野外活動: 2020年11月アーカイブ

金曜日のボウズ記録。

金曜日は欽明路トンネル内の故障車のせいで、玖珂から川西を越えて、要はほぼ欽明路バイパスの全てが渋滞という大変なことになって、疲れ果てて家に帰ったんだけど、先週新たに仕入れたルアーが試したくて周防大島に出動してしまった。

ええ、強風のためまともにルアーも投げられずボウズでしたけど・・・

でも、そんな悲しい思い出も、次につなげるために記録しとかないと・・・

ちなみに、金曜夜の潮と風。
潮は 18:55満潮 1:17干潮。多分、21:00~23:30くらいが潮が流れている釣れ釣れタイム。こりゃあ、仕事の後でも行くしか無いでしょう!!と思うよね(^^;
風は、強風(^^; 向きは、北西、西、西北西とコロコロ変わりながら吹きまくってましたね・・・
どっちにしても、冬風だよね?(かめや情報によると(笑)。北東方面は秋の風。北西方面は冬の風だと)

20201127_mikaba1.jpg

三蒲漁港 20:50~21:50

強い風で水面は高く波打っている。
釣り人の姿無し。なので、常夜灯の点いた防波堤の突端という最高の場所を独り占めできたが、常に細かい潮のミストを浴びているほど波高し(^^; 強風でバケツも飛んでいく始末。結局、唯一の釣果は、ルアーで引っ掛けてこのバケツを回収したことだけ(笑)。

月下美人メバリングロッドで「ミジンコ」他ハードルアーを色々投げてみるがアタリすらなし。港の中央部でライズがあったので、そこに 5gジグを投げてみたけど根がかり。それはなんとか外したけど、二度目の根がかりでリーダーの接続部でラインが切れてジグをロスト。
電車結びは駄目やなぁ~(^^;
港の奥の船が係留されているところの常夜灯の下でワームを落としてみたけど反応無し。納竿。

20201127_kuka1.jpg

久賀港 22:00~22:20

あいかわらずの強風。PEラインが風にあおられ竿先から水面まで大きく弧を描く。思ったところに投げれないし、風でラインが大きくたわむのでロッドの動きはまったくルアーに伝わらない。こっちにまっすぐ引いてるのに、ルアーは横に動いてたりして(^^; つまりルアーゲームなんかできない。

ついつい紳士の会の「夜はルアーに魚は来ない」という真理をないがしろにした罰なのだろう。夜にルアー投げたら蛇がくる!!
そして、風にあおられたラインが細い金属の糸が編み込まれた係留ロープ(金属糸がけば立ってる)に貼り付き、リーダーのほとんどとジグヘッド+ワームの仕掛けをロストしたのであった。

20201127_oobatake1.jpg

大畠漁港 22:40~23:20

大畠漁港はほとんど風はなかったね。そして、魚の気配もなかった。小さな仕掛けを投げるためのロッド 2本のリーダーが切れてしまったため、もう一本積んでいた 6フィートのバスロッドにアジング用ルアーをつけて振ってみたけど、ラインが太くてあんまり飛ばない。
それと、俺、ルアーが底につくのが怖くなってる(^^; 三蒲漁港で千円以上した新品ジグをロストしたせいや。根がかりイップスや(^^; フォールさせるのが怖い。アジはフォールしているルアーに来るのに。俺はルアーマンとしてもう駄目かもしれない(^^;

ところで、常夜灯の下のいい場所にはクーラーボックが置かれ、あれ、場所取りなんじゃろうね。
2つあったけど、うち一つは持ち主が近くに停めた車の人だった。もしかして、車内泊して朝マズメに釣るつもりなんかいね?

やっぱ釣りは、朝マズメと夕マズメじゃね(笑)
この日曜日の朝の釣りの続き。

20201122_funakoshi1.jpg
「そうだ。3人のボウズを無かったことにするために 3尾釣れって言われてたんじゃった」ということは、外入漁港を出てから思い出した。
バイブレーションとシンキングペンシルで釣果があったので嬉しくて、すっかり忘れていた。

「一旦(島の)表に出て、三蒲漁港でカサゴでも狙ってみるか」などと考え車を走らせていると、外入漁港から 5分ほど走ったくらい、すぐ近くに漁港があるのを発見した。

船越漁港である。時間は 7:30ジャスト。

車を停めてみると、古い石積みの防波堤なんかも残っていて、なかなか味のある港だ。こういうところは堤防の下にも石や岩が敷き詰められていて、根魚ハンター(偉そうにすまん(笑))の俺としては大好きなポイントだ。しかし、一番釣果が期待できそうな港の入り口の防波堤はすでに白い上下のジャージを身に着けたヤンキー釣り師たちに占拠されていた。

というわけで、俺はひとつ内側に入った防波堤の上からワームを投げてみることにした。

足元を見ると、フグなのか別の小魚なのか、たくさんの小さな魚影が見える。ワームじゃ厳しそうやけど。

ええ、ええ。今回も、前回使用したワームがそのまま付いてますよ(笑)
TICT ULTRA SOFTMATERIAL BAIT の 1.5" ね(笑)

5.6 フィートのトラウトロッドで遠くから足元に向けて広範囲にキャストを繰り返す。そしたら、足元近くで強い引き。
合わせてみたがフッキングせず。見てみたら、ワームが真ん中あたりで真っ二つになっている。口の中に入れて噛んだけど鉤はかかんなかったのか。フグとは違うな?いや、やっぱフグかな???と思いつつ同じあたりにキャスト。

20201122_funakoshi2.jpg
ゆっくりと藻が生い茂っているあたりにワームを落としていくと、ひったくるような強いアタリ。おかげで向こう合わせでフッキングした。
大物感は全然ないが、元気なやつやねえ。けっこう暴れるのをそのままひょいっと抜き上げる。

あらら、これは・・・。イソベラだ。しっかりおちょぼ口の内側にフッキングしている。

なんとまあ、この日はアジ、サバ、イソベラと色々なものが釣れたなあ。こういうのがライトゲームの楽しさかも(笑)。いわゆる五目釣りだ。

これでしっかり 3尾ゲット。前日の三紳士のボウズは無かったことに(笑)。はぁ?っと思ったお前、お前。ほっとけ。これがフィッシング紳士の会のルールなのだ(笑)

イソベラはもちろん猫へのお土産にゲット。しかし、俺、ベラ好きなのよ。上品な白身じゃん。食べないやつが信じられない。結局、半身は猫に、残り半身は塩焼きにして俺の胃袋に収まりました(笑)

朝マズメの「外入港(とのにゅうこう)」。ハードルアーでのメバル狙い。

20201122_tononyu3.jpg
ルアーを変えて色々試すがアタリなし。2尾目が出ない。「3尾釣って、3人のボウズを帳消しにしてくれ!」という紳士たちの声が俺の中でぐるぐる回っている。

6:30ちょうどにアジを釣り、それからすでに 40分。時計の針は 7:10を指していた。もうそんなに経っていたのか。既に空は白々と明るくなっている。

ルアーを色々変えつつ、魚が移動する、あるいは留まっている場所を想像し攻める。それは時間を忘れるほど楽しい。新しく買った月下美人のメバルロッドは、ルアーが泳ぐ際の小刻みな振動などを正確に手に伝えてくれ、これまた楽しい。

とは言っても、そろそろ何か釣れてくれないと・・・

湾の入り口から湾内に向けて丹念に攻めていたのだが、少し湾の外に向けて投げてみる。突然、バシャバシャとナブラが湧く。フィッシュイーターに追いかけられた小魚が水面を逃げまどっているのだ。
そのナブラが俺の投げたジョイントシンキングペンシルを飲み込む。その瞬間、グンっと大きく穂先が曲がった。

偶然のラッキー!という感じだが、小魚を追っていたフィッシュイーターが、小魚の群れに取り込まれた俺のルアーに食いついたらしい。
そんな大物感はないが、激しく左右に走り回る・・・と思ったら、急にロッドのテンションが抜けた。ピンっと宙に向け立ち上がる穂先。

あー!!はずれたかあぁぁ!!と思わず無念の声が漏れてしまう。
しかし、諦め気分でラインを巻き取っていると、再びテンションが!!
まだかかっていた。どうも、こっちに向かって走ってきたので糸がふけただけだったようだ。岸際に姿を確認。ひっぱりあげる。

小っさ。20cmほどのサバである(笑)
でも、チビサバだって「青物」だ。がっつりフックは口の中にかかっている。ルアーを本物の小魚だと思ってしっかり食いついたようだ。

ルアーは「月下美人 しらすJ 55S グローピンク 3.0g」。購入後、初めての実戦投入だった。しらすJ の 'J' は 'ジョイント' の 'J' だ。3分割されたボディが魚を誘う動きを見せる。
ハンドルを 1秒に 1回転くらいのスローリトリーブで、50cm~1.5mのレンジをうねうねと泳ぐ。まあ、今回はその魅惑の動きを見せる前に食われてしまったようだが(笑)

20201122_tononyu4.jpg
残念なことに、釣り上げたサバがむちゃくちゃ暴れたおかげで、PE ラインがリールに絡み、次の一投まで時間を開けてしまった。その間にすっかりナブラは消えてしまった。
何回か「ここだ!」と思うところに投げてはみたが反応無し。すっかり明るくなったので納竿した。

いやぁ~、大満足である。

初めて、月下美人のリール&ロッドやハードルアー(バイブレーション、シンキングペンシル)に実績ができた。
やっぱ朝マズメはいい!小潮で潮止まりの朝マズメだったけど、ちゃんと結果は出たじゃないか!

俺は、3尾目のことなどすっかり忘れて、満足して外入港を後にしたのであった(笑)

釣れなかった日の翌日にはリベンジを。ボウズの記憶を引きずらないために・・・

20201122_tononyu1.jpg
というわけで、土曜日全然だめだったので、日曜日のうちのリベンジを決意。

広島の「かめや釣具 総本店」で得た情報だと、北北東・北東の風が吹いているときの周防大島では、秋港、鹿家港、外入港、和佐港、小泊港などが風裏になるのでいいそうだ。土曜日に吹いていたのは秋風、北北東の風である。

この港の中で、知っている名前がひとつだけある。「外入港(とのにゅうこう)」だ。職場の釣りクラブの大島遠征で二、三度行ったことがある。
実は俺は未だこの港での釣果がないが、灯台のところで釣りクラブのキャプテンがワームでメバルを釣っていた。

決めた。俺も灯台のところでメバルを釣ろう。それもハードルアーで。そのために、魚の活性が上がる朝マズメを狙おう・・・と。

ただ、心配なことも。ネットを見ていると、「小潮の朝マズメは期待できない」という情報が目に飛び込んできた。しかも、干潮が 7:06。日の出が 6:49 と、一番釣りづらい潮止まりの時間が朝マズメと重なっているのである。
それでも行くしかあるまい。土曜日のボウズの記憶を消すために。

5:00から釣る予定だったが、この時期、なかなか布団から出れず、5:08出発の 6:00丁度に港に到着。すぐに灯台のところに向かう。
左側の岸から海に向けて古く小さい防波堤が延びており、灯台のある防波堤と小さな湾の入り口を形成している。

ハードルアーで攻めるはずだったが、最初に少しだけワームを投げてみた。やっぱりハードルアーよりワームの方が「釣れるんじゃないか」感が強いからね(笑)。しかしアタリなし。

20201122_tononyu2.jpg
ワームに頼った己の弱気を反省し、俺はついに月下美人の 6.1フィートメバルロッドに「RUDIE'S 魚子バイブ キンアジゴ 2.5g」という小さなバイブレーションルアーを付け、そして投げた。どこに投げていいかよくわからないので、とにかく小さくてもライズのあったところに投げ込み、引いた。

ありがとう!!ヒット!!

チビアジだったけど、いいのだ。初めて海のおかっぱりでハードルアーへのヒット!!気持ちいいぃ~!!(と喜ぶ俺の横で、餌釣りでぽんぽんとアジを釣る釣り人(^^;;; 泳がせ釣りの餌を釣っているのだそうだ・・・(^^; いいのだ。ルアー戦を制したことが大切なのだ(^^;)

「魚子バイブ キンアジゴ 2.5g」(えーい、長い!(^^;)ありがとう!!

そして、「3尾釣って、3人のボウズを帳消しにしてくれ!」という他の紳士たちの願いを胸に、俺の戦いは続くのであった。

一昨日。連休開始の土曜日。

フィッシング紳士の会で周防大島でジグを投げないかという話になったのだが、俺は午後から娘の件で用事があったし、別の紳士は午前中、お客さんと打ち合わせだと言うしで、「じゃ、ま、大島には勝手な時間に行って、会えたら一緒にジグを投げましょう」ということになった(笑)。

いや、ほんと、わしら馬車馬のように働くなかで、ほんの一時間、二時間を釣りに使っているだけなのよ。だから同じ時間、同じ場所で釣りが出来るなんて奇跡なのよ。なんか、毎週釣りしてない?って思った人は、そのあたりを理解してほしい(笑)。

で、俺は 9:50頃家を出て、椋野漁港~土居港と釣り歩き、土居港でMイ紳士と合流し、Mイ紳士のラインが切れメタルジグが彼方に飛んでいくのを見届けて 13:50頃帰宅。珍しく 4時間も遊んでしまった。

もちろん、4時間も粘ったんだから結果は・・・ボウズ。4時間、計 4箇所でロッドを振り・・・ボウズ。ボウズ!ボウズ!!ボウズ!!わーい!!

失礼、取り乱しました。

いや、この日はものすごく風が強くて、しかも北北東の風。これ、この日行った椋野漁港や土居港からすると真正面から風を受けることになって、全然ジグが飛ばんし、波も高いんで、俺のような「ライトタックル」(小さくて軽い仕掛けね)で遊ぶ釣り師は、投げ込んだリグが全然沈まんので釣りにならん(^^;

でも、まあ、一応、今後のためにメモをしておこう。

11/21(土)周防大島。小潮 干潮 6:07 満潮 13:18。なんか写真では伝わらないけど強い北北東の風。波高し。

20201121_ooshima1.jpg

椋野漁港 10:20~10:45

8.8フィートロッドで 28gのジグを付けたジグサビキの仕掛けを投げていたのだが、風が強くてまったく飛ばず。波もかなり高い。あげくに、投げた仕掛けが強風で押し戻され、堤防の壁に貼り付き(^^;、壁についている貝の殻などで PE ラインががりがりと・・・。即撤退を決意。25分間だけの釣りであった。
常連のじいさんたちは、風と波の影響のない湾内でサビキをしていたが、釣れていない様子だった。

20201121_ooshima2.jpg

みかんの木 東側海岸 11:05~11:15

横を通ったときにカワウが魚を狙っているのを見たので、向かいの駐車場に車を停めて攻めてみた。駐車場もあるし、途中で壊れているけど国道437号線から海岸に降りる階段もあり。
ものすごい波。大小の岩が並ぶところで水しぶきを上げている。こういうところに波を避けて根魚がいるんじゃないか?カワウがいたってことは、絶対小魚がいる!・・・と信じて。2投目でジグサビキの仕掛けをロスト。即撤退。

20201121_ooshima3.jpg

周防長浜バス停前海岸 11:25~12:05

綺麗な青い海を見ながら国道437号線を走っていると、なんかいい感じの、海にのびる石組みの防波堤を発見。車を停め、タックルを用意し防波堤に向かうと「立入禁止」。うーん、老朽化して危ないってことかな?仕方ないのでその横から国道にそって並ぶテトラの上や、その先の砂浜でジグサビキを投げてみるがアタリすら無い。いつも買うものより数百円高い仕掛けをロストしたところで意気消沈し撤退。

20201121_ooshima4.jpg

土居港 12:20~13:10

防波堤を越えて、時々波しぶきが湾内に吹き込むような状態。堤防の外にワームを投げても押し返されるので、湾内を攻める。まったくアタリなし。水が澄んでいて底まで見えるが、スズメダイやフグ以外の魚影なし。湾の外の左の方の砂浜との境の堤防でもちょっと投げてみたがアタリすら無し。
土居港には、前の職場の釣りクラブでも何度も来たし、個人で来たことも何度かあるけど、そう言えば一度も釣れたことがない(^^; 多分、死の海である。

というわけで、名もない海岸まで攻めてみたけど釣果無し。

でも、周防大島のきれいな海の景色が見れてよかったよね!!俺、よかったよね!!

ちなみに、俺が帰ったあとで合流して釣りを続けたMイ紳士、Sボ紳士も釣果なく、この日は紳士の会全滅であった・・・

紳士の会の「夜にルアーフィッシングするな」に次ぐ新しい教訓。「風が強い日は釣りをするな」

<追記>
この中で「周防長浜バス停前海岸」と呼んでいるのは、正確には「日前堤防(ひくまていぼう)とその横の海」と呼ぶべきのようだ。立入禁止になっていたいい感じの堤防が日前堤防で、メバル、カレイ、キス、チヌ、アジ、サバなどが釣れる良いポイントのようだ。早く立入禁止が解ければいいな)

3本も「ボウズでした」というブログが続いた。

20201115_kuka01.jpg俺的にはもちろん「〇月〇日〇時ごろ行ったポイントで△△というルアーを投げたらボウズだった」という話は今後の貴重な情報になるのだが、ブログを読んでいただいている一般の方にはつまらない話だったであろう。
釣れない状況が続くと俺も色々考えすぎてしまう。素敵な紳士だと思っていた俺の暗黒面が垣間見えてショックを受けた人妻もいらっしゃるであろう。

釣れました・・・。土曜日から数えて 4つ目のフィッシングポイントでついに。いつもの俺を取り戻せました(笑)

場所は「久賀漁港」。紳士の会がポイント選びの拠り所としている「かめや釣り具 周防大島エギングマップ」で椋野漁港の次に掲載されている港だ。誰も大島のポイントについて詳しくないという我々紳士の会は、周防大島エギングマップに載っている順に釣り場を廻っているのである(笑)

ここは、一番内側の湾の防波堤が古い石積みのままで残されている味のある港である。現代のようにコンクリートで護岸される前は、石を積んで堤防を作っていたんだよな・・・

護岸の周りに敷かれた岩にはいかにもロックフィッシュが着きそうな感じだが、まだ十分に水は満ちていない。俺は水面から 4m近くはある護岸の上から湾の中央に向けて思いっきりリグを投げ(1gのジグヘッドに TICT ULTRA SOFTMATERIAL BAIT の 1.5" ワームといういつものやつ(笑))細かくシャクリを入れながら巻いていった。

2~3mほど巻いたところでクイクイっとアタリあり。メバル?と思ったらやっぱりメバルだった。なんか、やっとメバルとカサゴのアタリの違いが分かるようになってきた気がする(笑)。多分、気がするだけだけど(笑)

さすがに猫のお土産に持って帰るのもかわいそうなくらいのチビ助だったのでリリース。

ヒットしたのは突き出た防波堤から見て左の方だったが、今度はそこよりちょっと右の方で再びメバルがヒット。ただし、同じようなサイズ(笑)
リリースしようと思ったら、引っ張り上げてる最中にバレて逃げていった(笑)

20201115_kuka02.jpg楽しい!!やっぱりルアーは明るいうちに投げないと!!明るいうちの釣り、サイコー!!やっと俺の胸の澱が取り除かれた。

最後に今度は防波堤の右の方でカサゴがヒット!こいつもチビ助だったが、何のお土産もなかったときの、うちの猫が俺を見る感情のこもらない冷たい目を思い出しキープ。

気づけば、陽が沈み辺りは薄暗くなっている。「暗いところでルアーを投げてもだめ」というMイ紳士の教えが頭をよぎる。きっぱりと俺は納竿した。

17:00~17:20までのたった 20分のゲーム。釣れたのもチビ助ばかり。
それでもいいのだ。
俺はエギングをやりにきた若者二人と入れ替わるように久賀漁港を後にした。俺は勝ったのだ。
何に勝ったのかはわからない。しかし、間違いなく俺は勝ったのである。

土曜日のリベンジに、日曜日の夕方から再び周防大島へ。

午前中に一仕事して、午後はだらだらと釣りの YouTube を見ながら、釣り紳士の面々と LINE で釣り話をしていたのだが(やってることが女子中高生(笑))、やはり昨夜のボウズが悔しい。
弁天埠頭で聞いたMイ紳士の「夜はルアーでは釣れない。ルアーは明るいうちに」という言葉に導かれるように、俺は夕方、まだ太陽が空にあるうちのリベンジを決意。LINE で他の紳士に「今から行ってきます」と伝え、一人周防大島に向かったのであった。

20201115_mukuno1.jpg
最初の戦場は、「かめや釣り具 周防大島エギングマップ」で三蒲漁港の次にリストアップされている「椋野(むくの)漁港」である。
三蒲漁港からは車で数分で移動可能。16時すぎに家を出て、25分ほどで到着。

ここは、トイレなども整備されているきれいな漁港で、家族連れがサビキやちょい投げ釣りをしている。

この日は 14:55が引潮。俺が戦場に降り立った時はちょうど 1時間半ほど経った満ち潮に向けて時合が始まる頃であった。

なので、潮はまだまだ引いているところで、陸と並行に伸びるメインの護岸から海を見ると、水面ははるか下という状況であった。ワームなんか投げれんわ(^^;;;これじゃずる引きもできん(^^;;
トップルアーも、こんなに高低差があったらまともなアクションつけられないからあかんわ(^^;;;

港湾内の船が係留されているところを見てみると、スズメダイの大群が優雅に泳いでいた。

サビキだな・・・ここはサビキ場だ。

しかし、かなしいことにジグサビキの仕掛けはあるけど、それを投げるロッドがない。端からルアーで釣ることしか考えてなかったので、5.6フィートのトラウトロッドと月下美人の 6.1 フィート・メバリングロッドしかない。

つまり・・・俺がこの戦場で戦う術は何もない・・・と、わずか 15分の滞在で撤退を決意した。土曜日に続けての敗戦・・・三連敗・・・(まあ、夜のルアーフィッシングは 100%釣れないので(と、Dandy Fishermen's Club で認定)、土曜日の敗戦はノーカウントでもええけどな(笑))。ま、それにしてもこの日の椋野での戦いは「武器が用意できてなかった」という点で正真正銘俺の「負け」だ。

次回、ジグサビキ用のロッドを持ってリベンジじゃ!(笑)

この土曜日の夜。三蒲港で惨敗・・・

Mイ紳士はジグサビキでキス一尾を上げたけど、俺とSボ紳士はアタリすらない丸ボウズである。

血だらけの膝で車のところに戻った俺は(なぜ俺が血だらけなのかは、三蒲漁港の話をご覧ください(^^;)、常夜灯の下で着実にアジを釣り上げているサビキ老人とその孫に聞こえないように声を潜め、俺が実はチューブ式のオキアミとサビキのセットを持っていることを紳士たちに告げた。

そして、「元々あの場所は俺たちが紳士的態度で老人たちに譲ってあげた場所。三人で囲んで『ここは本来俺らの場所やぞ』と脅せば、相手は老人と子供。逃げていくのではないか?そのあとで俺たちがサビキでアジをウハウハと釣ればいいのではないか?」と提案した。
もちろん二人の紳士の答えは「苦笑い」であった。

20201114_bentenhutou.jpg
いかん、いかん。あまりの惨敗ぶりに俺もおかしくなっていた(笑)。なんて恐ろしいことを考えていたのだ、俺は。

俺たちは紳士である。生き餌を触って手を汚すのがいやな紳士である。老人と子供を排除できたとしても、そのあとオキアミで手を汚すのでは意味がない。俺たちは紳士なのだ。手がオキアミ臭い紳士がいるか?ボウズだろうと、紳士であることを忘れるな!←なんかずれてる(^^;;;

というわけで(^^;、このまま引き下がれない我々は、次の戦場へ赴くことにしたのだ。

それが「弁天埠頭」である。

三蒲漁港から車で 10分ほどだっただろうか。まさにザ・岸壁な埠頭であった。

きれいに整備された岸壁に囲まれた湾にはロックフィッシュが潜むような岩やテトラなどはなく、もう、ただただ沖に向かってジグサビキを投げ続けるしかなった。真っ暗な海に向かって。Mイ紳士はエギを。Sボ紳士はジグを。ひたすら、ひたすら。そして結果は・・・我ら三紳士、全員ボウズ(笑)

Mイ紳士が言った。
夜はだめですね。夜にルアーを投げても魚は来ないですね。ルアーは明るいときに使わないと・・・」

それだ!!それこそ真理だ!!ルアーフィッシングの真理だ!!(笑)
「ですよね。真っ暗闇でルアー投げたって、魚にもルアーなんて見えませんしね」「今日は夜だったからだめだったんですよね。昼ならガバガバだったでしょうね」「動画で見たけど、ジグはただ巻くだけで釣れるみたいですよ」「昼間ならダイソーのジグでも投げるたびに釣れるみたいです」と、俺たちに笑顔が戻った。

そうだ!昼間ならむちゃくちゃ釣れるのだ。昼に釣りをして、夜は仕事をするのだ。夜は朝まで仕事をするのだ。

今度の紳士の会の活動は昼間にすることを約束して、俺たちは朝まで仕事をするために帰路に着いたのであった。
この土曜日は、周防大島でフィッシング紳士の会(Dandy Fishermen's Club)の活動を。
一週間、仕事や家庭の中でため込んだ諸々の澱を、思いっきりルアーを投げて吹き飛ばそうと(笑)

しかし、俺が昼間はずっと仕事だったので、活動スタートは 19時過ぎからとなった。他の紳士に申し訳ない。

19:30に「かめや釣り具 大島店」で待ち合わせ。
それから三人の釣り紳士が向かったのは「三蒲漁港」である。
そう。前の週に俺がチビメバルと、よく正体のわからないチビロックフィッシュをワームで上げた港だ。

20201114_mikaba1.jpgネット上の情報によれば、メバルの他に、アジ、カサゴ、そしてシーバスにアオリイカと、様々なルアーゲームが楽しめる港だと言う。
小さな港なので、あまり歩き回らなくて良いし、常夜灯の下とか取れれば、その場で釣れまくりやでえと我々は盛り上がったのであった。

結果から言えば惨敗であった。

釣果は、Mイ紳士がジグサビキで釣ったキス一尾。猫のお土産にいただいた(笑)

ちなみにこの日は大潮で、20時頃が満潮。18:30~21:30はあまり潮の動かない釣れないタイムだったことは、言い訳がましく書いておく。

我々は防波堤の突端。常夜灯の下というベストな位置で、エギを投げ続け、ジグを投げ続けた。俺は千円で、「オラオラマンゴー」カラー(今、大島で一番来ているカラー・・・らしい)の 2.5号(10g)のエギも新調して挑んだがアタリすらなかった(--;;;

また、この日は俺の新たなる武器。Daiwa 月下美人 6.1フィートメバリングロッドと、同じく月下美人の 2000番リールのデビュー戦であった。

「エギなんて変な形のものでイカなど釣れない」「こんな金属の魚もどき(ジグ)にスズキが食いつくわけがない」と、この日の自分の釣りは「無かったこと」にし、「やっぱ、夜は常夜灯の下でトップルアーでしょ!!」と、メバリングロッドでポッパーやウェイクベイトを引く。
コポコポと音を立てたり、あるいは自らの身を捩って魚を誘うルアーたち。しかし、そんな健気なルアーたちを、魚どもは完全無視である!!キーっ!!

その後、岸に沿ってワームも投げてみたけど当たりすら無し。

刀折れ矢尽きた我々は、隣でアジを釣り上げているサビキ釣りの老人と孫の横を、こそこそと恥ずかしそうに撤退するしかなかったのである。

20201114_mikaba2.jpgそして、この時事故が起きた。
防波堤の途中で 20cmほどの段差があるところで俺が転倒。派手に転がりながら60~70cm下のコンクリートの地面に叩き付けられたのであった(^^;
ロッドはすぐに手放したので無事。最後に両手、両膝を着いたので、ズボンの内側で膝は血だらけだった。

防波堤の内側に転がったのでよかったけど、外側の海に落ちていたら岩で頭を打って死んでいたかも・・・

あまりに俺が派手に防波堤の上から地面に落下したため、アジを釣っていた少年が「大丈夫ですか?大丈夫ですか?」とずっと声をかけてくれるのである。
しかしその時の俺には、そんな優しい少年の言葉も、「僕は釣れたけどおじさんはボウズで大丈夫ですか?」としか聞こえないのであった・・・

三蒲港よ、俺に派手に恥辱を与えよったな!

大島大橋を渡りすぐに左に曲がって国道437号線を走ると、最初に訪れることができる港が「三蒲港(みがまこう)」である。こういう言い方は島の人には怒られるが、いわゆる「島の表側」の一番近い港である。

20201108_migamakou1.jpg
港の両側に砂浜が広がっていて、サーフキャスティングも楽しめる良いフィッシングスポットだ。

この日曜日の午後。一人で柳井に買い物に出たのだが、柳井から大島大橋まで国道188号線でたったの 15分である。こりゃ、一番近くの港くらい寄って帰らないとバチが当たるよね?釣りの神様の(笑)

ということで、三蒲港にちょっと寄ってみたのよ。いえいえ、最初から釣りに行こうなんて思ってたわけじゃないのよ?お客さんに待ってもらってる仕事もあるし。(本当なんです。信じてください!(^^;)

次の日に荷台を使う予定だったので、いつも積みっぱなしの釣り道具も降ろしてしまっていて、残っているのは 5.6フィートのトラウトロッドとジグやワームを詰め込んだ小さな釣り用のポーチのみ。ま、十分です(笑)

ラインの先にはまだ、この間南沖海岸でメバル釣った時のジグと、TICT ULTRA SOFTMATERIAL BAIT が着いたままだし(笑)

16:30に港に到着。早速港の右側から海に並行に延びる防波堤をてくてく歩きながらワームを投げていく。
防波堤には他に、突端でイチャイチャしている若いアベック釣り師たちしかいない。男の方だけがロッドを振っていたが、何をしているのかわからない。アジングだったのかな?

この日は風が強かった。軽いジグヘッドじゃとても遠くには投げられない。
なのでアンダースローでなるべく低い位置から防波堤に沿ってワームを投げてみていると、ちょうど防波堤が「くの字」になっているところでヒット。こういう水の流れが変化するところにはプランクトンが溜まるので、何かしら潜んでいるのよね。(と、素人なのにいっぱしのアングラーみたいなことを言ってみる(笑))

ただし、「さすがに猫へのお土産にするのも可哀想・・・」というレベルのチビメバル。
小さいのにグイグイ引っ張って楽しませてくれたことを感謝。「次は食ってやるから大きくなったらまた来いよ」と願いつつリリース(笑)

港に着いてそんなに時間が経ってないうちのヒットで、しかもその後アベックが帰り波止の突端といういい場所を確保できたので心に余裕が。「ああ、心の澱が海の潮に乘って流れていく~。ちょっと寄ってみてよかったあ」なんてアルカイク・スマイルを浮かべる俺だったが・・・二尾目が釣れない(^^;

防波堤の根っこの方は水がすごく澄んでいたんだけど、突端の方は少し濁りも入っていたのでワームを「JACKALL アミアミ 1.5" グロー(蛍光白) 」に変えてみるも状況変わらず。

20201108_migamakou2.jpg
そのうち風がさらに強くなり、陽も落ちて、(本当に釣りに出る気は無かったんで(笑))Tシャツの上にちょっと厚手のネルシャツだけという恰好では寒くなってきた。水中も暗くてよく見えなくなったし。

で、車を駐車しているところに戻りながら、諦められずに最初の一尾を釣ったところを念入りに攻めてみる。そしたら、「猫のお土産にはぎりぎりキープOK」なチビカサゴ、いや?なんか違うぞ。ソイ?いや、うっすらカサゴみたいな模様出てるな?まあ、よくわかんないけど根魚がヒット(笑)

よかったぁ~

16:30~17:30の一時間だけの「寄り道」。本当に「寄り道」。

お土産の魚で猫を狂喜乱舞させた俺は、再び仕事のためにパソコンに向かったのであった・・・
20201110_daiwa1.jpg
ガラクタみたいな安い釣り道具ばかりだが、この日曜日、すっかり存在を忘れていて、折れたロッドとともに土に帰りそうになっていたリールを発見したので、ちゃんと一回棚卸ししとこうと思う。

とりあえずは、さっき久しぶりに水洗いしたリール 3個。


Daiwa SPRINTER HV2000 ABS

中古価格を調べてみたら、980円だった(笑)
「独自の大口経逆テーパーというスプール形状でバックラッシュを防止しつつライン放出性能を向上させている【ARB】を搭載した、ルアーフィッシングから防波堤での釣りまで幅広く活躍するリーズナブルスピニングリールです」だって。

いつ買ったんだっけ?ネットでググってみると、2007年に買ったって人いたな。ああ、そうか、俺もそのくらいかも。
息子たちが小学生のときに、バス釣り用に買ったんだ。FIVE STAR のロッドと一緒に買ったんだな。

安物なんで 2ベアリングで、5ベアリングのリールと比べると、やっぱり回転時に若干シャーっていうメカノイズがするんだけど、実際の釣りで不便を感じたことはない。


Daiwa CREST 2500

8~9フィートのロッドにつけて、エギングやちょい投げ釣りをする時に使っている。
今は、M'on(エムオン) BAY FIELD 88 という 8.8フィートロッドに付けて、先週ジグサビキを投げるのに使ったな。惨敗だったけど(^^;

Daiwa のリールで一番コスパ優秀なのが CREST シリーズで、「デジタル解析を用いて理想的な歯面を実現したデジギヤⅡ搭載」で「鍛造ギヤの歯面精度と比べても遜色ない」って。よくわからんけど(笑)

いつ買ったんだっけ?ああ、2年前に 9.1フィートのロッドを買ったときに一緒に買ったんだ。ブログに書いてた。当時は 6千円ほどで購入したようだな。4ボールベアリング。スムーズに回るよ。


Daiwa CREST 1500

上記の 2500 と同じシリーズのリールだが、番手が 1000小さい分、本体も 2500 より一回り小さい。

以前、海でのルアーゲームで一番よく使っていた Daiwa Neoversal の 6.6フィートロッドに付けてたんじゃないかな。なので一番よく使っていたリール。

いやいや。6.6フィートロッドは 25年くらい前から使ってたんだけど、その頃はリアドラグタイプのリール使ってたからこいつじゃなかったな(^^;

あ、Amazon にこのモデルが載ってた。ただし、「この商品は現在お取り扱いできません。」になってる。
Amazon で取り扱うようになったのは 2010年のようだ。じゃあ、俺が買ったのもそれ以降ってことだなあ。まったく思い出せない。

5ボールベアリングのスムーズな回転はしっかり保持されている。
CREST 2500 が 4ボールベアリングなのに、1500 は 5ボールなのか。まあ、同じ CREST と言っても世代が違うんだろうな。
そもそも、4 と 5 でどれほど回転が違うのか、まったくわからん(^^;

今は 6.6フィートのバスロッドが折れてしまったので、5.6フィートのトラウトロッドにつけていたのだが、それも折れてしまった。
そして、その折れたロッドとともに、雨ざらしの状態でしばらく放置されていたのである・・・(^^;

やっぱ、ちゃんと道具の棚卸しを時々やらないと(^^;;;;・・・


というわけで、次回もリールの棚卸し(予定)

日曜日も朝から仕事でプログラミング。途中、猟友会の射撃会で熊毛町へ出かけたけど、戻ってからまたプログラミングと、ただただ仕事をしていたのだが、16時前に(4つ並行で仕事してるんだけど、そのうちの 2つが完成)ひと段落したので、心の底に溜まった澱を浄化するために海へ(笑)

20201101_minamioki1.jpgこの日曜日は Dandy Fishermen's Club の他の会員はそれぞれ仕事などの用事があったため、俺一人で由宇町南沖海岸に向かったのである。

初めて訪れるポイント。ひとりじゃ怖ぇ~(^^;
しかし、そこは勇気を振りしぼって(笑)

南沖海岸を活動の場に選んだのは、ネットと書籍情報による(笑)。この時期、キスやアジやカレイ、サヨリなど、色々な魚が狙えるようだ。エギでアオリイカや、ルアーで根魚も狙えるらしい。
あと、我が家から車で 20分ほどで行けるから気軽だし(笑)

しかし、それだけに人気もある釣り場のようで、16:30頃(この日の潮だと、釣れ釣れタイムが始まるくらいの時間)現地に着いたのだが、防波堤のほうはたくさんの人で、新たに割り込むのは難しそうな感じ。
仕方ないので、防波堤から 90度の角度で 188号線まで続く遊歩道から投げることにした。

仕掛けは、Hayabusa の堤防ジギングサビキセット。
いや、実は思いっきりジグを投げて気分すっきり・・・という思いもあったのだが、遊歩道側の海(防波堤の内側)は遠浅で、とてもジグに食いつく青物が回遊しているようには思えなかったので、ジグサビキで根魚とか小魚狙いで(笑)

しかし、30分ほど、遊歩道の半分くらいの距離を歩きながら投げてみたけど当たりすら無し・・・
手ぶらで家に帰った時の、猫の「お前、海まで何しに行ったん?」という蔑みの目が脳裏に浮かぶ。

俺は車に戻ると、ジグサビキを付けた 8.8フィートのカーボンロッドを仕舞い、5.6フィートのトラウトロッドを手にした。
リグは、0.6g ジグヘッド(DIABOLOS BLOW HEAD AJING)に 1.2インチのワーム(TICT ULTRA SOFTMATERIAL BAIT ブリリアント 色:C-6 オキアミ)。
半年前に通津港で使った仕掛け、そのままつけてたあ(笑)

そして、それを交換することもなくそのままキャストする俺(笑)

2投目でチビメバルがヒット。
トラウトロッドだとぐいぐい魚の力が伝わり、チビメバルでも楽しい!!
猫のお土産できた!!(笑)

20201101_minamioki2.jpg
それから俺の中指ほどの赤ちゃんハゼもゲット。さすがにリリースした。でも、ワームをがっちり喉の奥まで飲み込んでたから、元気に生きていけるかなあ・・・。大きくなって、また俺に釣られろよ・・・と切に願う。

そうこうしているうちに 17:30。かなり暗くなってきて、水中の様子がよくわからなくなった。どこにキャストしていいかわからない(^^;
というわけで納竿。

たった 1時間の釣行だったけど、無事、猫のお土産もゲットできたのでよかった。
しかし、今まで「困ったときのジグサビキ」と思っていた俺の最終兵器が空振ったのはショックやなあ。またリベンジに来なくては・・・(ひとりで堤防の釣り人に割り込むのは怖いので、DFCのメンバーとともに・・・(笑))

このアーカイブについて

このページには、2020年11月以降に書かれたブログ記事のうち野外活動カテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは野外活動: 2020年10月です。

次のアーカイブは野外活動: 2020年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら