酒とか食べ物とかの最近のブログ記事

・・・というタイトルで書き始めたんだけど、よく考えたら二番だったかも。(なんか、そういえば牡蠣の入ったうどんがあったんだよな。値段よく見てないけど(^^;)

ま、それほそれとして・・・

今週の連休明け。HBGホールで「カーリングシトーンズ」の最高のライブを観た帰り、久しぶりに俺は廿日市の「丸忠うどん」に車を滑り込ませたのであった。(運転してたの嫁さんだけど)

最初は「かき揚げの天ぷらうどんにしようか。いや、山菜うどんもいいかも」なんて思ってたんだけど、いざ券売機の前に立つと、「最高のライブを観たスペシャルな夜には、スペシャルなうどんを」と天啓が降りてきた(笑)

20200114_maruchu.jpg
というわけで、「えび天おろしうどん」を注文。時間はもう22時前。過度な炭水化物の摂取は控えるべき時間だ。でもこの日は奥田シトーンたちがくれた特別な夜。だから「おにぎり 2個セット」を添えて(笑)

いやあ、あれやね、おにぎり付けるなら普通の天ぷらうどんにすればよかったね(^^;;
俺のうどん&おにぎりの食べ方は「うどん食べて、おにぎり食べて、咀嚼してる途中でうどんスープを飲んで」なんだけど、このうどん、具材が多すぎてスープ飲みづれぇ(^^;;

でかい海老の天ぷら、それだけかと思えば、実は野菜のかき揚げも入ってる。これだけでもけっこうこいつらが汁を吸う。
大根おろしもスープとどろどろに絡み合ってるし、「え?これ、とろろうどん?」と思ってしまうほど大量に投入されたとろろ(笑)がとどめを刺してる(^^;;;

汁物がないと、最近ご飯が食べづらいのよね。年齢的なものなのか(^^;
というわけで次回は普通のうどんを注文しよう(^^;;;

でも、この豪華なうどんも美味かった。でかい海老天の先までちゃんと海老が入っているし、このうどんの味は、やっぱ広島人のソウルフードのひとつよね。まあ、俺、山口県民だけど(笑)

幸せな夜であった。
自宅から神石高原町まで片道191kmというちょっとした小旅行な距離を車で移動中(仕事です(^^;;)、中国自動車道の七塚原SAでトイレ休憩。

駐車場に停まっている車の数も少なく、隅の方では野良猫が日向ぼっこをしている長閑さ(笑)

時間は朝11時頃。まだ昼飯には早いが、現地の様子がわからない(飯食えるところがあるかわからない)ので、SAのレストランで飯を食っていくことに。

20200111_nanatsukahara2.jpg
尾道ラーメンも魅力的だったが、最近ラーメン食べすぎでカロリー過多な感じなので、「広島焼きそば」をチョイス。
これは俺の個人的見解だが、焼きそばは汁が無い分、ラーメンの十分の一くらいのカロリーであろう。ヘルシー!

「広島焼きそば」は地元三次のカープソース(県外の人に説明しておくと、お好み焼王国ヒロシマで、オタフクソースと人気を二分するお好みソースである)で味付けされた焼きそばで、これまた地元産の唐辛子入り辛麺(普通麺にも変更可)や豚肉などが入っている。

やっぱ、広島じゃ焼きそばの味付けはお好みソースよね。

もっと強めの火力で一気に炒めないと、少し野菜の汁気が出てベチャとしてたのが残念だったが(少し調理に時間がかかってたな(^^;;)なかなか美味かった。辛麺の辛さもしっかり感じられてグー。

何より、カロリーがラーメンの十分の一なのがいいね(笑)※当社調査
世羅の道の駅に寄ったら、「世羅のとうふ家 豆腐ハンバーグ弁当」が半額250円になってたので購入。

「世羅のとうふ家」というのは豆腐料理中心のレストランらしく、世羅本店の他に庚午と井口の方にも出店しているらしい。

油木で仕事をして家に帰ってる途中だったんだけど、この日は朝飯が早かったので、腹が減って、腹が減って(^^;;
いつもなら、絶対「豆腐メインの弁当」なんか買わんけど、更にお値段半額では、手を出さぬわけにもいくまい(笑)

20200111_bentou.jpg
豆腐(というか、がんもどきやね。ま、がんもどきも材料は豆腐だから、豆腐ハンバーグと言って間違いじゃないけどな)に野菜の餡がかかっている。うーん、よく弁当の「副菜」にちっこいのがついてるやつやな。
これが一応メインらしい大きさでドンと。

がんもどきは美味かった。
中に入ってる野菜はかなり小さくカットされている。時々歯応えのある小片にぶつかり「お、イカかタコかな?」と期待するが、やっぱ野菜だった(笑)

う〜む。確かにヘルシーなんだが、やはり脂ぎった熟年男子には物足りない。定価500円じゃ買わんなあ(^^;;

ネットで検索してみると、5年前は定価380円だったようで、うん、それなら買う。ヘルシーだし(←どの口が言う(^^;;)
仕事納めの 12/27(金)。

いつもならお客さんのところの納会に乱入して、きれいどころと色々な日本酒を楽しむ至福の時を過ごすのですが、今年は常駐先の仕事がきっちり17:30まであったのでそれも叶わず(^^;;
でも、今年は楽しい私的な忘年会が控えていたので悲しくなんかないもん!(笑)

そのひとつが、岩国のイタリアンレストラン「J.piatto(ジェイ・ピアット)」で開催された「特撮忘年会」であります。
昭和の時代から平成、そして令和まで途切れることなく続く日本の誇る特撮作品の数々をこよなく愛する者たちの集い。

20191227_bounen1.JPG 20191227_bounen2.JPG 20191227_bounen3.JPG 20191227_bounen4.JPG

俺も、ウルトラマン、仮面ライダーシリーズを始め、大鉄人17やアイアンキング、超人バロム1、レインボーマン、快傑ライオン丸、風雲ライオン丸、シルバー仮面、流星人間ゾーン、宇宙鉄人キョーダイン、アクマイザー3、人造人間キカイダー、ジャンボーグA、イナズマン、秘密戦隊ゴレンジャー。どんどん出てくるな(笑)。そしてミスアメリカ(←作品名じゃない(^^;)と食い入るように観て育ってきたけど・・・

でも、まあ、俺なんてホント、このメンバーで集まると「普通の市民」ですよ(笑)

この日の会の出席者。完全に特撮という泥沼にはまったTラさん、Fラくんの二人に、まだ片足は沼から出ているかもしれないYリン。三人とも堅気じゃないですからね(笑)。堅気なのは俺だけ(笑)

特に、Tラさん、Fラくん。
この日の話題は UMG のオオヤマキャップこと中山仁さんが今年の 10月に亡くなったということで(報道は 11/11)、ウルトラマン80ネタが中心。
80狂いのTラさんの独壇場で、お店の人が料理の説明をしようとするんだけど、Tさんの熱弁が続くので説明を始めるタイミングがつかめず立ち往生の苦笑いって感じで、そして、Tラさんの話の中にポイントとなるセリフが出てくるたびに、シンクロするFラくん(笑)
二人が寸分違わぬセリフをユニゾンする姿に感心するやら、感動するやら(笑)

俺も特撮ファンだったので、80をやってたときはもう中学3年生だったけど、第一話から最終話まで全部観てました。でも、ドラマの中のセリフなんてひとつも覚えて無ぇ~(笑)

いや~、楽しい一夜でした。あんなに美味しい料理がたくさん出てきたのに、その記憶があまり無いという弊害はありましたけど(^^;

次の「特撮飲み会」は周南で夏ぐらいに開催ですかね?(笑)

この 1/2 に残念ながら上原正三氏が亡くなったので、次回は「帰ってきたウルトラマン」の「怪獣使いと少年」の話中心で?あの、お粥が泥まみれになるシーンが忘れられない・・・←という、興味の無い人は誰も知らないだろうけど、特撮ファンとしては入門編みたいな話しか俺はできないんだけど、TラさんやFラくんはギャバンとかシャリバンとか俺の知らない上原氏ネタを出してくるんだろうな(笑)

それも楽しみ(笑)
水曜日は「鉄板焼 鉄華」で飯を食いながら阿知須のWebデザイナーN君とサイト制作の打ち合わせ。

お客さんからデザイナーも含めてミーティングがしたいという話があり、N君にも阿知須から広島に来てもらったのだ。

この日は、ミーティング後にN君と打ち合わせしながら一杯やろうかと岩徳線で通勤する予定だったが、前夜の強風のせいかダイヤが大狂い。
鉄道を諦め、車で広島まで通勤したのでアルコールは駄目という悲しい事態となったのだ。

というわけで「鉄華」で久しぶりに食事に専念(笑)。
ホルモンと牛すじが入ったお好み焼スペシャルそば入りをチョイス。ほんと、「鉄華」を完全に居酒屋扱いしている俺がお好み焼を食べるのも、マジで丸一年ぶりとかそんな感じだ(^^;;

20200108_okonomiyaki1.jpg
美味かったあ。
だいたい、魚介系のトッピングばかりを食ってる俺には、ホルモンや牛すじの旨味が溶け出し、お好みソースと濃厚な甘みを生み出しているお好み焼きは新鮮だった。

ぷりぷりのホルモンも沢山入ってるので、箸でつまんでホルモンだけを口に放り込む。
うっまぁ〜
駄目だ、酒が欲しくなる。

その時、嫁さんからLINEが。
もし酒を飲むのなら、(車を広島に置いてJRで帰れば)駅まで迎えに行くよと。

この日、俺が車を停めてたのは24時間770円の駐車場である。置いて帰っても、翌日一旦出庫してまた入り直せば、770円x2日で1,540円で済む。

よし、置いて帰ろう。即決である(笑)

もう、あらかたお好み焼は食べ終わっていたので、ビールはやめて日本酒を。
「鉄華」が月替りで提供しているスペシャルな日本酒の中から山形県酒田市の酒「上喜元(じょうきげん) 純米酒」を熱燗で。
おお、安酒を熱燗にしたときのような刺激のあるアルコール臭は全然ない。ただ米の甘みを楽しめる味だ。

結局、この日「鉄華」で飲めた酒はこれだけだったけど、日々溜まった澱が洗い流されたよ。一部だけど(笑)
本川町の相生通りにあるラーメン屋「廣島弐番」の塩スープは、二番どころか広島一番だと思っている。

この火曜日に店の前を通ったら、この塩スープを使った期間限定メニュー「牡蠣塩バターラーメン」のチラシが。
もちろん即入店。並盛り 950円の食券購入。麺の太さは中麺で。

20200108_hiroshimaniban.jpg
いやあ、牡蠣、ベーコン、バター、そして廣島弐番の塩スープ。スープを飲み物とするならば、これこそがマリアージュ(笑)

この手の期間限定の企画物ラーメンは失敗することも多いが、廣島弐番は安定している。ハズレがほぼ無い。

食べ終わると店主(この店はラーメン屋ではまだまだ珍しい女性店主である)から「牡蠣、どうでしたか?」の質問が。
俺が今期初めての牡蠣ラーメンの客だったそうだ。
「美味かったよ」と答えると「三月までぷりぷりの牡蠣が入ってきますから、また食べに来て下さいね」と。

音戸でとれた「かきむすめ」という牡蠣だが、「三月のかきむすめもサイズがあって美味しいですよ」ということだった。
嫁さんのお父さんにマリーナホップの「カルビ屋大福」で焼肉を奢ってもらった。
50歳もとうに過ぎているのに、実母や義父に奢ってもらってばかりで、本当に申し訳ないです(^^;;

娘から「私がアニメイトで推しグッズを買ってもらうお金が減るから、じいちゃん、ばあちゃんに年金を使わせるのはやめろ」と怒られましたよ。
まあ、娘も、じいちゃん、ばあちゃんの行く末を心配しているのではなく、己れの欲を優先させただけの話で情けないですが(^^;;

201200104_carry.JPG
んで、食べ放題のランチセット 1,980円を頼ませてもらったんだけど、ランチにはあの「カレー食べ放題」が付いてくる。

「焼肉食べ放題なのにカレー食べ放題に手を出す意味がわからん」と長男は言うてたけど、はぁ?当然食うやろ(笑)

ちなみに俺が初めて焼肉屋のカレー食べ放題に触れたのは中筋の「大福」だったんで、これは「大福」独自のものかと思ってたら、「叙々苑」とか他の焼肉屋でも結構やってるのね。
どこがルーツなんじゃろ?

義弟一家も一緒の総勢11名で行ったのに、カレー食ってるの、俺と義弟のとこの高校生、中学生の兄弟だけ(^^;;
しかも少年たちは控えめにご飯茶碗でミニサイズカレーにしているのに、初老の領域に入った俺だけがフルサイズのカレー。しかも、コーンとかトッピング。

大して美味いカレーじゃないけど(ま、ごく普通)、焼肉の前に炭水化物の塊を喰らうという、この背徳感がいいのよね(笑)

ま、デブの卑しさを子供たちに見せつけることができてよかったか(笑)
これも教育です。(なんの?(^^;;)
「鉄華」でwebデザイナーのN氏と打ち合わせをして、それからちょっと「寅卯」に寄っていくつもりだったんだけど、N氏と電停で世間話してたら微妙な時間になった。

立ち呑み屋で一杯やってくだけの時間は十分あるのだが、横川駅行きの広電がいい時間にサッとやってくるかどうかわからない。
10分も待つようなら、確実に横川駅で電車を見送ることになるだろう(^^;;

というわけで、十日市から横川まで歩いて、久しぶりに「ナイス★ユカリ」に。まだ電車の時間まで30分以上ある。ここで20分ほど時間を潰していくのだ。

20200108_yukari1.jpg
芋焼酎「黒霧島」のロック 380円と「しめサバ」450円を注文。〆て830円だが、外税10% 83円が加算されて 920円也。
あれ?ナイス★ユカリって外税だったっけ?安倍晋三のタイミングの悪い消費税増税の悪影響がこんな所にも。

しめサバは石川県産ね。
あまりしめ過ぎず美味かった。
「黒霧島」のロックも、コップにたっぷりそそがれた焼酎に、氷が4つくらい浮いているだけ。ほぼ酒(笑)
ほら、グラスに山のように入れられた氷に、申し訳なさそうな量の酒がそそがれているだけのロックもあるじゃん。その点、ナイス★ユカリは素晴らしい。

入店してきっちり20分後、満足して俺は横川駅に向かったのであった。
昨日は今年初の「らあめん 彩龍」。

朝から胸焼け中の嫁さんを家に置いて、子供たち三人と訪店したのだが、いつもどおりの長蛇の列。12:50頃に行ってみたのだが、席に座れたのは13:35頃だった。

20200105_sairyu2.JPG
俺は朝飯が遅かったので、久しぶりにラーメン単体のみ注文。いや、まあ、それでも頼んだのは「背脂ラーメン」でしたけど。
その辺はデブのプライドって言うか・・・(笑)
背脂が甘くて美味かったぁ〜

次男は最初唐揚げセットを注文したが品切れ。次に餃子セットをネギラーメンで注文したが今度はネギラーメンが品切れと運が無かった。
ラッキーなことに、受験した採用試験に全部合格したので、運を使い果たしたか(笑)

俺と娘は用事があって14時前に一旦家に帰らないといけなかったので、「時間までに食べられるかねえ」と娘は不安そうにしていたのだが、13:45頃にやっとやってきたラーメンを 5分で完食(笑)
ほんの数年前まで一人では食べきれんとか言っていたのに、成長したなあ(笑)

そんな親の喜びと満腹感に包まれ、まだ食べている長男、次男を置いて、先に娘と店をあとにしたのであった。
今年初のラーメンは広島市銀山町の「一麺天に通ず」で食べた。
いつものランチ仲間「一人で入るのが怖い店に一緒に行ってあげる紳士の会」のMイ筆頭ダンディと一緒であった。

20200103_orangeranmen1.JPG
ここ半年、まったく新しいラーメン情報を入れる余裕もない生活を送っていたので、この店がニューウェーブラーメンとして今広島でかなりの人気を博していることは知らなかった。

1/3 の朝、広島市立現代美術館で特別展を楽しんでいる俺のもとにMイさんより「ランチどうすか?」の知らせが入り、その後八丁堀で合流。12:45頃に店へ到着したのだが、そこには広島ではあまり見ることのない行列が・・・

本当に人気のある店なんだな。結局、店に入れたのは 40分後である。

店は狭く、厨房を囲むL字のカウンターだけが客席である。座れるの、12人くらいかなあ。

注文したのは「オレンジと貝」ラーメン 850円である。それに、いつもの「炭水化物・オン・炭水化物」の精神で「ミニチャーシュー丼」300円を付けて。

このミニチャーシュー丼が素晴らしい。
チャーシュー丼というと、厚切りのチャーシューを角切りにして飯に混ぜたものを想像するが、この店のチャーシュー丼はご飯の上に生ハムのような薄切りの(味は生ハムというよりロースハム的)チャーシューが飯を包み込むように載っている。

海苔のようにチャーシューを飯に巻いて食べる。もう少しタレが付いていたほうが俺好みなのだが、これは新感覚のチャーシュー丼だ。美味い。

そしてラーメン。
オレンジのスープとは???まあ、トマトラーメンだって初めて見たときは「え?」と思ったけど、今や定番だもんね・・・と思いつつも、若干不安な気持ちで一口目を啜る。

20200103_orangeranmen2.JPG
ああ、本当にオレンジの香りがするわあ。しかし、違和感はない。ただ、爽やかというより、醤油味に濃厚な旨味を加える変わった調味料の味って感じ。わかりづらくてごめん(笑)
もしかしたら、これってオレンジ味+貝の旨味の為せる技で、貝を含まない単なる「オレンジ」ラーメンなら(そういうのもある)もっと爽やかな風味なのかも。

で、このラーメン、オレンジの香り+ピリ辛なんだけど、それが秀逸やね。オレンジ風味にはピリ辛がよく合う。
ちなみに食べ進めるにつれ、段々とオレンジ風味はなくなり、ピリ辛がましていくという味の変化が楽しめる。

別の方が SNS に書かれていたが、今日も一時間待ちの行列だったようだ。
行列嫌いの俺的にはなかなか一人では訪店できそうにない(^^; 他の味も試してみたいんだけどなあ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち酒とか食べ物とかカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは趣味の世界です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。


2020年1月: 月別アーカイブ

月別 アーカイブ

電気ウナギ的○○ mobile ver.

携帯版「電気ウナギ的○○」はこちら