田舎生活: 2017年5月アーカイブ

我が家の露地栽培苺記録。

20170521_ichigo.JPG
今日はついに今季初、我が家の露地栽培の苺に赤い実がひとつ。

まだちょっと青いところが残っていたので、娘は「もう少し置いておく」と言っていたのだが、苺露地栽培師匠Uさんから教えてもらった「ナメクジ対策」は「ナメクジに食われる前に食え」である(笑)

というわけで1個だけ収穫。
早速口にした娘は「甘~い」だって(笑)

すっかり放置して、ろくに水もやってないので一時しわしわっとしてたほどだったが、そういうストレスを与える育て方(すっかり存在を忘れて放置してただけだけど(笑))がよかったのか。

これからの結実が楽しみである。
まあ、俺の口には入らないんだろうけど(^^;
今日は朝 8:00から、そお小学校のグラウンドの草引き作業。
来週の土曜日が「祖生地区・そお小学校合同運動会」だからな。

で、男性陣は、紐の草刈り機でグランドの草を刈ってくれということだったので、弟の草刈り機を借りていったんだけど(俺のは日頃金属の刃を着けてるんで、交換するのが面倒で(^^;)、エンジン始動のための紐を引っ張ったらプツンと切れて・・・(^^;;
その場で交換も出来ないので使用不能。一度も使うことなく、再びデッキバンの荷台に戻されたのであった(^^;;;

20170521_kusakari.JPG
そうして、しばらく長柄鎌で草引きしてたんだけど、教頭先生から「機械使います?」と声がかかり、何事かとN村さんの後をついていくと、そこには見たこともない機械。
なんか、小さな(家庭菜園用の)耕運機みたいなんだけど、爪の代わりにドラム状の刃が付いている。
N村さんの説明では、そのドラム状の刃で草を削り取っていく(引いていく)草刈り機らしい。動かなくなっていたのを、昨日、N村さんが直されたのだそうだ。

ということで、結局俺とM上君の二人でずっとこの機械で草刈りをしていた。
初めてこの機械を見る人も多く(というか、ほとんどの人が初見だった様子)、草刈りをしているママさんから「それ、本当に草を取る機械なんですか?」なんて聞かれたりした。
多分、耕運機を「強引に草刈りに流用している」とか思われたんだろうなあ(^^;;;

しかし、こんな機械があるのね。

てか、ヤンマーの「NEW マイティラー」という小型耕運機なのね(笑)
それの爪を、草刈り用のドラムに交換してるわけだ。

これ、しっかり地面に押し付けておかないとドラムが上手く草をそぎ取ってくれないし、けっこう疲れる機械でしたなあ。
俺の百倍くらい体力のあるM上君は「面白いですね、これ」って楽々使ってたけど(^^;;

俺は帰りの車の中で左足がつりました(^^;;;
今年も、枝豆好きの娘のために(てか、子供って皆、枝豆好きよねえ(笑))、枝豆を植えた。

買ってきたのはアタリヤ農園の「極早生えだまめ」。

去年も植えたんだけど、

・4/10 45個の大豆を植える。
・4/17 一週間でまずひとつ芽が出る。
・4/24 ニ週間後には七割方が発芽。
・5/2 ゴールデン・ウィークに弟の畑の隅っこに移植。

こんな感じだった。

今年は 4/8 に植えた。
ポリポットは無しで、全部セルトレイに。二年目にして、早くも手抜きである(笑)

20170408_edamame.JPG

どうも、俺の土の入れ方はまったく足りないようで、しばらくしたら親父がうっすら山盛りになるくらい土を追加していた(^^;

しかし、今回は水のやり忘れなども連発し(一時期ずっと天気が悪かったのも影響してるんだろうけど)、二週間後の 4/22 時点で、3~4本しか芽が出てない。
去年は「七割方が発芽」だったのに・・・

20170422_edamame.JPG

「こりゃ、もう今年は駄目かな」っと思ってたんだけど、三週間後の 4/30 に七割、いや、八割方かな、大部分が発芽。
昨年より一週間遅れって感じだなあ。

20170430_edamame.JPG

既に弟の畑を借りる話はしたので、一週間後の連休最終日(5/7)には畑に移植できるかなあ。

昨年はほとんど娘に取られて、俺の口に入ったのはわずかだったので(ちゃんと収穫せず、半分以上を「大豆」にしてしまったせいもあるが(^^;)、今年は美味いビールのアテにするぞお。

このアーカイブについて

このページには、2017年5月以降に書かれたブログ記事のうち田舎生活カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは田舎生活: 2017年3月です。

次のアーカイブは田舎生活: 2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2019年6月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら