酒とか食べ物とかの最近のブログ記事

前から気にはなっていたものの、なかなか寄る機会が無かったのだが、やっと今日、初めて口に出来たのが、「ラー油蕎麦 MATuNo屋」の看板メニュー「ラー油蕎麦」である。

20180713_raayusoba1.JPG
一杯 750円。
なかなか良い値段だが、結論から言えば、まあ、そこそこ適正価格なんじゃないだろうか。
これが800円だと、「広島つけ麺」並のボッてる感が出てくるんだけど、なかなか絶妙な価格設定だな(笑)
俺、この間、大竹の「昇龍軒」というドカメシ族(大量の飯さえ食えれば満足という連中(笑))御用達の店で、500円の価値しかないつけ麺に800円も払わされて、それ以来他所の店の値段設定には甘くなってるんだけど(笑)

麺つゆに大量のピリ辛ラー油が入っている感じで、味は「広島つけ麺」の「和蕎麦版」って感じ。辛くて俺は好き。ラー油の正面攻撃的辛さを舌で味わい、ネギの爽やかな辛味を鼻で感じる。楽しい。
思ったよりも色物感は無くて、おろし蕎麦とかと同列の「蕎麦の提供形態の一種」くらいの感覚。そのくらい、ラー油と蕎麦の相性は悪くなかった。

また積極的に食べに行きたいってほどにはハマらなかったが、近くを通った時は、例えば「今日はラーメンにしようか、ラー油蕎麦にしょうか」って選択肢のひとつには上がるくらいには気に入った。

1,000円も出して大量のキャベツと「広島つけ麺」食うくらいなら、ラー油蕎麦の方が絶対良い。
ほんと、広島つけ麺はいい加減にあの根拠のない強気の値段設定をどうにかしないと淘汰されるで。

20180713_raayusoba2.JPG
・・・あ、話がずれた。すまん、すまん(笑)

ちなみに、注文後、パスパス・・・と密かに放屁したのだが、これが「人間の身体からこんな腐臭のするガスが出るもんなの?」って自分でもびっくりするくらい悪臭の屁で、「やべえなあ」と思ってたら店主が俺の後ろを通る時、ちょっと顔をしかめて「ん?」って首をかしげる。で、ばっちり目があってしまった(^^;

俺の屁ってバレたよな?屁じゃなくあんな匂いしてたら、110番する状況だよ。110番しなかったってことは、店主も「あ、こいつが放屁したんだ」って、「人間の身体って、こんな臭いガスを生み出せるもんなの?」って思ったんだろうなあ。

本当にごめんなさい。
昨日は予定通り残業。
嫁さんにはあらかじめ晩飯はいらないと伝えていた。

20180709_shian1.JPG
ところが、残業が終わったのが微妙な時間。そのまま駐車場から車を出せば停めっぱなし上限料金で済むが、飯食ってたら20時を超えて100円追加になりそう。
昨日はがんばって「8:00〜20:00 停めっぱなし 800円」(土橋界隈では最安値くらい)のところに停めたのに、100円追い銭するのもなんか悔しい。

というわけで、100円を惜しんで外食は断念。久しぶりに、「堺町キッチン 志庵」へ。
ちょっと悩んで、「唐揚げとアジフライ弁当」630円也を購入した。
この店はイートインもできるんだけど、それじゃあ弁当にした意味がないので(笑)テイクアウトで。

今年、「志庵」は「第四回全国丼グランプリ」と「第9回からあげグランプリ チキン南蛮部門 金賞」を受賞されたそうな。スゴい!
いや、どんな賞なのかはよく知らんのだけど(^^;

家に帰って食べるつもりだったが、時間が経ったら、せっかくの「志庵」自慢のさくさくフライがべちょべちょフライになってしまうのではと心配になり、結局、西広島バイパスの佐方SAに車を停めて食べちゃった(笑)

20180709_shian2.JPG
ああ、唐揚げのこの引き締まった身。ブロイラー・・・なのかもしれんけど(^^;、ブロイラー肉のような水っぽさが全然ない。

そして、アジフライのこのサクサクさよ。自家製タルタルソースをつけると、アジの身の甘さが強調されて、うまーい。
最初、「なんか、水っぽいサラダやな」とタルタルソースを二、三口食べてしまったのはご愛嬌で。

そういえば前回行ったのはずいぶん前だが、その時は何を頼んだんだろうと思ってブログを検索してみたら、やっぱり「唐揚げとアジフライ弁当」であった(^^;
「みつ」に晩飯を食いに行ったのも久しぶりだ。

20180710_mitsu1.jpg
最近、十日市界隈でお好み焼というと、ほぼ「鉄華」なんだけど(つっても、お好み焼は食べず、刺し身とかつつきながら酒飲んでることが多いんだけど(^^;;)、昨夜はあまりのんびり酒を飲んでいる時間がなかったので、純粋にお好み焼を食べようと「みつ」を訪ねたのだ。
お好み焼だけなら、俺は「みつ」が十日市界隈では一番好きなのである。

ふたりがけの小さなテーブル席に座ると、いつものように、生ビールとお好み焼の「スペシャル(そば)」を注文。生イカ、生エビ、イカ天が入って 950円である。
そして、今日はもう一品、「舞茸バター炒め」450円も注文。

ハッピーバースデー、俺。ハッピーバースデートゥーミー。この舞茸は俺のバースデーケーキだわ。これがなかなかの逸品であった。

バターで香ばしく炒められた大きな舞茸をサクサクやりながらビールを飲む幸せ。舞茸は風味もいいしね。

そして、いつもの「スペシャル」。
ああ、素の「肉玉そば」ではなく、「スペシャル」をこうして気軽に注文できるとは、独立して社長になってよかった(笑)
サラリーマンだと、「肉玉そば」を頼むときも財布の中を確認しながらおどおどって感じになるからな。皆貧乏だから(←偏見(笑))

20180710_mitsu2.jpg
この日も「みつ」のお好み焼のそばはカリカリに焼けている。
やっぱ、お好み焼のそばの端っこはカリカリに焼けてないとダメやね。さいきん、「みつ」はこのカリカリ具合が強化されているようで嬉しい限りです。

以前は外はカリカリなんだけど、内側がふかふか過ぎて(しっかり蒸すから)そこが俺の好みと違っていたんだけど、最近の「みつ」は俺の理想のお好み焼に相当近づきつつある。

酒を飲むなら「鉄華」。お好み食べるなら「みつ」・・・だな。あ、日本酒飲むなら「鉄華」。ビール飲むなら「みつ」でもあるか。あ、ああ、でも、でも、「みつ」は生中が 500円もするのよね。これは悲しい・・・←あれ?社長なのに?(笑)
金曜日は自動車免許の更新と、夕方から高校PTAの評議員会がある予定だったので(これは結局大雨で延期)午後休をいただき、車で広島から岩国に移動。
途中、大野の「ラーメンショップ 椿 大野店」で昼食を。

20180706_ra-syo1.JPG
金曜日は、いつもは 700円の「ネギ塩ラーメン」が 500円なのよね・・・と思って入店しようとしたんだけど、あれ?入り口のところに「500円サービス」の看板が出てないな???
「もしかして、やってないのかな?」と思いつつ入店。

まあ、定価なら定価でもいいやと思いつつ、「ネギ塩ラーメン」と「チャーシューまぜごはん(小)」を注文。
チャーシューまぜごはんは、普通のライスに +100円である。「ライス(小)」が100円だから、「チャーシューまぜごはん(小)」は 200円となる。

ラーメンの話の前にチャーシューまぜごはんに触れておくと、「チャーシューまぜごはん(小)」だとご飯とチャーシューの比率が「チャーシュー多」の状態になり、味も濃いめで相当美味い。
「いや、デブとして(小)はありえんやろ!」と思うデブの気持ちもわかるけど、ラーショはそもそも麺の量が多いからな。俺くらいのスタイリッシュなデブだとラーメン+まぜごはん(小)でも十分な満足感を得られるんやで。

で、ラーメンなんだけど、あれ?味変わった?
いやあ、もっとネギがピリ辛で、いつまでも口の中にネギ臭さが残るのがラーショのネギラーメンの良いところだと思うんだけど、それがあんまりなくて。そのせいか、塩とんこつのスープがいつもより甘く感じて・・・
紅生姜と辛子高菜がほしいな(笑)

20180706_ra-syo2.JPG
てか、大将変わった?前からこのお兄ちゃん(つっても40は超えてる?)だったっけ?
ラーショ大野もたまにしか来ないんで記憶があやふや。
給仕係のおば・・・お姉さんと、ずっと夫婦漫才みたいなやり取りしてた(笑)

で、お会計。

「ネギ塩ラーメンとチャーシューまぜごはん(小)で 700円です」

あ、やっぱり金曜日のラーメン500円サービスは続いてるんや。
すげえ雨だったから、看板仕舞ってただけかな?
現在進行中の大雨被害。先週も、結局雨が降らなかったのは 7/4(水)だけ?
カープが 7/3~7/5 の三日間、ズムスタで 2位ヤクルト相手に三連戦ってことで、実は俺も 7/5の内野指定席を岩国の飲み友達に譲ってもらって参戦予定だったんだけど・・・

ええ、ええ。雨でした(^^; 台風接近中だったしね。ということで残念ながらカープの試合は見れなかったんだけど、そのまま帰るのもアレなので、雨降る街に出撃。
スーツの裾を濡らしながら、「中華そば きたぎ」に向かったのでありました。

そう。このブログでも書いたけど、「千鳥」の大悟の知り合いの若い店主がやってる笠岡ラーメンの店ね。
一週間で再訪って(そんなに外食しない俺からすると)珍しいんだけど、いや、別に「笠岡ラーメン」がむっちゃ気に入って、食べたくてたまらなくなったんや・・・ってわけではない(^^;
笠岡ラーメンは割と好きなラーメンだけど、他にも美味しいラーメン屋はいっぱいあるからね。

20180705_kisagi.jpg
実は、「きたぎ」を再訪したのは、この店のカレーラーメンを食べてみたかったから。
壁に貼られたメニューにはカレーラーメンは載ってないんだけど、入り口に「カレーラーメンあります」って貼り紙があるし、券売機にも当然ボタンがあるので、別に隠しメニューってわけではない。

俺、カレーラーメン好きなのよ。カレーラーメンがあるのなら、食べに行くしかないでしょう。

で、いきなり結論だけど・・・う~ん・・・まあ、「並」かな(笑)

具は、親鶏(かしわ)チャーシュー、青ネギ、メンマ。「中華そば」と一緒。
カレーは美味しいんだけど、そんなに個性的ではなくて、家で作ってくれる嫁さんの「市販ルーを使ったカレー」とそんなに違わない味っていうか・・・(^^;

それに、親鶏(かしわ)肉のチャーシューがカレーに合ってないような・・・
というのが、このチャーシュー、けっこう塩気がある。普通に中華そばで食べてるときは感じなかったんだけど、カレーと合わせるとそのしょっぱさが気になるというか。
カレーと塩気って合わないじゃん。

まあ、親鶏チャーシューもしばらくカレーの中に浸かっていると味が馴染んできて美味しいんだけど、最初の一口目が「???」だったのは残念だったな。
もっと「親鶏チャーシューを使う」ためのカレーの味を追求すると面白いかも。
なんか、前日にマツコの番組で笠岡ラーメンが紹介されたそうで、しかも、その時出演していたラーメンの専門家が小太りにメガネで俺に似ていたとか。

20180627_kitagi1.JPG
いや、俺が立町の笠岡ラーメンの店「中華そば きたぎ」に晩飯を食いに出かけたのは、たまたまですから(^^;;
以前から立町に新しいラーメン屋が出来たという話を聞いてて、この日はたまたま街でお客さんと打ち合わせがあって、新しいラーメン屋の話を思い出し、帰りに寄ってみただけだから!

あと、小太りにメガネというだけで、俺に似ているというのもやめて!

というわけで「中華そば きたぎ」。
笠岡ラーメンという未知なる領域のラーメンの店である。
なんと、「やまね 立町店」のあとに居抜きで入ったんやね。てか、「やまね 立町店」もう閉店してたんや。残念。

あ、「きたぎ」の話ね。
どうも、(後で聞いた話だと)大将が笠岡出身のお笑いコンビ「千鳥」の大悟の友人らしい。だからか、店のポスターに大悟が載ってて、「懐かしい味じゃ〜クセがスゴいんじゃ!」なんて言うてる。
いや、大悟、「クセがすごい」はノブの持ちギャグじゃけえ(笑)

で、ラーメン。
「中華そば(並)」700円也を注文。
メニューはシンプル。ラーメンの他にはおにぎりしかない。ただこの日は、なぜかお稲荷さんがサービスでついてきた。
いつも夕方の決まった時間にはこういうサービスがあるのか、たまたまだったのかわからないが、腹が減っていたので嬉しかった(笑)

マツコの番組を見た人はご存知だろうが、チャーシューの代わりに親鶏の肉(かしわ肉)が載っている。
親鶏とは、食肉用のブロイラーなどと違い、卵を産ませるための鶏で、だいたい2年くらい経って卵を産まなくなったら食肉にされる。口が悪い人は「ババァ肉」とか言っちゃう。

20180627_kitagi2.jpg
肉質が硬いので俺もあまり好きではなかったのだが、かつて通っていたあの「ふくろう」のおでん種に「親鶏」があり、それを食べて以来好きになっちゃったのよね。自宅で作るおでんにも入れることがあるし、網で炙って食べるのも好き。
「きたぎ」のラーメンの親鶏ももちろん固くて噛みごたえはあるが、噛めば噛むほど旨味が出てきて最高である。

スープは醤油だが、親鶏から取ったスープが香ばしくて、若い鶏から取ったような甘ったるさがないので、俺は全然好き。俺、甘ったるい醤油スープが駄目だからな(^^;

てか、これ、クセある?もっとクセのある醤油ラーメン知ってるで。不味いやつ(笑)
「きたぎ」のラーメンは「クセ」もなく、誰が食べても普通に美味しい醤油ラーメンですわ。

カレーラーメンもあるようなので、近々にまた行ってみないといけない。
先日、そお小学校の育友会(いわゆるPTAね)の懇親会があった
一応、俺も執行部ではないけど、顧問をしているので準備などを手伝った。

全校生徒が50数名。もちろん世帯数で言えばもっと少ないわけで、それでも先生方を合わせて35名ほどの参加があったので、まずまず盛況だったと言えるんじゃないだろうか。

ま、小さい地域で、日頃から顔見知りが多いんで、普通に「飲み会」感覚で来ている人も多いんだろうけど。

で、俺、(話すと長い、そこまでに至る経緯とかあるんだけど(^^;;)ある保護者ママさんに「ちょっと酔わすとヤレる人ですよね」などの問題発言をして大顰蹙を買いつつも(だからあ、ちゃんとその発言には道筋の通った論理的理由があるんだって(笑))無事会は終了しました:-P

20180624_kudokijyouzu.JPGあ、その話じゃなくて、書きたかったのは「くどき上手 純米吟醸」(山形県)。
実はそお小の懇親会は、顧問が酒を差し入れるという決まりがあって(いつのまにか出来てて)、つーか、知らんわ、そんな決まり(^^;;、俺は顧問になって二年連続で差し入れしてなかったんだけど、会長のSバタ君からのプレッシャーが酷くて(^^;;、とうとう今年は「くどき上手」を差し入れたという(^^;;

いやあ、浮世絵の美人画みたいなラベルが若干ダサいんだけど、これ、美味かったですわ。
上品なフルーツ香で、すごく飲みやすくて、皆にも美味しいと言ってもらって、ホっだよ。
この日曜日は、玖珂の「なかの」に長男(俺ね)、長女夫婦と、大学進学で家を出た甥っ子とうちの長男を除いた全孫+孫の彼女が勢ぞろいして、お袋の喜寿のお祝いをした。

20180701_nakano1.JPG若い頃は高森高校でソフトボールをしていたというお袋は幸いなことに頭も身体も未だ壮健でありがたいことです。

俺が小学校に入る前に離婚し、中学生になるまで 6〜7年会ったことのなかったお袋だが、再会してからはその空白の時間を埋めるかのように、「もういいって」というのに、30歳を過ぎるまで毎年俺に誕生日のプレゼントを買ってくれた。

イン◯ックの皆さん、初めて広島センターで受注した某尾道市の140ページに及ぶ大型web制作案件。あの時フル稼働していた EPSON のスキャナー。あれ、30歳の誕生日にお袋が買ってくれた俺のバースデープレゼントよ!(笑)(会社は買ってくれなかったので)

あの案件は我が母の愛無しには成し得なかったのである(笑)

この歳になっても相変わらずお袋に頼り、某プロジェクトへの出資をお願いした俺。その代わり、ちゃんとオムツは替えてやるからという俺に、「私の家系は皆ぽっくり行くから大丈夫」と笑うお袋。それが本当なら、俺にもその遺伝子が色濃く伝わっていることを望む(笑)

始終、「なかの」の座敷には笑い声が満ちていた。
いつかお袋がぽっくり往くその日まで、こうして楽しく家族でお袋を囲めていれればええのお。

20180701_nakano2.JPGところで、「なかの」の日本酒三種飲みくらべ。日本酒メニューの中からどれでも好きなのを三種選べる。ちょっと迷って、「直虎」(長野)、「金雀」(山口)、「雁木」(山口)をチョイス。

結局、冒険はせずに、いつも呑んでる岩国の酒を入れてしまうところが「石橋を叩いて壊す」俺らしい(笑)
「ま、岩国の酒が一番美味いでしょうよ」という気持ちで飲み始めたのだが、長野の「直虎」が一番美味かった。「菊水 ふなぐち」みたいな濃い感じ。旨味がすごいわ。

あ、結局最後は酒の話か(^^;;
「サッポロ一番」が出している激辛ラーメン。「地獄の担々麺 護摩龍」が、日曜日の朝飯だった。

いや、嫁さんの名誉のために言っておくが、別に嫁さんが朝飯を作ってくれないから、朝からカップ麺を食ってるみたいな話ではない。
反対に俺が、「日曜日の朝くらい、身体に悪そうな好きなものを食べたい」と言って、自らの意志で食っているものなのである。

カレーだ、パスタだ、ラーメンだと朝から色々作るが、特に激辛メニューが多いかな。

20180701_jigoku.jpgこのカップ麺も、そんな俺が大好きな激辛麺である。「朝からそんなもん食べたら身体に悪いよ」という嫁さんの忠告を無視して、俺はカップに湯を注いだのであった。

東京大久保にある実在する店がプロデュースしてる商品だ。ただ、何度もこのブログで書いているが、俺はラーメンマニアではないので、名店、有名店というのに全く興味がない。
「護摩龍」なんて知らないし、今後も行く予定はない。
俺にとっては、今、目の前にある、ドクロの描かれたおどろおどろしいパッケージのインスタント麺が全てだ。

どうも、実存店で出している辛さでいうと、ちょうど真ん中あたりの辛さのようだが、けっこう辛い。激辛カップ麺といえば「辛辛魚」だが、その次くらいに辛いかもしれない。
うん、いいよ、いいよ。

あと、こいつは麺も良かった。
最初、生麺タイプだったので、「ああ、またインスタント生麺特有のゴムみたいな、蝋細工みたいな食感を味わわんといかんのか。嫌いなんだよな、生麺タイプ」と暗澹たる気持ちになったのだが、あら、全然ゴムみたいじゃない。
ちゃんとした麺に近い食感だ。

というわけで、俺的には「辛辛魚」より好きかも。
またコンビニで売ってたら買うかも。
以前から駅裏、あ、駅北にある「刀削麺荘 唐家 広島駅北口店」に行ってみたかったのだが、なかなか機会が無かった。
だって、駅裏、あ、駅北に行くことがそもそもないんやもん。

しかし、やっと今日、そのチャンスが訪れた。ま、単に、広島駅まで行った時、奇跡的に「唐家」のことを思い出しただけなんだけど(^^;;

早速駅裏、あ、駅北へ。

20180702_tousyoumen1.JPG
しかし、「唐家」ってけっこう遠いね(^^;;
高森高校むつみ同窓会広島支部の総会がいつも「広島ガーデンパレス」で開かれるので、そこまでは徒歩で行ったことがあるんだけど、そこから更に東へ。
途中、ちょっと不安になったわ(^^;;

「唐家」には、以前全国放送のTVでも紹介された、あの最新テクノロジー。ラーメン王・石神が「人類を超えた」と絶賛する、刀削麺ロボがいるのです。

券売機で店一番人気の「麻辣刀削麺」700円のチケットを購入する。
「パクチーは入れても大丈夫ですか?」と聞かれたので、「はい」と。
パクチーは嫌いだが、入れるのがレギュラーなのなら、最初はその形で味わってみたい。
まあ、結論から言うと、次回は抜いてもらいます(笑)

いや、結構辛い麻辣スープにパクチーは良く合ってるのよ。パクチーひとつで、つんつんした麻辣味が辛さや痺れを失うことなく、更に複雑な味に変化する。敏感な舌を持った美食家であれば、この味の変化を楽しめるだろう。

が、俺はノーサンキューです。
パクチーが入ってなくても、この店の刀削麺は十分美味い。
つーか、中華で使うときは、「シャンツァイ」って言わんかい!!←言いがかり(笑)

麺もそうだ。

20180702_tousyoumen2.JPG
刀削麺ロボが削った麺は、一定の太さ、一定の幅をたもち、実に喉越しがいい。
中国の麺料理なので、日本固有の麺料理であるラーメン(中華そば)のように啜るのはマナー違反。本来はもごもごと箸で口の中に押し込み、十分咀嚼した上で飲み込むのが正しい食べ方。
それはわかっちゃいるけど、他の客もいなかったので、俺は豪快に麺を啜る。ああ、つるつるしてて、唇、舌、喉へと快感が走り抜ける。

この麺を啜らずして、「唐家」の麺を味わったと言うなかれ・・・と思う(笑)

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち酒とか食べ物とかカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは趣味の世界です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

2018年7月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら