ただ、日常の最近のブログ記事

先々週の金曜日である。

この日は嫁さんから許可が出たので(俺が好き放題に飲み歩いていると誤解している人がいるが、俺はいつも細かく嫁さんの許可を取って呑みに行っている(笑))、久しぶりに広島で飲んで車内泊して帰るつもりだった。

20191220_soba1.JPG
昼飯を食いながら、「今日は最初に蕎麦屋に行って、熱燗やりながら卵焼きつついて、それからざる一枚食ってちょっと腹を膨らませて街に出よう。くすくすくす」などと楽しみにしていた。

なのにである。
月曜日の昼から息子の学校の用事で帰らせてくださいと一ヶ月前からお願いしていたにも関わらず、火曜日が納期の作業を2つも金曜日の午後になってアサインされてしまったのである。

はぁ~・・・
おかげで金曜日の夜は 22時前まで残業である。なんだかなぁ・・・(^^;

しかし、残業が終わっても「今日は最初に蕎麦屋に行って」の思いが消えない。
でも、時間はもう 22時。十日市界隈の蕎麦屋はどこも開いてないし、岩国に帰れば 23時。なおのこと蕎麦が食える店は無いだろう。

いや、あった。あそこだ、あそこ。

ええ、通津駅から家とは逆の方向に車を走らせ、約20分後、俺は欽明路館(自販機コーナー)に立っていたのであった(笑)

いや、なんで「蕎麦屋のザルが自販機コーナーの天ぷらそばに」と思わなくもないが(笑)、もう、なんか蕎麦が食べたくて食べたくて(^^; 蕎麦ならカップ麺でもいいくらいだったんだけど、自分の手は一切かけず、「出された蕎麦」が食いたかったのよ、気分的に。

というか、ここで何度も天ぷらうどんを食べたけど、天ぷらそばは初めてだ。

まるで砂漠の中で水の自販機を見つけたように(笑)、俺は焦った感じで 300円を自販機に入れると、何度も「天ぷらそば」のボタンをガチャガチャと押した。一度押せばいいだけなのに。

数十秒後、取り出し口にがちゃんと音を立てて熱々の天ぷらそばが出てくる。
自販機から出てきたばかりの天ぷらそばは(天ぷらうどんも一緒なんだけど)、タレも天ぷらも麺の底なので、単なる「お湯に浸かった麺」にしか見えない。まったく食欲が喚起されることはない(笑)

20191220_soba2.JPG
しかし、麺を箸で底からすくい上げるように反転させてやると、まず(ほとんどが粉ばかりのかき揚げ)天ぷらが姿を表す。さらにかき混ぜてやれば、透明な「お湯」にタレの色が広がりスープになる。完成だ。

結論から言うと、「やっぱ自販機コーナーはうどんの一択やな」であった(笑)
ラーメンは麺がやわやわだし、蕎麦は麺が細く絡み合っているせいか、最初のうちは底の方の麺が固まっていて(そのため温められていなくて)妙にねっちょりと生っぽい(いや、茹で麺だし、生ってことはないんだけど、でも、口当たりはそば粉の塊である)。

まあ、そのうちその固まっていた麺もほぐれてきて、最後には「蕎麦が食いたい」という思いも、あの「自販機のそば」で満たされたのだが(笑)

また来週からしっかり働こう・・・。
こうして俺は強く生きていくのである。
危うく申し込みを忘れるところだった。

カドカワの株主優待の申し込み。
例えば書籍であれば一取引単位で 3冊、更に長期株主保有で 2冊の書籍がもらえる。

でも、なかなか「お、これ、読みたかったんよ!!」ってのがなくて、いつも悩んで、気がついたら期限ぎりぎりになっているというのが毎年のこと。

今年も気がつけばあと 2週間。

なんとか、

ののはな通信(三浦しおん)
ブロードキャスト(湊かなえ)
神様の御用人(浅葉なつ)
女警(古野まほろ)
大人の語彙力大全(齋藤孝)

の 5冊をチョイス。

「あ、なんだ、そういう本が好きなんだ」とか笑うな。
お前は、ドーナツばかりが並んでいるショーケースから「好きな食べ物を 5つ選んでください」と言われ選択した人間に対して、「そんなにドーナツが好きなの?」と聞く馬鹿なのか?(笑)

さて、明日ハガキを投函しよう。
10/27(日)は祖生の新宮神社の秋祭であった。

俺の住む別所畑地区は今年御神幸の奉史担当(最近は昔と違って複数の地区で担当する)なので、14日に地区内の各班の担当者が生活センターに集まって役割分担を行った。
うちの班の担当は俺なのだ。

俺に当たった役は「太鼓運び」。
重そうなので(担当者の中では若い(笑))俺が立候補したのだが、実際の行進(御神幸)では太鼓は軽トラに積まれ、俺も荷台に乗って祭りの場所まで移動という、傍目にはクソ楽勝な役であった。

20191027_shinguu1.JPG 20191027_shinguu2.JPG 20191027_shinguu3.JPG

いや、でも、実際には本殿から太鼓を運び出したり、軽トラに積んだり、移動中もずっと太鼓がずれないように(御神幸中も、ずっと笛と太鼓の演奏があるので)押さえてたり、それなりに重労働なのよ。

まあ、昨年までは長い石の階段を上り下りしないと行けなくて、本当に重労働だったんだけど、今年から、本殿の横から下まで直接車で行けるようになったので楽に。本殿の裏山を削って車が通れるようにしたのだ。

まあ、これからどんどん高齢化が進むからね。
御神幸にもどんどん文明の力を注ぎ込まないと(笑)
過疎化と高齢化は神様の力ではどうにもならんわい・・・と罰当たりなことを言いつつこのエントリーを締める(笑)

あ、11/30(土)に境内清掃、12/1(日)に祖生天神祭りでもう一度御神幸があって、それで今回の奉史担当はお役御免となります。
昨日、11/4(祝)は「祖生ふれあいハイキング」の日。

毎年、祖生地区の中にコースを設け、数名毎のチームに分かれて2時間ほどのハイキングを楽しむ。
コースの途中でクイズやゲームをやりながらゴールを目指し、成績の良かったチームは表彰され商品がもらえる。ま、いわゆるウォークラリーやね。

ゲームを担当してくれるのは、地元の子供会の役員やボランティアの人たちだ。
俺は毎年、2番目のチェックポイント(今年は「冷泉屋敷跡」)で行う「ピンポン球リレー」を担当している。
主催団体のひとつである「青少年育成祖生地区会議」の副議長をしている関係だ。

今年は連休中、中山湖で開かれていたカヌー大会の記録係を担当していたので、9:00〜11:00の間だけ祖生に戻ってハイキングの手伝い。
しかも、そういう時に限って車がエンジントラブルで動かなくなった。カブで中山湖まで往復したよ(^^;;

そんな風に今年はただでさえバタバタしているのにゲーム担当の相方のTムラ君が急遽仕事で欠席(^^;;。しかし、スタート地点で行われる重さ当てクイズゲームの担当者NY君がこっちに回ってくれるなどして何とか無事終了した。(心の余裕がなかったせいか、写真を一枚も撮ってなかったことに気づいたが(笑))

いやあ、10〜11月にかけて色々な行事が目白押しで休日もバタバタなのだが、大きな行事がひとつひとつなんとか無事に完了している。
あと、もうひと頑張りやな。
寒がりな人には信じられない話かもしれないが、俺は今週月曜日まで寝るときにはエアコン、もちろん冷房ね、を付けていた。

さすがに夏のように朝までつけっぱなしということはないが、寝入りっ端の 1時間で切れるようタイマーをセットして、毎晩欠かさずであった

が、今週火曜日の夜は涼しかった。
未だに寝るときに身につけるのはパンツとTシャツだけで、掛け布団も寝入り端にはかけないんだけど、それでも今までは暑かった。やっと、我が家、いや、俺だけか?(^^;; 俺のところにも秋がやってきた。

火曜日に続き、水曜日、つまり昨夜もエアコンは必要無かった。
朝もひんやりして、すっかり秋だ。

まあ、たった2畳の広さしか無いのに、ガンガン電子機器が動いている俺の書斎は、未だに夏だけどな(笑)
夏の思い出。

8月のある日、家族で庭で焼肉。
Coleman の椅子付きのレジャーテーブル広げて、嫁さんと子供たちと休日のひと時を楽しむ。

ところが今年の俺には何かが憑いてるぞ(^^;;

まずはアシナガバチの襲来。

20190812_kabuto1.JPG今年の夏、俺の右手がアシナガバチに刺され、グローブのように(あるいは巨大な赤ちゃんの手のように)腫れていたのを覚えている人もいるだろう。

が、俺はしっかり復讐を決行した。
翌週、分厚い革ジャン、鉄鍋料理などで使う分厚い皮の耐熱手袋、フルフェイスのヘルメットなどで武装し、アシナガバチの巣をむしり取ると、何度も踏みにじった上で用水路に蹴り捨てたのであった

しかし、逃げた個体もけっこういた。
そいつらがよりによって、俺らが焼肉を食ってるすぐ横で新しい巣を作っていたのである。

きーーー!!

肉を焼くのを一旦止めて、蜂用の協力殺虫剤で蜂退治や、皆殺しや

何匹かの蜂は最初の殺虫剤のひと吹きで地に落ちた。しかし、怒り狂って俺に向かってくるヤツもいる。そいつらを殺虫剤で迎え撃つ
結局、残ったヤツらも這々の体でどこかに去って行った。
俺の完全勝利である(笑)

高笑いをしつつ席に戻り、焼肉の続きをと楽しむ俺。
でも、この夏の俺は憑いている。

ほどなく俺のタレ皿になにかが飛び込んできた。

????

20190812_kabuto2.JPGなんと、まだ子供のオスのカブト虫である。

このブログでも書いたことがあると思うが、俺は虫嫌いである。それはクワガタや、カブト虫も例外ではない。

一気に萎えた(^^;;
なんか食欲も無くなったわ。
この日の肉、家計ではなく俺の小遣いで買ったのに台無しである。

悲しい夏の夜だった。
いやあ、びっくりした。
昨日の朝、通勤のためにデッキバンに乗ろうとしたら、助手席側の窓が一面ひび割れ状態。

20190925_deckvan.JPG「え?」と思いつつ、恐る恐るドアをあけると、まるで砂の城が崩れていくように窓ガラスは粉々に砕け地面へと崩れ落ちて行った。

思わず、「あ、写真撮っときゃよかった」と思ったよ(笑)、ブロガーとして。

今日にはガラスが届いて修理出来るみたい。
たまたま、昨日、今日と嫁さんが仕事が休みでもう一台の車が空いててよかった。昨日は東田さんも代車なかったみたいだし。

ガラスが割れた原因は、多分、草刈機が跳ねた石が当たったためだろう。
以前も一回、親父が家の前の草刈りをしている時に、大きな石が飛んできてフロントグラスが欠け、車検の時に交換したことがある。

車停めるところに砂利が混ざってて、草刈機の刃で弾かれて弾丸みたいに飛んでくるんよね。
今回も、割れた側の地面に真新しい草刈りの跡あり(^^;;

まあ、俺が草刈りしないんで代わりに親父がやってくれてるというのもあってあまり強く抗議はできず(^^;;、「ほんま、気をつけてくれえよ」と震える声で注意しただけ(笑)

※修理代、痛い^^;
先々週の土曜日は妹の長男坊の結婚式・披露宴に出席するため福岡へ。
今は祖生に住んでいる二人だが、学生時代の出会いの場であり、奥さんの家族や友人も多い福岡での式となった。

多くの友人たちに祝福された良い式だった。

20190907_kekkon.JPG俺も披露宴で乾杯の音頭をとらせてもらったが、上手くできただろうか。友人の結婚式なら目一杯ふざけるんだけど、甥っ子に恥をかかせるわけにいかんからな。真面目にやったんで珍しく緊張してしまった(^^;;

甥っ子は我が家にとってもいわゆる「初孫」というやつで、とにかく皆んなに可愛がられた。
彼が生まれたとき俺はまだ独身だったが、月に一、二度実家に帰るたびに、初めての子供で育児疲れもあったのか、妹から「おいちゃんと遊んでもらいい」とよく彼を託された。まだよちよち歩きで言葉もしゃべれない頃からだ
もちろん、俺に育児経験はない。

甥っ子はよく動く子だった。
草刈りに連れて行って、ちょっと目を離した隙に姿が見えなくなってたこともある。
姿は見えないけど泣き声はする。探してみると、田んぼの横の溝にはまっていた。助ける前にその姿に笑ってしまった。

そうそう。甥っ子が話した初めての言葉は、俺を呼ぶ「おいちゃん」である。いや、絶対(笑)

昼間に会ったときはまだ「あー、うー」しか言わなかったのだか、夜俺の姿をみるとトコトコと側までやってきて「おいちゃん、おいちゃん」と二度俺を呼んだのだ。

まあ、この話を彼や彼の母親にもしたことがあるのだが、「ふーん」とあまりに薄い反応だったため俺の心は傷つき(笑)、それ以来封印していた話だが(笑)。俺にとってはけっこう大事な思い出である。

そんな子供が結婚である。
夫婦二人、幸せになって欲しい。
やっと怒涛の三週間が終わった。

7/20(土)〜22(日)
 職場の釣りクラブの境港遠征&BBQ
7/27(土)〜28(日)
 娘と姪っ子、お袋を連れて片添ヶ浜キャンプ
8/3(土)〜8/4(日)
 鹿児島まで息子のIHの応援&遊園地

と、三週連続で朝も早くから土日の二日間が完全に潰れる形のイベントが続いた。

7/27のキャンプは最初から入ってたのだが、その前後の予定は7月が近づいてから急遽決まった。
しかも、7月から移った職場が定時でスパっと帰れる雰囲気ではなく、帰りも遅くなり事前準備もしづらかった。
そのため、毎回当日の朝にバタバタ準備をすることになり、楽しかったのだが非常に疲れた三週間だった(^^;;

そういえば先週のキャンプ帰りの夜は、雨天で日曜日にずれたソフトボールナイターリーグの審判にも出て、最後の最後まで身体を休めることが出来なかった(^^;;

さあ、今週末はゆっくりするぞ(笑)

髪も切りに行かないといけないし。
もう、キャンプと遊園地で娘たちの夏休みのイベントも十分やろ。
広島に買物に連れて行けと言ってたけど、ま、そのくらいなら楽勝(笑)

おお、今気付いたけど、この土曜から月曜にかけて三連休やないの

というわけで、この週末は急ぎのプログラム開発や修正、ややこしくて時間のかかる見積などの作業依頼は極力控えていただけると幸いです(笑)
先日、庭の草引きをしている時、草に手をかけたとたんに、人差し指の付け根あたりに深く針を突き刺されたかのような激しい痛み。「痛って〜」と慌てて手を引くと、その後を追うように黄色い蜂が草むらから出て飛び去って行った。

大きさからアシナガバチだろう。
すぐに台所で石鹸をつけて手を洗ったが、じんじんする痛みは取れない。
ただ、我慢できないほどではないし、日曜日だったので病院には行かず放置した。

・・・のが、間違いだった(^^;;

翌朝、刺された右手は指を曲げるのにも支障が出るほどパンパンに膨れ上がっていた。
職場の人に教えてもらった抗生物質入りの軟膏もあまり効かず(やっぱ、刺されてすぐに使うものなんじゃろうね)、腫れは翌日にピークを迎える。

20190717_haretate.JPG
「赤ちゃんの手みたい」「メロンパンみたい」と笑う人間と、心配して「病院に行きんさい」と言ってくれる二種類の人間がいることがわかったのが収穫だ(笑)

腫れは三日目から引き始め、週末にはすっかりもとの手にもどった。しかし、太ってた人が痩せたあとみたいに、手の甲の皮が少したるんでしまっているのが切ない(^^;

ということが先々週あったのだが、昨日、ソフトボールナイターリーグの審判をしているときに、またも針を刺されたような痛みが!!
それも、股間に!!ふぐり(金玉)袋の裏側に!!

一瞬悪夢が蘇ったが、あのときほどの痛みではない。チクっとした感じだ。そして、ほどなく訪れる強い痒み!!

蚊か!!?蚊だな!!田舎の蚊は強烈である。短パン越しのタマキンに、これほど深々と針を刺すとは!!

でも、ま、蚊でよかったよ(笑)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちただ、日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお店です。

次のカテゴリはインターネットなことです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2019年12月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら