ただ、日常の最近のブログ記事

8/19 は山口県立高森高校むつみ同窓会の本部・広島支部の合同総会が「いろり山賊」の「桃李庵」で行われた。
昨年に続き、2年連続での合同総会である。
まあ、祖生に住んでいるのに何故か広島支部所属の俺的には、休日にわざわざ広島まで出かけていく手間がなくて大歓迎だけど(笑)

20180819_sanzoku.JPG
今年の一番の話題はやはり、来年行われる「開校100周年事業」のことであった。

もしかしたら、高森高校出身の人で、こっそり俺のこのブログを読んでいる人がいるかもしれない。
その方にお願いしたい。
「表に出せない金があるのなら、ぜひ高森高校に寄付してほしい」と(笑)

今から 20年前の 80周年のときには 600万円も集まったらしい。いや、800万円だったかな?
同窓会からも相当額が集まったが、保護者からの寄付が 400万円くらい?いや、600万円?ちょっと数字忘れちゃったんだけど(^^;、ちょっとびっくりするくらい集まったらしい。

ま、当時はまだ「保護者も高森高校出身」という人が多くてモチベーションも違っただろうし、そもそも保護者数(世帯数)が今の 3倍くらい?はあったと思うので、言ってみれば「時代が違う」わけだけど・・・

だから今回は、「ささやかに記念式典を執り行い、あとは記念誌を作っておわり」という低予算イベントで考えていたのだけど、それにも全然足りない額しか集まっていない・・・らしい(^^;;;

なので、いつもは野球部へのカンパをお願いする竹ザルが席を回るのだが、今年は100周年事業へのカンパ目的のザルが先に回った(笑)
皆、ポケットの中の小銭や千円札をその中に放り込んでいく。俺も有り金全部投げ込んだ。いや、50歳を過ぎたおっさんの財布に、千数百円しか入ってなかったんだけど(笑)

まあ、この100周年ザルのおかげで、今年の野球部へのカンパはかなり減ってしまった気がする・・・(^^;

そういうわけで、今、このブログを「読んでしまった」高森高校OB・OGの諸君。お金、お金をちょうだい(笑)

「よし。このまま持ってても、どこかできれにしないと使えない金だ。ここは母校のために使うか」という、裏社会に身を貶した方も大歓迎です。お問い合わせは高森高校か、地元にいる友だち。あるいはこのブログにコメントを知れてください(笑)
8月下旬にそお小学校の育友会長であるS田君から「生ハムの原木を買ったんで、執行部の会議をしましょう」という提案あり。まあ、生ハムと育友会の関連はよくわからなかったが(笑)、原木から生ハムを切り出しながら酒を飲むなんて最高!・・・ということで断る理由など何もなく了承(笑)

8/24(金)の夜、祖生の闇夜に浮かび上がる某ソオタスで育友会執行部の会議開催(笑)

20180824_ham1.JPG 20180824_ham2.JPG 20180824_ham3.JPG

酒と何か一品料理を持ち寄るということになってたんだけど、広島勤務の俺は帰宅後料理してる時間はないので、シャレオのジュピターコーヒーでチーズを各種買い込んで参加。あ、あと塩漬けのオリーブも。
昔はオリーブって苦手だったんだけど、今はいくらでもパクパクとつまめてしまえる。加齢で食の好みって変わるのね(^^;

酒は、嫁さんがネットで確保してくれた「獺祭 島耕作」を提出(笑)
これ、酒好きの人はご存知なように、豪雨災害による停電でタンクの温度管理が一時不能になったため、旭酒造内の品質保証ができなくなっちゃった酒(社内規定の問題で、決して実際に品質が落ちてるわけじゃないんだけどね)を「獺祭 島耕作」という名前に統一して販売したもの。

色々な獺祭を「島耕作」という名前で出しているので、一本 1,700円くらいで(ネットで 5,000円くらいで売る悪徳なやつら、いっぱいいたね。そういうやつらには不幸がくればいいと思うわ)、もしかしたら数万円する「その先へ」も飲めるかもしれないという「獺祭ガチャ」と呼ばれる商品だったのだ。

この日持っていった「島耕作」は、皆の意見で「多分、三割九分」ってことで落ち着いた。
いやあ、美味かった。最近、「獺祭」にも飽き気味であんま買わなくなっちゃったんだけど、やっぱ飲むと美味いわ(笑)

そして生ハム。生ハムメロンだけではなく、生ハムの載った桃まで S田君が用意してくれてて、女性陣は大興奮。まあ、生ハム+果物に疑念を持っている俺は、田M君の奥様作のバジルのよく効いたパスタを頬張りながら、自分の持ち込んだ各種チーズを生ハムで巻いてむしゃむしゃやってた。

チーズは、あまり味の濃いものじゃないほうが生ハムには合うな。味や風味が濃いチーズだと、生ハムの味を殺しちゃう。
まあ、結局、ミチ君の「このチーズ、俺の足の指の間と同じ匂いがする」の一言でチーズへの食欲は絶たれたけど(笑)

あ、途中、ちゃんと「学校の会議室に置くエアコンの一部費用を育友会費から出す是非」について真摯な議論を行いました。育友会執行部の会議だからな。時間は 5分程度だったけど(笑)

最後には、男性陣の一部が店の側に置かれたプールにパンツ一丁で飛び込みはじめ、執行部会議は最高の盛り上がりを見せ、祖生の漆黒の夜は更けていくのであった・・・

昨日は山口県立の高森みどり中学と高森高校が合同で行う「第16回 高森・みどり合祭」の「文化の部」(いわゆる文化祭)が行われたので参加した。

「いや、参加って。あんた保護者だから参加じゃなくて見に行っただけっしょ?」と言われそうだが、中学校の合唱のあとで行われる「PTA コーラス」に参加したのだ。口パクで(笑)

PTA 役員は参加しろと言われていたのだけど、昨年はなんとか逃げ切りに成功。でも、今年は立場上逃げるわけにもいかず、しぶしぶ(笑)参加したんだけど、平日に行われた練習にはちょうど仕事が忙しく一度も参加できず。
どんな歌をやるのかも知らず、ぶっつけ本番で今日、口パクで人数合わせ要員として参加したというわけである(^^;

でも、口パク、難しいね。ちゃんと歌ってるように見せようとすると声出ちゃうわ(^^;
なので、よくわかんないまま歌ってしまった(^^; すんません。

20180901_bijyutsubu.JPG
しかし、コーラスメンバーの中にも、しれっと俺が混ざってることに気づいてない人もいただろうなあ。
あとで合唱中の写真見て、「ちょ、ちょっとまって。一人多い!」って騒ぎになりそう(笑)「11人いる!」みたいに。

なので、合唱後の記念撮影では自分は写り込まず、カメラマンに徹しました(笑)

ところで、久しぶりに美術準備室の扉を見て、懐かしさに身悶えたわ(笑)
今は「美術部」の札が掲げてあったけど、俺らの頃は美術準備室で、本来なら美術の先生の控室なんだけど、全然先生は使わないんで、毎日美術部の後輩の女の子と二人でこの部屋で話をしてたなあ。絵も描かずに(^^; 悩み事聞いたりとか。こう、なんてえの?お互い好きだけど好きって言えないみたいな(笑)

純粋だったなあ。今も純粋だけど。くすくすくす・・・

20180821_ac100v.jpg
今どきの観光バスには「携帯電話等」用の100Vコンセント付いてるんやね。

バス旅行することも無いし、今回のように会場の移動用に大型バスを貸し切るようなイベントにも参加する機会なかったから知らんかったわ。

ホテルから会場までの移動で iPhone の充電完了。ついでに wi-fiルータ充電しとく。

ちなみに、ノートパソコンのAC電源アダプタは接続禁止。
「なぎさ水族館」は周防大島の「陸奥記念館」と「陸奥野営場」の前にある小さな水族館だ。
飼育員は2名。水槽はどれも小さい。入っている魚も、瀬戸内海に生息する「珍しくない」小魚などが多い。正直、展示内容は地味だ。

しかし、各水槽に貼ってある説明文書、てか、もうこれはPOPだな・・・が秀逸である。

「奥さんから、金になるものなら何でも売ってこいと言われた地元の漁師さんが持ってきてくれた魚」・・・みたいな(笑)、思わずニヤリとしてしまう笑いのセンスの良い言葉が並んでいる。

それと、海の生き物と気軽に触れ合えるところもグーである。

水槽の並んだ部屋の中央には、子供たちがヒトデやヤドカリなどの小さな生き物と触れ合える浅い水槽が置かれているし、他の部屋は全体がプールになっており、60〜70cmくらいある「どちざめ」をはじめ、泳いでいる魚とも触れ合えるようになっている。

20180811_nagisa.JPG
うちの娘たちも、最初は「なぎさ水族館に行こう」と言っても、「面倒くさい」とか言って乗り気ではなかったのだが、いざ魚たちと触れ合うと、嬌声を上げて大騒ぎであった。やっぱ、子供たちはこういうのたまらんよね(笑)
うちの娘のような、一日中 YouTuber のチャンネルばかり見ているけしからん小学生でも、生き物と触れ合うというのは大変楽しいようだ。

てか、俺も楽しかった。
プールの中には、小さな魚たちの隠れ家として岩が置かれているのだが、そこに近づくと魚たちが自分たちのテリトリーを侵す侵入者だと思って攻撃してくるのである(笑)
いきなり足をツンツン(けっこうな勢いで)されたときには、思わず「うひゃぁ〜」と情けない声を漏らしてしまった(笑)

しかし、そんな楽しい場所でも残念なことがあった。
小さな、まだ幼稚園くらいの兄弟が、マナマコを絞って水を吹き出させ、まるで水鉄砲を撃ち合うように水の掛け合いをして遊んでいるのだ。
ここは生き物と触れ合う場所であって、水遊びをする場所ではない。それに、いくらナマコは再生能力の強い生き物とはいえ、あそこまで折ったり絞ったりしたら相当弱ってしまうだろう。

近くにいた俺とお袋が「こら。もっと生き物には優しくしろ。そんなにひねったらナマコも痛い、痛いって思っとるで。」と注意するのだが、一向にやめようとしない。
近くに父親がいたのに(絶対俺らの注意も聞こえてるはずなのに)知らん顔してスマホをいじってる。

馬鹿な親に育てられると、子供も馬鹿にしかならんなあ(^^;

娘たちも、せっかく楽しく海の生き物と触れ合っていたのに、この子供たちの行動が目に入ったようで、「かわいそう。なんであんなことするんかね?ていうか、あの子たちナマコが吐き出した水をかぶりあって気持ち悪いわ!」と顔をしかめていた(^^;

親なら最低限の指導はしようぜ。まあ、親自身が最低限のマナーも知らない本物の馬鹿なのかもしれないが・・・
昨日は朝 8時から地元の盆踊りの準備。(俺は帰省する長男坊を駅まで迎えにいかないといけなかったので、9:30には抜けさせていただいた)

俺はFハラさんから櫓を建てる責任者に任命されたが、なにせ毎年のことなので皆勝手にあれこれやって櫓は組み上がっていく。責任者など不要なのである(笑)

20180814_bonodori.JPG
ただ、今年は2階部分の骨組みで使う角鋼管がなかなかはまらなくて苦労した。鉄管の長さが少し長くて入らないのだ。グラインダーで削る案まで出たが、結局、1階部分で使う鋼管と2階部分で使う鋼管が取り違えになっていたためであった。1階部分の幅のほうが、2階部分よりちょっと広いのである。その分鋼管も長い。

間違いの原因は、1階部分の鉄管には組み合わせる部分がわかるように双方に同じ番号の書かれたシールが貼られていたが(昨年、櫓を崩したあとで貼ったみたい。俺は昨年の後始末に出れなかったので知らなかったが)、このシールがひとつだけ、間違って2階部分の鋼管に貼られていたのである。

しかし、2階部分の鋼管に1階を示す「下」、1階部分の鋼管に2階を示す「中」が書かれているのを俺が発見し、交換したらちゃんと組み上がったのである。

これで、一応責任者の責務は果たしたか(笑)

来年も建てる時に忘れないようにしないとな。つーか、経年劣化か、毎年「正しい組み方」でもなかなか鋼管がはまらなかったり、櫓のピサの斜塔具合がひどくなっている。
いつまでこの櫓も使えるのやら(^^;
さきほど、「れいぜん会」主催の盆踊り会場に行って、とりあえず今日の「シノダマサノリ プレゼンツ」(娘が、ダンボールで作った看板にそう書けと(^^: 写真に写ってる看板には書いてないんだけど)の屋台「スーパーボールすくい」の準備をしてきた(笑)

20180814_superball.jpg
昨年は「ヨーヨーつり」をしたんだけど、小さい子供には難しかったようなので、今年はすくうのに使うポイキャッチ(すくい枠)は一番紙の厚いものを用意した。
でも、さっき娘に試しにやらせたら、一番小さいボールだと、いくらでもすくえるのよね(^^;

というわけで、「チョーかんたんなので、できれば5個くらいでゆるしてね」の看板を新規に作成(^^;
まあ、余ってもしょうがないんで、あんまり厳密に何個までって制限はしないつもりだけど。なくなり次第終了ってことで。

さあ、別所畑手作り広場で行われる盆踊りまであと 2時間。
偶然このエントリーを読んだ近所の人が奇跡的にいらしたら、ぜひスーパーボールすくいに来てね(笑)

ちなみに、俺の月 3万円の小遣いの中から一式買って提供しております。
娘が小学校を卒業する来年まで続けるつもり。
先週土曜日に枝豆と獅子唐を植えている畑に収穫に行った。

20180804_yasai.JPG・・・が、枝豆はなんかひと月ほど前に見た時の二倍くらいの背丈にのびて、でも、実はほとんどない状態。
動物が食べちゃったのかなあ。どの株も、小さな鞘がいくつか付いている程度だった。

今年は結局、枝豆食べれず(^^;;

獅子唐の方も、すっかり収穫の時期は過ぎて、ほとんどが赤くしわしわな状態に(^^;;
ただ、生でかじってみると、一応ほのかに辛味は残っているし、なんか奥の方にフルーツのような甘味も感じる。食べれないこともないので採って帰ることに。
緑色の実もなってはいたけど、どれも小ぶりだなあ(^^;;

20180804_curry.JPGついでに、隣に親父が植えてたピーマンと茄子を採って帰って、昼飯は「イナバ レッドチキンカレー」に添えて、「夏野菜のカレー」に。

塩振ってたっぷりのゴマ油で焼いただけの茄子の美味いこと!
今度のソロキャンプの晩飯はこれだ!と思ったけど、しばらく行けないんで、収穫時期終わっちゃいそう(^^;;

あ、あと、久しぶりにイナバの缶カレー食ったけど、やっぱ美味いねえ(ただ、量が少ないのが難点(^^; ま、2缶使っても大した金額じゃないけど(笑))

今日は広島にとって大切な日だ。

20180806_genbaku.JPG朝から行われる原爆死者慰霊式・平和祈念式(いわゆる平和記念式典)へも沢山の人たちが参加するし、8:15には、たとえ広島の地を離れていても、その地でしっかり黙祷を捧げるのが広島の人たちだ。

ネット上の色々な「落書き」(笑)を見ると、中にはこうしたことを苦々しく思っている人もいるみたいだ。

平和公園に「ピカドン」って名前をつけたピカチューを置いた馬鹿のせいでポケモンGoが平和公園内で禁止になったことに反発している「スマフォ依存症のゲーム中毒の馬鹿」もいるんだけど、まあ、そういう輩は無視して(笑)、だいたい、

「戦後 70年以上も経ってるのに、いつまでも日本や米国に恨み言を垂れ流してるんじゃねえよ。これって単なる反日左翼団体の集会?」
「そもそも日本が悪いんでしょ?原爆落とされてもしかたないじゃん。それをいつまでも被害者面してんじゃないよ」

みたいな意見が多いみたい。

まあ、どっちも「言いたくなる気持ちはわかる」(相変わらず式典中も原爆ドームの方で騒いでる糞な左翼系市民団体もいるし。ちなみに今年は未確認)けど、ちゃんと考えたら「間違い」だってわかるわな。
だから正解は書かない。むっちゃ簡単に論破できるけど書かない。上のように考えている人はぜひ考えてみてほしいね。

その結果、同じようにしか考えられないとしたら・・・まあ、仕方ないけど、そういう思慮の浅い人とは付き合いたくないね〜(^^;

ま、かくいう俺も、今年は最後の合唱のところしか参加してないし、8:15には山陽本線の電車の中でヨダレ垂らしながら寝てたけど(^^; まあ、ある意味「黙祷」ってことで(^^;
Petromax(ペトロマックス)の ft1(1.04Lタイプ)という、いわゆるダッチオーブンを買った。サイズで言えば「(約)6インチ」だ。
最近、ソロキャンプをする機会が増えてきたので、その時のために買ったのである。このサイズなら、オートバイで出かける時も、タンデムシートに積む防水バッグの中に突っ込むことが出来る。

20180716_curry1.JPG購入後すぐにキャンプの予定もなかったので、家で無加水カレー、つまり水をまったく使用せず、野菜から出てくる水分だけを使って作るカレー・・・を作ってみることにした。ただし、他の家族が食べられないような激辛カレーにする予定なので、結局ソロキャンプのように「自分用」に作るだけである。
一応気を遣って家族にも「いる?」と聞いてみたのだが、全員が苦虫を噛み潰したような顔で「辛いんじゃろ?いらん」と言うのであった。

で、気の利いたブログならここでレシピの説明とかになるんでしょうが、いやいや、そんなの必要ないから(笑)

まず、玉ねぎ 1.5個ほどをざくざくと切ってそのまま ft1 の中へ。
油すらひいてないけんね。ほんま、そのまま鍋に投入。人参 1/2個、じゃがいも 2個、夏なので茄子 2本も切って投入。もう、鍋いっぱい。ここに鉄製の重い蓋を置いてガスレンジ点火。

この状態で弱火でぐつぐつと数十分。ダッチオーブンって蓋が重いんで、ちょっとした圧力鍋じゃけんね。焦げ付きもしないんで、そのまま放置。途中、ほんの 50ccくらい呑んでたノンアルビールを注いだけど(なんか香り付けになるかなっと思って(笑))、ぐつぐつ煮込んでたら、ほんまに野菜から出てきた水分で十分スープになってる。

ここで、「S&B GOLDEN CURRY バリ辛」を投入。
このカレールー。まじで辛いし、辛いだけでなく旨味もあるで。
そうそう。この時点で豚肉の細切れも投入。ポーク無水カレーです。

んで、更に数十分コトコトと煮込む。マジ、焦げ付くことはないから途中で確認もいらん(笑)

これだけ。ね、レシピなんか書くことないじゃろ?(笑)鉄鍋があると料理は超簡単(笑)

20180716_curry2.JPG
出来上がったカレーは、さすがに水分少なめでどろっとしてるけど、十分カレー。「二日目のカレー」っぽいかな。もちろん、水で伸ばすなんて野暮なことはせず、このまま実食。

うん、辛い(笑)でも、旨い。
野菜はほとんど原型をとどめておらずカレールーに混ざり込んでいる。そんな何の塊も無い中に豚の細切れがまざっているので、そのコロコロした存在ばかりが舌の上で目立ち、なんか豚肉というより、食感はビーンズ(豆)みたい(笑)
細切れじゃなく、ちゃんとした大きさのある肉か、シーフードなんかのほうがよかったかな。

でも、野菜を鍋に投げ込んで、あとは何もせずただ煮込むだけでいいんだから、こりゃ楽ちんやね。キャンプでも良さそう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちただ、日常カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお店です。

次のカテゴリはインターネットなことです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年9月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら