう。でも、そのせいで何か歯車がずれてしまったんだな。

あの時期の引退発表・・・ほんま大迷惑だったな。今となっては(^^;

ま、この「なんか裏目に出てしまう」感じも、逆に新井の魅力と言えば魅力なんだけど・・・(^^;;
野球の応援グッズに「カンフーバット」というものがある。
二本のプラスチック製のおもちゃのバットが紐や鎖で繋がっており、まるでヌンチャクのような様から「カンフーバット」と呼ばれる。
二本のバットをぶつけ合ってポコポコと音を出す。拍手の代わりだ。

攻撃中のチームの応援ではなにがしかの応援歌やコールがかかっていることが多く、ほぼカンフーバットを叩き続けることになる。
そして贔屓のチームにホームランでも飛び出そうものなら、周りの見ず知らずの人たちともカンフーバットをぶつけ合いながら喜びを爆発させるのである。
これが楽しい。

20180829_bat.jpgだから、野球の応援でカンフーバットは必須なんだけど、俺の場合、ほとんどの試合観戦が仕事の帰り道なので、当然仕事鞄にカンフーバットを突っ込んで出勤する。
しかし、ここで困ったことが。
俺の通勤鞄はちょっと小さめのディパックである。普通のサイズのカンフーバットだと、グリップの部分が若干はみ出るのだ。「あ、あの人、鞄にカンフーバットを入れてる」というのがモロ分りである(^^;

そこで俺が利用しているのが子供用のカンフーバットである。
ちょっと短め。なのでディパックにすっぽり収まる。残念なのは、小さいので音が響かないこと。ポコポコ言わずにペコペコ言う。でも、会社帰りに野球観戦をする人間にとってはベストアイテムなのである。

しかーし、時々俺の手に握られたバットが若干小さいことに気づいた人に「何、それ?子供用じゃん。うけるー」なんて言われて、繊細な中年男の心が傷つくこともあるのだ。「鞄にすっぽり収まるからと子供用のバットを使っている俺は駄目人間なのか!?」と。

んが、先日、俺の尊敬する激烈カープファンである ippo さんと球場で同席させていただく機会があったのだが、なんと、あの「広島を代表する」と言っても過言ではない A 級カープファンである ippo さんも子供用のカンフーバットを愛用されていたのだ。
そして、その理由も俺と同じ「鞄にすっぽり収まるから」というもんだった。

子供用カンフーバット最高!!

天国のばあちゃん、俺、間違ってなかったよ。
これからも子供用カンフーバットでカープを応援するよ!!

ちなみに、俺の股間の肉バットは規格外にでかい「大人のバット」であることを最後に書き足しておきます。
先日、人生初の「カープ戦チケット」の払い戻しに Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島へ。
6/5 の雨で中止になった日ハム戦の内野自由席の分。1,700円をチケット売り場で受け取った。

20180607_carp.JPG今まで、雨に祟られたことは多々あるが、カープファンならご存知のように、ほら、カープはかなり強引に5回まで試合やって、5回降雨コールド、試合成立、払い戻し無しの状況を作るじゃん。
なので、本当に人生初の払い戻しだったのだ。

試合観戦ではなかったので、街をぶらぶらしたりしつつ、のんびり19時半頃球場到着。
実は大手町から八丁堀まで歩いて、大手町の駐輪場に自転車停めてたことを思い出し、また大手町まで戻って・・・ということもしたもんで(^^;;

で、いつも試合観戦の時に停める駐輪場に自転車を入れようとすると、警備員に満車だと断られた。そうか、この時間になると駐輪場も満車なのか(^^;;
センター側の駐輪場は空いていると聞いたのだが、行ってみるとこっちも満車。なんやねん(^^;;

結局、払い戻し窓口まで自転車押して行って払い戻し終了。全然人は並んでなかったし、最初からそうすればよかった(笑)

それから、せっかくスタジアムまで来たのだからと、再びレフト側まで戻って「ただ見エリア」へ。
ズムスタ名物の覗き見コーナーだ。
レフト側砂かぶり席の後ろから球場内が覗き見できる。

ただ、見えるのは本当に、レフト、サード、ホームまでの一直線のフィールドだけである。
一応、テレビモニターが置かれ、試合の状況はわかるのだが、ファースト、セカンドで何が行われているかを生で見ることはできない(^^;;
そのせいか人の数は10数人程度。十分スペースが空いているので、高校生たちは自転車で乗り入れて、サドルに腰かけたまま試合を観ている。俺も真似をさせていただく。

20180607_carp2.JPG球場が出来たばかりの頃は、ここも人でいっぱいだったんだけどな
当日券が買えなくて、まだ小さかった長男坊を肩車して、ここから試合観てたことあったなあ。
覗き見客にビールやフライドチキンなどを売っていた売店も、もう営業していなかった。

毎年壮絶なチケット争奪戦が行われているのに不思議なことだ。
カープ女子などのにわかファンは、わざわざこんなところで立ち見してまで・・・ってことかな?

俺もだけど(笑)
昨日は久しぶりの「休肝日」。
マジで、数ヶ月まったく「休肝日」がなかった。

昨日は帰りも残業で遅くなったし、帰宅したらすぐに次男坊の迎えに玖珂駅まで行くつもりだったし、そしたら後は風呂入って寝るだけだし、だから最初から「休肝日」にしようとは思ってたんだけど

結局、学校関係のメールやらメッセージやら送ったり、LINEでPTA執行部の連絡をあれこれして、そして最大の作業、PTA広報の原稿を書き上げたらもう午前2時半(^^;;
なかなか眠れないまま 6時には起きたんで、未だ頭頂部がズキズキしてますよ(^^;;

20180611_inaba.jpgさて、まあ、思わず夜更かしをすることになったんだけど、特にアルコールは欲しくならず。
ただ、小腹は空いたので、「因幡の白兎」というお菓子をむしゃむしゃ。
この土日に鳥取で行われたカヌーの大会に行った次男坊のお土産です。

因幡の白兎って島根の話だと思ってたけど、鳥取なのかぁ。

ところで息子の成績はK-2(二人乗りカヤック)で 3位。中国五県各県から1艇ずつ出てるんで「真ん中やん」と言ったんだけど、先週行われた山口総体(中国予選)の時よりタイムを10秒縮めてるし、トップとも 4秒差だったので頑張ってるかな。

でも、このタイムって去年のインターハイの K-2 で 8位くらいに入れるタイムやん。ほんまかいな?
さて、開幕からカープ戦 5試合を観戦し(本当なら 7試合だったんだけど、1試合は高校の PTAの用事で行けず、もう 1試合は雨で中止)、次に行くのは 8/10(金)の巨人戦なので丸 2ヶ月観戦無しです。(チケット余ったら買うよ(笑))

元々、6~7月は出張に出る予定だったんで、6月中旬から 8月上旬のチケットは買わなかったんだけど、まあ、そういうわけで 6/6(水)の日ハム戦で俺の今シーズンの前半戦は終わりました。

なので、そろそろ「ビール天使」たちの情報をまとめておこうかと(笑)

まずは、4/8(日)の DeNA戦。
俺夫婦と、おふくろ、義弟、実弟夫婦の 6人で参戦。
この日、俺のところにやってきてくれた売り子、そう、ビール天使は二名。

20180408_beer1.JPG

まずは「あかり」ちゃん。
なんか、笑顔が初々しい感じですなあ。皆さん、どんどん彼女からビールを買って、No.1売り子に押し上げてください。

20180408_beer2.JPG

次に来てくれたのが「みき」ちゃん。キリン一番搾りの売上 No.1 にもなったことのある人気売り子のようだ。
笑顔がかわいいですなあ。皆さん、彼女もプッシュですぞ。基本的に俺はスーパードライより一番搾りの方が好きなので、また球場で会うことがあるかも。

今回は、俺は通路から一番離れた奥の席だったので、通路際の弟に iPhone を渡し彼女たちの写真を撮らせた。
ええ、隣には弟の嫁さんが座ってましたが、お構いなしですよ!!(笑)
俺の隣にも、嫁さんとおふくろが座って苦笑いを浮かべてましたが関係ないね!

嫁さんとおふくろの視線なんか気にしてたら、球場で美味いビールは飲めんのですよ!!
まだ、今季観戦した他の試合のこともブログに書いていないが、取り急ぎ、昨日の試合のことを書いておく。

20180530_carp.JPG
凄い試合だったね(笑)
まあ、抑えや 4番が不甲斐なくて、凄い試合に「してしまった」感じだったけど(^^;

今季交流戦最初のカードの西武戦。
一昨日の三次で完敗して迎えたズムスタでの試合。今季カープのズムスタでの勝率は8割を超えている。負け試合を見る方が難しい状況だ。

なのに、仕事を終え、球場に駆けつけた俺が見たのは、2-0 で負けているカープの姿。
まあ、スタメン復帰した丸の姿が見れたのは嬉しかったけど(笑〕

その後、雨も降り出しコンコースは凄い人の海に(^^;
くっそー!指定席のやつは雨が降ったからといってコンコースに逃げてくんなよ!コンコースは俺たち自由人(内野自由席の人(笑))のものだ。

おかげでバッターボックスが見える場所に陣取るのに苦労したわ。
まあ、そこで西川の同点 2点タイムリーを見れて、周りのファンとハイタッチして盛り上がり、球場に来た甲斐はあったっんだが(笑)

そんな人ごみに埋もれた俺の姿を、しっかり「お仕事関係のお客さん」であるIさんが発見してくださった。
実は俺はこの試合のチケットを 2枚もってたのだが、なかなか同行者が見つからず、半ば強引にIさんに押し付けたのである(笑)

それからしばらく二人で観てたんだけど、5回が終わって試合が成立し、払い戻しがなくなたところで試合中断。「ああ、カープのいつものやつや。雨が降ってても無理やり 5回までは試合をしてそこで中止にするんや」と判断(笑)。カープうどん全部乗せも食べたし、もう帰るか・・・と二人、球場を後にしたのであった。

・・・が、この後、凄いというか酷いというか、最終的にカープファンが歓喜狂乱する試合展開が待っていたのであーる(^^;

電車の中の俺。プロ野球速報アプリを開く。

「え?試合やってんじゃん。しかも、4-3 で勝っとるぞ。」

通津駅着。すぐにカーラジオで試合状況をチェック。

「はぁ?中崎が打たれて同点になってんじゃん。緒方と畝も少しは別の手を使えよ、アホ」

自宅にて、仕事をしながら Sports navi で延長戦の結果を確認。

「え?1アウト満塁?ゲッツー以外、もう完全に点が入るやつや」
「おお、三振で 2アウトか。これで犠牲フライも無くなったし、0点で終わるかもな」

数秒後。

「ん?3点?なんで 3点入ったん?秋山の三塁打?アホなの?アドゥワ、アホなの?」

ここでもう完全に諦めムード。2-2 の同点のときに帰った俺らは勝ち組なのだ・・・と思いつつ仕事に集中する。

塾帰りの息子を駅まで迎えに行くために再び車に。カーラジオからいきなり「カープ、1点を返しました!7-5!!」の声が。

「まじかー!!また西川、打ったんかー!!」
「ああ、堂林が打った!!絶対打たんと思ってたのに打った!1点差や!!」
「おお!これまた絶対打たんと思ってた下水流が同点タイムリー!!まじか、まじか!」
「誠也、見逃し三振を連発してたのに、とうとう四球を選んだか!!押し出しぎゃくてーん!!」

と、怒涛の展開であった。

「最後まで球場に残っていればよかったのに」と言う人もいたが、球場から自転車で横川駅まで移動して通津駅まで帰るには 10:30までには球場を出ないといけないので、逆転劇は見れなかったわ。それどころか、延長戦で 3点リードされるという酷いシーンで帰らないといけなくなってたわ(笑)
というわけで、昨日の試合については、5回で帰ってよかったのである(笑)
今朝、iPhoneのディスクがいっぱいになったので、古い写真を消していたのだが、ある一枚の写真のところで手が止まった。

20170812_seiryukousin.JPG
周東体育センターで行われた、「全日本プロレス 岩国大会 2017 SUMMER EXPLOSION ~岩国市観光大使清流光神ハクジャオー生誕10thアニバーサリー~」の写真である。

行なわれたのはもう 2017年8月12日(土) のことだ。
弟と二人、5,000円のリングサイド席を買って観に行ったのだ。
ブログに書こうと思っていたが、すっかり忘れていた(^^;

20代の頃は、毎日九スポで FMV の記事をチェックする、いわゆる全日、新日ファンからは「邪道」と蔑まれるプロレスファンだった。
・・・が、実は会場に足を運んだことは一度もなかった。この日が会場での初プロレス観戦だったのだ。

しかし、もう 10ヶ月近く前のことである。細かいことは何も覚えていない。

  • 清流光神ハクジャオーがボディービルダーのようなむっちり筋肉質でなんかイメージと違う(笑)
  • 広島で活動しているプロレスラー・レイパロマが良かった。笑いました(笑)
  • ジャンボ鶴田Tシャツを購入したのは正解だった。ギターを弾く鶴田の姿をなぜTシャツにしたのか理解に苦しむが格好いい(笑)

記憶にあるのは、こんなことくらいか(^^;

そうそう。たった 2千円の違いなので、特別リングサイド席(7,000円)を買うべきだった。あっち(俺らの席とリングを挟んだあっちがわ)が「表」のようで、セレモニー的なものは全部あっちを向いてやるし、レスラーも常に向こうを向いて必殺技を決めるしで、俺らが見ているのは常に尻ばかりであった(笑)
先週土曜日に、祖生ソフトボールナイターリーグの開幕式が祖生グラウンドで行なわれた。
俺はもうソフトボール部長でもないし監督でもないのだが、会場準備の手伝い(各チーム 2名くらい出す)に行った。で、そのまま開幕式に参加。

20180512_softball1.JPG新部長のF君が開幕戦の日を間違えて発表した以外は式も滞りなく終了し(笑)、いよいよ開幕式名物の「遠投競争」「ホームラン競争」の始まり。

まず「遠投競争」。

昨年はMキが一人だけ 70m以上を投げたのだがサークルからわずかに(ほんと、足の先2cm)出たために無記録。そのためチーム優勝を逃したが、今年はそのMキが無事投げきり、またも70m越えの好記録。
それに加え、今年からナイターにも参加してくれるDキとRタが60m台を投げ、我が「れいぜん」がぶっちぎりの優勝であった。
個人でも、Mキが 1位、Dキが 3位をゲット。

次に「ホームラン競争」

各チーム 20球が与えられ、これを 2人以上で打って全体のホームラン本数を競う。チームに絶対的なホームランバッターがいる場合は、最初の 1人が 1球だけ打って、もう 1人が 19球打ってもかまわない。うちのチームは遠投に参加した 3人と、その兄貴分の Sイチの 4人で挑戦。1人 5球ずつ打つことにした。

正直、うちのチームは若いやつもあまり大きな当たりを打つことが無いので、「遠投は優勝。でも、ホームランは厳しいじゃろうの」と思っていたのだが、結果を先に言うと、これも優勝してしまった(笑)

1人目のSイチが 5本中 3本をホームランゾーンに叩き込み(60m以上飛んだらホームラン)、「お、こりゃいけるかも?」と期待させる。だいたい、20本中 6,7本をホームランにすると優勝なのだ。

「残りの 3人で 3~4本打ってくれたら、他のチームの成績によっては優勝できるかもな」と思っていたら、結局、これまたうれしい誤算で、残り 3人も 3本ずつ、結局 4人で 12本ものホームランを叩き込んで優勝だったのである。

20180512_softball2.JPG最後のMキが(本人は手元にあったバットを使っただけだが)ビヨンドを使っているというクレームが一部あったが、別にルール違反ではないし、80mくらいの飛距離を出していたんだから、金属バットで打っても余裕でホームランだっただろう。それに、トスのボールはビヨンドでは飛びづらいし、そもそも、このビヨンドは「れいぜん」の選手から「ゴムが死んどる」と言われ、あまり使われないバットなのだ(笑)
そんなバットで、よくぞ 80mも飛ばしたと、反対にMキを褒めてやりたい。

結局、個人成績の 1位、2位は他のチームの選手に取られてしまったが、3位に「れいぜん」の 4選手が選ばれ、実に今シーズンが楽しみになった夜であった。

昨日、公民館であった集会でDキとRタのお母さん二人に会ったので、「絶対シーズン通して参加するように息子に言うといてね」とお願いした(笑)
今朝は、8:00から体育振興会ソフトボール部による祖生グラウンド清掃を実施。

20180422_softball.JPG
最初、平畑、中村では清掃スケジュールがうまく監督に伝達されていなかったようで、メンバーの姿がまったく見えなかったのだが、電話をした結果、両チームとも一名ずつ駆け付けられ、(残念ながら?)罰としての「表彰式に酒(もちろん高級なヤツ)提供」の実施は見送られた(笑)

溝清掃と、凹んだところへの土入れ、バッターボックスや塁へのポイントの打ちこみ、主に内野グラウンドの草引きなど、9:30頃までには無事終了。

そういえば、既存のポインタ位置が、ピッチャープレートからホームベース間の 14.02m。ホームベースから1塁、3塁間の 18.29mが、1cm の誤差もなくぴったり合っていて、いや、それが当たり前なんだけど、何年か前にはフィールド全体の位置がずれていてプレートの埋め直しをしたりといったこともあったので、皆「おーーー」と驚いていた(笑)

さあ、これで 5月からのリーグ戦の準備が終わりましたぞ。

ちなみに、新部長は「虫歯で頬が腫れていて人前に出れない」という女子高生のような理由で休みであった(笑)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちスポーツ見たり、やったりカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはコンピュータです。

次のカテゴリはダイエットです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年9月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら