酒とか食べ物とかの最近のブログ記事

先週末、久しぶりに「鉄板焼き 鉄華」に行って、そう言えば前回訪問時の話を書いてなかったことに気付いた。
このブログは俺のライフログでもあるので、せめて呑んだ酒の銘柄だけでも書いとこう。

ちなみに、前回「鉄華」に呑みに行ったのは二ヶ月も前の9/13のことだった。
日本酒は季節の飲み物である。いつ頃呑んでどんな味がしたのか、呑んだ時期の情報は大切だ。

まず、呑んだ酒は以下のとおり。

・AKABU 純米ひやおろし(岩手県)
・十旭日(じゅうじあさひ) 純米酒ひやおろし(島根県)
・羽後の月 フルムーン 純米吟醸原酒(広島県)

秋の酒である「ひやおろし」を二種。それに、「ひやおろし」ではないが秋の限定酒である「雨後の月 フルムーン」を。

「ひやおろし」は春に絞った酒を秋まで貯蔵して出荷される酒。そのためフルーティーさはなく、香りも抑えめでさらっと呑めるんだけど、口に含むとはっきりした米の味を感じることが出来る。
特にAKABUの米の味は強く感じた。
酸味の強い辛い酒なのだが、奥から仄かな米の甘味を感じられるような、そんな酒。

20190913_tekka1.JPG
ああ、秋に秋の酒を味わうという当たり前のことが、日々仕事や地元の様々な用事で忙殺されていると、なんと幸せなことかと思える。

妙に気持ちが高揚しちゃって、隣りで食事をしていたヨーロッパからの旅行客の男性に「雨後の月」を奢ったよ(笑)

ただ、彼が最後まで「店から酒を奢ってもらった」と誤解しているのが言葉の端々からわかり、「おい、俺なんだよ。それ奢ったのは俺なんだよ」と言いたくてたまらなかった秋の夜だった(笑)
昨日の夕方。
庄原から岩国に帰ろうとしたら、なんか所要時間が長くなってる。「???」と思ったのだが、GoogleMapsの経路案内さんが言われるには、中国自動車道で事故渋滞が 5kmほど発生しているとのこと。

というわけで、家に帰るのが 20時をすぎそうだったので、途中、七塚原SAに寄って晩飯を取ることにした。

山陽自動車道のSAにはレストランとフードコート(軽食コーナーのこともあり)が別々になったところが多いが、七塚原SAはなんか軽食コーナー臭のするレストランがあるだけである。

20191110_nanachanpon.jpg
「カツカレー&うどん(そばにも変えられます)セット」のようなデブ心を震わせるメニューがたくさん並んでいる。その中から、俺は「ななちゃんぽんセット」1,100円をチョイスした。ちゃんぽんと炒飯のセット。炭水化物+炭水化物の魅力的な一品である。
七塚原SAレストランの「ダントツ人気No.1メニュー」だそうだ。
ちなみに、「ななちゃんぽん」の「なな」は「七塚原」の「なな」である。

で、お味の方は。
うーん、美味くもないし、不味くもない。こんなもんか・・・という一品だな。
具の種類はちゃんとしてるんだけど、ボリュームが今ひとつというか、なんか物足りない。

次に七塚原SAに寄ったときは、絶対「カツカレー&うどんセット」だな。
多分、10年後とかだと思うけど(笑)
10/26(土)は息子の送迎で山口市へ行ったんだけど、昼飯は「ゆめタウン山口」の中のフードコートで。
「リンガーハット」です。わざわざ山口市まで遠出して、「リンガーハット?」と思う人もいるだろう。

いや、俺が特別ちゃんぽん好きってわけではない。ちゃんぽんよりちゃんめんの方が好きなくらいだ(笑)
この日、夕方にソロキャンプを計画しており、その買い物を大きなスーパーでしたかったのである。
で、(山口市内で唯一知っている大きなスーパーである)「ゆめタウン山口」の食品館で買い物をしたついでに、同じフロアにあるフードコートの「リンガーハット」で飯を食ったわけである。

20191026_chanpon.jpg
食べたのは、「ピリカラちゃんぽん」620円+「半チャーハン」260円を。炭水化物に炭水化物を足して(笑)。

いやあ、この「ピリカラちゃんぽん」が意外に辛くてよかったわあ。
リンガーハットの「ピリカラ」なんて、しょせん「誰でも食べられる」くらいの辛さなんでしょ?ってバカにしてたが、これ、辛いのが苦手な人には無理な程度には辛い。

多分、俺と同じように「まったく辛さの足りない『汁あり担々麺』みたいな感じでしょ?」と思っている人がいると思うけど、全然辛くて、そして思っているより美味かった。

チャーハンも俺の好きな味。

でも、俺は山口県民として「長崎ちゃんめん」を応援する(笑)
昨日の昼飯は、十日市のインド・アジア料理店「サパナ」へ。一緒に行ったのは「一人で入るのが怖い店に一緒に行ってあげる会」のMイ指導員。

いや、「サパナ」は全然怖い店ではないんだけど、今まで行きたい、行きたいと思いながらなかなか機会がなくて行けてなかった。以前借りていた十日市の仕事部屋から徒歩1分圏内だったのに(^^;
何度も行ってみようと思いながら、「やっぱ今日はラーメンにしよう」「なんかお好み焼食べたくなったなあ」という具合に寸前で気分が変わり訪店機会消失・・・(^^;
昨日、Mイさんが「行ってみましょう」と言ってくれたので、やっと訪店できた次第。

注文したのは「スペシャルランチ」990円也。

20191108_sapana.jpg
サラダ、ライス(ナンでもOK)、チキンティッカ、カレー二種(俺はチキンカレーとえびカレーをチョイス)、ドリンク(烏龍茶を選んだけど、ラッシーにしとけばよかった(笑))のセットである。

カレーの辛さは 1~8レベルから選べるので、一番辛い 8辛を指定。

いやあ、やっぱ専門店。カレー、美味いねえ。
8辛はけっこう辛いけど、ライスの量が多めなので辛さが中和され、途中からそれほど辛さは感じなくなった。ただただ美味い。

で、カレーも美味いんだけど、チキンティッカ(骨のないタンドリーチキン)がこれまた絶品。
これだけ食べながらビールを飲みたいわぁ~

勘定の時、インド人?パキスタン人?の店長がやってきて、「辛さ 8はどうでしたか?」って聞くので、「いやあ、まだまだ辛いのいけるよ」って答えると、辛さ 8を克服した人間にだけ勧める「もっと上」の辛さがあるらしい(笑)
「辛くて残されると困るから、初見の客には勧めていない」とか。「じゃ、今度来た時、『辛さ10で!』と注文すればいいの?」って聞くと、「私がお客さんの顔を覚えているので、今度来られたら改めてもっと辛いのいきますか?とお聞きします」だって。

なんか、やばいヤクの取引みたいになってきた(笑)
一昨日の夜は、9月から10月にかけて作成したシステムの本番移行作業を深夜0時と早朝の二回に分けて行い、2時間ちょっとくらいしか寝られなかった。
そこで昨日は定時になると逃げるように事務所をあとにし、最早で通津駅に着ける電車に飛び乗ったのだ。

が、なんか、山口県内のどこかの線路内で車が立ち往生したとかで、岩国で折り返し柳井に向かう電車が40分以上遅れてるって!(´;ω;`)

仕方ないので、時間潰しも兼ねて岩国で飯を食っていくことにした。
晩飯に選んだのは、久しぶりの「らーめん屋 階杉 岩国本店」のラーメンである。

20191106_kaisugi.JPG
いや、ラーメンと言いつつ、実際に食べたのは「魚介豚骨つけ麺」並盛り 780円。それに、当然炭水化物増し増しで「半チャーハン」260円を追加。
やっぱ炭水化物は人類のエネルギーの源じゃけえね(笑)
ちなみにつけ麺は一日30食の限定らしい。

階杉のつけ麺は初めてだったけど美味いね。麺とつけ汁は熱くもなく、冷たくもなく。いわゆる「人肌」温度。
俺は熱々なつけ麺が好きなんだけど、美味いから許す(笑)
麺の上に散らされた大葉がいいねえ。魚介豚骨のスープに、大葉が良いアクセントとして効くなんて初めて知った。
炒飯は並の味だったけど(笑)

ただ、このスープ。魚粉のざらざらを感じる程度に濃厚なんだけど、濃い味のラーメンばかり食べて舌が馬鹿になってる俺には「もうひと刺激」欲しいところ。
試しにニンニクを潰して入れてみたら、全然ニンニク臭くならずに更に味が濃厚に。これは正解だった。

ただ、丼の影になってて気づかなかったが、実際は「もうひと刺激」のために油漬けの唐辛子が小皿で付いてきていた(笑)
ま、美味かったのでよし(笑)

しかし、つけ麺は最後に汁が残るのがもったいないね。
途中までレンゲですくって飲んでたをだけど、さすがに濃いんで、血圧が300とかいきそうなのでやめておいた(^^;; 死ぬからな。

日本そばの汁のようにだし汁で割って最後に飲ませたり、ご飯を入れておじやにしてフィニッシュさせる店もあるけど、基本、残すものだからやっぱもったいない。この「もったいなさ」が嫌で、あまりつけ麺頼まいのよね(笑)
つぎは普通のラーメンか汁なし担々麺にしよう。
金曜日は久しぶりに十日市の「どんどん」でワンタンメンを。
もちろん、炭水化物オン炭水化物!焼飯を付けたラーメンセットで。1,070円也。

20191101_dondon.jpg
時を同じくして、東京でラーメン&炒飯を食べていた友人Nが、「この歳になってラーメンと焼飯はきつい」とSNSで発言していたが(笑)、いやいや、なになに。わしは未だ「炒飯抜きのラーメン」には寂しさしか感じんのですよ!
デブの鑑やね。

あいかわらず「どんどん」のワンタンはそのまま焼いて食べたら美味そうな餃子ライクな味をしてて、ちょっとラーメンスープと喧嘩をしてしまうようなところがあるんだけど、たっぷり肉も入っていて、これまたデブ感激(笑)

そういえば、「どんどん」のラーメンも「広島醤油とんこつスープ」なんだけど、昔から全然苦手感ないなあ。
まあ、あんまり醤油臭さがないからだろうな。

いや、ほんと、俺、そのまま瓶からごくごく飲んでもいいくらい醤油は好きなんだけど(死ぬわ(笑))、醤油を温めたもわっとしたあの醤油臭さは駄目なんよ。

「どんどん」はほどよい醤油の香りで俺的にベストな醤油とんこつスープだ。
この店。30数年前、ちょうど俺が学生で十日市に住んでいたころに開店した思い出の店。
大将には、いつまでも元気で店を続けてほしいものよ。
11/3(日)~11/4(祝)の二日間、中山湖にて「Splash2019 マツムラ建設杯カヌースプリントチャレンジ大会」が開催され、俺もバイトJKを伴って記録係で参加した。

で、この二日間は選手及び運営スタッフに昼食が振る舞われたのだが、これが美味かった。

20191103_carry.jpg 20191104_yakinikudon.JPG

どちらも「焼肉 牛太」のケータリング。
一日目はカレー。最初に一口食べた時は「あ、全然辛くない」と思ったのだが、これが食べすすめるにつれピリピリとスパイスが口の中で暴れだし、辛いもの好きの気持ちも満足させるものであった。
辛くはないけど刺激的という、スパイスの効いた美味いカレーであった。

そして、二日目の「焼肉丼」が最高であった。
しかも、俺、少し遅めに取りに行ったので(俺が賞状を打ち出している最中に、バイトJKが配膳場所まで取りに行ってくれた)、肉が余ってきたのでマシマシで肉を載せてくれたらしい(笑)

醤油味と味噌味があったのだが、側で一足先に丼を食べていた山口県カヌー協会理事長が「味噌の方が絶対美味い」と言われるので(笑)「味噌味」を選択。
ネギとキムチがトッピングで選べるのだが、もちろん「両方載せ」で(笑)。

いやあ、美味かった。
大好きだった「東京チカラめし」の焼き牛丼を思い出す。いや、味は全然違うんだろうけど、すでに焼き牛丼は「美味かった」というあやふやな思い出しかないから(笑)

というわけで、来年以降もこの丼を食わせていただけるのであれば、引き続き記録係をする所存です(笑)
横川駅裏(北口?)のガード下が整備されて新しい店が入ってるんだけど、その中に「持ち帰り専門」の寿司屋があったので、先日、晩飯を買いに寄ってみた。

「すし健 横川店」である。
八丁堀が本店で、白島や光町にも店があるようやね。

20191010_sushi1.jpg
店の前の看板に、「にぎり寿司 8貫 700円」とあったので、「スーパーのパック寿司よりは高いけど、それよりはちゃんとしてるんだろう。1貫100円くらいだから期待はできんけど、どうせ今夜は家族は徳山に出かけてて家に俺一人だから、晩飯どっかで買って帰ろうと思ってたしな」なんて考え入店。

ところがである。
もう、閉店時間が近いということで、にぎり寿司はほぼ売り切れ。唯一残ってたのが、「10貫 1,580円」のパックのみ(´;Д;`)

「あっ」と思ったが、店員さんと一対一の対面販売で「安いのがないので買わない」と言えない俺。「じゃあ、これを」と購入。パックの寿司に 1,580円か・・・

いや、まあ、美味かったんだけど、1,580円出すのなら他に美味いものはいっぱいあるしなあ・・・

こういうとき、ちゃんと見栄をはらずに回れ右して帰れる勇気がほしいよ・・・

あ、ちなみに、「マグロの角煮」と「ピリ辛れんこん(正式名称忘れた)」という惣菜も買って帰ったんだけど、これも美味かった。またツマミ用に惣菜買って帰ろう。
あまり広島醤油とんこつラーメンというやつが好きではない。

20191021_taubame1.JPG
だから、「陽気」とか「すずめ」とか所謂広島のラーメンの名店というところに行っても「なるほど。マイナスポイントのない味だな」と思うくらいで「美味い!」と思ったことはない。
「また来たい」とか思わないという・・・(^^;;

俺はどろどろ濃い目のスープが好きなのだ。

しかし、最近、加齢のせいか(笑)、仕事のストレスで味覚が変わってきたのか、広島醤油とんこつスープを美味いと思うことがある。

先週の帰り道。あまりに腹が減ったので、観音から西広島バイパスに乗る前についつい「つばめ」に寄ってしまった。広島醤油とんこつの有名店だ。

店に入ると、大将にいきなり「ひとつ?」と聞かれる。この店には中華そばしか商品がない。だから数しか聞かれない。(おにぎりとおでんというサイドメニューはある)

久しぶりの「つばめ」のラーメン、これが美味いのだ(笑)
当たり前だと思わないでほしい。酸っぱいものが苦手な人がいるように、俺は広島醤油とんこつが苦手なのだ。

でも美味い(笑)

20191021_taubame2.JPG
どうしちゃったのかね?俺、死ぬのかね?(笑)
まあ、「つばめ」のラーメンはけっこうスープの上に油膜がはってて、いつまでもスープが熱々なのよね。俺、熱いスープが好きだから。この日は少し冷え込んでたし、より熱々スープを美味く感じたのかね?

ただ一点残念なのは、「つばめ」だけではなく、広島醤油とんこつラーメンの老舗には多いパターンだけど、メニューにチャーハンがないことよね。
俺にとって、ラーメンはチャーハンやカレーライスと一緒に食べるものだから(笑)

炭水化物 オン 炭水化物!

「だから広島醤油とんこつの店って魅力半減なのよね」と思いつつ、張り出した腹をさする俺なのであった。
そう言えば、この夏の職場釣りクラブによる「夏の山陰遠征」の話をほとんど書いていなかった。

7/20~7/21の二日間、お客さんのところの釣りクラブの皆さんに同行し、泊まり込みで松江・境港方面に釣り遠征したのである。

その初日の昼飯は、鳥取県のイオンモール日吉津店の駐車場内にある「山芳亭」にて海鮮丼を食べたのだが、いつかこのメンバーで一緒に食事をした浜田の「しまねお魚センター」2F のレストランと比べると、内容は雲泥の差であった。
あ、もちろん、「泥」は「しまねお魚センター」の方ね(笑)

つーか、「しまねお魚センター」、今年の 5月に閉鎖してたんだな(笑)。いや、まあ、あの内容ではリピーターも来んだろうし仕方あるまい。正直、「世の中を知らない田舎の強欲な親父がよその観光地を真似て観光地価格のボッタクリ店を運営したが、浜田でいつまでもそんな商売が成り立つわけないやろ、アホ!」って店だったもんな、2Fのレストラン。

それに比べると、例えば俺が注文した「山芳亭」の「特選海鮮丼」は 1,728円もしたけど、こりゃ、広島で同じものを頼んだら 2,500円くらい取るやろうって内容で、「しまねお魚センターのスーパー天丼って 1,728円もするけど、これ、広島で同じものを頼んだら、1,280円くらいで食えるで」って商売と比べると、ベクトルがまったく逆方向を向いていて実に笑えるのであった。

20190720_kaisendon.JPG
ハマチ、サバ、炙ったサワラ?、マグロの漬け、サザエ、タコ、トコブシ、バイ貝、タコ、明太子、サーモン、あと何が乗ってたっけ?もう種類多すぎてわからん(笑)。あ、漬けはマグロじゃなくて、なにか青物だったっけ?

ちなみに、俺は大満足だったのだが、メンバーのひとりは「ちょっと磯臭いなあ」と不満を漏らしていた。
確かに、貝類なんかちゃんと洗ってんの?海から引き上げてそのまま殻ごと飯に乗っけて無い?って言いたいくらい潮の香りがした(笑)。俺はそれを「新鮮」と捉えたが、苦手な人は駄目かも。まぐろ丼とかにしといたほうがいいかもね。

あと、海鮮の具材の量に飯の量が合ってない(^^; まあ、上に乗ってる魚介類だけで腹いっぱいになりそうなんで、飯の量をそんなに増やせないと思うけど、丼ものは「具と飯を必ず一緒に口に入れたい」派の俺としては、最後に魚介類だけを刺し身のように食べてフィニッシュというのは残念であった。

まあ、「しまねお魚センター」のスーパー天丼と比べたら、ほんとに月とスッポンだけどね(笑)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち酒とか食べ物とかカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは趣味の世界です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2019年11月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら